ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ティーンエージ・パパラッチ -2- TEENAGE PAPARAZZO

ティーンエージ・パパラッチ -2-
               TEENAGE PAPARAZZO

f0165567_21444247.jpg


        (C)2009 RECKLESS PRODUCTIONS ALL RIGHTS RESERVED

エイドリアン・グレニアー監督はオースティン・ヴィスケデイク少年とハリウッドスターたち、
少年の両親や周囲のパパラッチたち、写真エージェントなどを取材、撮影を開始しました。
 
監督は少年の撮影を続けるうちに、彼がなぜパパラッチになったか、
そして、読者や観客の覗き見趣味とメディアが結びついて、
巨大ビジネスができあがっていることなんかも見えてきてしまいました。

f0165567_21562234.jpg


舞台はハリウッド。
マット・デイモン、パリス・ヒルトン、ウーピー・ゴールドバーグなどの有名スターたちが、
パパラッチにうんざりしたり、怒ったり、あるいは、諦めたりしているところを
覗き見するのは、彼らには申し訳ないけど(そんなこと思っちゃいないけど)おもしろいです。

映画の中でジャーナリストがコメントしてました。

「みんな『有名人になんて関心がないよ』と言いながら、
もしも有名人が目の前を通っていったら、本能が無意識に反応するんだ。
有史以前から人は有力者に従って生き延びてきたから、刻み込まれた記憶なんだね。
サルがボスに従うのと同じさ」


サルと一緒にされてしまいましたよ(苦笑)

でも、A篠宮夫妻を見て大騒ぎしたとの自身や
犬の散歩中、雅子妃に声をかけられた、と興奮していた知人を思うと、
う~ん、当たってるかも……

セレブたちがパパラッチをけなしているのを聞く一方、
エイドリアン・グレニアー監督はパパラッチたちにも取材します。
パパラッチは「(セレブは)自分たちの意志で芸能界に入り、有名になったのだから、
注目されるのを望んでいたんじゃないのかい」と反論。
「きどるんじゃないよ」というところでしょうね。
セレブは有名になるためにパブリシストを雇い、パブリシストはパパラッチの権利を認め、
セレブ達の写真を撮ることを許可しています。持ちつ持たれつ、ということです。

でも、監督自身、パパラッチに追っかけられたことを思うと、いまいち納得できません。
で、パパラッチに体験入門。
と、これが夜討ち朝駆けと結構ハードな仕事です。
パパラッチ達がこの仕事に励むのはひとことで言えば「お金」。
スクープ写真ビジネス、ゴシップ写真ビジネスがしっかり確立しているんですね。

f0165567_2152474.jpg


ところで、オースティン少年。
金髪のかわいい小さな男の子が大きなカメラを構えていれば、当然目立ちます。
あるフォト・エージェントが映像に映ったオースティン少年を記事にしたところ、
世界各国のメディアに取り上げられることになりました。
そして、追っかける側のオースティンが追われる側になると……

という映画です。
ドキュメンタリーと言いつつ、監督がしっかり目立ってます。
そ、マイケル・ムーアのドキュメンタリーと同じですね。
そして、追われる身になったオースティン少年がわが身を反省し、
新しい生き方を求め始める、というアメリカ的予定調和も、まぁ予想通り。

なんかなぁ、面白いは面白いんだけど、意外性のない展開かな。
ドキュメンタリー映画といえども、結構万人好みのストーリーがしっかり存在してましたねぇ。

                            

ティーンエージ・パパラッチ
監督・製作/エイドリアン・グレニアー、製作/エイドリアン・グレニアー、マシュー・クック
出演
オースティン・ヴィスケダイク、エヴァ・ロンゴリア・パーカー、パリス・ヒルトン、マット・デイモン、アレック・ボールドウィン、マリオ・ロペス、リンジー・ローハン、ロージー・オドネル、ペレズ・ヒルトン、オルウェイ・ヴィスケダイク、ジェイン・シーバーツ、スティーヴ・サンズ、ジェリー・フェローラ、ケヴィン・コナリー、ケヴィン・ディロン、エリン・グリアンゾン、アニナ・ラヴィオレット、エボニー・ブラウン、ダン・ホロウィッツ、ブレイン・ヒュイスン、ルイス・ブラック、ジェイムズ・ホズニー、ヘンリー・フロレス、ジェイク・ハルバーン、ジャリール・ホワイト、スージー・マコウピン、ウーピー・ゴールドバーグ、ヘンリー・ジェンキンス、ルーク・ゴープリック=パーカー、テイラー・マクレイン、ニコラス・バーバー、メイ・ラン・フォガティ、クローイ・ルーハンデ、ダニエラ・ジェイコブス、アレクサンドラ・メイヤー、コリ・ハーディ、ルイス・キャリオン、ブラッド・エルターマン、トマス・デ・ゼンゴティータ、ジミ・ヘンドリックス
2月5日(土)より新宿バルト9他にてロードショー
2010年、アメリカ、95分、配給/クロックワークス
http://www.teenage-pap.com/


ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪1月25日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2011-01-25 22:03 | 映画 | Comments(4)
Commented by Tsugumi at 2011-01-26 06:39 x
パリスヒルトンなんだかんだいっても目立ってますね。

スターはパパラッチに追いかけられてなんぼじゃないですか?
誰も追いかけなくなったらただの人ですから。。。。
ちょっと乱暴な区分け?

でも良かった~~。私は有名人じゃなくって(爆)
Commented by mtonosama at 2011-01-26 09:15
♪Tsugumiさん

そうですよね。
基本、追いかけられてなんぼ、ですよ。

ところで、Tsugumiさん、秩父の有名人じゃないですか。
パパラッチに気をつけてくださいね(爆)
Commented by ライスケーキ at 2011-01-26 22:55 x
オースティン少年我が身を反省したようで良かったです。 有名人にもプライバシーがあると思う。 ダイアナ妃の最後は悲劇でした。
Commented by mtonosama at 2011-01-27 06:01
♪ライスケーキさん

ダイアナ妃はお気の毒でした。
追いつ追われつしてる内に、双方ともハイになってしまった結果、
あの事故が起きてしまったという部分もあるのかも。

カメラ持った人の集団って、はっきり言って恐いです。
とのも「どけよ!」と押し退けられたことあり。