ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

クリスマス・ストーリー -1- Un Conte de Noël

  クリスマス・ストーリー -1-
                 Un Conte de Noël
                 A Christmas Tale

f0165567_5485959.jpg

            ©Jean-Claude Lother/Why Not Productions

この季節、クリスマスと銘打たれた作品には心浮き立つものを感じます。
クリスマス・ツリーを飾らなくなってから、もう随分経ちますし、
街に出てクリスマスソングを聞くと時の流れに追い立てられるような気分がするのに、
映画だと、なぜかそそられてしまいます。

やはり、これは条件反射?あるいは、ハリウッド映画の功績?
「ホーム・アローン」とか「ダイ・ハード」、
「月曜8時は水戸黄門」みたいにクリスマスにはこれ!と刷り込まれているのでしょうか。

というわけで、邦題もずばり「クリスマス・ストーリー」、
Noëlというフランス語もクリスマスって意味だし、
気になります。

映画の舞台はフランス北部、ベルギーの国境に近いルーベという街です。
この街はフランス人が絶対住みたくない街の第1位なんだそうです。
フランスの劇作家がつくった映画の中に、
「そんなに逆らうのならルーベへ転勤させるぞ!」と脅すシーンがある位、嫌われてます。

      ↓のような由緒ある自転車レースもあるということなんですがねぇ。
パリ〜ルーベ (Paris - Roubaix) とは、自転車プロロードレースの一つ。フランスのパリからルーベまで、およそ260Kmを走るワンデーレース。1896年から行われているクラシックレース。
最多優勝者はロジェ・デフラミンク(1972、74、75、77年の4回)。レースの最後はルーベの街中にあるヴェロドロームのトラックコースを1周し、ゴールとなるのが恒例。(Wikipediaより)

あ、このレースは映画とはまったく関係ありません。
関係もない自転車プロロードレースを持ち出さなければわからないほど無名な街が
なにゆえ「クリスマス・ストーリー」の舞台に?
という方のために、ご説明申し上げると、
ルーベは、本作の監督アルノー・デプレシャンの生まれ故郷なのです。

でも、故郷でありながら、監督は
「ルーベは何もない不毛な工業都市で、しかも30年前から失業が多く、何の特別なものも、
何の美しいものもない」
とボロクソな言いよう。

「しかし、クリスマスには魔法がかかる。
雪で包むだけで、最悪な街も、おとぎ話の幻想的な街に変わるんだ」
と続けていますが。

f0165567_631829.jpg

そんな冬季限定の幻想的な街へ、
両親とクリスマスを過ごすために息子や娘が家族や恋人を連れて帰ってきます。
でも、この家族ときたら、喧嘩ばかり。
長女を演じたアンヌ・コンシニが言っています。
「フランスだけでなく世界中どこでもそうだと思いますが、
クリスマスで家族が集まれば喧嘩が始まる。戦争になります」

確かに。
いつもみんなニコニコ笑って愛に包まれながらクリスマスを祝う、なんてことは幻想かも。
あるいはクリスマス位は平和に過ごそうよという親心、子心なのかも。
(そんな心はすぐに破綻するにしても)

とはいえ、息子や娘が両親の暮らす不毛な工業都市へ帰ってきたのは、
重い病にかかった母親になにかしてあげたい、と心から願ったはずなのですが。
兄弟姉妹そして両親、家族だからこそ、似ているからこそ、ぶつかるんですけどね。
いったいどんなお話でしょう。

f0165567_643650.jpg

アルノー・デプレシャン監督の作品ですから、一筋縄ではいかないことはわかっています。
さあ、数十年前の不幸な事件をきっかけに
大きく歯車が狂ってしまった家族の織りなすクリスマスストーリー。
数十年前の事件ってなに?

どうぞ次回をお楽しみに。



クリスマス・ストーリー
監督/アルノー・デプレシャン、脚本/アルノー・デプレシャン、エマニュエル・ブルデュー、
撮影/エリック・ゴーティエ
出演
カトリーヌ・ドヌーヴ/ジュノン、ジャン=ポール・ルシヨン/アベル、アンヌ・コンシニ/エリザベート(長女)、マチュー・アマルリック/アンリ(二男)、メルヴィル・プポー/イヴァン(三男)、イポリット・ジラルド/クロード(エリザベートの夫)、エマニュエル・ドゥヴォス/フォニア(アンリの恋人)、キアラ・マストロヤンニ/シルヴィア(イヴァンの妻)、ローラン・カペリュート/シモン(ジュノンの甥)
11月20日(土)より恵比寿ガーデンシネマ、12月11日(土)梅田ガーデンシネマほか全国順次ロードショー
2008年、フランス、150分、配給/ムヴィオラ
http://a-christmas-story.jp/


ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪11月18日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-11-18 06:18 | 映画 | Comments(10)
Commented by すっとこ at 2010-11-18 10:03 x
お、おーーーーーーーーーーーーーーい!
お風邪は大丈夫ですかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!

やっぱりカトリーヌ・ドヌーブだよね!
最初の写真、松坂慶子かと思った・・・
        ↑
       コラッ。

いったいどんな事件が数十年前
起こったのでしょう?
気になるなあ。

クリスマスツリー、今年も飾る我が家です。
Commented by mtonosama at 2010-11-18 10:13
♪すっとこさん

はぁーーーーーーーい!
なんとか生きてまーーーーす。

松坂慶子ね。
言われてみれば・・・・・
でも、ドヌーヴは彼女よりずっと年上ですよね。

2枚目の画像でティアラつけて、手で耳を覆ってる女性。
ドヌーヴとマストロヤンニのお嬢さんです。
こんな大きな(?)娘がいるんだもの。
少しは恰幅も良くなるってもの?
Commented by Tsugumi at 2010-11-18 17:45 x
最近の風邪はしつこいらしいのでお大事に~~!

またまたフランス映画ですね。。。

DVD出たら見てみます。

Commented by mtonosama at 2010-11-18 19:41
♪Tsugumiさん

ありがとうございま~す。
ノドが良くなってきたと思ったら、今度は鼻です。
病院に行って薬ももらったのに、なかなか治りません。

フランス映画です。
ドヌーヴです。
Commented by ライスケーキ at 2010-11-18 22:00 x
と言うことは、母娘で共演ですか。   良いなぁ。
クリスマス・ストーリーと言っても一筋縄では行かない様ですね。
次回が楽しみで~す。
Commented by mtonosama at 2010-11-19 05:27
♪ライスケーキさん

火種のくすぶる家族が集まれば、何かが起こる・・・
万国共通の問題なのでしょうか。

リコメで次回のネタをばらしてしまったバカなとの
Commented by Tsugumi at 2010-11-19 07:14 x
ドヌーヴぱっと見若いですがおいくつになられたのでしょうか。。

1枚の目の写真の若い女性と比べるとお顔の大きさウエストの太さとかの違いがよくわかります。。

女優って大変な職業ですね。。
Commented by mtonosama at 2010-11-19 11:31
♪Tsugumiさん

カトリーヌ・ドヌーヴ 1943年10月22日生まれとありますから、67歳ですね!

でも、やっぱり綺麗♪
Commented by 台湾人 at 2010-12-08 23:27 x
アンヌ・コンシニも非常に上品で気品のあるフランス人女優だと思います。これからの活躍もすごく期待しています。
Commented by mtonosama at 2010-12-09 05:49
♪台湾人さん

コメントありがとうございます。
アンヌ・コンシニ。難しい性格の長女を好演していました。
ちょっと昔のフランス人女優って感じのすてきな女優さんですね♡