ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

重力ピエロ

f0165567_5514299.jpg

重力ピエロ

伊坂幸太郎のベストセラーの映画化作品です。

伊坂作品は「ゴールデンスランバー」の他に二三作読んだだけの殿は
「重力ピエロ」を読んでおらず

の連続放火事件、遺されたの落書き。
落書きと遺伝子暗号の奇妙なリンク。
すべてのが解けたとき、24年前から今へとつながる家族の秘密が明らかになる…》


という《謎》続出の映画チラシのコピーに緊張しました。
これは心してかからないと…

        あまり読んでないくせに偉そうに言うのもなんですが
        伊坂作品の主人公に共通するのはおっとり癒し系、草食系男子が多いような。
        ミステリーですから、次はどうなる?あの人はなんなの?的な
        展開を焦る気持ちをあおってもくれるのですが
        どこか穏やかな伊坂ワールド。

満開の桜の中、春が二階から落ちてきたからなんでしょうか?

あ、春っていうのはこの映画の主人公、仲良し兄弟の弟の名前です。
春を演じるのは岡田将生。
春の兄・泉水(いずみ)を演じる加瀬亮。
イケメンと草食系男子代表。
落書き消し屋の弟と遺伝子学専攻の大学院生の兄。
兄弟でありながら、全然違うところもこの映画の「謎」につながる重要なポイントです。
そして、この二人の父親を演じる小日向文世。早逝する母親役の鈴木京香。
当世風美少年と、まったりおっとり穏やかな俳優陣が登場する「重力ピエロ」は、
大変な事件を抱えながらも、地方都市とひとくくりにするには失礼なほどの大都会・
仙台を舞台に、日常の一風景のように進行します。

        若く美しい母親が乳母車の息子に聞かせるように楽しげに歌いながら
        仙台の街を見はるかす坂道を一歩一歩上がっていく。

        サーカスに興じる親子4人。空中ブランコを見上げながら
        「楽しそうに生きていれば、地球の重力なんて消してしまえるんだよ」
        と幼い兄弟に語る両親。

        病院から帰った父が成長した兄弟に
        「ガンだって」
        とスーパーでネギでも買ってきたみたいに軽く報告する。

        「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」
        と春は落ち込む兄・泉水に言う。

「謎」という言葉の連続に身構えた殿でしたが、軽く発せられているのに
ずーんと沁みこむいくつかのせりふや印象的なシーンが
無理なくエンディングへと連れていってくれました。

        「重力ピエロ」の単行本が出版された直後(‘03)に
        映画化オファーをしたという企画・脚本の相沢友子さんは
        ミステリー重視の脚本にするか、家族のドラマを前面に出すか
        ずいぶん迷ったということです。

事件というのは生活の延長として起こっているんですよね。
映画の中の事件がテレビに映し出されるニュース映像で観客に提示されることも
日常性を逆手にとったうまい演出です。
「事件は現場で起こってるんじゃない。テレビの中で起こっているんだっ」
かも。

「読んでから観るか」「観てから読むか」。
小説が映画化されるとき、必ず使われるキャッチフレーズですが、
さあ、どうしましょう?

重力ピエロ
監督/森淳一、原作/伊坂幸太郎「重力ピエロ」(新潮社刊)、脚本・企画/相沢友子
キャスト
加瀬亮/奥野泉水、岡田将生/奥野春、小日向文世/奥野正志、吉高由里子/夏子、
岡田義徳/泉水の友人、渡部篤郎/葛城由紀夫、鈴木京香/奥野梨江子

4月25日(土)より宮城先行ロードショー
5月23日(土)より全国ロードショー
http://jyuryoku-p.com/

 ♡お得なお知らせ♡ 
「重力ピエロ」原作本持参割引キャンペーン
「重力ピエロ」(単行本でも文庫本でも)を映画館に持っていくと
当日窓口料金が一般:200円、学生:100円が割引きされます♪

ワンクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-05-04 06:30 | 映画 | Comments(10)
Commented by すっとこ at 2009-05-04 11:39 x
ずーーーっと昔に
広告の仕事してた時に
「新商品キャンペーン、都市型モデルは仙台で試してみる」
と聞いたことがあります。

仙台はミニ東京だとか。
でもそれ聞いたら仙台藩の方、怒っちゃいますよね。
仙台の牛タンが東京にあるかよ伊達正宗が東京に居るかよ。

この映画は誰と観よう?というより
「見る前に読みたい」ですね、是非。
Commented by ひざ小僧 at 2009-05-05 22:19 x
殿さま1周年おめでとうございます。なんだか早いもんですね。殿といいながらそのイメージは封建領主というか諸侯というか(なんかイギリスちっく)洋風趣味人の風情。邦画はなんか異文化的に感じるから不思議です。好きな日本人の俳優とか監督はだれですか?
Commented by ライスケーキ at 2009-05-09 22:16 x
「24年前から続く家族の秘密・・・」何でしょうね。 私は「読む前に観る」ですね。  ミステリーはその中にドップリつかって「謎解き」を楽しみたいです。  これも一人で行って伊坂ワールドの「謎解き」に挑戦するぞー!   
Commented by mtonosama at 2009-05-12 19:58
すっとこさん
そうですか。都市型モデルは仙台で試すとな?

お正月に仙台に行ったけど牛タン食べそこなった。
悔しい…
Commented by mtonosama at 2009-05-12 20:02
ひざ小僧さん
あたしゃ、封建領主ですか。
革命的な殿さまのつもりだったけどな…

殿はオダギリ・ジョーが好きです。NHK新撰組で斉藤一をやったころから好きになりました。
監督は是枝裕和が好きです。
ひざ小僧さんは誰が好きですか?
Commented by mtonosama at 2009-05-12 20:04
ライスケーキさん
だんだん邦画もお好きになっていらしたのでしょうか?

殿も読む前に観てしまったので、近々読んでみたいと思います。
Commented by 1周年 おめでとうございます! at 2009-05-17 16:54 x
わかりやすく、親しみやすい 解説で映画を紹介してくださる「お殿さまの試写室」は、私にとって、映画で失敗しないためのガイドです。
ますます、愉快そうかい、絶妙な解説をお願いいたします。

で…じつは「重力ピエロ」観るかどうか迷ってます(笑)
本は読んだのですが、、、

伊坂幸太郎さんは、読まずにガマンしていたかったのですが、「チルドレン」から初めてしまいました。
読んだらハマりそうな気がして、そして、見事にハマる自分が情けない気がして……(なんでやねん!)

どうしよう……(笑) 
Commented by との at 2009-05-17 19:47 x
おほめにあずかり光栄です。
褒められると舞い上がるタイプなのです♪

伊坂幸太郎、いいですよねぇ。
「チルドレン」ですか?私もハマってしまいたいと思います。
情けなくともいいです(笑い)。
Commented by まりっぺ at 2009-05-25 00:03 x
今回はミステリを控えめに、ドラマ色が強い作品でしたね。
Commented by mtonosama at 2009-05-25 05:30
まりっぺさん
お立ち寄り下さり、ありがとうございます。
そうですね。映画でミステリはしんどい部分があるので
こういうつくりはいいですね。