ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

パーマネント野ばら -2-

パーマネント野ばら -2-
f0165567_5584722.jpg


             (C)2010映画『パーマネント野ばら』製作委員会

抒情―――でした。

抒情とは、広辞苑には〈自分の感情を述べ表すこと〉とあります。
あれ?案外、当たり前のことなんですね。
ま、感情ですから、笑いも恋も驚きもエッチもなんでもあり、ということなんでしょう。

映画の冒頭、ぬるくて、ゆるい音楽が流れます。
土佐の輝く海を遠景に、子供用の真新しいピンクの自転車の車輪が
アップになってカラカラと回っています。
「なおちゃ~~ん、待ってやぁ」という子どもの声がかぶさり―――

〈永遠の野ばら〉にとりつかれている殿は「う~ん、ありがちだなぁ」と
どこまでも意地が悪い観方をしています。
しかし、なおちゃんを追いかけるはしっこそうな女の子・みっちゃんと
ぞろりとした女の子・ともちゃんが出てくるあたりから、
ちょっと変わってきました。
野ばらの魔法にかけられてしまったようです。
さて、ストーリーは―――

f0165567_625855.jpg


ストーリー
小さな漁港に面したパーマ屋さん「野ばら」。
一人娘のももを連れて出戻ったなおこ(菅野美穂)と、その母まさ子(夏木マリ)が
切り盛りしている、町に一軒きりの美容室です。
そこは町の女たちが夫の悪口や虚実ないまぜにした恋の話をして憂さを晴らす社交場。

f0165567_603394.jpg


まさ子には夫のカズオ(宇崎竜童)がいますが、カズオは女の家に入り浸り。
なおこは母を気遣い、カズオに会いにでかけ「お母ちゃんのところに戻って」と頼むのですが、
カズオの訳のわからない理屈に押し切られてしまいます。

なおこの友達でフィリピンパブを経営しているみっちゃん(小池栄子)は
夫のヒサシ(加藤虎ノ介)に手を焼いています。
ヒサシは店の女の子に手をつけ、みっちゃんには金の無心ばかりするダメ亭主。
いつもは見ないふりをしてきましたが、今度の浮気は本気じゃなかろうか、と
不安と怒りが爆発したみっちゃん。
ラブホテルから出てきた浮気相手を車で轢き殺そう(!)と実力行使に出ました。
ところが、車にぶつかったのは浮気相手をかばった亭主。
みっちゃんも大けがをして夫婦で病院に運ばれます。

なおこの友達ともちゃん(池脇千鶴)は男運最悪。
つきあったすべての男から手ひどい仕打ちを受けてきました。
今はギャンブルに溺れて行方不明になった亭主を心配する日々。
ある日、なおことまさ子はゴミ屋敷に暮らす老夫婦の髪を切りに行った帰途、
山道でボロボロになったともちゃんの夫ユウジ(山本浩司)にバッタリ。
なおこはユウジからスロットマシンのコインをともちゃんに渡すようにと
ことづけられました。

一方、なおこにも理科教師をしているカシマ(江口洋介)という恋人がいます。
学校の実験室で、あるいは、旅館で、海岸で、デートを重ねる2人でしたが…

大笑いの後に、え?とはぐらかされ、
そして、リリック(抒情詩)の世界に浸らせられる―――
そうか、これだったか。サイバラマジック。

はしっこいまま大人になったみっちゃんが
「なおちゃん、男に都合のよい女を自分でつくる必要はないきに」と慰めるのを聞いて、
みっちゃんはボーヴォワールを超えた、と思いました(笑)。
ボーヴォワール女史は「女に生まれるのではない、女になるのだ」と言いましたが、
昔っから、土佐の女はおばさんになることで自分を守ることができるんですよ。きっと。

ところで、西原さんは自作が映画化されると、必ず映画のどこかに顔を出すのだそうです。
そうです、そうです。ヒッチコックみたいに。
さて、本作ではどこに顔を出しているか?
わからなかった殿のために、どなたか「パーマネント野ばら」をご覧になって教えてくださいませ。

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いしますきに。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡4月27日に更新しました。いつも応援、ありがとうございます♡

パーマネント野ばら
監督/吉田大八、原作/西原理恵子「パーマネント野ばら」(新潮社刊)、脚本/奥寺佐渡子、撮影/近藤龍人、照明/藤井勇、録音/矢野正人、美術/冨田麻友美、装飾/佐藤孝之、編集/岡田久美、音楽/福原まり、音楽プロデューサー/日下好明、主題歌/さかいゆう「train」(アリオラジャパン/オーガスタレコード)
出演
菅野美穂/なおこ、小池栄子/みっちゃん、池脇千鶴/ともちゃん、夏木マリ/まさ子(なおこの母)、宇崎竜童/カズオ、江口洋介/カシマ、畠山紬/もも、加藤虎ノ介/ヒサシ、山本浩司/ユウジ
5月22日(土)新宿ピカデリー、シネセゾン渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
配給/ショーゲート、2010年、日本、上映時間100分、
公式HP:http://www.nobara.jp/

by mtonosama | 2010-04-27 06:36 | Comments(10)
Commented by Tsugumi at 2010-04-27 11:34 x
実はね。。
うちの実家昔美容室に場所貸していたんです。。
大家の子供ということで私ちっちゃい時から美容院に入り浸っていました。。

そして美容室大好きでした。。

私のへメイクのルーツか?(爆)

Commented by すっとこ at 2010-04-27 11:38 x
やったぁぁぁぁぁああああああああああああ!!
殿様堂々1位へ凱旋!
おめでとうございやす。うう、嬉しい。

ところで西原ワールド全開で
見事ダメンズばかり出てくるようですね。

ダメンズに手を焼くオバちゃんに・・・
一度はなってみたかった、そんな夢の
ためにも観たい映画です。

LA,今日は暑うて汗かきました。
Commented by mtonosama at 2010-04-27 16:07
♡Tsugumiさん

へぇ、そうなんですか!?
美容室に子どもの頃から入り浸っていると、
知らず知らず耳年増になりはしませんでしたか(笑)

わたしの場合は親戚がグランドキャバレーみたいなお店を
やっていました。遊びに行くと、きれいなおねえさんたちが
みんなで可愛がってくれて、ミックスジュースを飲ませてくれたり
楽しかったです。
そういうお店ではちっちゃな子どもが珍しかったからでしょうね。

わたしの飲み屋好きのルーツか?
Commented by mtonosama at 2010-04-27 16:13
♡すっとこさん

ほんと、登場する男はみんなダメンズばっかり。
女って賢くてけなげな生きものなんだな、って認識しましたわ。

私はダメンズに日々手を焼いています(トホホ)。

え~~~!LAは汗だらだら?
こちらはまた冬に逆戻り。寒いです。
Commented by ライスケーキ at 2010-04-27 16:28 x
私正直に申しますと西原さんの漫画あまり好きでないんです。
あの個性あふれる絵がどうも・・・。
でも、ストーリーはインパクトがある。
ボーヴォワールを超えたオバさんですか。
これは面白そう。  
Commented by mtonosama at 2010-04-27 16:37
♡ライスケーキさん

ボーヴォワールを超えた(ちと大げさか?)のは小池栄子演ずる
おばさん予備軍のみっちゃん。

バスに乗ってる楽しそうなおばちゃんたち。
みんなどっかで見たような顔ですよね(笑)
Commented by hanahanaup at 2010-04-28 10:31
とのさんが以前に紹介していた「キャラメル」って映画、
よく覚えていますよ、美容院はおんなの憩いの時間!って。
実はうちの実家も街のちいさな美容院で、こんな感じなんです。
さすがにうちの母は、パンチパーマはかけていませんが。笑
小学校のころ同級生に「おまえん家、パーマ屋だろ?」といわれるのが嫌で、
「ちがうもん、美容院だもん!」といつも言いかえしていました。笑
なので、こういう設定の空気感、なじみますね~。
西原さんの作品って読んだことがないので、興味深々☆

Commented by Tsugumi at 2010-04-28 14:37 x
あわてんぼうの私誤字脱字多し・・・・
でも気にしないでね。

私ののんべぇのルーツは破天荒だけど大好きだった父ですね。朝から飲んでいましたもの(苦笑)
Commented by mtonosama at 2010-04-28 15:59
♡hanaさん

「キャラメル」覚えていてくださってありがとうございます。

ご実家、美容院ですか!?
いいですねぇ。

小学生のhanaさんはパーマ屋といわれるのは
イヤだったんですか。
なんかわかります。
小学生の男子って、にくったらしい言い方しますもんね。
男子っていつもにくったらしいのかもしれませんが(笑)。

追伸 竹下通り妄想編は抑え目にお願いします♪

Commented by mtonosama at 2010-04-28 16:05
♡Tsugumiさん

ポルトガル旅行をしたとき、朝食にシャンパンがありました♪
え?もちろん呑みましたとも。
でも、反省。
旅先で朝から呑むと移動できなくなりますね(笑)