ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ブンミおじさんの森 -2- UNCLE BOONMEE WHO CAN RECALL HIS PAST LIVES

      ブンミおじさんの森 -2-
                     ลุงบุญมีระลึกชาติ
UNCLE BOONMEE WHO CAN RECALL HIS PAST LIVES

f0165567_6293877.jpg


                     ©A Kick the Machine Films

    
今回の地震で被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
  また今も大変な思いをしていらっしゃる皆様、どうぞお気を強く持ってください。

    一日も早く平穏な日が戻ってきますように。
                        3月12日


タイの映画って、あまり馴染みはありません。
でも、タイの人たちは日本と同じようにお米を食べる国民ですし、
この世のあらゆるものに魂を認める人たちです。
遠い昔にはどこかでつながっているような気もしないではありません。
そう、それこそ前世ではつながっていたのかもしれません。

f0165567_735079.jpg


前世が水牛だったり、王女さまだったり、死んだはずの奥さんと同席し、
晩御飯を食べたり。
米喰う人々である私たちにはストンとおさまる光景ですが、
欧米の人々にはとても霊的な世界なのでしょう。

第63回カンヌ国際映画祭で審査委員長を務めたティム・バートン監督は
こんなことを言っています。

「世界はより小さく、よりハリウッド的になっている。
でも、この映画には、私が見たこともないファンタジーがあった。
それは美しく、まるで不思議な夢を見ているようだった」


鬼才ティム・バートンを驚かせた「ブンミおじさんの森」どんなお話なのでしょうか。

f0165567_6341242.jpg

ストーリー
木の幹に水牛が一頭つながれています。
水牛をつないだ綱がほどけ、水牛は草原を走りだします。

ブンミおじさんに呼ばれて、ジェンとトンがおじさんの暮らすタイ東北部の村へやってきます。
ブンミおじさんは重い腎臓病を患っているのです。

周囲を暗闇が包み、虫がすだく中、テーブルの上だけが優しい灯りに照らされています。
ブンミとジェン、トンが夕食を囲んでいます。
そこへ、19年前に死んだブンミの妻フェイが現れました。
彼女はブンミの病気が心配でやってきたのです。彼女は亡くなった42歳の時のまま。
ブンミは嬉しそうに微笑みます。

暗い階段の方からもなにかがやってくる物音がします。
数年前、行方不明になった息子ブンソンでした。
彼が行方不明になったのは森の中で猿の精霊に出会い、自らも猿の精霊になったから。
ブンミの死が近いのを知って精霊たちが外に大勢集まってきているとブンソンは伝えます。

ブンミは自分の死んだ後、農場を継いでくれるように義妹のジェンに頼みます。
ためらうジェンに「心配はいらない。死んだ後も助けにきてあげるから」。

翌日ジェンに農場を案内するブンミおじさん。
作業小屋で透析をしながら、おじさんは自分の病気はカルマなのだとジェンに語りました。
「かつて共産兵士をたくさん殺し、農場でもたくさん虫を殺した」

やがてブンミおじさんの旅立つ日が来ました……
f0165567_6405096.jpg


生きている人と死んだ人や精霊たちが普通に話をし、前世と現在が混在する世界。
確かに変ですが、納得できるんですねぇ。これが。

17年前、母が亡くなった時、お坊さんが、
「亡くなってから四十九日までは、お母さんはいつもあなたの近くにいるんだよ。
ほら、あの天井の隅とかに」
と話してくれました。

f0165567_745180.jpg

近くにいて見守っていてくれる、と信じれば、悲しさも乗り越えられるというものです。
小さな虫や魚や鳥もなにかの生まれ変わりと思えば、無益な殺生はできませんよね。
殺してしまったとしたら?
殺してしまっても、ブンミおじさんのように自分の不治の病をその報いとして、
納得して受け入れることができるようになりますものね。

久々に亡くなった家族や友人を身近に感じることができました。

合掌


ブンミおじさんの森
製作、脚本、監督/アピチャッポン・ウイーラセタクン、製作/サイモン・フィールド、キース・グリフィス、シャルル・ド・モー、アピチャッポン・ウイーラセタクン、共同製作/ハンス・W・ガイセンドルファー、ルイス・ミニャーロ、マイケル・ウィーバー、撮影監督/サヨムプー・ムックディープロム、ユッコントン・ミンモンコン、チャリン・ペンパーニット、音楽/コウイチ・シミズ
出演
タナパット・サーイセイマー/ブンミ、ジェンチラー・ポンパシ/ジェン、サックダー・ケァウブアディ/トン、ナッタカーン・アバイウォン/フェイ(ブンミの妻)、チィラサック・クンホン/ブンソン(ブンミの息子)、サムット・クウカサン/ジャーイ、ワラパー・モンコンプラサート/王女、スミット・スッブシー/兵士、ヴィエン・ピムディ/農夫
3月5日(土)シネマライズ、3月12日(土)梅田ガーデンシネマ他全国順次ロードショー
2010年、イギリス、タイ、ドイツ、フランス、スペイン合作映画、114分、提供/シネマライズ、配給/ムヴィオラ
http://uncle-boonmee.com/


ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いできれば嬉しうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
こちらのクリックもよろしくお願い申し上げます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

☆3月12日に更新しました。被害を受けた地域の皆様により早い救助の手が届きますように☆
by mtonosama | 2011-03-12 06:59 | 映画 | Comments(8)
Commented by ライスケーキ at 2011-03-12 20:31 x
自らの死んだ後のことを考え、旅立つ日を迎えられる人は幸せです。 突然日常が断たれ、愛する家族・友人たちと「死」によって分断されたら・・・。 やはり辛い。
地震の犠牲者の皆様のご冥福をお祈りいたします。
Commented by mtonosama at 2011-03-12 21:13
♪ライスケーキさん

あの眼を疑うような津波と揺れ。

震源地から遠く離れたうちでも、うねるような、
余震があり、思わずしゃがみこみ、寒いのに窓を全部開け、
逃げ道を確保しました。

そんな余裕もなく、揺られ、津波から逃げた皆さま
どんなに恐ろしかったことでしょう。

そして、犠牲になられた皆様には心よりご冥福をお祈り申し上げます。
Commented at 2011-03-14 12:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-03-14 17:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 芸者ガ~ル at 2011-04-07 01:41 x
ラオス語の先生が「内容はともかく言葉を聞いてらっしゃい。さほど訛りの無いラオス語だから」と薦めてくれた一本です。
タイ語とラオス語って、セルビア語やボスニア語のように、方言程度の違いですけど。

ラオスの田舎の風景そのものなので馴染みのある映像でしたが、内容はさっぱり理解できませんでした σ(^_^;)

映画の鑑賞中に、観客のあちこちの携帯電話から地震警報がジュウィンジュウィン鳴って、間もなく揺れ始め
いつでも出ていいようにドアが開け放たれましたが誰も立たず、そのまま最後まで観てきました。

ん~~何回か続けて観て見たら理解出来るでしょうか?
ちなみに私が知っている限り、ラオス人ってそんなに霊とか前世とか考えていないように思えるんですけど。
お墓も写真も無く、裏山に骨を埋めるだけのシンプルな世代交代をしますしね!
Commented by mtonosama at 2011-04-07 06:27
♪芸者ガールさん

ラオス語の先生の推薦映画でしたか。
タイ語とラオス語って、方言程度の違いしかないのですか!?

すごい!地震のさなかも見続けたんですね。

タイとラオスは言葉は似ていても、宗教的には違うのでしょうか?
私はこの映画の最後のお葬式のシーンがお葬式とは思えませんでした。
だって色が派手なんだもの^_^;
Commented by 芸者ガ~ル at 2011-04-07 18:54 x
ラオスでお葬式とか墓とか聞いたことないです。
地域によって「墓地はあるヨ」っていう人もいるし
先に表記したように、近くに撒いてオシマイっていうところが多いみたいですし…

大昔の古墳やピラミッド的な感じで、裕福な人や著名人は、派手なデカい墓地があったかもしれません。
Commented by mtonosama at 2011-04-07 19:09
♪芸者ガールさん

へえ?
タイとラオスは近くても違うんですね。
お葬式といえば黒と白と思っていたら、ブンミおじさんのお葬式は全然違ったので、驚きました。