ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

100歳の少年と12通の手紙 -1- Oscar et la Dame Rose

          100歳の少年と
   12通の手紙
-1-
           Oscar and the Lady in Pink
           Oscar et la Dame Rose

f0165567_6134929.jpg


        (C)2008 Pan-Européenne–Studiocanal–Oscar Films–TF1 Films
           Production–Cinémaginaire–RTBF (Belgian Telecision)


死期の迫った主人公を描いた映画で、
その主人公というのが子どもだったとしたら……
タオルハンカチを3枚は用意しなくては、とお思いでしょう。

しかし、涙対策のハンカチは不要です。普通のハンカチが1枚あれば充分。
もちろん、大口開けて笑う映画というわけではありません。
あ、でも、観ている間、知らず知らずの内に、
口角が上がっているのに気づくかもしれませんが。
はい、微笑んでいるという意味で。

人生っていいな、
例え、それが長くなくたって、と思わせてくれる映画です。

短い命を生きるというのはどういうことか―――
主人公の少年オスカーと関わった人も、
彼と同じように、自分の生を全身全霊で生きるのですが、
それはこの映画を観た人も同じかもしれません。

「100歳の少年と12通の手紙」の原作は40ヶ国語に翻訳され、
フランスで160週(1年以上ということですね)にわたって、
売上ベスト10にランクインされた、という同名の大ベストセラーです。

その作者エリック=エマニュエル・シュミットはフランスを代表する劇作家ですが、
本作では監督と脚本も担当しています。
音楽担当はミシェル・ルグランですし、
ミレーヌ・ドモンジョ、マックス・フォン・シドーという懐かしい名前の俳優も
登場する映画です。
これは見逃せませんよ。


f0165567_6141565.jpg

エリック=エマニュエル・シュミット
1960年フランスはリヨンの生まれ。パリ高等師範学校で哲学の博士号を取得した後、
91年パリ演劇界デビューを飾ったエリック=エマニュエル・シュミットは
2作目の”Le Visiteur”(訪問者)で、モリエール賞の演劇賞・作家賞・新人賞を
トリプル受賞し、注目されます。
94年には小説家としてもデビュー。2001年には著書「モモの物語」が
「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」として舞台化され、大評判をよびました。
その功により、なんと仏勲章のひとつ“シュバリエ章”を受けたほど。
さらに、この作品は映画化もされ、2003年に公開されてヒットし、
主演したオマー・シャリフはセザール賞主演男優賞を獲得しています。
ご覧になった方も多いのではないでしょうか。
そして、同年、本作「100歳の少年と12通の手紙」の舞台が初演され、ブロードウェイにも進出(‘08)。映画監督作は「地上5センチの恋心」(‘06)に続く第2作目です。

なんとも多才な方です。
しかし、そんな彼も「100歳の少年と12通の手紙」を書くときは、悩みました。

彼は「『容赦なく死に至る子どもの病』というタブーに世間が拒否反応を起こすことを
予想していた」と語っています。

ところが、案に相違して、彼はこの本によって人気作家になりました。
お医者さんたちが職員や患者に読んでもらうためにまとめ買いをし、
なんと、「病院のヒューマン化に貢献し、病人の立場を理解するうえで役立った」
ということで医学会から賞を贈られたというのです。

それ以後、フランスの病院が画期的に変わった―――
かどうかは、知りません。

が、しかし、医療関係者の間に思わぬ波紋を広げた「100歳の少年と12通の手紙」。
いったいどんな映画なのでしょうか。
続きは次回で!乞うご期待であります。

                              

ブログランキングに参加しています。
今日もポチ☆ッとよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪10月8日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます。

100歳の少年と12通の手紙
監督・脚本/エリック=エマニュエル・シュミット、撮影/ヴィルジニー・サン=マルタン、音楽/ミシェル・ルグラン
出演
ミシェル・ラロック/ローズ、アミール/オスカー、アミラ・カサール/ゴメット婦長、ミレーヌ・ドモンジョ/リリー、マックス・フォン・シドー/デュッセルドルフ医師、コンスタンス・ドレ/オスカー母、ジェローム・キルシャー/オスカー父、ティエリー・ヌーヴィック/ビクター、ブノワ・ブリエール/司会者、マチルド・ゴファール/ペギー、ブルーノ・メッツガー/ペギー父、キャサリン・イスラエル/ペギー母、エリック・レミ/ポップコーン、ジョナス・ウェルツ/アインシュタイン、マーティン・ニッセン/ベーコン
11月6日(土)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショー
2008年、フランス、105分、配給/クロックワークス/アルバトロス・フィルム
http://100-12.com/

by mtonosama | 2010-10-08 06:33 | 映画 | Comments(8)
Commented by ライスケーキ at 2010-10-08 20:51 x
「死期の迫った子ども」が主人公なのに              「人生っていいな」と思える映画。                   「お涙ちょうだい」じゃなくて良いですね。
次回のストーリーが楽しみです。
Commented by mtonosama at 2010-10-09 05:30
♪ライスケーキさん

そうなんです。
絶対に泣くと思って、ハンカチ余分に用意したんですが、
必要なかったです。心温まる優しい映画でした♡
Commented by すっとこ at 2010-10-09 06:26 x
胸きゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーん!
なんといっても
邦題が素晴らしいや。
”百歳の少年と12通の手紙”

     この監督の前作という
     ”地上5センチの恋心”
     という題もいいね。

     ちなみに題名が好きで観てしまって
     映画内容も良かったのは
     ”欲望の翼””蜘蛛女のキス”
     ”ラビリンス””砂の惑星”とか。

映画って観に行きたいかどうか
題名も関係あると思うの。
コレ、観に行きたいなあ・・・

そう思わせる一番大きな要因は
もち、殿様の名調子に酔ったから!!!!!!
Commented by T at 2010-10-09 07:33 x
「人生っていいな」と思える映画

見てみたいです。。

でこの映画はやはりフランス語ですよね。
Commented by mtonosama at 2010-10-09 20:55
♪すっとこさん

確かに邦題いいです♪
原題は「オスカーとピンクの服を着たレディ」。
原題よりずっと良いです。
the Lady in Pink.
in+色って何々色の服を着た、ですよね。
ビートルズの歌の中にLady in Blackというのがありました。

「蜘蛛女のキス」、確かに気になるタイトルでした。
プイグの小説でしたね。
名前に魅かれて読んだけど、当時はようわからんかったとですたい。
Commented by mtonosama at 2010-10-09 20:57
♪Tさん

はい、おっしゃる通り、フランス語です^_^;

でも、これ、本当に素敵な映画でした。
オスカーくんがすっごく可愛いんです♡
Commented by Tsugumi at 2010-10-10 05:59 x
あわてぼうなものでイニシャルだけでした。。

でも私ってわかってくれた?(爆)

演技とわかっていても

子供の演技ってなんてけなげでかわいんでしょう。。。

やはり大人の失ったもの持ってるかしらかしらね。
Commented by mtonosama at 2010-10-10 09:57
♪Tsugumiさん

はーい、もちろんわかりましたよ♪
そうなんです。アミールくん、ほんとに可愛かったです。

大人になっていろんなものを失いました。
まずは若さでしょ。それから、純粋さ。
あ、得たものもあります。
それは何かって?
それは皺です(苦笑)。