ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

八日目の蝉 -2-

                八日目の蝉 -2-

f0165567_5452336.jpg


                     ©2011映画「八日目の蝉」製作委員会

                      ざっくりと知っていたあらすじとしては、
            赤ちゃんのときに誘拐された女の子が、誘拐犯であるその女性と4年間を過ごし、
              そして、その犯人は、なんと女の子の父親の愛人だった!というもの。
          2人は駆け込み寺とでもいうべきカルト集団に身を隠したり、小豆島で暮らしたり―――

            映画の中では、誘拐犯である野々宮希和子と、薫と名付けられた女の子との日々、
                  擬似母子が紡ぎ出す暮らしがきわだって印象的でした。
            単純なとのとしては、やがては引き裂かれるこの2人への感情移入が激しく、
               「なんたって野々宮希和子の愛人だった女の子の父親が悪いでしょ。
              ったく男の身勝手が妻や愛人や娘を不幸にするんだから。ブリブリ」
                               と怒ってました。

                                  が、

                        そんな単純なものじゃ、ありませんでした。

f0165567_625477.jpg


ストーリー

1995年10月東京地裁では秋山恵津子がヒステリックに証言しています。

秋山丈博と恵津子、この夫婦の間に生まれた生後6ヶ月の恵理菜を誘拐し、
4年もの間、逃亡していた野々宮希和子への論告求刑が告げられました。

秋山丈博は希和子の上司。希和子は秋山を愛し、その子どもをみごもります。
しかし、秋山には妻があり、産むことはかないません。
やむなく子どもを諦めた希和子でしたが、手術の後遺症で二度と子どもを産めない身体に。
そんな時、秋山の妻が子どもを産んだことを知らされます。
秋山と別れる前に、一目だけでも、その赤ん坊を見たい―――
秋山の留守宅に忍び込んだ希和子はベビーベッドで泣き叫んでいた赤ちゃんを思わず抱き上げます。
希和子を見て笑いかける赤ちゃん。
その瞬間、希和子はその子を抱き抱え、激しい雨の中を走り出していました。

赤ん坊を薫と名づけ、長かった髪を切り、各地を転々と逃亡する希和子。
悩みを抱える女性たちが自給自足をしながら共同生活を送るエンジェルホームというカルト集団の施設のようなところで暮らしたこともありました。

「一日でも長く薫といられますように」その想いだけで、息をつめるようにして過ごしてきた希和子。
流れ着いた小豆島ではひとときの安らぎを得ることができました。
この島で、美しいものを薫に見せてあげたいと願う希和子でしたが、警察はすぐそこに来ていました。
小豆島のフェリー乗り場で、4年間に渡った逃避行は終わります。

f0165567_613630.jpg


秋山恵理菜は21歳になりました。そして…


f0165567_654218.jpg


                   永作博美も井上真央も、もちろん大熱演でした。
                しかし、出演者ひとりひとりの個性がきわだった映画でした。
                  一番悪いヤツ、と思って観ていた秋山丈博だって、
            「あいつ、愛人に子どもを誘拐されたんだぜ」と後ろ指を指されながら、
                    職を転々とせざるを得なかったわけですし。
          夫の愛人に愛児を誘拐された上、戻ってきた子どもに心を閉ざされてしまった
                     実母の恵津子の気持には深く共感できます。
       誘拐犯・希和子は犯罪を犯したわけですが、薫に示した愛情は実母と変わりません。
                   一番の被害者は恵理菜(薫)かもしれませんが―――

              でも、簡単に誰が良くて、誰がずるいか、なんて言えないんです。
      人生って、ただ子どもが大人になり、若かった人が年老いていくだけのものではありません。
         であるならば、なおさら一日一日を大切に生きていかなくてはならないな、
                と当たり前のことにあらためて気づかされました。
              「今日一日、明日一日、薫と一緒にいられますように…」
         小豆島のお寺で手を合わせる野々宮希和子の言葉がしみじみと胸にしみます。
           そうですよね。今日という日を大切に、一生懸命に生きなければ、ね。

f0165567_675119.jpg


                                   


八日目の蝉
監督/成島出、原作/角田光代(中公文庫)、脚本/奥寺佐渡子、撮影/藤澤順一、音楽/安川悟朗
出演
井上真央/秋山恵理菜、渡邊このみ/秋山恵理菜・薫、永作博美/野々宮希和子、小池栄子/安藤千草、森口瑤子/秋山恵津子、田中哲司/秋山丈博、市川実和子/沢田久美・エステル、平田満/沢田雄三、吹雪ジュン/沢田昌江、劇団ひとり/岸田孝史、余貴美子/エンゼル、田中泯/タキ写真館・滝
4月29日(金・祝日)ロードショー
2011年、カラー、147分、配給/松竹、http://www.youkame.com


ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただけたら、うれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月26日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆
by mtonosama | 2011-04-26 06:18 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2011-04-26 17:47 x
おお!永作博美だぁ!!

密かにファンです。
ベイビーフェイスなのが得してると思うなぁ
彼女の場合。 うまい女優ですよねっ。

角田光代さんとか湊かなえさんとか
若い書き手さんの登場と活躍、嬉しいですね。
原作がキラリと光ってると
映像化された作品だってキラキラリッと
光る筈なので(頼む、そうであってくれよ)
邦画が若い女流作家によって結果的に底上げされたら
万々歳だぞ!

とか言いながら
”松ケンと小雪の結婚”を
「え?マツダイラケンがですか?」と一瞬
思っちゃった浦島花子です、がはは。

殿様の名調子と永作博美で☆2ヶ増しで
是非見たい映画ですわん!
Commented by mtonosama at 2011-04-26 20:29
♪すっとこさん

おお!すっとこさんだぁ!!

お元気でしたか?
きっと、今、NHK朝の連ドラ観てるかと思うけど、
陽子さんこと井上真央さんもなかなか良かったです。

でも、浦島花子さん化してるなら、観てないかもしれないなぁ。

松ケンとマツダイラケンは大いに違いますっ。
(松ケン好きなんです)
でも、その松ケン主演の★映画「カムイ外伝」で共演した小雪と
結婚したんだから、世の中わからんもんですたい。

Commented by ライスケーキ at 2011-04-26 22:46 x
原作読んでない、映画見てない、私は やっぱり男が悪いと思うのです。 そんな単純な私も 松ケンと聞いて 何で小雪がマツダイラケンと結婚するの? と思ってしまった。 だんだん世の中から取り残されていく気分です。
Commented by mtonosama at 2011-04-27 06:29
♪ライスケーキさん

違いますって(笑) 松ケンはマツダイラケンではありません。

松ケンが興奮すると、だんだん青森弁になっていくところが
好きです。
なのに、小雪ったら「あんたみたいなひよっこが私とやっていけるの?」なんて…

う、う、う・・・
松ケンかわいそう。
Commented by Tsugumi at 2011-04-27 08:41 x
お久しぶりです。
なかなか映画の見れない私です。
だから映画見られるとのさまがうらやましい。

でもここへ来るといろんな映画のレビュー見れてうれしいです。

松ケン小雪に「あんたみたいなひよっこが私とやっていけるの?」って言われても小雪を落したんだからあっぱれ!!!
Commented by mtonosama at 2011-04-28 06:09
♪Tsugumiさん

お久しぶりです。ご訪問くださり、うれしいです♪

なんか冬から一足飛びに夏というお天気ですが、
これから、またお忙しくなりますね。

あっぱれ松ケンの新作映画もありますし、
腰痛をだましながら映画を観にいってきますね。

Tsugumiさんもご無理なさらないように(^^)/