ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

50歳の恋愛白書 The Private Lives of Pippa Lee -1-

50歳の恋愛白書 -1-
The Private Lives of Pippa Lee 

f0165567_5391889.jpg

©Lam Duc Hien,Photographer ©Central Films Sarl,Morena Films SL,BetterWide Limited,Lumiere International limited,LBF10Limite.2009,Studio Canal,All Rights Reserved.

当試写室、なぜか新年早々恋愛ものが続いています。
それも若くない人の恋愛ものが。

しかし、この映画、原題と邦題の落差が大きいです。
“ピッパ・リーの個人的生活”が、なにゆえ「50歳の恋愛白書」?

なんで、こうなったかは映画を観た上で判断していただくこととして。

監督は、あのアーサー・ミラーの娘、レベッカ・ミラーです。
アーサー・ミラーといえば、「セールスマンの死」で劇作家の地位を確立し
テネシー・ウィリアムズとともにアメリカ演劇の双璧といわれる劇作家であります。
マリリン・モンローと結婚したことでも有名です。

あ、レベッカはマリリンの娘じゃ、ありません。
アーサー・ミラーはマリリンと別れた1年後、1962年に写真家インゲ・モラスと再婚。
その2人の間に生まれたのが、女優、脚本家、映画監督であり、そして
本作“The Private Lives of Pippa Lee”で小説家デビューも果たしたレベッカ。
1962年9月15日生まれの47歳。まさにこの映画の主人公ピッパと同世代です。

なんとレベッカさん、小説“The Private Lives of Pippa Lee”を
書いている最中に、この話を映画化したいと思い立ったのだそうです。

「私の中にはまだいろんなものが湧き上がってきていた。
この話を違う側面から見てみたいと思ったの」


思い立つが早いか、小説を書き終わらない内に脚本を書き始めました。
すごいです。

f0165567_5501239.jpg


しかし、殿はこの映画の冒頭シーンを観ながら
「ああ、しまった」と一瞬後悔していました。

おしゃれで高級感あふれるインテリアのダイニングルームで
上品なマダムがにこやかに、お客様たちに飲み物をサーブ
そのかたわらには、マダムよりはかなり年長のインテリっぽいパートナーが
これまた落ち着いた微笑みを浮かべている。

これって、見た目は素敵なんだけど…
「セレブって、こうなの。羨ましいでしょ」
「あんたたちは一生かかってもこんな生活できないのよ」と
人の良い観客を小馬鹿にした似非セレブ映画か?

ところが
ごめんなさい、でした。

その上品なマダムは、30年前はとんでもない不良娘。
インテリ然とした夫はこれまた助平な自分勝手じいさん。

30年以上前にワープするスクリーン。
ピッパの思いもよらない少女時代とその後の展開が
人間をちょっと見ただけで決めつける危険性を教えてくれました。
人間も、映画も、第一印象で決めつけるのはいけませんね(はい、心底そう思いました)。

と、殊勝げに反省したところで、後編に続きます。

To be continued.

50歳の恋愛白書
監督・脚本/レベッカ・ミラー、原作/レベッカ・ミラー“The Private Lives of Pippa Lee”(‘08)
出演 
ロビン・ライト・ペン/ピッパ・リー、アラン・アーキン/ハーブ・リー、マリア・ベロ/スーキー・サーキシアン、モニカ・ベルッチ/ジジ・リー、ブレイク・ライヴリー/若き日のピッパ・リー、ジュリアン・ムーア/カット、キアヌ・リーブス/クリス・ナドー、ウィノナ・ライダー/サンドラ・ダラス、ライアン・マクドナルド/ベン・リー、ゾーイ・カザン/グレース・リー、マイク・バインダー/サム・シャピロ、シャーリー・ナイト/ドット・ナドー
2月5日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー
2009年、アメリカ、98分、配給/ギャガ、http://50love.gaga.ne.jp


ランキングに参加しています。
よろしければ、ワンクリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡1月16日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♡
by mtonosama | 2010-01-16 05:57 | Comments(6)
Commented by Tsugumi at 2010-01-16 08:15 x
キアヌ・リーブスもでてるんですか。。。。

この映画見た~~~!

とのさんはいつも早く映画見れていいなぁ。。。。

羨望。。



Commented by mtonosama at 2010-01-16 10:27
♡Tsugumiさん

キアヌ・リーブス出てますよ~~。
前より、良くなったみたいです♡
Commented by すっとこ at 2010-01-16 12:26 x
うっふふふふふふふふ、うふふん。

“大人の恋”がキてますねえ。
48歳なんてきっと女盛りですわん。

しかし、小説とシナリオ同時進行でやっつけちゃうなんて
凄い才能ですわね、血は争えないのかしら。
アーサー・ミラーの娘が48歳というのも感慨深いです。

女性にはどんどん活躍して欲しいから
そして処女作(こういう言葉もあったなあ)なので
ヒットに貢献したいから、そういう理由で今回は
本当に切符買って観に行きたいなあ・・・。

大人の恋の行方、次回UPが待たれますぅぅぅぅううううう!
Commented by mtonosama at 2010-01-16 12:41
♡すっとこさん

あれれ、今回は大人ヴァージョンできましたか。咆哮ではなく。

すっとこさんはもっともっと女盛りですわん。

なんか、昨今、御地ではクーガー女っていうのが
はやってるんですって?

肉食系と♪年下の男の子♪狙いを兼ねた女性のことをクーガーって
いうんですってさ。フフフ。

北アイルランド首相夫人で60歳のMrs.Robinsonが
19歳だか21歳だかの男の子と不倫して
Mr.Robinsonが首相の座をおりるとか、おりないとか。

いえいえ、そういう映画じゃあないんですけどね。
Commented by ライスケーキ at 2010-01-16 20:30 x
どんな少女も30年後にはどうなるか わからないよね。
60歳になって男の子と不倫したいって言うのが わからないよね。
   あ、貴方はわかるの?
なんでこんな邦題にするか わからないよね。
   これじゃ 夫婦割引の人しか見に行かないよ。
最近 世の中分からない事だらけです。

Commented by mtonosama at 2010-01-16 21:19
♡ライスケーキさん

今、アメリカでも映画制作のコアを占めてるのは
50代以上なんだそうです。

60歳になっても70歳になっても80歳になっても
女は女、男は男、なのかもしれませんね。

夫婦割引の人しか見に行かないか
フフ、蓋し名言ですね。

でも、お話は続きます。後編はいかなることになるでしょうか。