ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

英国王のスピーチ -1- The King’s Speech

英国王のスピーチ -1-
The King’s Speech

f0165567_6162468.jpg


(C) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.
人の上に立ち、その言葉で相手の心を打たなければならない立場にありながら、
どうしても人前で話すことが苦手…
そして、
緊張すればするほど、吃音が出てしまうとしたら…

ああ、その立場を想像しただけで、消えてしまいたくなります。

f0165567_6213433.jpg

「英国王のスピーチ」は現英国女王エリザベス2世の父ジョージ6世の
知られざる感動の真実を明らかにした映画。

王様だったら、
威厳があって、国民にアピールする言葉を持ち、自信に溢れている―――
私たち平民はそんなイメージを持ちますよね。

ところが、気弱で人前で話すことが、大の苦手。
それなのに、最も国難を抱えた時期に、
望みもしなかった王位についてしまった王様が、ジョージ6世でした。

この映画は英王室が舞台、そして、
「王冠を賭けた恋」で脚光を浴びたエドワード8世の陰に隠れて目立たなかった
英国一、内気といわれたジョージ6世の物語。
そんな彼がどのようにして国王になり、国難に立ち向かっていったのでしょう?

ジョージ6世を演じるのはコリン・ファース。
彼のおどおどとした視線、一転して、スピーチに臨む凛々しい姿勢。
もうジョージ6世そのもの(いえ、おつきあいはございませんが)。
思わず「コリン・フォースって王室出身?」と経歴を確認したくなる位、でした。

f0165567_624915.jpg

そして、彼を支える妻エリザベスにはヘレナ・ボナム=カーター。
そうです、そうです。ハリー・ポッターで魔女を演じた女優です。
最近では「アリス・イン・ワンダーランド」にも出ています。
なんと、彼女の曾祖父、ひいおじいちゃんは元英国首相ハーバート・ヘンリー・アスキス
(任期1908年~1916年)なんだそうですよ。

f0165567_6244580.jpg

さらに、ジョージのスピーチ矯正をするオーストラリア人専門家ライオネル・ハンプトン
は自身もオーストラリア生まれのジェフリー・ラッシュ。

このライオネルさんについての公的な記録はほとんどありませんでしたが、
なんと撮影の2ヶ月前に、制作スタッフが本物の孫を発見!
そして、このお孫さんが日記や手紙、診察記録など、
ライオネルさんの資料をすべて持っていたのだそうです。

脚本は急遽書き直し。
この資料が映画づくり、そしてジェフリー・ラッシュの役作りに
貢献したのは言うまでもないことです。
この役はきっと後々までも彼の当たり役っていわれるに違いありません(きっぱり)。

王家の人々と外国人平民のからみも、ハリウッド映画によくある大げさで類型的なものとは
違い、さすが英王室の国の映画(英豪合作ですが)です。
うまいです。

さて、ビクトリア女王やエリザベス1世、同じ王様でも女王様には花があります。
ところが、男の王様、それも内気で気弱な王様が、主人公として登場するのは、
もしかしたら初めてではないでしょうか。

どんな映画なのでしょうか。乞うご期待であります。



国王のスピーチ
監督/トム・フーパー、脚本/デヴィッド・サイドラー、製作/イアン・カニング、エミール・シャーマン、ギャレス・アンウィン、撮影/ダニー・コーエンBSC
出演
コリン・ファース/ジョージ6世、ジェフリー・ラッシュ/ライオネル・ローグ、ヘレナ・ボナム=カーター/エリザベス、ガイ・ピアース/エドワード8世、ティモシー・スポール/ウィンストン・チャーチル、デレク・ジャコビ/大司教コスモ・ラング、ジェニファー・イーリー/ローグ夫人、マイケル・ガンボン/ジョージ5世
2月26日(土)全国ロードショー、2010年、イギリス-オーストラリア合作、118分、提供・配給/ギャガGAGA★
http://kingsspeech.gaga.ne.jp/


ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただけたらうれしうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
♪2月10日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2011-02-10 06:45 | 映画 | Comments(11)
Commented by Tsugumi at 2011-02-10 09:07 x
ただいま~~!
これ絶対に見たいです。
コリン・ファースは好きな役者さんです。

またイギリスの映画って言うのものいいですね。イギリス映画って味ありますもの。。

インフルエンザ大丈夫ですか?お大事にしてくださいね。
Commented by mtonosama at 2011-02-10 09:36
♪TSUGUMIさん

おかえりなさ~い!

この映画、ぜったいTsugumiさんもだんな様も観たいと思います。
良かったですよ。

インフルエンザ、昨日お医者さんで特効薬を口の中に噴霧してきました。
これはいいんだけど、インフルエンザかどうか調べる検査が
超痛くて検査してるお医者さんを思わず押しのけてしまいましたよ(苦笑)
特効薬のお蔭で随分楽になりました。
でも、外出禁止令が出ています(涙)。
Commented by すっとこ at 2011-02-10 11:23 x
ぅぅぅぅぅぅぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおお!

インフルエンザの検査って痛いんですか?
うわーーーー知らなかった。
特効薬って噴霧薬があるのですね。
あと一歩のようで どうぞお大事に!!

ところで”英国王のスピーチ”これ、観たいです!
グラミー賞授賞式のとき
ヘレナ・ボナム・カーターが候補に挙がってて
候補紹介のとき座ってたテーブルに片ひじついて
その手をくるくるくるっと廻して挨拶代わりに
したのがヒジョーに高慢ちきで優雅(笑)でした。

スピーチセラピストがオーストラリア人、
というのもなかなか、ですね。
英国人、ではないのか。
オーストラリア訛りってよくジョークに
されるけど。

“王冠をかけた恋”があければ現在の
エリザベス女王もなかったわけで・・・
歴史の不思議ですね。
Commented by すっとこ at 2011-02-10 11:24 x
失礼!
誤:”王冠をかけた恋”があければ
正:“王冠をかけた恋”がなければ

でした。
すんまそん。
Commented by mtonosama at 2011-02-10 11:39
♪すっとこさん

最初、余裕で「先生、インフルエンザの検査って血を採るんですか?」って訊いたら、
「いや、血採るより、大変かな」。
え~~~~~~~!!
もうビビリまくり。

長~くて細~い綿棒みたいなのを鼻の穴にさしこむのですが、
そのとき、「この棒を上向きにさすと脳にいっちゃうからね。
でも、のどを診るのだから下向きにさすから、大丈夫だよ」って……
なにが大丈夫なんじゃい(怒)

痛かったわい(涙)

すいません。
インフルエンザの話ではないのです。

映画、映画。アカデミー賞有力候補作ですしね。
ヘレナ・ボナム・カーターって高慢ちきなので?
ふ~ん、面白い♪


Commented by maehara at 2011-02-10 21:09 x
初めまして!!
私が利用しているEnglish Centralというサイトでは様々な映画などの動画を揃えていて、楽しく英語が勉強できます☆ 今、色んな人に教えてあげたくコメントさせていただきました。よろしければ使ってみてください☆

http://www.englishcentral.com
Commented by ライスクーキ at 2011-02-10 22:49 x
イギリス史マニアの私は是非見に行かねば。 彼の妻エリザベスはクィーン・マザーの事ですよね。 興味津津。 English Centralも見てみます。
Commented by mtonosama at 2011-02-11 06:13
♪maeharaさん

初めまして、コメントありがとうございます♪
そして、English Centralのご紹介も♪♪

よろしければこれからもお立ち寄りくださいね(^^)/
Commented by mtonosama at 2011-02-11 06:15
♪ライスケーキさん

ぜひ、ご覧になってください。
ライスケーキさん必見の映画です。
再来週の土曜日は映画館へGO!ですね☆
Commented by Tsugumi at 2011-02-12 06:59 x
インフルエンザだいぶ良くなったご様子、良かったです。

ラスベガスの格安ツアーは飛行機のチケットとホテルオンリーでした。朝食もつかないコース(苦笑)

でも楽しかったですよ~~♪
Commented by mtonosama at 2011-02-12 13:22
♪Tsugumiさん

ありがとうございます。特効薬のおかげでスッキリしました。
でも、明日まで外出禁止です(;O;)
うちの執事は怠け者で、買い物を頼めば嫌がるし、困りましたが、それも明日までの我慢(苦笑)

格安でも、すてきなホテルに泊まれたみたいだし、
良かったですね。なにより優しいだんな様との二人旅♡
羨ましい~♪