ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ねこタクシー -1-

f0165567_1672816.jpg


f0165567_19552335.jpg


                   (C)2010「ねこタクシー」製作委員会


犬も猫も好きな殿です。
でも、犬にはグチャグチャと頭をなでまわしていやがられたり
猫からも尻尾をしごいたり、耳たぶ(?)をひねくったりして怒られます。

数年前、20歳まで生きた愛犬チヌが逝ってしまってからは
つらいので動物は何も飼っていません。
時々、自宅のウッドデッキをどこかの猫やらタヌキ(先日3匹の仔ダヌキが走っていきました!)やらが通っていくので、それで良しとしています。

さて、今回、当試写室で上映するのは「ねこタクシー」。
まるで熊谷守一画伯の描く猫のように典型的な三毛猫が今回の主人公です。

f0165567_5173482.jpg


主役の御子神(みこがみ)さんを演じるのはみーすけさん。オスの8歳です。

「あ、ちょっと待って!」

おや、お声がかかりましたね。
よびとめたのは、オスの三毛猫について、でしょう?
そうなんですねぇ。オスの三毛猫って、とっても珍しいんです。

三毛猫
一般的に白・茶色・黒の3色で短毛の日本猫。白・茶色・こげ茶のものを「キジ三毛」、縞模様との混合のものを「縞三毛」と特に分けて呼ぶこともある。 福を招くとされるネコの置物招き猫の代表的な色合いでもある。
日本では珍しくないネコだが、そのほとんど全てがメスで、オスが滅多にいない事から、伴性遺伝の具体例として、遺伝学の教科書などで取り上げられる代表的な生物である。
欧米では比較的珍しいとされ、トーティ・アンド・ホワイトと呼ばれる。英仏風にトライカラーあるいはトリコロール(Tricolor)と呼ばれることがある。アメリカで開発された尻尾が短いジャパニーズボブテイルの代表的な毛色でもあり、西欧や北米にあっては、そのジャパニーズボブテイルが『ミケ』(Mi-ke)の愛称で珍重されている。
(Wikipediaより)

オスの出生率は3万分の1といわれるほど珍しい存在。
昔はオスの三毛猫が生まれると新聞に載ることもあったとか。
福を呼ぶとも、船に乗せればその船は沈まない、などともいわれ
漁師さんたちに大切にされたとひいおばあちゃんから聞いたことがあります。

この貴重な三毛猫みーすけは、なかなかのスター猫でして
「ALWAYS 三丁目の夕日」(‘05)や
「龍馬伝」(‘10)や
いろんなテレビCMにも登場する売れっ子です。

そんな珍しい猫が登場する「ねこタクシー」。
監督は亀井亨さん。
以前ご紹介した「幼獣マメシバ」http://mtonosama.exblog.jp/11202242の
監督さんです。
f0165567_5175548.jpg

                  ©2009『幼獣マメシバ』製作委員会

一郎くん↑かわいかったですね。


古来、犬の登場する映画やテレビ番組は多いのですが
猫となると、パッと思いつくところで
「ハリーとトント」(‘74 ポール・マザースキー監督)
「ティファニーで朝食を」(’61ブレイク・エドワーズ監督)
ムツゴロウさんの「子猫物語」(‘86畑正憲監督)なんてのもありました。
あ、あとエミール・クストリッツァ監督の「黒猫白猫」という映画も。
彼の映画には脇役としても猫がよく登場しますよね。
f0165567_1612460.jpg

こんなことを言うとなんですが、猫って演技ができないと思うんです。
犬に比べて猫の映画やテレビドラマが少ないのはそのせいではないでしょうか。

猫ブログが好きでよく見ますが、飼い猫はもちろん野良猫の場合も
良い写真は撮影者と猫たちとのとっても良い関係が透けて見えます。
猫ブログに登場する猫たちはみな素で良い味出しているんですねぇ。

とはいえ、これは猫ブログのお話ではなく「ねこタクシー」。
さてさて、一体どんなお話なんでしょう。

続く

ブログランキングに参加しています。
今日も一回、肉球クリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡4月12日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♡

ねこタクシー
監督/亀井 亨、脚本/永森祐二、イケタニマサオ、原作/永森祐二(「ねこタクシー」竹書房刊、製作総指揮/吉田尚剛、配給協力/中目黒製作所、企画・配給/AMGエンタテインメント
出演
みーすけ/御子神さん、カンニング竹山/間瀬垣 勤、鶴田真由/間瀬垣真亜子、山下リオ/間瀬垣瑠璃、芦名 星/丹羽仁美、室井滋/松本スミエ、内藤剛志/宗形誠二、高橋長英/真泉平、甲本雅裕/沼尻 崇、塚本高史/タクシーの客、水木一朗/炎 悟
6月12日(土)よりシネマスクエアとうきゅう他、全国ロードショー
2010、日本、106分
http://nekotaku.info/

by mtonosama | 2010-04-12 05:47 | Comments(12)
Commented by すっとこ at 2010-04-12 07:42 x
うをぉぉぉぉぉぉぉぉおおをををををを!!

ねこネコ猫ですとぅぅぅぅぉぉぉぉぉぉおおお!!

猫には目のないすっとこです。
もうストーリー聞かないでも
行きます、観に行きたいです!!

でもひと言いいですか?
「みーすけさん、
ベロしまい忘れてますよん」
Commented by mtonosama at 2010-04-12 08:42
♡すっとこさん

そう、そうなんです。猫です。
しかし、この小さな画像でみーすけさんがベロしまい忘れてるの
よくわかりましたね。

ベロ出しの理由を内緒で(う~ん、ここじゃ内緒にならないなぁ)
教えちゃいましょう。
みーすけさん、訳あって奥歯がないんだそうです。
奥歯というストッパーがないから、ベロ出ちゃうんですって。

昨日「龍馬伝」観てたら、乙女ねえさんの横のザルの中で
みーすけさん、眠る演技してました。
良い演技だったなぁ♡
Commented by cao at 2010-04-12 10:52 x
動物好きなだけに、動物映画はほとんどあらすじがわかってないと見られないっすー
ハッピーエンドで、厳しい映像がない動物映画なら見られるんすけどね
Commented by suzukimr at 2010-04-12 11:15 x
動物大好き!
犬猫大好き。

昔は犬しか飼っていなくて、断然犬党!と思っていたのですが、
数年前に姉が、双子の雄猫を拾ってきてから、猫党になりました。

自然児だったので、なかなか慣れなかったのですが、慣れるとこれまたかわいい!
猫っかわいがりデス。

ところで、猫って勝手気ままなのに、演技できるのですか?

第二弾が楽しみです。
Commented by mtonosama at 2010-04-12 13:08
♡caoさん

よっしゃーっ!任せて。
ぜ~~~ったい、大丈夫です♪
後編でストーリー、さくっと紹介するから、お待ち下され。
ふく王子によろしくね!
Commented by mtonosama at 2010-04-12 13:15
♡suzuさん

あの猫たちはきょうだいだったんですか。
昔は猫も犬もよく拾ってきたものですよね。
うちなんか、長い尻尾をきりりと立てて
お店の玄関から堂々と入ってきた子猫がいました。
はい、飼うことになりました♪

さて、猫に演技ができるか?
後編までのお楽しみということで<(_ _)>
Commented by ライスケーキ at 2010-04-12 21:12 x
「ねこバス」は知っていますが 「ねこタクシー」は知りません。
我が家では猫は飼ったこと無いけれど 隣家の猫がたまに遊びにくるのでキャットフード買って待っています。 可愛いですね。
次回ストーリー楽しみにしています。
Commented by mtonosama at 2010-04-13 06:12
♡ライスケーキさん

猫も狸もキャットフードでいいでしょうか?

日曜日の朝(!)うちに来たタヌキは物欲しげでしたが
猫は完全に通り道にしているだけなので
キャットフードをあげたらタヌキだけがいつくことになりそうです。
タヌキのお宿になるかも。
Commented by Tsugumi at 2010-04-13 09:27 x
でみーすけさんがベロしまい忘れてるのうちの太郎とそっくりではありませんか(苦笑)

うちはワンコ派ほかのファミリーは猫派です。。

だんな様はどっちも好きなんですが私がこれ以上ファミリー増やさないでと釘さしています。。

「ねこタクシー」どんな映画なんでしょう。。。。
Commented by mtonosama at 2010-04-13 10:31
♡Tsugumiさん

太郎のベロ出し、ベロが大きいだけに迫力ありそう(笑)

だんな様、そういえば、仔猫をもらってきたんでしたよね♪
確か、鎌倉へもらわれていったような。
Commented by 寅二郎 at 2010-04-14 05:02 x
お声かけいただき、ありがとうございます☆
オスのミケ!知りませんでしたよ、みーすけ。
ALWAYS三丁目の夕日に出て、龍馬伝に出て、
ついに主役抜擢!って感じでしょうか。
猫って確かに演技させずらい感じありますよね。
どうやって撮影しているのでしょう?
カンニング竹山さんは鳥居みゆきとか演技させずらいキャラ
(過剰な演技?)と非常に相性がいい感じがするので、
竹山さんにも期待です^^
さて、うちのブログは猫との関係、どんな風に見えてますか?
Commented by mtonosama at 2010-04-14 06:40
♡寅二郎さん

いやあ、もう寅二郎さん鳥造さんご兄弟のおかげで
江ノ島&ノラ猫再発見ですっ!!
パトくんとはいつもお話させていただきましたし。
あ、彼の尻尾はしごいていませんから(笑)
茶トラ1号そして角っこミケ、etc,etc♪

写真に魅かれて、江の島へ行くたび、彼らに会えて幸せです♡
それにつけても、パトちゃんは残念でした。合掌

あ、カンニング竹山さんはこの映画ではキレキャラではなく
新境地開拓ということらしいですよ。

いつも素敵な猫たちの写真と文章、ありがとうございます♡