ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

お家をさがそう -2- Away We Go

            お家をさがそう -2-
                        Away We Go

f0165567_440030.jpg


               (C) 2009 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

バートとヴェローナはコロラドに暮らす30代のカップル。
2人は一緒に暮らしていて、バートは何度もプロポーズするのだけれど、
ヴェローナは「なんで結婚しなくちゃいけないの?」とプロポーズを受けようとしません。
ところが、そんなヴェローナが妊娠しちゃった---
というのが、この映画のイントロです。

さて、ここから始まる2人のお家探しの北米大陸大移動。
ヴェローナのお腹が妊娠6ヶ月の割には大きすぎるということが、
ちょっとした問題を起こしたりもしますが、とにかく旅は続きます。

ストーリー
2人が妊娠を報告しに訪れたのは近所に暮らすバートの両親の家。
ところが、この両親から聞かされた思いがけないニュース。
なんと長年の夢だったベルギー移住を実現するというのです。
えー!?そもそもバートとヴェローナがコロラドで暮らすようになったのは、
子どもが生まれたらバートの両親が喜んで面倒を見てくれるだろうと思っていたからなのに。
帰宅して、頭を抱え込む2人。
その結果わかったことは、2人の間には家はおろか生活の基盤がなにひとつ築けていなかった、
ということ。
このままじゃ、いけない!
自由業の2人は理想のお家を求めて旅に出ることを決意しました。

フェニックス
まずはヴェローナの元上司リリーが暮らすアリゾナ州フェニックスへ。
一人元気なリリーに比べ、むっつりしたその夫とこれまた無愛想な子どもたち。
幻滅した2人は早々にフェニックスを後にします。

ツーソン
f0165567_4454126.jpg

次の訪問地は同じくアリゾナ州のツーソン。
ヴェローナは妹グレースと会い、亡き両親の思い出を語り、
幼い頃に暮らしたサウスカロライナの実家を懐かしく思い出すのでした。
でも、砂漠とサボテンだらけのツーソンで暮らすのはつらい。

マディソン
そこで、3番目の訪問地ウィスコンシン州のマディソンへ。
ここには子育てをしながら大学で教鞭をとるバートの幼なじみLNが住んでいました。
およばれしたディナーは最悪。
東洋神秘思想にかぶれたLNとその夫の話にうんざりした2人はディナーを中座し、
この町も逃げ出し、アメリカからも脱出。カナダへ向かいます。

モントリオール
モントリオールでようやく理想の家族を発見できた2人。
大学時代の友人夫婦トムとマンチは人種の異なる4人の養子と温かい家庭生活を営んでいます。
ここで暮らそう!と前祝のため、夜のモントリオールに繰り出す4人。
楽しいはずのナイトスポットで露呈した理想の夫婦が抱える問題。困惑する2人。
そこへマイアミに暮らすバートの兄コートニーから電話が。

マイアミ
予定外の訪問地マイアミに着くと、
妻に逃げられた兄コートニーがその事実を一人娘に伝えることができず、悩んでいました。
愛も家族も不確かなもの。バートは「僕とお腹の子を捨てないと約束して」と
ヴェローナに迫ります。
「約束するわ」と答えるヴェローナの頭に、そのとき、
故郷サウスカロライナの実家の庭にあった実をつけないオレンジの木が浮かんできました。

サウスカロライナへ……


f0165567_448243.jpg


おかしな夫婦や、変な夫婦、問題を抱えた夫婦。
バートとヴェローナの周囲の夫婦や家族はみな一筋縄ではいかない人たちばかり。
2人は現代のチルチルミチル?2人のさがすお家は青い鳥みたいなものかもしれません。
理想を求めて北米大陸を駆け巡る2人ですけど、ちょっと大人の目で彼らを見ると、
この2人、まだとても愛しあっています。
なによりも、これが一番じゃないでしょうかね。
きっとヴェローナの苗字は変わらないままだと思うけれど、
愛しあってる2人なら、これからも人生っていう長い旅を続けていけると思います。
キャッ。恥ずかしいフレーズ。

あ、そうそう。ベルギー移住を嬉しそうに話すバートの母親は「ホーム・アローン」の主人公
ケヴィン(マコーレー・カルキン)のママでしたよ。
現代を舞台にしながら、妙に70年代っぽい東洋神秘思想かぶれの夫婦も笑わせてくれました。
ぼーっとしたバートとしっかり者のヴェローナ。
2人がいろいろな夫婦の現実に出会って、呆れたり、ショックを受ける様子が、
私たち観客とそのまんま同じで楽しかったです。
サム・メンデス監督、こんな映画も撮れるんですね。今まで毛嫌いしててごめんなさい。

                            

お家をさがそう
監督/サム・メンデス、脚本/デイヴ・エガーズ&ヴェンデラ・ヴィーダ、プロデューサー/エドワード・サクソン、マーク・タートルヒープ、ピーター・サラフ、エグゼクティブ・プロデューサー/マリ・ジョー・ウィンクラー=イヨフレダ、ヒッパ・ハリス、撮影監督/エレン・クラスASC
出演
ジョン・クラシンスキー/バート、マーヤ・ルドルフ/ヴェローナ、カルメン・イジョゴ/グレイス、キャサリン・オハラ/グロリア、ジェフ・ダニエルズ/ジェリー、アリソン・ジャネイ/リリー、ジム・ガフィガン/ローウェル、マギー・ギレンホール/LN、ジョシュ・ハミルトン/ロデリック、クリス・メッシーナ/トム、メラニ―・リンスキー/マンチ、ポール・シュナイダー/コートニー
3月19日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷にてロードショー
2009年、アメリカ、98分、配給/フェイス・トゥ・フェイス
www/ddp-movie.jp/ouchi


ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックお願いできたら嬉しうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
こちらも一緒にポチッとね。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
☆3月18日に更新しました。被災地の皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます☆
by mtonosama | 2011-03-18 04:50 | 映画 | Comments(4)
Commented by ライスケーキ at 2011-03-18 21:31 x
お家をさがそう ってhouseじゃなくて、 homeを探す お話ですね。 homeは探すんじゃなくて、二人で作らなくちゃ。 映画ではいろいろな home 見せてくれますね。
Commented by mtonosama at 2011-03-19 05:53
♪ライスケーキさん

そうですね。お家っていろんな意味を持ってますよね。

さがす?つくる?
バートとヴェローナはどうするでしょう…

それは観てのお楽しみ(^_-)
Commented by leoleo at 2011-03-19 21:41 x
おウチさがしのロードムービー、色々な土地で
様々な人とかかわっていき、どんな旅を展開して
いくのでしょう?
「アメリカン・ビューティー」より、面白そう!
Commented by mtonosama at 2011-03-20 07:40
♪leoleoさん

そうなんです!
フェニックス、マディソン、モントリオール、マイアミ、
サウスカロライナ…

アメリカからカナダへ、またまたアメリカへ。
その度にいろんな人と出会い、2人もまた変わっていくんですもん。

なんか、なつかしいタイプの映画で楽しかったですよ♪