ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ジャライノール -2- JALAINUR

             ジャライノール -2-
                       JALAINUR
                   ZHA LAI NUO ER 
                   紮賚諾爾/扎賚諾爾

f0165567_5384971.jpg


唐突ですが、エベレスト登頂のドキュメンタリー番組をご覧になったこと、ありますか?
8千メートル以上の山から空を見ると、
それは空というより、もう宇宙、蒼さの中に闇黒をほのかに感じさせます。
地球でありながら、そこは宇宙というか、どこか知らない世界というか、
不思議な感覚にめまいを覚えそうな光景です。

このジャライノールもそんな土地です。
大きく穿たれた石炭露天掘りの穴。
白煙を吐いて行き交う巨大な生物のような蒸気機関車の群。
あとは見渡す限り、何もない大地。闇をはらんだように蒼い空。
内モンゴル自治区ジャライノール

f0165567_541369.jpg


100年以上にわたって石炭が掘られ続け、その石炭を運び続けてきた蒸気機関車も
昨年をもってすべて廃止されてしまいました。
期せずして、2008年製作の本作はその最後の姿をとらえた映画になったわけです。

ストーリー
見渡す限り、荒涼とした大地と蒼い空が拡がるジャライノール炭鉱。
石炭を運搬する蒸気機関車の鉄道機関士・朱老(ジュー・ヨウシアン)と、
後輩の李治中(リー・ジーチョン)。

f0165567_5463239.jpg


親子ほど年は離れていますが、機関車の運転席でお酒を飲んだり、
仕事が終わった後も一緒に過ごしたり、長年共に働き続けた気の合う2人です。
(運転席で飲んだことは労働者集会でばれてしまいますが)
石炭とSLしかないような極寒のジャライノールの町でも、
人々は犬とじゃれたり、トラックから脱走した豚を追っかけたり、
楽しげに暮らしています。
でも、逆らわないのが一番の上策という庶民の知恵が身についているからでしょう。
党の方針にはまじめそうな顔を装いながら、従っています。

そんなある日、李治中(リー・ジーチョン)は、
朱老(ジュー・ヨウシアン)が機関士を辞め、30年間働き続けた炭鉱から去ることを知りました。彼はロシア国境の近くに住む娘夫婦のもとで生活するというのです。

朱(ジュー)がジャライノールを去る日。李(リー)はその後を追って旅に出ます。
朱は李に戻ることを勧めますが、結局、最終目的地まで2人は共に旅を続けます。
けれど、朱の娘夫婦が駅に現れたとき、李は静かに朱に背中を向けるのでした……


f0165567_5494189.jpg


「送君千里、終須一別」
「君を千里送るとも、終(つい)には須(すべから)く別すべし」

蒼い空とSLの白い蒸気がいつまでも脳裏を離れないロードムービーです。

心の浸透圧現象とでもいいますか―――
想像を超える世界を前にすると、自分の心のなかに抱えたものが
その世界へと浸み出し、雲みたいに漂い出していくような気持になります。

正月を飾るにふさわしい良い映画でした。

                             

ジャライノール
脚本・監督・編集/趙曄(チャオ・イエ)、エグゼクティブ・プロデューサー/崔紅、製作/崔紅、趙曄、撮影監督/張乙
主演
劉遠生、李治中
1月15日(土)より ポレポレ東中野にてロードショー
2008年、中国、中国語、カラー、92分、配給/シネマトリックス
http://www.cinematrix.jp/jalainur/


ブログランキングに参加しています。
どうかポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪1月13日に更新しました。いつも応援をありがとうございます♪
by mtonosama | 2011-01-13 05:58 | 映画 | Comments(8)
Commented by Tsugumi at 2011-01-13 06:30 x
おはようございます。

お正月を飾るにふさわし映画でしたか。。。
私は来年のお正月に見ることにします(爆)

引っ越しの時古い本全部ブックオフに売っちゃいました。
また読む本買わなくては。。
Commented by mtonosama at 2011-01-13 08:53
♪Tsugumiさん

引っ越しはものを整理する良いチャンスですよね。
なのに、過去の引っ越しでは本も一緒に大移動した私。
今、ブックオフや古本屋へ持っていくと悲しくなるほどの安値ですぅ。
Commented by ライスケーキ at 2011-01-13 22:41 x
殿様の文章読んでいると風景が目に浮かびます。 エベレスト、ヒマラヤ山脈その8000メートルの稜線を越えて行くアネハヅルの写真見たことある? ヒマラヤの蒼い空とツルの白いV字編隊。 この目で見てみたい。 ムリだから誰かツルを見に行く登山家の映画作ってくれないかな!
Commented by mtonosama at 2011-01-14 05:31
♪ライスケーキさん

登山家ではないけれど、ジャック・ペラン監督の
"WATARIDORI"にツルのシーンもあったのではないでしょうか?

北極から南極へ渡る鳥やら、
ヒマラヤ越えする鳥やら、
超感動的でした!

Commented by ライスケーキ at 2011-01-14 09:50 x
へぇ~。 このシーンありましたか。 以前TVでやってたけど見なかった。 レンタルあるかな? でも やはり このシーンは大スクリーンで見たい。
Commented by mtonosama at 2011-01-14 18:50
♪ライスケーキさん

ツルのシーンもあったと思うけど…
そりゃ、映画館のでっかいスクリーンで観た方が良い映画ですよね。

しかし、今日も寒いですね。
Commented by Tsugumi at 2011-01-16 06:14 x
鶴のシーン参戦です。

数年前アースという映画で鶴がヒマラヤ超える映像があったような。。。

間違えてたらごめんなさい。

秩父寒いです。指先が凍えています。
Commented by mtonosama at 2011-01-16 07:07
♪Tsugumiさん

ありがとうございます。
(今、TsugumiさんとするところをTsurumiさんと
間違えてしまいました(笑))

ライスケーキさ~ん、Tsugumiさんが教えてくれましたよ~♪

秩父、寒いでしょうね。内陸部ですものね。
こちら沿岸地方も寒いです。
どうぞしっかり防寒着をお召しになってください。
お気をつけて(^^)/