ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ウディ・アレンの夢と犯罪-1- Cassandra’s Dream

ウディ・アレンの夢と犯罪
 -1-

Cassandra’s Dream

f0165567_692894.jpg


(c)2007 WOLVERINE PRODUCTIONS LIMITED.

また、ウディ・アレン?
そう思われる方、多いと思います。
74歳になる今も1年に1本の映画を撮り続けている多作の監督ですものね。
当試写室でも昨年7月「それでも恋するバルセロナ」を上映したばかりです。

映画に、おしゃべりなものとそうでないものがあるとしたら、
ウディの作品は確実におしゃべりです。それも、超早口の。
そこがイヤという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?
実は殿もそうです。

しかし、今回の「ウディ・アレンの夢と犯罪」は比較的もの静かな作品
(それでも「海の沈黙」よりはにぎやかです。もちろん)。
ロンドン近郊のヨットハーバーや
薄曇りの空、それを映し込んだ鈍色の海
カサンドラズ・ドリーム号という名の帆をおろしたクルーザー。
悲劇的な終末をなんとなく予測させるようなファーストシーンです。


f0165567_9594017.jpg

ユアン・マクレガーとコリン・ファレルの渋さも
本作を従来のウディ作品と差別化する要因でしょうか。

ユアン・マクレガーはスコットランド出身
コリン・ファレルはアイルランド出身ということもあり
北国の重厚さというか、どこか不器用だけど一生懸命というか
NYのおしゃれで、インテリっぽいんだけど、なんか軽いノリとは違った雰囲気を漂わせます。
良いなぁ。ロンドン。
そうそう、本作は「マッチポイント」「タロットカード殺人事件」に続く
ロンドン3部作の締めくくりということです。
普段の饒舌さが少し影をひそめた、ウディらしくない作品にしあがっていますよ。

邦題では「ウディ・アレンの夢と犯罪」という符号みたいなタイトルになっていますが
原題は”Cassandra’s Dream”。題名からして悲劇的です。
カサンドラというのはギリシア神話に登場する予言者で、まさに悲劇の王女。
その「カサンドラの夢」というのですから、これは大いなる悲劇を予感させます。
(しかし、ヨットの名前にこのような縁起の悪い名前をつける、というのも不思議です)

カッサンドラー(希:Κασσάνδρα)は、ギリシア神話に登場するトロイアの王女。
悲劇の予言者として知られる。プリアモス王とヘカベーとの間に生まれた。
トロイアの英雄ヘクトールと「パリスの審判」で知られトロイアに戦乱と滅亡をもたらしたパリスを兄に持つ。
同じく予言能力を持つヘレノスとは双子だという。
アポローンに愛され、予言能力を授かったカッサンドラー。
しかし、その力を授かった瞬間
アポローンの愛が冷めて自分を捨て去る未来が見えてしまったため、彼の愛を拒絶してしまう。
そのため、カッサンドラーの予言は
誰にも信じられることのないように運命づけられてしまったという。

カッサンドラーは、パリスがヘレネーをさらってきたときも
トロイアの木馬を市民が市内に運び込もうとしたときも
これらが破滅につながることを予言して抗議したが、誰も信じなかった。
トロイア陥落の際、小アイアースにアテーナーの神殿の中で陵辱されたカッサンドラ。
小アイアースは、これによってアテーナーの怒りを買い
ギリシアへの航海の途中で溺死させられた。
カッサンドラーはアガメムノーンの戦利品となり、ミュケーナイにつれてゆかれ
アガメムノーンと共に、アガメムノーンの妻クリュタイムネーストラーの手にかかり
命を落とした。
これにちなんで、イタリア語では日常の会話で「カッサンドラー」は
「不吉、破局」といった意味を持たせて使う。(Wikipediaより)

と、カサンドラまでが、登場したところで、おあとは後編に続きます。

To be continued.

ウディ・アレンの夢と犯罪
監督・脚本/ウディ・アレン
出演
ユアン・マクレガー/イアン、コリン・ファレル/テリー、ヘイリー・アトウェル/アンジェラ、サリー・ホーキンス/ケイト、トム・ウィルキンソン/ハワード、フィル・デイヴィス/マーティン・バーン、ジョン・ベンフィールド/イアンとテリーの父親、クレア・ヒギンス/イアンとテリーの母親
2007、イギリス、108分、提供:ニューセレクト、配給:アルバトロス・フィルム
3月20日より恵比寿ガーデンシネマほか全国順次ロードショー
www.yume-hanzai-movie.com


ブログランキングに参加しています。
ぜひともポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡2月20日に更新しました。いつも応援してくださって、ありがとうございます♡
by mtonosama | 2010-02-20 06:30 | Comments(8)
Commented by すっとこ at 2010-02-20 09:02 x
ぅぅぅぅううううぉぉぉぉおおおおおおおお!

スコットランドだ!
アイルランドだ!
イングランドより好きかも!

ユアン・マクレガーも
コリン・ファレルも
ちょっとひねったハンサムだよね。
そして船の名前が“カッサンドラ”ときたら

もう次号のお話聞かんくても
猛烈!に観たくなってしまいました。
Commented by ライスケーキ at 2010-02-20 22:49 x
ユアン・マクレガーのファンだからそれだけで見に行きまぁーす。
以前は内容などあまり知らなくても その俳優のファンだと     言うだけで見に行った。
そんな映画の見方も良いんじゃないかな。
舞台がロンドンじゃ ますます見に行きたいです。
Commented by Tsugumi at 2010-02-21 06:47 x
ロンドンが舞台と聞いただけで見に行きます。
ユアン・マクレガーのトレインスポッティング
衝撃的でしたね。。
Commented by mtonosama at 2010-02-21 22:57
♡すっとこさん

ちょっとひねったハンサムか。
そうですね。
私は小さいときからアレクサンダーに憧れてて
アレクサンダーを演じたというだけで
コリン・ファレルに関心を持ってます。

ひねったハンサムでなく、ホントのハンサムが好きなんだけどね。
イヒ。
Commented by mtonosama at 2010-02-21 22:59
♡ライスケーキさん

ユアン・マクレガーをお好きでしたか。

ウディ・アレンっぽくない映画だから、ぜひご覧ください。
Commented by mtonosama at 2010-02-21 23:00
♡Tsugumiさん

お待たせしました。
やっと英語の映画です。
これならだんな様とご覧になれますね(笑い)。
Commented by Tsugumi at 2010-02-22 08:43 x
ありがとうございます。

問題はどこの映画館でやってるのかってことだけです(苦笑)
Commented by mtonosama at 2010-02-22 09:34
♡Tsugumiさん

恵比寿ガーデンシネマへウォーキングでいかがでしょう♪
あ、だんな様はウォーキングお嫌いでしたね(笑い)。