ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

愛する人 -2- Mother & Child

f0165567_5431990.jpg


f0165567_5444443.jpg


           ©2009, Mother and Child Productions, LLC

善かれと思ってやったことでも、それが信じられないほど相手を傷つけていることがあります。
あるいは、当たり前に聞き流していたけれど、いざ自分がその立場になってみると
「ああ、真理だな」ってあらためて身にしみることも。

例えば“生きるためには希望が必要”という言葉があります。

しみったれた例えで恐縮なのですが、今お金がないとします。
「月末に入金があるから、がんばろっ!」
これが希望。
なのに、やっと月末というその日、支払ってくれる予定の会社が倒産。
これ、絶望・・・
同じ困窮状態でも、入るあてがあるのとないのとでは大違いです。
希望さえあれば人は耐えていけるものですから。

いえいえ、しみったれたとのの希望論は脇へかたづけて、映画に戻りましょう。

f0165567_5523432.jpg


ストーリー
14歳のとき、カレンは初めて人を愛し、彼との間に女の子が生まれました。
でも、それは早すぎる出産。
カレンは母の反対にあい、赤ちゃんを手放すしかありませんでした。

それから37年。51歳になったカレンは周囲の人との深いつながりを避け、
同居する老いた母とも良い関係を持てないまま、孤独な日々を送っていました。
職場の同僚パコは彼女を愛し、理解してくれるのですが、彼にも心を開くことはできません。
ただ、37年前に手放した名前も顔もわからない娘を想い、
届くことのない手紙を書き続けています。

養子に出され母の愛を知らずに育った37歳のエリザベスは弁護士として成功していました。
恋も仕事も自分でコントロールしながら、
ひたすらキャリアアップの人生を歩むエリザベスでしたが、
そんな彼女に予想外の出来事が発生。
弁護士事務所の上司ポールの子どもを妊娠してしまったのでした。
子どもを持つことなどその人生プランに書きこんでいなかったエリザベス。
妊娠は彼女の人生を大きく変えることになりました。
意外にも、彼女は今までのキャリアを捨て、子どもを産むことを決意します。

f0165567_5541296.jpg


f0165567_63442.jpg

一方、子どもを産めないため、養子縁組を考えるルーシー。
彼女はある妊婦と巡り合います。
望まない妊娠で生まれてくる子どもを養子に出そうとしている若い女性でした。
ところが、いざ生まれてくると、彼女はその子を手放せなくなってしまったのです。
絶望するルーシーのもとへ養子斡旋所から一本の電話が入ります。
それは、見知らぬ母と娘を結びつける電話でした……

14歳で子どもを産んでしまったら、人知れず養子に出すのはひとつの選択です。
それもかなり適切な選択だと思います。
カレンの母が選んだ手段は間違っていなかった筈なのに、
カレンもエリザベスも心に深い喪失感を抱え込んだまま、年を経てしまいました。

人は選択が適切かどうかばかりに気をとられ、当事者たちの心に想いを向けることを忘れてしまいます。
そう、だからガルシア監督は、一旦は養子を決意しながら、自分で育てることを選んだ若い女性を
登場させたのでしょう。
それがルーシーとエリザベスとカレンを結びつけることになるとは―――
ガルシア監督の練りに練った脚本の深さに感嘆しました。

また女優陣の素晴らしさ。
エリザベスを演じたナオミ・ワッツは撮影時、実際に妊娠中のその大きなお腹をカメラの前にさらし、
エリザベスの決意の迫真性をあらわしていました。
シワの目立つ素顔を堂々と見せたアネッサ・べニングにも感嘆。
男の影を薄く感じてしまったのは母と娘という永遠の関係性の強さのせいかもしれません。
まさに、DNAの立体構造図です。

太古から未来へとグルグル回転しながら永続するDNA構造図と母の娘の関係って
どこか似ているような気がしませんか?

f0165567_60341.jpg


あのこわもてのサミュエル・L・ジャクソンまで毒気の抜けた温厚なおじさんになっていたのも、
母と娘の関係に圧倒されてしまったからでしょうか。

ガルシア監督、女性を描かせたら、当代随一。脱帽です。

                           

愛する人
脚本・監督/ロドリゴ・ガルシア、プロデューサー/ジュリー・アン、リサ・ファルコン、エグゼクティヴ・プロデューサー/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、撮影監督/グザビエ・ペレス=グロベット、ASC
出演
アネット・べニング/カレン、アイリーン・ライアン/ノラ(カレンの母)、サミュエル・L・ジャクソン/ポール、ナオミ・ワッツ/エリザベス、チェリー・ジョーンズ/シスター・ジョアン、ケリー・ワシントン/ルーシー、デヴィッド・ラムゼイ/ジョセフ(ルーシーの夫)、ジミー・スミッツ/パコ、エルピディア・カリーロ/ソフィア(カレンの家政婦)、シモ―ネ・ロペス(家政婦の娘)、シャリーカ・エップス/レイ(妊娠した女性)、ブリット・ロバートソン(目の見えない少女)/ヴァイオレット
1月15日(土)よりBunkamuraル・シネマ、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
2009年、126分、アメリカ、スペイン、カラー、配給/ファントム・フィルム
http://aisuru-hito.com/


ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪1月19日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2011-01-19 06:11 | Comments(6)
Commented by summersail at 2011-01-19 14:47
見たいです.

ナオミ・ワッツ,作品に恵まれてますね.

ぜひ見たいです.
Commented by mtonosama at 2011-01-19 20:04
♪summersailさん

北海道でももうやっているでしょうか?

ぜひ、ご覧になってください。
Commented by ライスケーキ at 2011-01-19 22:57 x
妊娠は女性の人生を変えますね。 良くも、悪くも。でもね、やっぱり命のリレーは尊いです。
Commented by mtonosama at 2011-01-20 05:23
♪ライスケーキさん

おお、なるほど。
命のリレーですね……
Commented by Tsugumi at 2011-01-20 07:05 x
14歳で子供生んでいたら私の子供はいつになっているのかしら?などと考えてしましました。
かなり成熟した大人ですよね(苦笑)

最近の日本少子化で大変と言ってますが・・・子供って勢いで作った方が子だくさんでいいかもと最近出産にはとんと縁遠くなった私は考えました。生まれたら国の子供として育てる方法もある。。無責任?
Commented by mtonosama at 2011-01-20 08:41
♪Tsugumiさん

私が14歳で子ども生んでたら……
その子は136歳だ!

そしたら、私を先祖としてものすごい人数のとの一族が
存在してますわ(笑)