ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!


静かなる情熱

エミリ・ディキンスン

-2-

A QUIET PASSION

f0165567_5351634.jpg

(C)A Quiet Passion Ltd/Hurricane Films 2016. All Rig hts Reserved.


エミリ・ディキンスンは自分のことを
「私はミソサザイのように小さく、髪は栗のいがのように堅く、
眼はお客様が飲み残していったシェリー酒のような色です」
と語っていたそうです。

f0165567_5354356.jpg
ミソサザイ


本作の撮影にはアマストにある
エミリが実際に暮らした屋敷が使われました。

本作には約20篇の彼女の詩が織り込まれ、
その少女時代から
詩作を心のよりどころとし、
家族と共に生きた静かな時代が描かれています。
さらに、
病に苦しむ晩年からその死まで―――

f0165567_539583.jpg

ストーリー
19世紀半ばのマサチューセッツ州。
大好きな家族と離れ、
マウント・ホリヨーク女子専門学校(現マウント・ホリヨーク大学)で
学んでいたエミリ・ディキンスン。
彼女は学校にみなぎる宗教的な色彩に神経質になっていた。

そんなエミリはアマストの自宅で
両親、兄、妹と共に暮らすことに。

裕福な弁護士である父の口添えで
彼女は地元の新聞に初めて詩を掲載されたが、
編集長は
「有名な文学は男の作品で女には不朽の名作は書けない」
と言う言葉を投げかけるのだった。

やがて彼女は妹ラヴィニアから資産家の娘、
ヴライリング・バッファムを紹介される。
活発で進歩的なヴライリングにエミリは次第に影響されていく。

間もなくハーバードを卒業した兄オースティンが
父と共に弁護士をすることになり、
妻スーザンを連れてアマストへ帰ってくる。

ふたりは隣に居を構え、やがて息子を授かる。
エミリは甥に優しいまなざしを注ぎ、
愛する生家に暮らせることを心から喜んでいた。

だが、アマストの外では世界は変わりつつあった。
時、あたかも南北戦争。
若い男たちは戦地に向かったが、
父はディキンスン家の一人息子オースティンが
参戦することを禁じた。

やがて、60万人以上の戦死者を出した
南北戦争は終わり、奴隷制度は廃止される。

エミリは外の変化とは関わりなく
「詩は救いのない者への唯一の救い」
と詩を作り続けていた。

そんな彼女の心を揺り動かす男性が現れた。
ワズワース牧師。
彼の説教に感動したエミリは
ワズワース夫妻を自宅に招待する。
そして庭を案内しながら
自作の詩を渡すのだった。

親友ヴライリング・バッファムが結婚し、
大きな喪失感を感じるエミリ。

その後、ワズワース牧師もアマストを去ることに。

さらに不幸は続く。
父が亡くなったのだ。

すっかり心を閉ざすようになったエミリ……

f0165567_5415441.jpg

なにせおうちから外へ出ることのなかった詩人ですから、
映画の舞台となるのはほぼ邸宅内部のみ。
激しい恋に落ちる訳でもなく
結婚して夫の浮気に苦しめられたり、
子どもの世話に明け暮れるわけでもありません。

映画の中で朗読される詩と会話が混然一体となった
静謐な内的世界を描き出した作品です。

18世紀末から19世紀に生きた文才のある女性
例えば、ジェーン・オースティンとかブロンテ姉妹などは
エミリのように裕福ではありませんでしたので
家庭教師をしながら作品を書いていました。

だから、最初はエミリ・ディキンスンに対して
反感を抱いたとのです。
第一、彼女はあまりにも偏屈ではありませんか。

でも、その内に、この不器用な女性の
生き方をじっくり見てやろうという気になりました。
生活の悩みがないだけ、
彼女の思索は純粋培養されたものだったような気がします。

でも、そんな彼女もぶつかった
女性への偏見。

もう
男って、なんでこうなの?





今日もポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆7月22日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

静かなる情熱
監督・脚本/テレンス・デイヴィス、プロデューサー/ロイ・ボウルター、ソル・パパドパウロス、撮影/フロリアン・ホーフマイスター、美術/ムージェン・セップ、衣装/カトリーヌ・マルシャン
出演
シンシア・ニクソン/エミリ・ディキンスン、 ジェニファー・イーリー /ラヴィニア・ディキンスン、キース・キャラダイン/エドワード・ディキンスン、ジョディ・メイ/スーザン・ギルバート、キャサリン・ベイリー/ヴライリング・ バッファム
7月29日(土)岩波ホールほか全国順次ロードショー
2016年、イギリス、125分、配給/アルバトロス・フィルム、ミモザフィルムズ、字幕佐藤恵子、字幕監修/武田雅子、http://dickinson-film.jp/

# by Mtonosama | 2017-07-22 05:32 | 映画 | Comments(2)

静かなる情熱

エミリ・ディキンスン

-1-

A QUIET PASSION

(C)A Quiet Passion Ltd/Hurricane Films 2016. All Rig hts Reserved.


f0165567_2153955.jpg


(C)A Quiet Passion Ltd/Hurricane Films 2016. All Rig hts Reserved.


時代は19世紀。
舞台は北米マサチューセッツ州。
美しい町アマスト。
ボストンから120㎞ほど離れた田舎町です。

エミリ・ディキンスンは
1830年この町に生まれ、
1886年55歳で亡くなるまで
この町を出ることはありませんでした。

あ、ただ1847年9月
17歳の時、
アメリカ最初の女子大
マウント・ホリヨーク女子専門学校に入学しています。

f0165567_21523724.png


この写真は在学中、彼女の生涯で
唯一撮影された肖像写真です。

でも、翌1848年8月には
宗教上の理由で退学してしまいました。

その後はず~~~っと終生
アマストの父の家を出ることはありませんでした。

f0165567_21545354.jpg


生前、発表された彼女の詩はわずか10篇。

エミリ・ディキンスンは
上流階級で生まれ育った子女ゆえ
生活に困ることもなく
病弱の母に代わって家事をとりしきり、
生涯結婚することなく
晩年はブライド病(腎臓炎)に苦しみました。

と、これだけ見れば
ふ~ん、恵まれた偏屈お嬢さんの自伝映画か、
と思いますよね。

とのはそう思ってしまいました。
でも、人生はそんな簡単なものではないんですねぇ。

彼女の詩を1篇だけ引用します。
I died for Beauty — but was scarce

I died for Beauty — but was scarce
Adjusted in the Tomb
When One who died for Truth was lain
In an adjoining Room —
He questioned softly "Why I failed" ?
"For beauty", I replied —
"And I — for Truth — Themself are one —
We Brethren, are", he said —
And so, as Kinsmen, met a Night —
We talked between the Rooms —
Until the Moss had reached our lips —
And covered up — our names —

「わたしは〈美しさ〉のために死んだ――けれど」 (1862年)

わたしは〈美しさ〉のために死んだ――けれど
墓に収まり 安らう間もなく
〈本当のこと〉のために死んだひとが
となりの部屋に横たえられた――
彼は静かに訊ねた「どうして失敗したのだろう?」
「美しさのためよ」とわたしは答えた――
「ぼくは――本当のことのために――このふたつはひとつで――
ぼくたちは兄弟だな」と彼は言った――
だから ある夜に同郷の親戚として出会った――
部屋を隔てて わたしたちは語りあった――
互いの唇に苔が這い寄り――
そして わたしたちの名前を――覆うまで――
http://nightinriver22.hatenablog.com/entry/Emily_Dickinson/I_died_for_Beauty_%E2%80%94_but_was_scarce

最後の2行なんてゾクッとしました。
余計なことを口走らないように自らの口を覆い、
その静寂に聴き入りたくなります。

エミリ・ディキンスン―――あまりなじみのない詩人でした。
彼女は生前評価されることもなく
裕福ではあっても
ガラスの天井どころか
コンクリートで固めた天井が女性の頭上を覆っていた時代に生き、
男女差別が当たり前で、
女性が表現者として認められることなどなかった時代に
詩を書き続けました。

その作品は1886年彼女の死後、
遺品整理をしていた妹によって発見されたのですが、
清書されたその詩は46束にまとめられ、
1800篇近くありました。

いまやその詩は多くの芸術家に影響を与えています。
サイモン&ガーファンクルは
「エミリー、エミリー」「夢の中の世界」を、
武満徹はその詩から着想を得て
「そして、それが風であることを知った」を作曲しました。

f0165567_21591240.jpg


外出を嫌い、家族以外の交流を避けていたエミリ。
その人生や人柄は明らかではありません。
そんな彼女を描き出した監督はテレンス・ディヴィス。

アメリカが舞台でありながら、
その静謐な世界は
イギリスの名匠である彼が描くにふさわしいものでした。

そして、エミリ・ディキンスンを演じたのは
なんと『セックス・アンド・シティ』のミランダ役
シンシア・ニクソンです。
彼女はエミリの熱心な愛読者だったんですって。

さあ、いったいどんな作品でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪

にほんブログ村
☆7月18日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

静かなる情熱
監督・脚本/テレンス・デイヴィス、プロデューサー/ロイ・ボウルター、ソル・パパドパウロス、撮影/フロリアン・ホーフマイスター、美術/ムージェン・セップ、衣装/カトリーヌ・マルシャン
出演
シンシア・ニクソン/エミリ・ディキンスン、 ジェニファー・イーリー /ラヴィニア・ディキンスン、キース・キャラダイン/エドワード・ディキンスン、ジョディ・メイ/スーザン・ギルバート、キャサリン・ベイリー/ヴライリング・ バッファム
7月29日(土)岩波ホールほか全国順次ロードショー
2016年、イギリス、125分、配給/アルバトロス・フィルム、ミモザフィルムズ、字幕/佐藤恵子、字幕監修/武田雅子
http://dickinson-film.jp/

# by Mtonosama | 2017-07-18 22:09 | 映画 | Comments(6)

台湾萬歳
-2-


f0165567_6491762.jpg

(C)「台湾萬歳」マクザム/太秦


本作を台湾三部作最終章とした酒井充子監督は言います。
「台湾の80歳以上のお年寄りは
日本の統治時代に青少年期を過ごした人達です。
彼らは戦前戦後の激動の時代を経験しています。
わたしは、日本に対する複雑な気持ちも混じった彼らの思いを
『台湾人生』、『台湾アイデンティティ』で伝えてきました。

人々が生きて紡いできた日々の暮らしこそ
台湾にとってかけがえのない宝であり、原動力です。
長年にわたる取材の中でそんな当たり前のことに
改めて気づかされました。
最終章ではその当たり前のことを撮りたいと思いました」


張旺仔さん(85歳)、李典子さん(77歳)夫妻

f0165567_6505593.jpg

張さんは元漁師。1931年の生まれ。
台東縣成功鎮在住
戦争末期には空襲もあり、機銃掃射も間近で見ました。
国民学校を卒業する年に終戦。
19歳から49歳までカジキ漁。
かつて日本人が台湾に持ち込んだ突きん棒漁一筋。
現在は畑仕事が日課の好々爺です。
台湾は夫婦別姓のため、つれあいの姓は李さん。
「典子」は父親の日本人の友人がつけてくれたそうです。



オヤウさん(69歳)、オヤウ・アコさん(62歳)


f0165567_6533821.jpg

台東縣成功鎮在住
カジキ突きん棒漁を営むアミ族の夫婦。
カジキの季節が終わるとトビウオやシイラを獲り、
一年中海とつきあう生活です。
アミ族はかつての「新港」漁港の築港の際、
労働力として駆り出されました。
アコさんの叔父は戦前に村を代表して日本を訪問した秀才でしたが、
戦後、国民党に徴兵され、
中国大陸で43年間も過ごすことになってしまいました。


カトゥさん(41歳)


f0165567_6544129.jpg

台東縣延平郷在住、中学校の歴史教師&シンガーソングライター
1974年パイワン族の父とブヌン族の母との間に生まれました。
通称のカトゥは祖父の日本語名が加藤四郎だったことから。
ブヌン族の伝統的な狩りを今も続けています。


ムラス・タキルダンさん(89歳)

f0165567_6555528.jpg

台東縣延平郷在住、日本名きよこさん、ブヌン族。
日本統治時代、もともと住んでいた高地の村から
強制的に移住させられ、今の地に。
移住経験の数少ない証言者。
地元のお年寄りの聞き取りをしているカトゥさんが
本作ではムラスさんに移住当時の話を聞きに。
ムラスさんは移住後はかつて住んでいた村に一度も帰ったことがない、
自分たちの土地を守ってほしいと訴えます。


ダフさん(41歳)

f0165567_657463.jpg

カトゥさんと共に伝統の狩りを大切にするブヌン族。
撮影隊が同行した狩りで一発でキョンをしとめた狩りの名手。

本作では
人々は日本統治が良かったとか悪かったとかを語りはしません。
ただ大昔から続いてきた自然との関わりを
穏やかに懐かしそうに
日本語で話してくれます。
そんなお年寄りの語り口に
うんうんと頷きながら、耳を傾けてしまいます。

突きん棒漁や足袋、ほっかむり、刺身、ワサビ・・・
カトゥさんとダフさんは
仕留めたキョンをさばきワサビをつけて食べていました。

台湾には今も日本統治時代の残したものや食生活が
色濃く残っています。

撮る側と撮られる側の間に
良い関係が生まれているのだなぁと思わせる作品でした。

f0165567_6583633.jpg

数年前、台湾を訪れて以来
すっかり台湾を好きになってしまったとのですが、
その理由は人々の優しさと穏やかさでした。

過去に起きたことを踏まえつつ
是非もう一度台湾を訪ねてみたくなりました。






今日もポチッとしていただければ嬉しゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月15日に更新しました。

台湾萬歳
監督/酒井充子、エグゼクティブプロデューサー/菊池笛人、統括プロデューサー/小林三四郎、プロデューサー/小関智和、陳韋辰、撮影/松根広隆
出演
張旺仔、許功賜、潘春連、柯俊雄ほか
7月22日(土)ポレポレ東中野ほか全国順次公開
2017年、日本、カラー、93分、製作/マクザム、太秦、配給/太秦、http://taiwan-banzai.com/




# by Mtonosama | 2017-07-15 07:06 | 映画 | Comments(2)

台湾萬歳
-1-

f0165567_5141312.jpg

(C)「台湾萬歳」マクザム/太秦


台湾映画はドキュメンタリーも劇映画もいろいろ観てきました。
どれもゆったりとした大らかさが感じられますし、
懐かしい感じがして好きです。

昨年11月当試写室で上映した『湾生回家』は
http://mtonosama.exblog.jp/26768412/
http://mtonosama.exblog.jp/26813602/

日本占領時代に台湾に暮らした日本人たちが
台湾に寄せる想いを綴った
ホァン・ミンチェン(黄銘正)監督の作品。
これも印象深い映画でした。

今回、当試写室で上映するのは
酒井充子監督の台湾三部作の最終章
『台湾萬歳』です。

f0165567_5153998.jpg

三部作第一章『台湾人生』(’08)
日本の統治下にあった1895年から1945年の間の台湾では、
同化政策として日本語教育を強要され、
日本人として生きる世代が生まれました。
青春時代を日本の統治下で過ごした
“日本語世代”と呼ばれる5人の台湾人に
当時の様子や戦後の国民党独裁時代についてインタビューを行い、
台湾と日本の密接な歴史を振り返った作品です。

続く『台湾アイデンティティ』(’13)では
第二次世界大戦、二二八時代、白色テロという歴史のうねりによって
人生を歩み直さなくてはならなくなった6人の台湾人を通し
台湾の戦後の埋もれた時間を描き出しました。
当試写室でも2013年6月と7月に上映しています。
http://mtonosama.exblog.jp/19923846/
http://mtonosama.exblog.jp/19944481/


そして最終章『台湾萬歳』では
時代は変わっても台湾の海や大地に向き合い、
生きている人々が描かれています。

前二作が
変わりゆく台湾を老人たちの言葉を通して
描いたものだとしたら、
本作は
何があっても変わらない
台湾の芯のようなものを描き出した作品です。

f0165567_518322.jpg

本作の舞台となったのは
台湾の原風景が色濃く残る台東縣。

台東縣は台湾南東部にある人口22万5千人の地域で
アミ族、ブヌン族、タオ族など
多様な民族が暮らしています。

台湾には原住民族が暮らしていましたが、
17世紀以降、大陸から漢民族の移住が活発化。
為政者はオランダ、鄭成功親子三代、清、日本
と移り変わりました。

鄭成功
1624年8月27日 - 1662年6月23日
中国明代の軍人、政治家。
日本の平戸で父・鄭芝龍と日本人の母・田川マツの間に生まれた。
日本名は福松。
清に滅ぼされようとしている明を擁護し
抵抗運動を続け、
台湾に渡り、鄭氏政権の祖となった。
様々な功績から隆武帝は明の国姓である「朱」と
称することを許したことから国姓爺とも呼ばれていた。
近松門左衛門の「国性爺(こくせんや)合戦(かっせん)」は彼を題材にした作品。
台湾・中国では民族的英雄として描かれており、
特に台湾ではオランダ軍を討ち払ったことから、
孫文、蒋介石とならぶ「三人の国神」の一人として尊敬されている。
Wikipediaより

f0165567_519105.jpg

台東縣で暮らす人々の生活の中心には
「祈り」「命への感謝」「家族」があります。

Formosa 
「美しい島」
台湾

美しい島というのはその大地を指すだけではありません。
東日本大震災の時には
台湾から200億円を超える義援金が寄せられました。

1895年から1945年までの半世紀にわたる
日本の統治時代には嫌なことも数々あったと思われるのに、
それでも彼らが示してくれた想いには
頭が下がります。

さあ、いったいどんなお話でしょうか。
続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もポチッとしていただければ嬉しゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月12日に更新しました。
台湾萬歳
監督/酒井充子、エグゼクティブプロデューサー/菊池笛人、統括プロデューサー/小林三四郎、プロデューサー/小関智和、陳韋辰、撮影/松根広隆
出演
張旺仔、許功賜、潘春連、柯俊雄ほか
7月22日(土)ポレポレ東中野ほか全国順次公開
2017年、日本、カラー、93分、製作/マクザム、太秦、配給/太秦、http://taiwan-banzai.com/

# by Mtonosama | 2017-07-12 05:24 | 映画 | Comments(2)

パリ・オペラ座
~夢を継ぐ者たち~

-2-

Backstage

f0165567_450829.jpg



パリ・オペラ座バレエ団は
パリ・オペラ座(ガルニエ宮とオペラ・バスティーユ)を
拠点とし、オペラ・バレエ公演を使命とする
フランス文化省の管轄下にある世界最高峰のバレエ団です。

前編でご紹介したアニエス・ルテステュは
20年以上にわたり古典から現代作品まで
ほとんどのレパートリーを踊ってきた
オペラ座のトップエトワールでしたが、
2009年以降、後輩たちへの指導に力を注いでいます。
といっても、まだ46歳の美しい指導者です。

ヌレエフの指導を受けた最後の世代として
その教えが彼女を経て
オニール八菜やアマンディーヌ・アルビッソンたちに
受け継がれていく過程をカメラは追います。

f0165567_453144.jpg

そして、
マチュー・ガニオ。
美しいお方です。
いわゆる王子系のお顔立ちですね。
母はやはりパリ・オペラ座のエトワール
父はマルセイユ・バレエで活躍したスターダンサーで、
1984年の生まれです。
2001年にパリ・オペラ座バレエ団に入団。
2004年5月、ヌレエフが振り付けた『ドン・キホーテ』に
主演し、20歳でスジェから飛び級でエトワールに任命されました。

スジェ?
えっと、オペラ座のダンサーは5つの階級に分かれていまして、
スジェというのは丁度真ん中に位置します。
名前がつくような主要な役を踊るダンサーだそうです。

マチュー様は現在主席エトワールとして
パリ・オペラ座バレエ団を代表する存在。
日本でもダンスマガジン誌の人気投票で
男性ダンサー部門で第1位に選ばれているんですって。

本作では彼が出演した『ジゼル』の舞台も
観ることができます。
マチュー・ガニオ様の素晴らしいバレエと謙虚なその姿勢に
150歳はポーッとなってしまいました。

映画には誰もが知る名作『ジゼル』の他、
ウィリアム・フォーサイス振付の『パ/パーツ』
イリ・キリアン振付、石井眞木作曲の
『輝夜姫(かぐやひめ)』など
古典、現代舞踊も登場します。

ダンサーはじめ指導者、振付家。
356年続くパリ・オペラ座の伝統に命を吹き込む人々に
密着した映画でした。

f0165567_455034.jpg

以前、伝統工芸の世界に携わる方が
「伝統とは守ることではない。常に変わり続けることです」
とおっしゃるのを聞いたことがあります。
それも一人や二人ではありません。
大勢の工芸作家が異口同音にこのことを口にしました。

バレエの世界も同じだったんだなぁと納得。

チュチュを夢み、トウシューズに憧れ、
挫折した150歳ですが、
十二分に楽しませていただきました。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆7月9日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆


パリ・オペラ座 ~夢を継ぐ者たち~
監督/マレーネ・イヨネスコ
出演
マチュー・ガニオ、アニエス・ルテステュ、ウリヤーナ・ロパートキナ、オニール八菜、バンジャマン・ペッシュ、ウィリアム・フォーサイス、アマンディーヌ・アルビッソン、ジョシュア・オファルト、エリザベット・プラテル、バンジャマン・ミルピエ、ジャン=ギヨーム・バール、ローラン・イレール、ウェイン・マクレガー、ステファン・ビュリヨン、ギレーヌ・テスマー
7月22日(土)Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー
2016年、フランス、字幕翻訳/古田由紀子、字幕監修/岡見さえ、配給/ショーゲート、協力/(公財)日本舞台芸術振興会、http://backstage-movie.jp/

# by Mtonosama | 2017-07-09 05:04 | 映画 | Comments(4)