ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

それでも恋するバルセロナ Vicky Christina Barcelona

それでも恋する
バルセロナ

Vicky Christina Barcelona

f0165567_515921.jpg

      (C)2008 Gravier Productions, Inc. and MediaProduccion, S.L.

バルセロナって絵になります。まだ行ったことはありませんけど…
サグラダ・ファミリアやグエル公園。
青い空とあの建造物。夏のバルセロナ。

絵どころか、映画になっちゃいました。
それもウディ・アレン監督です。
    ウディ・アレン?

    ウディ・アレンといえばNY、そして、NYといえばウディ・アレンです。
    バルセロナと彼との取り合わせには?!

    好悪が分かれるところでしょうが
    バルセロナを十分に満喫できることは保証します。
    だって、ウディ自身
    「脚本を書き始めた段階から
    バルセロナをキャラクターの1人にしたような物語にしたいと思っていた」

    と言っているくらいですから。

彼は監督作品だけで40本近く撮っていますし
たまにはNY以外の舞台で映画を撮ってみたくなったのでしょうか?
「バルセロナという街が大好きで、敬意を表したかった」
とも言っていますしね。
案外、このミスマッチが楽しかったりするのかもしれません。

今回はウディお気に入りの最近のミューズ、スカーレット・ヨハンソンに加え
ペネロペ・クルス、ハビエル・バルダムという濃厚なスペイン人俳優が
映画を盛りたてます。
あ、忘れちゃいけない。いかにもウディ・アレン好みのレベッカ・ホールも
NYのインセンスを漂わせていますよ。

                
《ストーリー》
バルセロナ・プラット空港に到着したヴィッキーとクリスティーナ。
        憧れのバルセロナでバカンスを過ごします。
        この2人、親友ですが、恋愛観は正反対。
        ブロンド・ゴージャス美女のクリスティーナは情熱的な恋を求めるタイプ。
        まじめでクールなヴィッキーが男性に望むものは誠意と安定。
        既に婚約だってしています。

        ヴィッキーの親戚の家に滞在し、ガウディの建築やミロの作品に酔いしれる2人。
        ある晩、パーティで画家のフアン・アントニオと出会います。
        男性的な魅力を発散する彼は、最近、元妻に殺されかけたばかり(!)。
        ヴィッキーは眉をひそめますが、クリスティーナは興味津津。
        パーティの後、深夜のレストランで2人は偶然フアン・アントニオと再会。
        彼は2人をオビエドへの小旅行に誘います。

        オビエドで楽しい時間を過ごした3人。
        ですが、彼と関係を持ったのはなんと婚約中のヴィッキー。
        彼とのひと時を忘れられなくなってしまいました。
        ところが婚約者のダグがバルセロナにやってきて、早く結婚しようと言い出します。

        一方、クリスティーナもフアン・アントニオとめくるめく時間を持ち
        一緒に暮らすことに。
        芸術家の恋人として、満ち足りた日を過ごすクリスティーナでしたが
        そこへフアン・アントニオの元妻マリア・エレーナが転がり込んできて…

と、まあ、なんともドタバタした恋愛コメディです。

「望まないものはわかるけど、望むものはわからないの」
と、いつも何かを追いかけているクリスティーナ。
人生設計は完璧のヴィッキー。
「人生は無意味だから楽しむべきだ」と本能全開のフアン・アントニオ。
すばらしい才能を持っているのに、その激しすぎる性格ゆえに
周囲を傷つけ、自分も傷つくマリア・エレーナ。

良いものが悪くて、悪いものが良い…
とかく人生って思った通りにはなりません。

3人のまったく性格の異なる女たちと
「今が楽しければいいのさ」とその調子良さと優しさゆえに
いつも泥沼に足をとられている男の織りなす物語。
さて、ウディ・アレンはもうひとりのキャストであるバルセロナに
どんな役割を演じさせているのでしょうか。


それでも恋するバルセロナ
脚本・監督/ウディ・アレン
キャスト
レベッカ・ホール/ヴィッキー、スカーレット・ヨハンソン/クリスティーナ
ハビエル・バルデム/ファン・アントニオ、ペネロペ・クルス/マリア・エレーナ、クリス・メッシ―ナ/ダグ
配給/アスミック・エース
6月27日(土)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
http://sore-koi.asmik-ace.co.jp/


ワンクリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-06-21 05:52 | Comments(14)
Commented by すっとこ at 2009-06-21 07:30 x
ペネロペ・クルスが出るんなら見たいですね。
この女優さんのことはよく知らなくて
トムクルーズと婚約したくらいしか知識がなかった。
その時はなんでトムくんが彼女にイカれたかよくわからんかった。
その後
”帰郷”を見て ノックアウトされちまっただ。
なんという美しさ、なんという官能。
トムくんにゃあもったいないだろっ。

ウディ・アレンがバルセロナとは・・・・。
NYという古女房ににこだわり続けた彼の
新しい恋人バルセロナがどういう表情見せるのか。

ペネロペ・クルスとバルセロナの2つの魅力で
見に行きますか。
スペインでひったくりに合った女友達と。口直しのつもりで。
Commented by mtonosama at 2009-06-21 15:35
ラテン系の女優さんはなぜか皆、妖艶、豊満ですなぁ。
大人の女です。
「帰郷」に出たペネロペさんを観たとき、その昔の
クラウディア・カルディナーレとかシルバーナ・マンガーノとか
を思い出しました。

あんな大人の女になれないまま、年齢だけは大人を通り越して
しまった殿です。
Commented by ひざ小僧 at 2009-06-22 09:27 x
望まないものはわかるけど、望むものはわからないの。このセリフにドキッ!! 3人の美女のあちらこちらにひざをたたいたり、顔を覆ったり、いじけたりしそう。こういうとき、スクリーンの人物たちはやはり美男美女でなければ。恥知らずな感情移入のひとときが楽しめそうな映画でしょうか。舞台はあこがれのバルセロナだし。
Commented by との at 2009-06-22 11:27 x
ひざ小僧さんや、この男優は美男じゃないよ。
あの「ノーカントリー」や「コレラの時代の愛」に出た怪優ハビエル・バルデムですぜ。でもさ、役柄次第で美男も怪人も思いのままって
すごいわ。ハビエル。
Commented by ライスケーキ at 2009-06-23 12:02 x
たまには こういう軽いのノリの恋愛コメディも良いですねぇ。  豊満、エネルギッシュなラテン系の文化にはちょっと付いて行けないところもあるけれど、久しぶりにマリア・エレーナでも聴きたくなりました。
Commented by Tsugumi at 2009-06-23 12:23 x
これ絶対みたいです~~~!
私ラテンダンス大好きでいつかバルセロナに行ってみたいと夢見ています。。
いついけるかわからないのでとりあえず映画で(爆)
Commented by mtonosama at 2009-06-23 16:55
ライスケーキさん。
スペインはいろんな顔を持ってていいですね。

13時間の飛行に耐えられなくなる前に早く行きたいです~。
Commented by mtonosama at 2009-06-23 16:57
Tsugumiさん
ラテンダンスは踊ってらっしゃるので?
バルセロナ、いいですよねぇ。
バルのはしごをやりたいです。
Commented by hanahanaup at 2009-06-23 17:08
え!あの「ノーカントリー」の人ですか?
ぜんぜん気がつかなかった!!!!
すごい、こんなに愕然とするほど、雰囲気が変わるなんて・・・
そう思ってこの映画を観てしまうと、ラブなシーンで突然、あの、
「ノーカントリ」で使ってたへんな武器、ガスボンベでブシュッ!
と、殺られてしまわないかしら、なんて余計な雑念がちらちらしそうです。笑
Commented by mtonosama at 2009-06-23 20:15
hanahanaupさん
そうなんです。「ノーカントリー」のハビエル・バルデムです。
「ノーカントリー」、怖かったですねぇ。
っていうかハビエルが怖すぎ。
そうそう、あの変な武器をとり出すと怖くて正視できないから
目隠しした指と指の間から映画観てましたもん。

でも、このハビエルって、ほんと、すごい役者ですよ。
Commented by Tsugumi at 2009-06-25 08:31 x
スペインへ行ってバルのはしごしたいです~~~。
もちろんラテンダンス踊ってますよ。
この映画今週末是非見に行きたいと思います。
Commented by との at 2009-06-25 11:41 x
もう今週末から公開でしたね。
楽しんできてくださいませ。

バルで一皿とって5軒はしごしたら
結構な量になって、10年後114Kgになっちゃうかも~(涙)

でも、やりたいっ(キリリッ)
Commented by Tsugumi at 2009-06-29 10:18 x
みてきました。
私ももうちょっと若かったら
この3人のうち誰に共感したでしょうか。。。
Commented by mtonosama at 2009-06-29 10:32
私だったら
(若くないけど)
クリスティーナがいいです。

性格的には
(あれほど才能はないけど)
マリア・エレーナです。
あんなふうに自己破綻してます(苦笑)。