ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

桜田門外ノ変 -1-

             桜田門外ノ変  -1-

f0165567_684858.jpg


とのの日本史の先生・司馬遼太郎氏(勝手に幕末史だけ先生になっていただいております)は、
暗殺は決して容認しないけれど、この桜田門外の変だけは例外である、とおっしゃっておられます。

桜田門外の変(さくらだもんがいのへん)は、安政7年3月3日(1860年3月24日)、江戸城桜田門外(東京都千代田区)で水戸藩、薩摩藩の浪士が彦根藩の行列を襲撃して大老の井伊直弼を暗殺した事件。(Wikipediaより)

ということは、皆さまよくご存知のとおり。
ドラマや映画でも、降りしきる雪の中、殺気立った侍たちが井伊の乗った駕籠に
斬りかかるシーンは見せ場ですよね。

f0165567_6105312.gif

でも、桜田門外の変といわれて頭に浮かぶのはこのシーンだけ。
大きな歴史の転換点であったにもかかわらず事件に関わった人々の動向などほとんど知りません。
この事件、政治的なテロであり、血なまぐさい事件であったゆえに、
ドラマには仕立てにくいという事情などあったのでしょうか。
知ってるようで知りません。

桜田門外の変からちょうど150年の今年、
列強の進出を前に揺れ動く名もない藩士たちは、
事態を静観するのか、
内政を整えてから開国するのか、
あるいは、切迫した緊急事態を前に何はともあれ開国するのか、
さぞ悩ましいことであったでしょう。
人々の動揺は今の日中関係緊迫の比ではなかったはずです。

f0165567_6131557.jpg

原作は吉村昭著「桜田門外ノ変」。
監督は「人間の証明」(‘77)、「敦煌」(‘88)、「男たちの大和/YAMATO」(‘05)の
佐藤純彌。
佐藤監督は1963年「陸軍残虐物語」でデビューし、ブルーリボン賞新人賞を受賞して以来、
約半世紀。ヤクザ物から軍隊物、歴史物など、さまざまな作品を手掛けてきた監督です。
いわゆるチャンバラものは今回が初めてですが、
冒頭の雪の中での斬り合いシーンは乞うご期待です。

                            


ブログランキングに参加しています。
今日もポチ☆ッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪10月2日に更新しました。いつも応援してくださって、ありがとうございます♪

桜田門外ノ変
監督/佐藤純彌、脚本/江良至・佐藤純彌、原作/吉村昭(新潮文庫刊)
出演
大沢たかお/関鉄之介(水戸藩士)、長谷川京子/ふさ(関の妻)、加藤清史郎/誠一郎(関の息子)、柄本明/金子孫二郎(水戸藩南部奉行)、生瀬勝久/高橋多一郎(水戸藩奥右筆頭取)、須賀健太/高橋荘左衛門(高橋多一郎の息子:弘道館諸生)、渡辺裕之/岡部三十郎(水戸藩小普請)、中村ゆり/いの(関の情人)、渡辺豪太/佐藤鉄三郎(水戸藩士)、本田博太郎/桜岡源次衛門(袋田村大庄屋主)、温水洋一/与一(袋田村大庄屋使用人)、北村有起哉/安藤龍介(水戸藩士:関鉄之介らを捕える捕吏指揮官)、田中要次/稲田重蔵(水戸藩士)、坂東巳之助/有村次左衛門(薩摩藩士)、池内博之/松平春嶽(第16代越前福井藩主)、榎木孝明/武田耕雲斎(水戸藩士)、西村雅彦/野村常之介(水戸藩北郡奉行)、伊武雅刀/井伊直弼、北大路欣也/徳川斉昭(第9代常陸水戸藩主)
10月16日(土)全国ロードショー
2時間17分、配給/東映
http://www.sakuradamon.com/

by mtonosama | 2010-10-02 06:24 | 映画 | Comments(5)
Commented by ライスケーキ at 2010-10-02 21:05 x
私日本史に弱いんです。
日本史は「漫画 日本の歴史」で勉強しました。
「桜田門外ノ変」。 この映画見たらわかりますか?
歴史も映画で勉強する事にします。
次回もよろしくお願いしまぁーす。
Commented by mtonosama at 2010-10-02 21:43
♪ライスケーキさん

わたしも日本史嫌いでした。
高校時代の日本史の先生があまりにひどい先生だったから、
大っ嫌いになったんです。

でも、NHK大河ドラマの「新撰組」以来、幕末ファンに♪
司馬先生はとっても良い先生ですしね(^_-)
Commented by すっとこ at 2010-10-04 01:35 x
うううううううううううううううううううううううう!

なんか見たい!この映画。
芝先生が唯一容認されたという暗殺でしたか。

原作吉村昭、いうのも好ましいですね。
彼はあまり時代考証無視しないから。
大げさなドラマ造りへ流れないから。

余談ですがチャンバラ映画といえば
“必死剣・鳥刺し”を機内映画で見ました。
SATC2なんかぶっ飛ぶ迫力でした。
チャンバラ映画、いいですのう。
Commented by すっとこ at 2010-10-04 01:37 x
  ↑
上記投稿に間違いがありました。

正:司馬先生
誤:芝先生


    済みません。
Commented by mtonosama at 2010-10-04 06:54
♪すっとこさん

「必死剣鳥刺し剣」、機内でご覧になったとな?
日本では7月公開の映画でしたのう。
ラストシーンがすごうおしたやろ?

あ、そうそう。
http://mtonosama.exblog.jp/14535505/

ここにとのお勧め超イケメンの画像が入っておりまする。