ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

デザートフラワー -1- Desert Flower

         デザートフラワー -1-
                    Desert Flower

f0165567_62281.jpg


               (C)Desert Flower Filmproductions GmbH

デザートフラワー。砂漠の花。
タイトルを見て、また、原作者であるワリス・ディリーの写真を見て、
ワリスはとってもきれいな女性だし、有名なファッションモデルでもあるので、
この映画はアフリカ出身の女の子のサクセス・ストーリーかな?と思っていました。

製作のピーター・ヘルマンはアカデミー賞外国映画賞を受賞した「名もなきアフリカの地で」(‘01)
の製作者ですから、美しいアフリカの風景を堪能するのも悪くないな、と、
まぁ、あまり一生懸命に観にいったのではなかったのですが、
これが、あなた、ものすごい映画でした。

f0165567_64137.jpg

100年生きてるとのだって、その経験した人生はたかがしれています。

しかし、映画の中には、なんていろいろな人生があることでしょう!

ワリス・ディリー
f0165567_671156.jpg

1965年、アフリカ大陸の東にあるガラカイオの遊牧民の子どもとして生まれ、
5歳のとき、FGM(Female Genital Mutilation:女性性器切除)を施されます。

1978年、13歳で祖父と同い年の老人と結婚させられそうになり、
1人で砂漠を越え、母親の親戚の住む町モガディッシュに辿りつきます。

1979年、駐英ソマリア大使の伯父についてロンドンに行き、
4年間メイドとして働きます。
その後、叔父は任期を終え、
ワリスも共に帰国しなければならなくなりましたが、
彼女は1人ロンドンに残ります。
市内での路上生活を経て、アルバイトをしながら生計を立てます。

1983年、18歳のとき、アルバイト先のマクドナルドで
英国のトップファッションカメラマンであるテレンス・ドノバンに見出され、
ファッションモデルに転身。
ロンドンからニューヨークへ渡り、スーパーモデルに。
アフリカ人のモデルとしては初めてレブロンの専属モデルになる他、
一流ファッション誌の表紙を飾るようになります。

1987年、映画「007リビング・デイライツ」に出演。

1995年、BBCのドキュメンタリー番組「私の人生を変えたシリーズ」で
“ニューヨークの遊牧民”として取り上げられます。
この時、17年ぶりに故郷ソマリアに戻り、母と再会を果たしました。

1997年、雑誌「マリ・クレール」のインタビューで
初めて自身のFGMの事実を明らかにします。
その年、国連アナン事務総長によりFGM廃絶のための特別大使に任命され、
多くの会議に参加、各国の大統領やノーベル賞受賞者、映画スターたちと会い、
国連に莫大な資金を集めました。
同年、自伝“Desert Flower”がニューヨークで出版され、
国際的なベストセラーに。

1998年、2冊目の本“Desert Down”出版。この年、第1子出産。

2002年、ウィーンを拠点とするワリス・ディリー基金を設立。
世界中の人にFGMの存在を知って考えてもらい、廃止していく活動を開始しました。

2005年、3冊目の本“Desert Children”を出版。
ヨーロッパで力を持つ政治家やヨーロッパ連合(EU)に働きかけます。

2006年、ヨーロッパ連合(EU)がFGM廃絶を掲げます。

2007年、ロンドン警視庁、BBCと一緒にFGM反対のキャンペーンを開始。
ワリスの功績に対して、サルコジ大統領よりフランスの最高勲章であるレジオンドヌール勲章が授与。

2008年、映画「デザートフラワー」の撮影開始。

2009年、映画「デザートフラワー」完成。

と、長々とワリス・ディリーのプロフィールを引用してしまいましたが、
彼女のこのような活動を経て、2007年頃からケニア、ガーナ、ブルキナファソ、中央アフリカ共和国、トーゴをはじめとするアフリカの14の国々では法律でFGMを廃止するようになりました。

さて、いきなりワリス・ディリーのプロフィールとFGMが登場し、
それだけで前編が終わってしまいましたが、
いったい、どんなお話?そしてFGMって何?

f0165567_691131.jpg

とにかくただのスーパーモデル物語ではありません。
女性であること、生きるということを強烈に問いかけてくる映画です。
どうぞ、続きをご期待ください。

                          

デザートフラワー
監督・脚本/シェリー・ホーマン、製作/ピーター・ヘルマン、原作・監修/ワリス・ディリー、撮影/ケン・ケルシュ、編集/クララ・ファブリ、衣装/ガブリエル・ビンダー
出演
リヤ・ケベデ/ワリス・ディリー、サリー・ホーキンス/マリリン、ティモシー・スポール/ドナルドソン、ジュリエット・スティーブンソン/ルシンダ、アンソニー・マッキー/ハロルド、クレイグ・パーキンソン/ニール
12月25日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
2009年、ドイツ・オーストリア・フランス、127分、配給/エスパース・サロウ+ショウゲート
http://www.espace-sarou.co.jp/desert/

ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いできたら、嬉しうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪12月12日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます♪
by mtonosama | 2010-12-12 06:30 | 映画 | Comments(14)
Commented by Tsugumi at 2010-12-12 07:41 x
ワリス・ディリーのプロフィールを読んだだけですごい人がいるもんだと感動しました。

次回のとのさまのレビューが楽しみです。
Commented by cao at 2010-12-12 08:31 x
やったね!1位にゃのだぁー

いつか試写におともしたいです~カバン持ちにでも~
Commented by mtonosama at 2010-12-12 09:01
♪Tsugumiさん

すごいです。びっくりしました。
ここでバラすわけにはいきませんが、彼女たちが幼い頃に
受けた傷は大変なものだと思います。

ぜひ、木曜日には大きな映画館で観てくださいね(^_-)
Commented by mtonosama at 2010-12-12 09:17
♪caoさん

おお、お久しぶりです~(^^)/

試写じゃなく、大きな映画館に行きましょう~。
ふく王子には少しお留守番してもらって、
映画の後、一杯やりたいニャァ♪
Commented by summersail at 2010-12-12 10:32
はぁ.人に歴史あり.

信じられないほどのラッキーの連続ですね.
その中には本人の意思や努力によるところもありますが,
大部分はラッキーなわけで,そのラッキーに触れられなかった
その他大勢が今もアフリカに残されているのですね.

ため息しか出ません.
Commented by mtonosama at 2010-12-12 11:28
♪summersailさん

人間万事塞翁が馬というべきでしょうか…

ワリス・ディリーのラッキーの前にはとんでもないことが
起きていたのでした。

はぁ、私もため息です。
Commented by ライスケーキ at 2010-12-12 20:37 x
彼女のこと初めて知りました。
遊牧民の子から、スパーモデル、自伝がベストセラー、それが映画になって・・・。 益々彼女に注目が集まるでしょうね。
「とんでもないこと」 何でしょう。 早く知りたぁ~い!
Commented by SANTA at 2010-12-13 00:41 x
ワリス・ディリー。
ナゼか知っていました!彼女の存在!
フムフム…スゴイ方なんですよね!
映画で、どのように語られるのでしょうか?
Commented by mtonosama at 2010-12-13 04:40
♪ライスケーキさん

ちらっと本物の彼女の写真があるけど、きれいな人でしょ?

この映画で彼女に注目が集まり、FGM対策がもっともっと進むといいんですけど。

Commented by mtonosama at 2010-12-13 04:45
♪SANTAさん

ご存知でしたか。

そうなんです。すごい方です。
映画もすごい!みごたえあります。
クリスマス公開ですよ。乞うご期待♪
Commented by leoleo at 2010-12-13 21:10 x
いつも、殿様の試写室にお邪魔し、自分では味わえない世界へ誘われ、色々な人生を楽しませてもらっています。
一位、おめでとうございます!
今回の映画も、興味深いですね。
次回のレビューが楽しみです♪
Commented by mtonosama at 2010-12-14 05:55
♪leoleoさん

はじめまして。コメントありがとうございます♪

今回の映画はすごいです!
なんか毎回そんなふうに言ってるような気もしますが。

でも、ホントに毎回あっちの世界へ行っちゃってます(苦笑)

今後ともよろしくお願い申し上げます。
Commented by Tsugumi at 2010-12-14 07:20 x
来週天皇誕生日にはだんな様と映画館へ行く予定です。
久しぶりの映画楽しみますよ~~!

しかし次回のプレビュー気になる。。
Commented by mtonosama at 2010-12-14 08:43
♪Tsugumiさん

おお、良いいですね~~~!

天皇誕生日というと23日。
この映画は25日から公開なので、惜しい・・・
でも、年が明けてからでも平気ですね。

23日には何を観るのかな?