ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!


ザ・ダンサー
-2-

La Danseuse

f0165567_6262442.jpg

(C)2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR - WILD BUNCH - ORANGE STUDIO -
LES FILMS DU FLEUVE - SIRENA FILM



モダンダンスの祖といえば
本作にも登場する
イサドラ・ダンカンだとばかり
思っていました。
でも、その世界では
3人の女性の名が挙げられます。
それが本作の主人公ロイ・フラー(1862~1928)
イサドラ・ダンカン(1877~1927)
ルース・セント・デニス(1879~1968)
皆アメリカ人です。

フラーもダンカンも
ヨーロッパで有名になり、
その後もヨーロッパを中心に活躍しました。
とてもフランス的な2人なのに
フラーはシカゴ、
ダンカンはサンフランシスコの出身。

ダンスが目を瞠るほどきれいです。
さあ、時代の先端を走った女性たちは
どんな生き方をしたのでしょう。

f0165567_6282866.jpg

ストーリー
父を亡くした
マリー=ルイーズ・フラーは
NYで暮らす母を頼って田舎町を後にする。

幼い頃から女優を夢見ていた彼女は
母の目を盗んでは
オーディションに出かけるようになった。
ようやくつかんだ役はたった3分の出番。
ところが、
本番で、落ちそうになったスカートの
裾をつまんで回転すると観客から拍手喝采。

それが天啓だった。
彼女の頭には
衣装と舞台装置のアイデアが
次から次へと浮かんでくる。
それをスケッチして衣装を作り、
ダンサー名もロイ・フラーに改名。

自らデザインした衣装をまとい
舞台デビューを果たすロイ。
幕間の5分間だけだったが・・・
大半の客はロビーに出ていたけれど、
残っていた客は彼女のダンスに大喝采を送る。
その中に
運命の人、ルイ・ドルセー伯爵がいた。

しかし、母親に止められて
舞台を休まざるを得なかったロイは
劇場をクビになってしまう。
しかも、彼女が考案したダンスを
別の女優が勝手に踊っていた。
ルイに相談すると
彼の弁護士から
フランスには「特許」があるが
アメリカにはないのだと教えられる。

パリへ旅立つロイ。
旅費はルイの机の上にあった金を無断で借りた。

パリに着いたロイは
有名なフォリー・ベルジェールへ直行。
支配人には門前払いされたものの
ロイの舞台装置のデッサンに感心した
マネージャーのガブリエルの後押しの
おかげで採用される。

自ら設計した4色の照明に照らされ
幻想的に舞うロイ。
翌朝の新聞には絶賛の評が。
ロイは一夜でスターになる。

そこに現れたのがルイ。
彼はアメリカ人の富豪女性と
離婚し、帰国していたのだ。
その日から
ルイのシャトーで2人の共同生活が始まる。
ロイは練習場所が、
ルイはロイの金が必要だったからだ。

やがてルイの計らいで
オペラ座公演が決まる。
ロイを慕って集まった若いダンサーの中から
イサドラ・ダンカンを抜擢。

凝った衣装と舞台装置によって
観客を感動させるロイとは違い
イサドラはその存在と美しい姿で
優美に舞い、人々を魅了する天性のダンサーだった。

イサドラへの複雑な思い、
重い衣装に耐えてきた肩の痛み、
強い照明に痛めつけられた瞳、
バレエの殿堂オペラ座が放つ
無言のプレッシャー―――

ロイはこの試練をどのように
切り抜けていくのか……

f0165567_630873.jpg


もう、陶然としてしまいました。

そのロイ・フラーを演じたのは
ミュージシャンのソーコ。
ロイ・フラーのダンスを研究するダンサー
ジョディ・スパーリングの大特訓を受けての出演です。

映画の中でも
ダンスが終わり、精も根もつきはてたフラーが
舞台の袖から担架で運ばれるシーンがあります。

重い棒を肩に支えて
衣装を操るため、
体力を消耗し、3日おきにしか
踊れなかったというハードなダンスです。
それをソーコは見事に自らのものとしました。

あ、そうそう、
ロイに見いだされ、
後に最大のライバルにもなる
イサドラ・ダンカンを演じたのは
ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘
リリー=ローズ・デップ。
1999年生まれの18歳ですが、
あどけない顔立ちの中に
時折光る妖艶な美しさは
七光りを越えています。

ダンス好きには見逃せない映画ですよ。





ランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
 ☆5月28日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆



ザ・ダンサー
監督・脚本/ステファニー・ディ・ジュースト、
共同・脚本/トマ・ビドカン、撮影/ブノワ・ドビー、
美術/カルロス・コンティ、衣装/アナイス・ロマン
出演
ソーコ/ロイ・フラー、ギャスパー・ウリエル/ルイ・ドルセー伯爵、リリー=ローズ・デップ/イサドラ・ダンカン、メラニー・ティエリ/ガブリエル、フランソワ・ダミアン/マルシャン
6月3日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ他にてロードショー
2016年、フランス・ベルギー、仏語・英語、108分、日本語字幕/横井和子、配給/コムストック・グループ、配給協力/キノフィルムズ、
http://www.thedancer.jp/

# by Mtonosama | 2017-05-28 06:43 | 映画 | Comments(0)

ザ・ダンサー
-1-

La Danseuse

f0165567_5165199.jpg

(C)2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR - WILD BUNCH - ORANGE STUDIO
- LES FILMS DU FLEUVE - SIRENA FILM



ああ、憧れのベル・エポック。

紅灯が石畳を仄かに照らし出す
パリの裏路地。
窓から漏れ聞こえる楽の音と
嬌声に導かれるように進むと――

紫煙と脂粉の香りが渦巻く
ミュージックホールが。

19世紀末のパリ。
最も美しく、華やかだった時代。
享楽の色香が男たちや女たちを包み、
退廃の気配が色濃く漂う”良き時代“。
ベル・エポック。

印象派やキュビズムなど
新しい絵画様式が一斉に花開き、
ヨーロッパ中が
美しくも妖しい文化に酔い痴れた時代です。

f0165567_518177.jpg

その頃
ドガ、モネ、ピカソ、モディリアーニ――
芸術において一時代を画し、
現代にも大きな影響を与え続けた
アーティストたちの中に
大きな熱狂を巻き起こした
ダンサーがいました。
その名はロイ・フラー。

マネやロートレックが
描いたことでも有名な
フォリー・ベルジェールのステージで
一夜にしてその名を馳せた女性です。

当時
ダンスといえばなんとなく
格下に見られていた表現様式。

f0165567_520214.jpg

でも、
彼女が踊ったダンスは
自ら色や角度を設計した照明の中で
シルクの衣装を波打たせ
うねらせ、
渦巻かせる
これまで誰も目にしたことのない
ものでした。

ロイ・フラーは
パフォーマーであるだけでなく
演出家であり、
照明家でもある
総合芸術家でもあったのです。

ロイ・フラー
1862年アメリカ生まれ。
子どもの頃から舞台女優として活躍。
1891年サーペンタインダンスによって
観客を驚嘆させ、
やがて
それは彼女のトレードマークになっていった。
その後、パリに渡った彼女は
一躍有名になる。
ベル・エポックのミューズとして
パリのアートシーンに君臨した。
劇場(フォリー・ベルジェール)を拠点として
ロートレック、ロダン、エミール・ガレ、
コクトー、ドビュッシーなどを魅了し、
ポスターや美術作品などに
その姿が描かれた。
また、独自に開発したカラーフィルターを
用いて、様々な色の照明を実現させ、
それまでになかった照明による
舞台空間を創出するなど
舞台演出の革新者でもある。
1900年パリ万博ではロイ・フラー劇場を開設し、
川上音二郎と貞奴を招待するなど話題を呼んだ。
さらにイサドラ・ダンカンを支援するなど
新たな才能の発見と育成にも努めた。
20世紀初頭のダンス界だけではなく
現代のアート、演劇、映画に多大な影響を与えた。
1928年パリにて死去。

f0165567_521632.jpg

ベル・エポックは多くの才能を花開かせ、
同時に、女性の社会進出も拡げました。

さあ、ロイ・フラーとは
一体どんな女性で、どんなダンサーだったのでしょうか。

続きは次回まで
乞うご期待でございますよ。


ランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
 ☆5月25日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

ザ・ダンサー
監督・脚本/ステファニー・ディ・ジュースト、共同・脚本/トマ・ビドカン、撮影/ブノワ・ドビー、
美術/カルロス・コンティ、衣装/アナイス・ロマン
出演
ソーコ/ロイ・フラー、ギャスパー・ウリエル/ルイ・ドルセー伯爵、
リリー=ローズ・デップ/イサドラ・ダンカン、メラニー・ティエリ/ガブリエル、
フランソワ・ダミアン/マルシャン
6月3日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、Bunkamuraル・シネマ他にてロードショー
2016年、フランス・ベルギー、仏語・英語、108分、日本語字幕/横井和子、
配給/コムストック・グループ、配給協力/キノフィルムズ、http://www.thedancer.jp/

# by Mtonosama | 2017-05-25 05:36 | 映画 | Comments(4)

ローマ法王になる日まで
-2-

Chiamatemi Francesco-ⅱPapa della gente

f0165567_6584573.jpg


(C)TAUDUE SRL 2015


さて、本作では
青年時代と老年時代のホルヘ・マリオ・ベルゴリオこと
後のフランシスコ法王を
ふたりの俳優が演じています。

この若き日のベルゴリオを演じたのは
なんとチェ・ゲバラの親戚であり、
そのゲバラを主人公にした
『モーターサイクル・ダイアリー』で
ゲバラの親友アルベルトを演じ、
アルゼンチン最優秀男優賞を受賞した
ロドリゴ・デ・ラ・セルナです。

いまや生けるレジェンドとなった
ローマ法王フランシスコの若き日々の
懊悩と悲しみと痛みを
生き生きと演じ切っていますよ。

f0165567_6591115.jpg


ストーリー
1960年ブエノスアイレスの酒場。
ベルゴリオは信仰に生きることを決意していた。
学友たちはなんとか翻意させようとし、
彼に恋心を抱くガブリエラも
俗世に留まるようかきくどくが、
彼の決心は堅かった。

1976年
軍事独裁政権が始まる。
南米イエズス会管区長に任命された
ベルゴリオの周囲にも軍の圧力が迫っていた。
失踪者が増え、
反政府活動を行ったとして
神父たちも銃殺された。

そんな折、
ベルゴリオは他の教区の神父から
反政府運動に関わった3人の学生を
匿うよう頼まれる。
だが、
やってきたのは
十数人の武装組織の青年達――

ベルゴリオは彼らを教会内に匿い、
不当拘束や失踪家族のために闘う判事
オリベイラに相談するが、
彼女もまた軍に目をつけられていた。

ある日
軍のスパイをする神父が手引きし、
教会内が捜索される。
間一髪、ベルゴリオの機転で
武装組織の青年たちは
国外逃亡に成功。

が、しかし、
教会の命を受けたベルゴリオは
武装組織の家族や子どもたちの世話をする
2人の神父を訪ね、
その活動を止めるよう
説得せねばならなかった。

彼の説得を拒んだ神父たちは
教会から追放され、軍に連行される。
更に、オリベイラ判事にも危機が迫る。

大学時代の恩師から
妊娠中の娘が失踪したまま帰ってこない、
という連絡を受けたベルゴリオは
単身で大統領官邸に乗り込み、
失踪者に慈悲を与えるよう直訴。

だが、失踪者名簿を公表しようとした
恩師とその友人たちは逮捕。
そして
移送前の予防接種と偽って眠らされたまま、
機上から海に向かって投げ落とされていった――

1983年
暗黒時代が幕を閉じた。
1985年
ベルゴリオはドイツに留学する。
そこで初めて
心の底から安心できる日々を送り、
名もない人々の信仰に触れ、
感動の涙を流すのだった

帰国したベルゴリオは
ブエノスアイレスから700キロ離れた
田舎で一神父として日々を送っていた。

ある日、
クアラチノ枢機卿が彼を訪問。
法王の任命書を手渡し、
補佐司教として首都に戻るよう要請する……

f0165567_6594043.jpg


ブエノスアイレス出身のイタリア移民2世、
初の南半球出身、
初のイエズス会出身、
ブエノスアイレスのサッカークラブ
サンロレンソの名誉サポーターであり、
タンゴを愛するフランシスコ法王。

ローマ・カトリック教会は
聖職者による児童への性的虐待や
バチカン銀行(宗教事業協会)の
マネーロンダリングなど
数々のスキャンダルにまみれていました。
フランシスコ法王は
そんなバチカンを蘇生させつつあり、
アメリカとキューバの国交正常化の
道も拓きました。

“ボナ・セーラ!”と
明るく声をかける優しいパパ・フランシスコ。
彼がこんな苦しい時代を
生き抜いてきた人だったことを知り、
あらためてアルゼンチンやチリの軍事政権の
残虐さに息を呑みました。




ランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆5月22日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

ローマ法王になる日まで
監督・原案・脚本/ダニエーレ・ルケッティ、原案/マルティン・サリナス、ピエトロ・ヴァルセッキ、脚本/マルティン・サリナス、撮影/クラウディオ・コッレピッコロ、
イヴァン・カサルグランディ、製作/ピエトロ・ヴァルセッキ
出演
ロドリゴ・デ・ラ・セルナ/ホルヘ・ベルゴリオ(1961~2005)、セルヒオ・エルナンデス/ホルヘ・ベルゴリオ(2005~2013)、ムリエル・サンタ・アナ/アリシア・オリベイラ、ホセ・アンヘル・エヒド/ヴェレス、アレックス・ブレンデミュール/フランツ・ヤリクス、メルセデス・モラーン/エステル・バッレストリーノ、ポンペイオ・アウディヴェルト/アンジェレッリ、パウラ・バルディーニ/ガブリエラ
6月3日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、
YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー
2015年、イタリア、スペイン語・イタリア語・ドイツ語、113分、カラー、字幕/山田香苗、ダニエル・オロスコ、提供・配給/シンカ、ミモザフィルムズ、後援/駐日バチカン市国ローマ法王庁、アルゼンチン大使館、イタリア大使館、イタリア文化会館、セルバンテス文化センター東京、推薦/カトリック中央協議会広報、http://roma-houou.jp/

# by Mtonosama | 2017-05-22 07:00 | 映画 | Comments(2)

ローマ法王になる日まで
-1-

Chiamatemi Francesco-ⅱPapa della gente

f0165567_6522777.jpg

(C)TAUDUE SRL 2015


4年前の3月13日、
史上初のアメリカ大陸出身の
法王が誕生しました。
第266代法王フランシスコ1世です。

先代ベネディクト16世が
いかにもドイツ人という
いかつい方だったので、
新法王はとても気さくなおじいさん、
という印象を受けました。

このアルゼンチン出身の
ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿が
第266代ローマ法王フランシスコ1世に
就任しての初仕事は
就任式の式典時間を短縮したこと。

法王を一目見るために集まった
サンピエトロ広場の
20万人の信徒との直接の触れ合いに
時間を割きました。
従来とは全然違うタイプの法王様です。

f0165567_6564080.jpg

法王就任後初の記者会見で
「私は貧しい人々による
貧しい人々のための
教会を望みます」

と発言。
「日本のキリスト教共同体は
200年以上も聖職者なしで
維持されたのです」

ともおっしゃいました。

スコセッシ監督の『沈黙』
http://mtonosama.exblog.jp/27453065/ 
http://mtonosama.exblog.jp/27462086/

を鑑賞されたのでしょうか。
日本の隠れキリシタンを例に挙げての
「信徒たちが自律的に信仰を貫くように」
という発言です。

f0165567_6583750.jpg

同性愛者を受け入れるという改革は
成立こそしませんでしたが、
「神は新しいことを恐れていないのです。
神が絶えず思わぬ方法で私たちを驚かせ、
私たちの心を開かせ、
私たちを導いていることからもわかります。
神は常に私たちを”新しいもの”にしているのです」

2014.10/19
(ローマ法王庁:パウロ6世の列福式での法王フランシスコからのメッセージより)

と語り、旧態然とした法王庁に新風を吹き込んでいます。

法王庁改革に取り組み
貧しさや困難にあえぐ人々に寄り添い、
環境問題、人種差別、金融システムにも言及し、
「壁を作る」と発言したトランプ大統領候補に
苦言を呈し、
「ローリングストーン」誌の
表紙を飾ったこともあります。

ご覧になった方も多いと思いますが
信徒の足に口づけする法王の
姿には新鮮な驚きを感じました。

第266代ローマ法王フランシスコ1世
教皇就任2013年3月13日
先代ベネディクト16世
司祭叙階1969年12月13日
司教叙階1992年6月27日(ブエノスアイレス補佐司教)
その他2001年:枢機卿
本名ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ
Jorge Mario Bergoglio
出生 1936年12月17日(80歳)
アルゼンチン、ブエノスアイレス
原国籍 アルゼンチン
宗派カトリック(イエズス会)
居住地 バチカン
母校ブエノスアイレス大学
Wikipediaより

f0165567_703896.jpg


さ、そんな法王ですが、
本作は
♪聖なる、聖なる、聖なるかな♪
と彼を讃える映画ではないんですよ。

以前『光のノスタルジア』
http://mtonosama.exblog.jp/24535828/
という映画を当試写室で上映しました。

この作品はチリ軍事支配下の民衆弾圧を
描いた素晴らしいドキュメンタリー映画ですが、
『ローマ法王になる日まで』も
アルゼンチン軍事独裁政権下での
圧制、迫害が重要な背景になっています。

あの優しいお顔の法王が
どんな時代を生きてきたのでしょう―――
さあ、
続きは次回まで
乞うご期待でございます。





ランキングに参加しています。今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆5月19日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

ローマ法王になる日まで
監督・原案・脚本/ダニエーレ・ルケッティ、原案/マルティン・サリナス、ピエトロ・ヴァルセッキ、
脚本/マルティン・サリナス、撮影/クラウディオ・コッレピッコロ、イヴァン・カサルグランディ、
製作/ピエトロ・ヴァルセッキ
出演
ロドリゴ・デ・ラ・セルナ/ホルヘ・ベルゴリオ(1961~2005)、セルヒオ・エルナンデス/ホルヘ・ベルゴリオ(2005~2013)、ムリエル・サンタ・アナ/アリシア・オリベイラ、ホセ・アンヘル・エヒド/ヴェレス、アレックス・ブレンデミュール/フランツ・ヤリクス、メルセデス・モラーン/エステル・バッレストリーノ、ポンペイオ・アウディヴェルト/アンジェレッリ、パウラ・バルディーニ/ガブリエラ
6月3日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、
YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー
2015年、イタリア、スペイン語・イタリア語・ドイツ語、113分、カラー、字幕/山田香苗、ダニエル・オロスコ、提供・配給/シンカ、ミモザフィルムズ、後援/駐日バチカン市国ローマ法王庁、アルゼンチン大使館、イタリア大使館、イタリア文化会館、セルバンテス文化センター東京、
推薦/カトリック中央協議会広報、http://roma-houou.jp/

# by Mtonosama | 2017-05-19 07:13 | 映画 | Comments(2)

オリーブの樹は
呼んでいる

-2-

El Olivo

f0165567_521142.jpg


(C)Morena Films SL-Match Factory Productions-El Olivo La Pelicula A.I.E


日本ではよく大木に
注連縄をつけ、
白い紙を飾り、
(紙垂(しで)っていうんですって)
神様みたいに
大事にしています。

外国にそういう考えは
ないのでしょうかねぇ?

2000年も自分の土地にある巨木って
とても大事な存在。
売り払うなんてこと
できないと思うんですが。

「そうだよなぁ」
とポール・ラヴァ―ティさんも
思ったんでしょう。きっと。

だから、
この脚本を書き上げました。
夫婦で作った
とってもヒューマンな映画です。

f0165567_5171811.jpg


ストーリー
スペイン・バレンシア州の田舎町。
そこの養鶏場で働く20歳のアルマ。
少し気が強く
父親とは口げんかばかりだが、
オリーブ農園を経営する祖父
とは心が通じ合っている。

でも、
その祖父は何年も前から
話すことをやめてしまっていた。
近所の人とも家族とも
孫娘のアルマとすら喋ろうとしないのだ。

それは息子のルイスが
家族で細々と経営するオリーブ農園を嫌い、
スペインの好景気時代に
樹齢2000年のオリーブの大木を
売り払って商売を始めたからだ。

好景気は去り、
経済危機をもろに食らったルイスは
実家に戻るしかなく
父子の関係はギクシャクしたまま。
祖父はついに食事も摂らなくなってしまった。

アルマは考えた。
祖父を救えるのはあのオリーブの樹だけ。
なんとか、あの樹を取り戻さなければ――

アルマの友人たちは
その思いつきを諦めさせようとする。
だが、彼女は
変わり者の叔父アーティチョークや
養鶏場の同僚ラファを口車に乗せ、
友人たちや町の住人たちも
説き伏せてしまう。

ドイツのどこかに移植された
オリーブの樹を取り戻す―――

こんな荒っぽい想いだけで
計画も、金もなく、
ラファにトラックを手配させ、
一路ドイツへ。

だが、その樹の放つ独特なオーラ故、
アルマの友人たちは
その樹がどこにあるかつきとめた。
なんと、
2000歳のオリーブは
デュッセルドルフの環境企業の
ロビーにあったのだ。

一方、食事を摂らなくなった老人と
樹齢2000年のオリーブの樹を
元の場所に戻そうという孫娘のニュースは
ソーシャル・ネットワークを通じて
ヨーロッパ中を駆け巡っていた。

デュッセルドルフに到着した3人。
だが、オリーブの樹を返そうと
3人を待ち受けている人などどこにもいない。

アーティチョークとラファは
ここに来て初めてアルマが
嘘をついていたことを知る。

が、しかし、
この挑戦に乗り出したのは
自分たちだけではないことも知ったのだった……

f0165567_5225970.jpg


スペインからドイツ・デュッセルドルフまでの
ロードムービーです。

祖父と孫娘の深い絆。
それはこの地に生きてきた農民たちの
血流を物語るものでもありましょう。

さらに
家族愛を語り、
その背景に厳然と存在する社会問題にも
目を向けながら、
人が生きるには何が大切なのか。

そんな
昔から変わらない
スローで温かい存在を
大地と自然を通じて教えてくれる
心温まる映画でした。





ランキングに参加しています。今日もポチッと参加して頂ければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆5月16日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆


オリーブの樹は呼んでいる
監督/イシアル・ボジャイン、脚本/ポール・ラヴァ―ティ、製作/フアン・ゴルドン(モレナ・フィルムズ)、共同製作/ミヒャエル・ヴェバー、ヴィオラ・フューゲン(ザ・マッチ・ファクトリー・プロダクションズ)、
撮影/セルジ・ガジャルド
出演
アンナ・カスティーリョ/アルマ、ハビエル・グティエレス/アーティチョーク、ペップ・アンブロス/ラファ、マヌエル・クカラ/祖父ラモン、
ミゲル・アンヘル・アラドレン/父ルイス・ミゲル
5月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー
2016年、スペイン、99分、字幕翻訳/安藤里絵、配給/アット エンタテインメント
http://olive-tree-jp.com/

# by Mtonosama | 2017-05-16 05:42 | 映画 | Comments(10)