ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

映画にこじつけ台湾旅行 2日目 -6-

映画にこじつけ台湾旅行
2日目 -6-

f0165567_5532540.jpg


ちょっとアールヌーボーな窓格子がおしゃれです。
新しいものも多いけれど、古いものがさりげなく街の中に残っていて、
きつい日程の合間を縫ってお散歩するのも楽しい台北でした。

中華人民共和国には何度も訪れた殿ですが、台湾は初めて。
で、台湾を訪れて知った両国の大きな違いはトイレ。
厠所(トイレ=便所)、洗手間(トイレ=お手洗い)
http://movie.blogmura.com/movie_new/
↑ ↑
ここで発音もわかります。
しかし、この2つの中国語、訳の違いがビミョーです(笑い)。

周囲では「あいつの中国話はトイレのことしかない」といわれている殿です。
中国トイレ体験者のみなさま、また、殿のトイレ話にうんざりしたみなさま、
ご安心ください。
台湾のトイレはきれいでした。綺麗で、その上、清潔でした。

なかでも感動ものだったのが、夕食を食べた鼎泰豊餐庁のトイレです。
台湾も、中華人民共和国も、少し古い建物だと排水管が細いのか、
使用済の紙をそのまま便器に流すことはできません。
そこで、紙は衛生バケツ(とでも呼んでおきましょう。蓋なしのバケツです)に捨てます。
そういうわけで、どうしたって臭い。
ところが、ここ鼎泰豊餐庁ではトイレにお掃除の女性が常駐していて、
お客さんが個室から出るのと入れ替わりに個室に入っていき、
きれいに、そして、にこやかに、お掃除してくれるのです。
だから、全然臭くないし、ピカピカ!

名物・小籠包もおいしかったけど、このサービス精神には感激。
中国辺境トイレ(実は辺境には限らないところが、中国のすごいところ!)の体験者だったら、
殿の感激をわかってくださると思います。

f0165567_5553312.jpg

小籠包とトイレに満足し、次に向かったのが夜市。
士林夜市(シーリンイエスー)。台湾で最も有名な夜市です。
写真は愛玉冰。
茶色く怪しい水の中にプカプカ浮かぶ愛玉冰の様子にそそられましたが、
なにせハードだった台湾2日目。小籠包も食べたし、さすがに、もう食べられません。

f0165567_55768.jpg

台北でも人気のキムタクを眺めたり

f0165567_602499.jpg

不思議な台湾フーズを覗くことで良し、としましょう。 

実は、この日、さらにもうひとつお楽しみが用意されていたんですよ。 
でもね、ここまでくるとお楽しみはお苦しみに―――

台湾スイーツのお店・双連圓仔湯が待っていたのですが、
今でも、思い出すだけでお腹が苦しくなります。  
そうして、長かった台湾2日目もようやく終わりました。
台北・華華大飯店Hotel Flowersで過ごす夜も今日が最後です。

明日は3日目。

続く  

你好!
ブログランキングに参加しています。
またまたポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪6月2日に更新しました。いつも応援ありがとうございます。謝々♪
by mtonosama | 2010-06-02 06:16 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2010-06-02 06:29 x
うわぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああ!

どうやらこの夜は食べ物攻めだった模様。
いったいどんなスイーツで屋上屋を重ねたのでしょうか?

中国、行ったことがないので
トイレ事情は話に聞くばかりです。

台湾トイレがぴかぴかきれいで良かったですね!
さあ、最後の日は何が?わくわく。
Commented by mtonosama at 2010-06-02 06:39
♪すっとこさん

うわぁぁぁぁあああああ!!びっくりした!
あ、ちょっと待ってね。今、トイレ掃除するから。
あたふたあたふた・・・
って、ちゃいまんねん。

いや、ご訪問ありがとうございます。
もう、最後のスイーツについては思い出すのもつらい。

ま、あっさり系で
うす~~い小豆汁に白玉団子が数個浮かんでいました。
って、食べたのか!?
(50元。でも、これもツアー料金にコミです)
Commented by ライスケーキ at 2010-06-02 22:12 x
台湾のトイレに音姫あった? ウォッシュレットあった?
やはり日本のトイレが一番綺麗かな?
でも、学食で一人食べするのがイヤでトイレで食事する大学生がいるって聞いたけど これはいただけませんね!
Commented by 寅二郎 at 2010-06-02 23:06 x
台湾に行くと、いつも思うのが、
みんな食べるの好きだよなー!

みんな宵っ張りだよなー!
のふたつです。
士林とかで、24時ちかくになって、小学校低学年くらいの子供を連れ立った家族が普通にぶらぶらしてたり、しませんでした?
東京で言ったら、ちょっとした夏祭りくらいの騒ぎが毎日。しかも夜市は士林だけじゃなくて、台北中、台湾中のそこらじゅうにある!と思うと、相当いいなーと思ってしまう寅二郎です。
Commented by mtonosama at 2010-06-03 05:31
♪ライスケーキさん

殿の旅行はなんせニッキュッパ。
旅行会社もどこで節約するかっていうと、ホテルだと思うんです。
というわけで華華大飯店は日本でいえば、東急イン?
トイレも普通に清潔でしたが、音姫もウォシュレットもありません。
もちろん、ランチや夕食に訪れたレストランのトイレにもなかったんだけど、どこも清潔でした。

四川省や青海省のレストランのトイレのように足もとに気をつけ、
鼻つまみながら入るということはなかったです。
ありがたいことです。

しかし、トイレで食事ですか!?
中国の学生じゃなくて良かったですね(笑)
Commented by mtonosama at 2010-06-03 05:37
♪寅二郎さん

たしかに。
宵っぱりですね。
早起き殿は24時には眠りの国のお姫様ですから、
夜のことはわかりませんが、夜市の開始は夜からなんですね。
だから夜市なのか(笑)

士林には7時頃到着しましたが、
まだまだこの時間は開店準備中のお店が多かったです。
といっても、
ビニールシートをあの雑踏の路上に広げるだけでしたけど^_^;