ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

新しい人生のはじめかた Last Chance Harvey - 1 -

新しい人生のはじめかた
              Last Chance Harvey -1-

f0165567_4551775.jpg


            (C)2008 OVERTURE FILMS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


世の中は、歳とった人や、それほど歳とってない人や
若い人や、子どもや
女や、男や
結婚している人や、別れた人や
別れたわけでもないけどずっとひとりで暮らしている人や
いろんな人たちから成り立っています。

そんな世の中の日々の生活は結構、波瀾万丈。
人生って、傍目にはなにも起こっていないように見えても
本人たちにとってはさまざまな事件の連続です。

「新しい人生のはじめかた」。
新年にふさわしいタイトルですが、これは恋愛映画です。
それも、20代、30代という若い方々の恋愛ではなく
40代の女性と60代男性との恋愛。
人生も折返し点を過ぎての恋愛のお話。
ある程度、生き方が定まってから、出会ってしまった恋。
それはもう本人たちにとっては大事件です。

観ている自分は当事者ではないのですが
スクリーンで起きているできごとを
登場人物と同じような気持ちになって
大事件と感じたり、あるいは、ハッピーと感じるのは
老いるということもそれほど悪いことではないな、と考えられるようになったからでしょうか。
それとも、俳優が素晴らしいから、でしょうか。

f0165567_4573352.jpg


ダスティン・ホフマン演じるハーヴェイはバツ1、初老のCM音楽家。
離婚後はNYで気ままな一人暮らしを満喫しています。
このハ―ヴェイ・シャイン氏、元妻のひきとった一人娘スーザンが結婚式をあげる
というのでロンドンまでやってきました。
しかし、仕事はトラブル続き。
ロンドンのホテルでは彼一人だけ、家族たちから仲間外れ。
おまけに、娘がヴァージン・ロードを歩く相手に選んだのは彼ではなく
元妻の再婚相手。

一方、エマ・トンプソン演じるケイト。
彼女はロンドン・ヒースロー空港でアンケート調査をして働く統計局員。
過干渉な老母に手を焼きながらも、おひとりさまを楽しむ40代です。
友人たちはさまざまな出会いの機会を提供してくれるけれど
いまさら、男とつきあうより、文章教室に通ったり、読書したり
ひとりで生きていく方がよっぽど気楽と考え始めている独身女性なのです。

to be continued(続く)
(新年にあたり、前編・後編2部構成としてみました。ストーリーは後編にて)

新しい人生のはじめかた
監督・脚本/ジョエル・ホプキンス
出演
ダスティン・ホフマン/ハーヴェイ・シャイン、エマ・トンプソン/ケイト・ウォーカー、
アイリーン・アトキンス/マギー、キャシー・ベイカー/ジーン、リアン・バラバン/スーザン、ジェームズ・ブローリン/ブライアン、リチャード・シフ/マービン、ブロナー・ギャラガー/ウーナー
2月6日(土)TOHOシネマズシャンテ他にて公開
2008年、イギリス、93分、配給/クロックワークス
http://www.hajimekata.jp/


ブログランキングに参加しています。
よろしければ、ワンクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡1月4日に更新しました。いつも応援してくださって、ありがとうございます♡
by mtonosama | 2010-01-04 05:15 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2010-01-04 07:17 x
うっひゃぁぁぁぁぁああああああああああ。
これ飛行機で観ましたえ!
ダスティン君がいい味出してましたえ。
アメリカ人とイギリス人との差、みたいのも
面白かったですえ。
(これ以上のことはまだ後半もありますゆえ
発言自粛いたします)

「観た気にさせる」殿様試写室で
「実は観ました」ファンがここにおりますです。
Commented by mtonosama at 2010-01-04 08:21
♡すっとこさん

明けましておめでとうございます。

そうですか!飛行機の中で?
「実は観ました」系出会い、うれしいですぅ~♪
でも、これで2回目ですね。

ところでパソコン環境改善しました?

本年もよろしくお願い申し上げます。
Commented by Tsugumi at 2010-01-04 09:22 x
おはよございます。

この映画は予告編で何度も見ているので必ず見に行きたいと思います。
だってロンドンの好きなところがいっぱいでてくるんですもの。。
Commented by mtonosama at 2010-01-04 09:36
♡Tsugumiさん

おはようございます。
そうなんです。ロンドンの有名どころ、いっぱい登場します。

テームズ河ウォーキングが絵になるんですよねぇ。
河辺のそぞろ歩きっていったら、なんたってセーヌ河でしょう、
と思ってたけど、テームズ河、なかなか頑張ってます。

すてきな映画でした♡
Commented by ライスケーキ at 2010-01-04 20:57 x
続きのストーリーは次回ですか。 楽しみです。  ロンドンの見所一杯ですか。 観たい、これは観たい。 新年早々映画館に足を運ばねば。
ところで「新しい人生~」という日本語のタイトルと ”Last Chance ~”という原題とニュアンスが違うと思うんだけど観終わって気にならなかった?  タイトル見てたらそんなこと思っちゃった。



Commented by mtonosama at 2010-01-05 05:43
♡ライスケーキさん

同様のご指摘を受けましたよ。
なにゆえハーヴェイのlast chanceなのか、後編を見れば
きっとわかるでしょう(と、ひっぱってます)。

邦第と原題って、山崎貞の「新々英文解釈」なみの意訳が
ありますよね(って、この参考書のことわかる人っていくつ?)