ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

オーケストラ! -1- Le Concert

         オーケストラ! -1-
                  Le Concert

f0165567_5581725.jpg

             (c)2009 - Les Productions du Tresor

オーケストラ   オーケストラ!
感嘆符がついているといないとでは、雰囲気がまったく違いますよね。
ひとつで、なんか楽しげ。期待できそうな感じが湧き上がってきます。

映画の中で演奏されるのは
モ―ツァルト「ピアノ協奏曲第21番ハ長調kv467」
チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.35」
あるいはバッハ「無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007」
他にもロッシーニ、シューマン、パガニーニ…
なじみの曲もあれば、そうでない曲もありますが、とにかくクラシックのオンパレード。

f0165567_611499.jpg


にもかかわらず
にやりとしたり、ハラハラしたり、なおかつ、政治の不条理に怒ったり。
そんなことができるのも感嘆符がかけた魔法のせいかもしれません。
はたまた脚本のおもしろさでしょうか。

ロシア・ボリショイ交響楽団の劇場清掃員が
楽団の指揮者に化けて、寄せ集めのオーケストラを引き連れ
花の都パリはシャトレ劇場に乗り込み、喝采を浴びる―――

実は、その清掃員アンドレイこそ、30年前は天才と呼ばれ
ボリショイ交響楽団の首席指揮者を務めたほどの人物。
そして、寄せ集めの団員たちも同じく30年前は
ボリショイ交響楽団の優秀な演奏家たちだったのです。

とまあ、なんとも荒唐無稽なお話なのですが、そそられます。
ラデュ・ミヘイレアニュ監督も、そそられてしまったひとり。

ラデュ・ミヘイレアニュ監督は1958年、ルーマニアのブカレスト生まれ。
80年チャウシェスク政権下にあったルーマニアから亡命。
ユダヤ系ジャーナリストの息子としてイスラエルの保護下に入った。
次いでフランスに移り、IDHEC(高等映画学院)で映画を学ぶ。
80年代、マルコ・フェレーリ監督の助監督を務めた。
短編映画「Les Quatre Saisons」(‘80)を経て、93年に共同脚本も担当した「Betrayal」で
長編映画の初監督を務める。この作品はモントリオール映画祭の審査員特別賞をはじめ
世界中の映画賞を獲得。
2作目の「Train of life」では国際的な成功をおさめ、ヴェネチア映画祭で2つの賞を
サンダンス映画祭で観客賞を受賞。
2005年の「約束の旅路」では、セザール賞最優秀脚本賞を受賞し
ベルリン国際映画祭でも審査員賞をはじめ、3つの賞を獲得した。

監督もまた冷戦下の東欧で歴史の荒波に翻弄されたひとですが
あるプロデューサーから渡されたひとつのシノプシスが
この映画をつくるきっかけとなりました。
それは「パリへ向かう偽のボリショイ交響楽団の物語」というもの。

このアイデアを気に入ったラデュ監督。
プロデューサーに同じアイデアで自分自身の脚本を書きたいと申し出ました。
了承を得て監督は取材のため、ロシアへ。
キャラクター、セリフ、アイデアなどのヒントをしこたま仕入れて書き上げたのが
本作「オーケストラ!」の脚本です。

ロシア取材の成果は随所に。
ゴリゴリの共産党員であるマネージャーの携帯の着信音楽が革命歌「インターナショナル」だったり
動員されたサクラの前で陶酔してアジテーション演説をする老共産党員とか
また、そのサクラの動員を商売にする元指揮者アンドレイの妻とか

f0165567_615889.jpg


専横をきわめたソ連・共産党員のなれの果ては
わびしいような、おかしいような。

あるいは、ソ連・ブレジネフ政権下で行われたユダヤ人迫害の悲話を
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲をバックに描くなど
見どころ聴きどころ満載です。

とっても大変な時代のお話なのですが
ロシア人とフランス人、ダサさと洗練、重いと軽い
の対照のおかしさに、つい笑ってしまいます。

でも、ストーリーを貫くのはクラシック音楽。
それも教養としてのクラシックではなく、
人生に密着したクラシックというところがちょっと並みの映画とは違います。

人生に密着したクラシック?
そうなんです。
クラシック音楽って、気取ってるだけじゃないんです。
人生のワンシーンなんです。

それにしても、アンドレイはなにゆえ清掃員になったのか、知りたいでしょう?
ですが、それは次回までのお楽しみということで。

To be continued.

オーケストラ!
監督・脚本/ラデュ・ミヘイレアニュ、共同脚本/アラン=ミシェル・ブラン、マシュー・ロビンス、原案/ヘクトール・カベッロ・レイエス、ティエリー・デ・グランディ、音楽/アルマン・アマール、製作/アラン・アタル、撮影監督/ローラン・ダイアン
出演
アレクセイ・グシュコブ/アンドレイ・フィリポフ、メラニー・ロラン/アンヌ=マリー・ジャケ、フランソワ・ベルレアン/オリヴィエ・デュプレシス、ドミトリー・ナザロフ/サシャ・グロスマン、ミュウ・ミュウ/ギレーヌ・ドズ・ラ・リヴィエール、ヴァレリー・バリノフ/イヴァン・ガヴリーロフ、アンナ・カメンコヴァ/イリーナ・フィリボヴナ
4月17日(土).Bunkamuraル・シネマ、シネ・スイッチ銀座他全国順次ロードショー、2009年、フランス、124分、配給/ギャガGAGA★、http://orchestra.gaga.ne.jp/


ブログランキングに参加しています。
映画ファンもクラシックファンもぜひポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡3月19日に更新しました。いつも応援してくださり、ありがとうございます♡
by mtonosama | 2010-03-19 06:31 | 映画 | Comments(6)
Commented by cao at 2010-03-19 09:49 x
今更、のだめ(漫画)を初めて読み、オーケストラってちょっと凄いかもとようやく思ってきました~指揮者って何のためにいるのか今までほとんど理解できなかった...

幼少の頃は有名どころを聴きにいっていたのに、耳が悪いんですかね?眠くなったりするだけで...音楽(クラシックに限らず)だけをじっと聴くというのが、なんか手持ち無沙汰になっちゃって落ち着かないんですよね、昔から。そわそわするか、踊るか、歌うか、眠るか、で、聴くだけってのがどーも集中できないんすよ。
Commented by mtonosama at 2010-03-19 10:30
♡caoさん

「のだめ」、父の看病しながら読んだなぁ…

聴くことだけに集中できないcaoさんには
まさに映画はうってつけ(笑)

聴けるし、観れるし、だもの。
踊るのは、ま、帰ってから、ということで♪
Commented by ライスケーキ   at 2010-03-19 21:00 x
演奏される曲とストーリーを読んだだけで見に行きたくなりました。
普段は趣味の合わない夫とも これなら行けそう。
夫婦割引で見に行きます。
Commented by mtonosama at 2010-03-20 05:17
♡ライスケーキさん

ライスケーキさんはクラシック部門で、
おつれあいはソ連部門で、鑑賞ですね(^_-)-☆

Commented by Tsugumi at 2010-03-21 07:55 x
またしてもフランス語の映画ですか?

だったら夫婦で見るのはあきらめます。。。

クラシックの映画だとアマデウス大好きなんですよね。。

でもだんな様とは映画・DVDとも一緒に見たことないです。
Commented by mtonosama at 2010-03-21 09:09
♡Tsugumiさん

実はフランス語だけじゃないんです…

ロシア語もあります。

でも、音楽は万国共通語♪
ぜひぜひ、だんな様といらしてくださいませ。