ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

アメイジング・グレイス -2- Amazing Grace

        アメイジング・グレイス -2-
                     Amazing Grace

f0165567_6154735.jpg

     (c)2006 BRISTOL BAY PRODUCTIONS LLC.ALLRIGHTS RESERVED.

舞台は18世紀のイギリス。あのリンカーン大統領の奴隷解放宣言よりも前に、
生涯をかけて奴隷解放のために闘った政治家がいました。
当時、イギリスでは奴隷貿易は違法ではなく、貴族階級にとって重要な資金源になっていたのです。

その中で若造ともいえる20代前半の政治家ウィリアム・ウィルバーフォースが
奴隷貿易に対して叛旗を翻しました。
彼の味方は少数の仲間と志を同じくする愛妻、そして、彼の師であるジョン・ニュートンと
そのニュートン師が作詞した美しい曲「アメイジング・グレイス」でした。

さあ、どんなお話かというと―――

ストーリー
ウィリアム・ウィルバーフォースはイギリス・ハルにバルト海の交易で富を築いた裕福な一家の息子として生まれました。心の優しいウィリアムはその財産を貧しい人に食事を与えるなど、
慈善事業に費やしていました。
当時、イギリスの大きな収入源になっていた奴隷貿易に心を痛めたウィリアムは、
聖職者として神に祈るか、あるいは、政治家として社会を変えるか、
2つの選択肢の間で揺れていました。
そんな彼が相談したのは、師でもあり、「アメイジング・グレイス」を作詞したジョン・ニュートン。
ニュートン師の後押しにしたがい、若くして国会議員になったウィリアムは、友人であり、
イギリス最年少の首相でもあるピットと共に、奴隷貿易廃止という苦難の道を歩み始めるのでした。
f0165567_6373723.jpg

ウィリアムの同志となったのは、
どんなに危険な場所へも乗り込んで情報を集めてくるトマス・クラークソン、
11歳でナイジェリアから攫われた奴隷でありながら、その素晴らしい知性で自由を勝ち取り、奴隷解放論者となったオラウダ・エクイアノ、
そして、下院議員ヘンリー・ソーントンらを中心メンバーとした12人。

実はこれまでも、奴隷制度に対しては、詩人、哲学者、聖職者などさまざまな人々が
反対してきました。しかし、奴隷制度はイギリスの国益にとって不可欠なもの。
この制度に対して反対する声など、省みられることはありませんでした。
そのような厳しい状況のもと、1787年5月ウィリアムたちはとうとう行動を開始。

彼らは1年足らずの間にロンドンのカフェや地方のパブ、あるいはディナーパーティの席
など全国各地を回って演説。
その結果、30万人もの人々が奴隷制度廃止に賛同し、署名したのです。
かつて議会の請願書にこれほどの署名が集まったことはありませんでした。
その勢いで1791年、国会に奴隷貿易廃止法案を提出。

しかし、奴隷制度賛成派の妨害によって、法案はあっけなく否決されてしまいます。

f0165567_636226.jpg

打ちのめされ、失意から病気になってしまうウィリアム。
そんな彼を友人夫婦は療養のため、自宅へ招きます。
と、その地で、ウィリアムは素晴らしい出会いを得ました。
バーバラ・スプーナーです。
後に妻となる彼女は折れそうになっていたウィリアムを新たな闘いへ向けて
立ち直らせるのでした……

         ツイッターもフェイスブックもない時代、
         運動を巻き起こすには演説と2本の足と知恵しかありませんでした。
         その中でウィリアムたちは、市民を船に乗せて奴隷船を間近に見せたり、
         カフェやパブで演説をしたり、実に、上手な戦略家でもあったのですね。

         何度も何度も声をあげては制され、立ち上がってはつぶされてきたウィリアムたちが、
         最後の最後、国会内で活躍する様子には思わず快哉の声を上げてしまいます。

         前編でも言いましたが、このご時世にありながら無意味な党利党略で動いている
         日本の政治家たちにぜひ観てもらいたいものです。

         同時に、若く、無力であっても、志を掲げていれば、成せぬことはないんだっ、
         と思わず拳を握り締めるとのでありました。いえ、とのは若くはありませんが。

         ちょっと感動し過ぎですが、勇気と音楽が一体となった「アメイジング・グレイス」、良いです。
         しかし、3月5日公開の映画、多いですねぇ。
         どれを観るか、迷った方は、もう全部観てしまいましょう。

                                  

アメイジング・グレイス
監督/マイケル・アプテッド、製作/テレンス・マリック、エドワード・R・プレスマン、脚本/スティーヴン・ナイト、撮影/レミ・アデファラシン、音楽/デヴィッド・アーノルド
出演
ヨアン・グリフィズ/ウィリアム・ウィルバーファース、ロモーラ・ガライ/バーバラ・スプーナー、ベネディクト・カンバーバッチ/ウィリアム・ピット、アルバート・フィニー/ジョン・ニュートン、ルーファス・シーウェル/トマス・クラークソン、ユッスー・ンドゥール/オラウダ・エクイアノ
3月5日(土)銀座テアトルシネマ他全国ロードショー
2006年、イギリス、118分、配給/プレシディオ、http://www.amazing-movie.jp/


ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとしていただけたらうれしいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
♪3月6日に更新しました。今後とも応援よろしくお願いします♪
by mtonosama | 2011-03-06 06:53 | 映画 | Comments(10)
Commented by Tsugumi at 2011-03-06 09:27 x
こう言う映画好きです~~。
とのさんのレビュー読んで見に行きたい~~。
でも見に行けない。。

ジレンマです。
Commented by leoleo at 2011-03-06 09:53 x
勇気と音楽が一体の感動の映画・・・なんて
心を揺さぶれらたら、観に行かない訳には行きませんね。
前回の「アレクサンドリア」も観たいし、迷ったら
全部観ましょうか?!
Commented by mtonosama at 2011-03-06 10:03
♪Tsugumiさん

え~~!?観にいけませんか?
そうですね。そろそろ春めいてきて、ますます忙しくなりますものね。

ご自愛くださいね♡
Commented by mtonosama at 2011-03-06 10:06
♪leoleoさん

「アレクサンドリア」も「アメイジング・グレイス」も3月5日公開。あ、そうそう「わさお」もです。

なぜか3月5日公開の映画多いんですよね。
leoleoさんの近くには映画館も多いし、いっそ全部観に行ってしまいましょう♪
Commented by すっとこ at 2011-03-06 11:49 x
ほーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぅおおおおおおお!

”アメイジング・グレイス”って作詩作曲が
ジョン・ニュートンっていう政治家でもあった人物だった
のですか!

”むすんでひらいて”って童謡もフランスの思想家
ジャン・ジャック・ルソーの手になるよねえ。

昔の人って左脳で思想を語り右脳で作曲できちゃったのか。

話は戻って
11歳で攫われたけど知性で自由勝ち取った人も
いたのもビックリでした。
奴隷って一生奴隷なのかと思ってた。
      そういえば”プレデター”も奴隷から
      自由人になったんだったね。生命を賭して。

ああ、殿様試写室、たくさんのことを
教えてくれますね!!
3月5日公開・・・8日に機上の人となるので
映画楽しみなんです。殿様解説多いに参考にいたします。
Commented by mtonosama at 2011-03-06 14:28
♪すっとこさん

あ、ごめんなさい。
ウィリアムの先生であるジョン・ニュートンさんは教会の人なんです。

そうそう、オラウダ・エクイアノさんはアフリカから攫われてきて
奴隷にされたんだけど、アフリカの高貴な生まれの人だったらしいです。

もう昔のイギリス人は欲にかられて、なんでもありなのね。

8日に機上の人ですか!?
じゃあ、「英国王のスピーチ」観られるかも♪
Commented by すっとこ at 2011-03-06 16:26 x
きゃぁぁぁぁぁあああああああああああああああ!
間違えました!

「”プレデター”も奴隷から・・・」
って

”グラディエイター”

でしたねっ!! なんじゃあ、こらぁ。
自分でもかすかに「ん???」とは思ったんだけど
語尾の”ター”しか一致しとらん。

あー恥ずかし。
Commented by ライスケーキ at 2011-03-06 20:46 x
ストーリーを読んだだけでも 感動物ですね。 それにしても 沈没しそうな日本丸を 安全な航海に導いてくれる政治家が出てきて欲しいね。
Commented by mtonosama at 2011-03-06 20:59
♪すっとこさん

タ~~~~!

1個合ってればいいですよ(^_-)
Commented by mtonosama at 2011-03-06 21:02
♪ライスケーキさん

お好きなイギリスものです。
アメイジング・グレイスの歌もお好きだし、これは観ないとね♪