ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

殿様の試写室 秋の増刊号 -14-

              殿様の試写室 
              秋の増刊号 -14-
                         成田へ

f0165567_7552573.jpg

         万博マスコットの海宝(ハイバオ、かいほう)くんともお別れです。
                        さようなら!
                         再見!!

ここはリニアモーターカーの乗り場。
上海浦東空港までワープしちゃいます。

さて、この日はらくだくんのアテンドなしで、地下鉄に乗り、空港に向かいます。
人に頼りすぎていると、後で困ったことになるのですよね。
この人生の真理にあらためて気付かされた一日でした。
(いや、それほど大層なものではないかも)

らくだくんがいなくなると困るのは中国語です。
あの略字体です。

龙阳路(longyanglu)。
これ、なんの略字かおわかりでしょうか?
」は龍なんですと。
」が陽だということはなんとなくわかるとしても、
「龙」はまったくわかりませんからっ。

この「龙阳路」が地下鉄からリニアモーターカーへの乗換駅。

駅名に関しては前日にらくだくんから講義を受け、手帳に乗換駅を書きこみました。
リニアモーターカーも中国語では「乗坐磁浮线」と書きます。
线の簡体字なのだそうです。(ブログ友さんありがとうございました<(_ _)>)

さあ、地下鉄に乗ります。
路線図と駅名をにらめっこしながら、一路「龙阳路」へ。
ところが…
路線図にはこの「龙阳路」のところに一言もリニアモーターカー乗換駅と書いてないのです。
書いておけよな(イラッ)。
しょうがない、らくだくんを信じるしかない。

えいやっと「龙阳路」で下車。
ところが、改札口から出られません。
何度集札機に切符を通しても、容赦なく通せんぼされてしまいます。
見かねた見知らぬ中国のおじさんが手を貸してくれました。
でも、出られない。
おじさん、窓口に行け、と指さしてくれました。
なんのことはない、5元必要なのに4元分の切符しか買ってなかったんです。

らくだくんに頼りきっていたつけがこんなところで出ました。

f0165567_7573766.jpg

            リニアモーターカー、見るからに速そう。
               ピントが合いません(苦笑)

しかし、なんとか辿りつき、到着する「乗坐磁浮线」を撮影することもできました。

午前7時、浦東に向かう眼下の道路は大渋滞。
タクシーに乗っていたら、絶対にこれにまきこまれていました。
余裕の笑みを浮かべて、渋滞道路を見下ろすジャスミンちゃんととの。

速い、速い「乗坐磁浮线」。
え、しつこい?
はい。
速い、速いリニアモーターカー。

f0165567_7584398.jpg

                 時速301Kmです。

浦東国際空港に無事到着。
搭乗券もゲットし、出国審査も無事終了。ホッと一息です。

そして、免税品ショップをあさるジャスミンちゃんととの。
今回、初めて浦東の免税品店で化粧品を買ったのですが、
「え、なんかの間違いじゃない?」という位、安いんです。
ここで舞い上がった2人。

夢中になって物色する彼らは搭乗時刻が迫りくるのを忘れていました。
さらに、ご丁寧なことに2人ははぐれてしまったのです。

ああ、2人はこのまま飛行機に乗り遅れてしまうのでしょうか―――

続く
などということは今回はありません。
搭乗ゲートと免税品ショップの間(これがまた遠い)を走って往復し、
ジャスミンちゃんを発見できたとの。
2人は無事、中華国際航空の機上の人となりました。

ああ、中国。
その地を踏むと同時に、日本の穏やかな風土や人や清潔なウォシュレットが
懐かしくなるのに、
日本でこうしてパソコンに向かっていると、またあの喧騒や押しの強さや、
いつもケンカしてるような中国語や、そして、あの汚いトイレすら懐かしく
なってしまうのはどうしてでしょう。

上海や蘇州でみた中国の人々は自分たちが生きることに一生懸命で、
「反日デモ?え、それ、どこの国の話?」という感じでした。

深呼吸して、中国の人たちを観察し、「なるほど、そういう考えもあるんだね」と
余裕を持ってつきあっていきたいです。

 
鹿柴(ろくさい) 王維(盛唐)

  空山不見人(空山(くうざん) 人を見ず)
  但聞人語響(ただ聞く 人語(じんご)の響き)
  返景入深林(返景(へんけい) 深(しん)林(りん)に入(い)る)
  復照青苔上(また照らす 青(せい)苔(たい)の上)

  山は人影が無く、人の声だけがこだまして聞こえる。
  夕日が深い林の中に射しこみ、さらにまた青い苔の上を照らしている。

だって、こういう静かな世界を漢字だけで表現する人たちです。
すごいなぁって思います。

   でも、再訪は後半年はいいかな。

(明日は上海旅日記の付録をお送りします)

你好!
ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
♪11月8日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-11-08 08:09 | Comments(12)
Commented by すっとこ at 2010-11-08 08:52 x
うっきゃぁぁぁあああああああああああああああ!

大変な思いでたどりついた空港だったのですね。
でもらくだくん、一番良い行き方を
ちゃんと教えてくれてたのでしたね。

よかよか!
Commented by mtonosama at 2010-11-08 10:02
♪すっとこさん

ああ、緊張の40分でした。
小心者のとのはびびりっぱなし。

だって、なんかあっても簡単な英語すら通じないし、
中国語は一瓶啤酒(ビール一本)しかわからないし、
ああ、どきどきどき…

なんてことはなく、上海は都会だし、
万博効果か、外国人に親切なおじさんもいるし、
余裕(ん、そうか?)でした。
Commented by ジャスミン at 2010-11-08 20:49 x
中国の免税店、驚異の安さだったね。
物価の安さだったりそれが問題になってることだったり…
無知な私ですが勉強になりました(^^)
ありがとう中国!!

でも海外に行くたびに"やっぱり日本が一番"って思ってしまう。

また旅行連れてってね。今度は万里の長城かな(^^)/haha
Commented by ライスケーキ at 2010-11-08 21:12 x
帰国の飛行機に無事に乗れるとホットしますね。
なんだかんだ言っても 私も日本が一番良いと思っちゃう。
暫くすると 又どこかに行きたくなるのにね。
殿様とジャスミンちゃんは万里の長城ですか。
又行けると良いね。
Commented by mtonosama at 2010-11-08 21:22
♪ジャスミンちゃん

安すぎるよね。ソニープラザで値段確認してビックリしたよ。

万里の長城行こうね。
でも、トイレ汚いよ^_^;
Commented by mtonosama at 2010-11-08 21:26
♪ライスケーキさん

帰国の飛行機もホッとするけど、行きの飛行機もホッとする。
ああ、もうこれで、日本の面倒くさい諸々のことと縁が切れたって思うから。

私は子どものころ、万里の長城の上を自転車で走り、
どこまでもどこまでも行きたいなぁって思ってました。

でも、万里の長城の上はそんなこと絶対できない厳しい坂道です。
Commented by すっとこ at 2010-11-09 00:39 x
おぉおぉおぉおぉおぉおぉおぉおぉおぉおぉおぉおぉ!
ジャスミンちゃんご登場!
「いらっしゃいませ!!」
    ってよその家の店番してるおばちゃまの
    気分に成りきってますが。

殿様とらくだくんとの旅、
満喫したようですね!

また次の旅行がアップされるのを楽しみに
待ってますよん。
ソニプラで値段確認、嬉しさ300%くらい?
買い物で何度も喜び湧きあがって
いい旅行でしたね!

Commented by mtonosama at 2010-11-09 07:28
♪すっとこさん

「おばちゃ~~ん、これください♪」
って、違うっちゅうの。

ジャスミンちゃん、登場しましたねぇ。

ソニープラザで値段見て「うっそ~~!」って思ってしまいました。
Commented by Tsugumi at 2010-11-09 08:09 x
アテンドなしで海外で移動
ドキドキしますよね。

でもそれをなし得た時はとっても嬉しいものです。
無事日本ご帰国おめでとうございます。

しかし、中国リニアモーターカーですか。
日本ではまだ走ってないのね。

もちろん日本製でしょうかね。
Commented by mtonosama at 2010-11-09 09:35
♪Tsugumiさん

そうなんです。
緊張した旅程、印象深いものですよね。

中国のリニアモーターカーはドイツ製だそうです。
世界でリニアモーターカーを研究開発してるのは日独だけらしいですよ。
Commented by Tsugumi at 2010-11-10 21:41 x
ドイツ、車とかマシン系技術素晴らしいですよね。

昔は日本が世界一だったのに・・・恐るべきドイツ。
Commented by mtonosama at 2010-11-11 06:15
♪Tsugumiさん

でも、中国新幹線”和諧”号は日本ですから♪