ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

スープ・オペラ -2- SOUP OPERA

             スープ・オペラ -2-
                         SOUP OPERA

f0165567_459951.jpg


                         Ⓒスープの会

スープといえば、お鍋。お鍋といえば湯気。湯気といえば台所。
まぁ、なんて素直な連想でしょう。

舞台は、懐かしい感じの古い和風木造住宅。
台所はこぎれいに片付けられ、なんとなく寂しげな雰囲気もありますが、
ホッとできるゆる~い感じで湯気が漂っています。

ストーリー
ある古い家屋のキッチン、あ、キッチンというよりおだいどこって呼んだ方が合いますか。
お鍋からは鶏がらスープの湯気とおいしそうな匂いが漂ってきます。
大学図書館に勤めるルイは叔母のトバちゃんと2人で、この古い家に暮らしています。
トバちゃんはルイを産んで間もなく亡くなった姉の代わりに、洋裁店をしながら、
女手ひとつで育ててくれた人。ルイにとってはおかあさんです。

そのトバちゃんが還暦を前に20歳近く年下の医師・水谷さんと恋に落ち、
家を出ていってしまいました。
ひとりぼっちになってしまったルイ。
そこへ田中十二夫、トニーと名乗る変なおじさんが舞い込んできました。
トニーさん、勝手に庭に入り、絵を描いたりしています。
もちろん、出ていってもらったのですが。

ある日、ルイは学生時代からの友人で編集者の奈々子に誘われ、
人気作家・井上豪の接待パーティに同席します。
とんでもない我が儘作家のハチャメチャぶりにあきれながらも、
隣席の若いバイト編集者・康介に勧められた「冷製桃のスープ」の美味しさに
思わず夢見心地になるルイ。
その夜、ルイを家まで送ってくれた康介。
そこへトニーが現れたのです。

f0165567_504841.jpg

翌日、ルイが仕事から帰ると、なぜかトニーと康介が2人、
台所で楽しげに食事の支度をしています。
3人の楽しい夕御飯が始まり、ルイの鶏がらスープを味わった康介はうっとり。
「いいなぁ、ここに暮らしたい」。
そんな康介に、「住もうよ」とトニー。
ルイが言葉をはさむ間もなく、2人はこの家に下宿することになりました…

夏草に覆われた朽ちかけたメリーゴーラウンド。
おや、猫がいますよ。
草の中で、おじさんが一人バンドネオンを弾き始めます。
冒頭から、まったりムード全開。

あ、おじさんなどと気安く言ってしまいましたが、
バンドネオンを奏でるのは京谷弘司さん。
あのピアソラから「近い将来、アストル・ピアソラのライバルとなるコウジへ!」という
とびきりのメッセージを受けた日本が誇るバンドネオン奏者です。
常に第一線で活躍し、その演奏力は本場アルゼンチンでも知られる京谷さん。
穏やかで、優しくて、思わずホッ、でした。

バンドネオンの京谷さん、クラリネットの稲元渡さん、ヴァイオリンの立花純平さんたち
の演奏をバックに登場人物が踊り、壊れていたメリーゴーラウンドがくるくる回り始める―――
ラストシーンはフェリーニの「8 1/2」を思い出させてくれました。
「8 1/2」ラストのあの印象的なハジケっぷりには及びませんが、ま、いけてました。
日本の俳優たちってハジケる前に、どうしても照れてしまうんでしょうね。

f0165567_531672.jpg

癒し系映画というと、必ず美味しそうなご飯がつきもので、
料理担当者が話題になります。
この映画も六本木「ラ ファランドール」のオーナーシェフ
稲元亘さんが腕をふるいました。
この人、クラシック・フレンチをベースに、身体に負担のかからない料理を追求、
日本の旬と素材を活かし、フランス料理の文化と懐の深さを表現することを目指す
料理人です。

おいしいごはんと優しい音楽、そして、気のおけない仲間がいれば、
ひとは癒されます。
でも、ごはんとは別に、ルイを演じた坂井真紀さんのおっとりした優しい口調にも
ホッと息をついたとのでした。

                              

ブログランキングに参加しています。
どうぞポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪8月12日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます♪

f0165567_552399.jpg


スープ・オペラ
監督/瀧本智行、原作/阿川佐和子、脚本/青木研次、撮影/柴主高英、美術/若松孝市
出演
坂井真紀/島田ルイ、北村海歩/5歳のルイ、加賀まりこ/トバちゃん(楢崎藤子)、藤竜也/トニー(田中十二夫)、余貴美子/田中泰子(トニーの妻)、西島隆弘/林康介、田山涼成/精肉店主人、草村礼子/桂木夫人、萩原聖人/水谷医師、鈴木砂羽/奈々子、平泉成/井上豪、コミア―ナ鈴木/クリスチーナ(井上豪の妻)、リアン/猫
10月2日(土)、シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー他全国ロードショー
2010年、日本、119分、カラー、 www.soup-opera.jp

by mtonosama | 2010-08-12 05:24 | 映画 | Comments(6)
Commented by Tsugumi at 2010-08-12 11:29 x
私にも参考になりそうな映画ですね。。

見に行きたいけど・・・無理ね。
DVDになるまで待ちます。

六本木懐かしい響き・・・12年間お仕事で通ってた場所ですもの。。。
Commented by Mtonosama at 2010-08-12 20:19
♪Tsugumiさん
六本木、なつかしいでしょうね。でも、秩父もロンドンも素敵な街です。どちらもまた行きたいです♪
Commented by アイスケーキ at 2010-08-12 22:13 x
まったり出来そうな映画ですね。
最近まったり、のんびりしていないな。
映画の中だけでも、のんびりしたい。

映画館に行こーっと!
Commented by すっとこ at 2010-08-12 23:36 x
若いころに
とある住宅会社の雑誌の仕事で
阿川佐和子さんに取材したことがありました。

なにかエッセイの宿題をもらってて
それがうまく書けなくてうんうん唸ってた、
とおっしゃってました。
インタビューそっちのけで
「文章書くのはむずかしい!」で意気投合して
しまいましたアレレ。

それがこんな素敵な映画の原作を書くまでに
・・・・・うう、おっかさんは嬉しいよ。

冒頭の殿様のうっとりする文章、
文章修業続けてらした方だけが
手にする香り高い果実ですわね、
う~~~~ん、うっとり。いい香り。
Commented by mtonosama at 2010-08-13 06:07
♪アイスケーキさん

映画館に行きたしと思えども、おらが町さの
F中央館までなくなってしまうそうです。う・う・う

映画館のない町には文化はないっ!
と決め付けたくなります。
Commented by mtonosama at 2010-08-13 06:12
♪すっとこさん

おや、阿川さんにお会いになったことがおありですか。素敵!
で、阿川さんのおっかさんになってしまわれた!!

先日、「インタビューとはこうやるべき」と
テレビで元気にお話なさってた阿川さんです。