ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

あがた森魚ややデラックス

f0165567_5513510.jpg

                   (C)Transformer,Inc

あがた森魚ややデラックス

その昔、渋谷にまだ三葉虫が這いずりまわっている頃
道玄坂途中にある百軒店横町の奥にSWINGというモダンジャズだけを
聴かせる喫茶店がありました。
そこでは客は眉間にしわを寄せ、深刻な顔をして、ジャズを拝聴します。
無言、敬虔。店内は修行僧の集まりのようでありました。

その斜め向かいにはBLACK HAWKというロック喫茶があり、
こちらは若干ルーズではありましたが、おしゃべりの声は聞こえません。
音楽のヴォリュームが大きすぎて、話し声なんか聞こえないという単純な理由です。

ジュラ紀に入ると、あがた森魚というフォークシンガーが
「赤色エレジー」という楽曲をひっさげてデビューしました。
下駄ばきの彼が、細く高く震える声で歌ったあの歌です。
といっても、わかるのはジュラ紀に生きてたアンモナイトくらいでしょうか。
   
 
f0165567_552227.jpg
  

あがた森魚って?
   ↓ ↓ ↓
 http://www.agatamorio.com/profile.html
1948年9月12日、北海道生まれ。1972年「赤色エレジー」でデビュー。
当時、アメリカのコンテンポラリーなフォーク・ロックやヒッピームーブメントなどに強い影響を受けながらも、その影響下に留まらず、日本の大正や昭和のロマンティックな大衆文化を彷彿とさせるオリジナリティあふれる音楽世界を創り出していった。
デビューアルバム『乙女の儚夢』以降、『噫無情』『日本少年』『永遠の遠国』と、あがた森魚世界観をはらんだアルバムを発表しながら70年代を駆け抜けた。

21世紀にはいり、初のベスト盤『20世紀漂流記』、久保田麻琴、鈴木惣一朗、HARCOらの才能とともに、『佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど』を発表。
2003年、田中泯(舞踏)とのコラボレート「架空」公演を新しく試み好評を得る。
また、NHK教育番組「バケルノ小学校」のオープニングテーマを歌い、小学生までファン層が広がった。

デビュー35年となる2007年、9月には久保田麻琴プロデュースによるオリジナルアルバム『タルホロジー』リリース。
2008年、60歳を迎えライヴツアー「惑星漂流60周年!」を全国各地で展開、
2009年2月22日、一大記念イベント『Zipang Boyz號の一夜』を開催。
月刊日記映画を毎月制作、上映会も行い、さらに意欲的な活動が続いている。


と、あがた森魚さんのオフィシャルサイトから、そのプロフィールを引用させていただきました。
そういえばあがたさん、本作「あがた森魚ややデラックス」の中でも
一生懸命マックに向かって何やらアップしてましたっけ。
潜水艦ノーチラス号のおもちゃで遊びながら。

プロフィールにもありますが、あがたさんは60歳を迎える2008年に
「惑星漂流60周年!」と銘打ったライブツアーを行いました。
北は釧路から南は石垣島まで
全国67か所をキャンピングカー1台で移動する無謀、無計画な旅です。
留萌、小樽、函館、青森、横浜…
60年の人生で漂流して流れ着いた土地をめぐり、歌う旅というわけです。

小さなライブハウスや居酒屋、およそ採算などとれそうもない会場で歌うあがたさん。
スタッフとケンカし、出発時間に遅刻し、酒飲んで居直るあがたさん。
「あがた森魚ややデラックス」はその勝手放題のツアーに密着し
さらに、今年2月九段会館で行われたツアーのファイナルイベント
「あがた森魚とZipang Boyz號の一夜」までの半年間を捉えた
90分のドキュメンタリーロードムービーです。

監督はジュラ紀のあがた森魚を知るべくもない竹藤佳世さんですが
彼女は若松孝二監督や河瀬直美監督の作品に参加し
「『実録・連合赤軍』ドキュメントムービーGUN AWAY!」を公開
2007年には初の劇場長編監督作品「半身反義」で国際的評価を得た新鋭です。

f0165567_5521633.jpg


あがた森魚を知らない世代にとってはおそらく彼はちょっと変なおじさんなのかもしれません。
(あがたさん、ごめんなさい)
「赤色エレジー」の頃しか知らない世代にとっては「まだやってたのか」という感想でしょうか?
(あがたさん、重ね重ねごめんなさい)

殿も映画冒頭で思わずひきました。
小さなライブハウスの数人の客の前で叫ぶように歌う彼を見て
ちょっと寒くなってしまいました。
数十年ぶりに出会った友人が外見や体型はすっかり変わってしまったのに
昔と同じファッションをしているのを見た気分、とでもいいましょうか。

でも

居酒屋でも、ワイナリーでも、どんなステージでも、全身で歌うあがたさん。
これが結構いいんです。
ファイナルライヴの行われた九段会館にはムーンライダーズの鈴木慶一
「はちみつぱい」の元メンバーや矢野顕子、緑魔子らが参加して、ものすごい盛り上がりでした。

矢野顕子さんが「もう、あがたくんは無形文化財にしてほしいくらいよ」
とあのおっとりした口調で語ったり。

一流のミュージシャンでも、歳をとったら変わります。外見も。パフォーマンスも。
これは自然の摂理です。だけど、確実に深まってるんですね。
懐かしいあがた森魚じゃなく
潜水艦ノーチラス号に乗って深化したあがた森魚を見せてもらいました。

あがた森魚ややデラックス
監修/森達也、撮影・編集・監督/竹藤佳世
出演
あがた森魚、鈴木慶一、矢野顕子、久保田麻琴、緑魔子
絵:奈良美智、製作・配給:トランスフォーマー、宣伝協力:太秦
2009年/カラー/90分/デジタル
10月10日シアターN渋谷にてモーニング&レイトショー
http://www.yayadeluxe.com/


ワンクリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡いつも応援してくださって、ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-09-09 06:24 | 映画 | Comments(18)
Commented by Tsugumi at 2009-09-09 08:45 x
あがた森魚なぜか知っています。。。。

やはり同年代なんですね。。。
Commented by との at 2009-09-09 09:40 x
ふふふ、お互い謎多き女子でありますね。
ウォーキング、水泳とそれぞれの道に邁進しましょう!
今後ともよろしくお願いします。
Commented by すっとこ at 2009-09-09 21:33 x
出・出たあ~~~~~~~~!
昼なのにアンモ”ナイト”の当方としては「お懐かしや!」
今でもときどき口ずさむ“赤色エレジー!
    ♪愛は愛とてなんになる 男一郎まこととて♪
じゃんかーーーーーーー。くううーーーーーーーーーっ。
 
2番か3番が
     ♪淋しかったわ どうしたの おかあさまの夢みたね
      裸電灯 舞踏会 踊りし日々は走馬灯♪

ああ なんという昭和舞台。あがた森魚は健在だったのか。
これはアラカン世代としては是非見に行きます!
ひとりでも行くぞ~~~~~~。
ところで赤色エレジー、頭から尻尾までちゃんと聞かせるよね?
映画の中で。歌切って途中で別の映像とか入れたら承知しない
からねーーーーーーーっ。
絶叫すっとこ拝。
Commented by mtonosama at 2009-09-09 22:11
さすが、生きた歌詞帳。すっとこさん!
でも、残念ながら「赤色エレジー」全部歌わないよ。
声も太くなってたし、
「赤色エレジー」は卒業したみたい。
それよか緑魔子とのかけあいで
♪踊ろうか♂
♪踊りましょう♀
が良かった。しかし、緑魔子も歳とったよ。
Commented by ライスケーキ at 2009-09-09 22:22 x
アンモナイトの私。 「赤色エレジー」がなつかしい。  しかし私も「懐メロ」を聴いて懐かしむ世代になってしまった。 娘時代、毎年毎年、NHKの「懐かしのメロディー」を見ている両親を見て「なんで、毎年毎年同じ昔の曲ばっかり聴いていて面白いんだろう。」って思ってたけれど、私も最近は「懐メロ、オールディーズ」を聴いて楽しんでいる。  「歴史は繰り返す」だね!
Commented by との at 2009-09-10 10:01 x
同じく、です。
両親が三橋美智也とか春日八郎とか旗照夫(ここで相当古さが
わかりますね)とか聴いてて「何が面白いのかね。やれやれ」
なんて思ってたけど。
でも、懐かしのGSってのを観た時には、悲しくなってテレビ消した。
往年の美少年があそこまで肥り、様変わりしてるとは。
「テレビに出ないで」と言いたい。
あがた森魚は歳をとったというだけで、体型などはあまり変わって
なかったけど。
Commented by すっとこ at 2009-09-10 11:55 x
美少年の変わったのも悲しいけど美少女の変わったのも悲しいよ。
弘田三枝子と天地真理が・・・・・・・・・・・
悲しいというかスゴイというか。
今日ちょうどYou Tubeでふたりを見てしまったの涙)
Commented by ひざ小僧 at 2009-09-10 11:55 x
そんな、三葉虫を引き合いに出さずとも…。子供のころは絶対、受け入れられなかったあがた森魚さん。大人になって赤色エレジーを聞いた時、ふうんとすんなり聞けたことを思い出します。「圭子の夢は夜開く」とか、暗い歌がヒットした時代もあったんですよねえ。
Commented by Tsugumi at 2009-09-10 12:25 x
うちの父神戸一郎が好きだったの。。。
かなり古いですね(苦笑)
年齢とともに体型顔変わりますね。。。
あ~~~!昔の体重に戻りたい!
Commented by との at 2009-09-10 12:30 x
弘田三枝子は昔銀座で観たことあるよ。
肌が陶器みたいにつやつやだった。
今はどうなったの?
男性に比べて女性はあまり変わらないけどね。
大学の同窓会に行くと男の子の変貌ぶりはすごいけど、
女子は比較的変わらないよね。
化粧というのはありがたいものでございます。
Commented by との at 2009-09-10 12:32 x
ひざ小僧さん

そうなんですよ。昔は暗い歌がはやったものです。
♪アカシアの雨に打たれて このまま死んでしまいたい♪
あ、ちょっと古すぎた?
Commented by との at 2009-09-10 12:35 x
Tsugumiさん
いたいた、神戸一郎。
でも、どんな歌を歌っていたのか覚えていません。

Tsugumiさん、毎日あんなに歩いているのですから
後半年も経てば18歳のころの体重にだって、戻れますとも。
Commented by Tsugumi at 2009-09-11 07:36 x
とのさんありがとう~~~♪

久々に大笑いさせていただきました。
半年後こうご期待!

神戸一郎私も名前だけでよく知りません。。

じゃ書くなよですよね。。。
Commented by すっとこ at 2009-09-11 09:02 x
神部一郎、ちょっとケーリーグラントに似てた。顎が割れてて。
紅白歌合戦のとき司会者が「全国の奥さま方、お待たせいたしました!」と紹介したのを覚えてる。マドロスさんものを唄ったなあ、
歌詞までは覚えてないけど。クルーネックの横しまセーターにパイプ加えて船乗りさんスタイル。外国航路の。
・・・・ってあたしゃ殿様パパとおない年だったんかい!?
神部一郎すきだったよ。
Commented by mtonosama at 2009-09-11 09:17
Tsugumiさん

半年後楽しみです♪
今日も5Kmウォーキングでしょ?
Commented by mtonosama at 2009-09-11 09:24
すっとこさん
本当にすっとこさんのすばらしい記憶力には感心します。
「全国の奥様方お待たせしました」と言ったのは玉置宏?
あ、紅白か。なら高橋圭三?(古ッ)

しかし、どうしてこのコメント欄、なつかしの昭和の歌謡シリーズに
なってしまったんだ?
Commented by Tsugumi at 2009-09-12 07:59 x
はい!これから仕事に行っています。
いつもはタクシーで行くところなんだけど
今日は徒歩で行ってみます。。
でも汗だくで仕事って(苦笑)
Commented by mtonosama at 2009-09-12 20:57
Tsugumiさん、今日、早起きブログに出ていた六本木ミッドダウン
オクトバー・フェストに行ってきました♪
まあ、まあ、本当にジョッキ1杯1500円でした!
さらにデポジットで1000円とられ、1杯のビールに2500円も
払いました(1000円は返してもらえるとはいえ、1500円は高い)。
でも、ズンチャカズンチャカとドイツ音楽の生演奏が入り、
すっかりドイツ気分を楽しんできました。
良い情報をありがとうございました。