ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ラスト・ターゲット -1- The American

            ラスト・ターゲット -1-
                         The American

f0165567_4512578.jpg

            (C) 2010 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
                

                           「ラスト・ターゲット」。
                         原題は”The American”です。
          が、みなさん、この邦題から、このオリジナル・タイトル、結びつきます?
                           ちょっと・・・ねぇ。

                  「ラスト・ターゲット」、主演はジョージ・クルーニー。

                 ジョージ・クルーニー主演の”The American”といっても、
        「さて、なんのことですか。コーヒーのコマーシャルでしょうか?」となってしまいます。
     ですので、今回の場合、内容に即した「ラスト・ターゲット」という邦題の方がベターでありましょう。

                       と、うじゃうじゃ言ってすいません。
   ジョージ・クルーニーというだけで、食指が動いてしまう方にはタイトルがなんだろうと関係ないですよね。
                         はい、実はとのがそうでして。

                  でもね、彼って、明か暗か、といえば明のイメージですし、
       静か動かっていえば動ですし、お笑い系か深刻系かっていえば前者です(ちょっと違うか)。

   だから、なんとなく深刻そうな雰囲気の「ラスト・ターゲット」というタイトルの映画とジョージ・クルーニーが
             うまくかみ合うのか、若干不安を感じつつ鑑賞したのは正直なところ。

f0165567_455494.jpg

原作は英国人作家マーティン・ブース「暗闇の蝶」(新潮文庫刊)。
1944年に生まれ、2004年に亡くなったこの作家。代表的な作品には長崎の原爆から生き残ったイギリス人の実話を基にした「Hiroshima Joe」、ブッカー賞の最終候補に残った「The Industry of Souls」などがあります。亡くなる直前には香港で過ごした子供時代を回想した「Gweilo」(アメリカでの出版タイトルは「Golden Boy」)を書き上げています。

          原作となった「暗闇の蝶」。実は、この蝶が映画のモチーフになっています。
           蝶がとてもフォトジェニックな登場をするので、気になっていましたら、
            なるほど、監督のアントン・コービンは写真家だったんですねぇ。

1955年オランダ生まれの監督は現在英国に在住。f0165567_4572893.jpg

高校時代に音楽を通じて写真の魅力に目覚めたというコービンは、1972年野外コンサートで父親のカメラを借り写真を撮った後、ステージ写真からポートレート写真に進む。
1979年からはロンドンに住居を構え、最も影響力のあるポートレート写真家の1人として、広く世界から認められている。
これまでにコービンの被写体となったのは、U2、デヴィッド・ボウイ、ビョーク、マイルス・デイヴィス、フランク・シナトラ、クリント・イーストウッド、キャメロン・ディアス、ウィリアム・S・バロウズ、トム・ウェイツ、アレン・ギンズバーグ、イザベラ・ロッセリーニ、ナオミ・キャンベルなどである。
近年では、夭折したジョイ・ディヴィジョンのボーカル、イアン・カーティスの生涯を描いたドラマ『コントロール』で映画監督デビューを果たす。監督第1作目ながら第60回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(特別表彰)や英国インディペンデント映画賞など、名だたる映画賞にて高い評価を集めている。(Wikipediaより)

                    ふ~む、蝶々がフォトジェニックなのも、
        ジョージ・クルーニー演じる暗殺者ジャックが潜伏するイタリアの小さな街が美しいのも、
                  写真家アントン・コービンのなせる技であったか。

                        あ、言ってしまった!
                ジョージ・クルーニーが今回演ずるのは殺し屋なんだっていうことを。

f0165567_561556.jpg

                さあ、しかし、どんな暗殺者で、どんなお話なのでしょう。
                 それについてはどうぞ次回までお待ちくださいませ。
                          乞うご期待であります。
                                

今日もポチッとお願いできたらうれしゅーゴザイマス。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月8日に更新しました。いつも応援してくださって誠にありがとうございます☆

ラスト・ターゲット
監督/アントン・コービン、脚本/ローワン・ジョフィ、原作/マーティン・ブース「暗闇の蝶」(新潮文庫刊)、製作/アン・ケリー、ジル・グリーン、アン・ウィンゲート、グラント・ヘスロブ、ジョージ・クルーニー、製作総指揮/エンツォ・システィ、撮影/マルティン・ルーエ
出演
ジョージ・クルーニー/ジャック、ヴィオランテ・プラシド/クララ、テクラ・ルーテン/マチルデ、パオロ・ボナチェッリ/ベネデット神父、ヨハン・レイセン/パヴェル
7月2日(土)全国ロードショー
105分、2010年、アメリカ、配給/角川映画
http://last-target.info/

by mtonosama | 2011-06-08 05:26 | 映画 | Comments(8)
Commented by ライスケーキ at 2011-06-08 10:27 x
ジョージ・クルーニーが暗殺者ですか。
SMAPXSMAPに出た時の 人の良さそうなお笑いキャラが頭に焼き付いてしまい想像できない。
でも、彼演技者ですよね。
どんな お話を見せてくれるでしょう。
Commented by すっとこ at 2011-06-08 14:33 x
おいちゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!

と呼んでみたいジョージ・クルーニー。
なんでこう呼びたいか、っていうと

ちょっと
(ちょっとだけ、なんだけど)
こういう顔付きの浜の漁師さんって
居たのね、すっとこ幼少時に。
小さな村に、自分がエエ男ってちっとも気付か
ない、純朴素朴な照れ屋のおいちゃんが。

晴れた日には漁に出て
雨の日には網繕って、サ。

そんなおいちゃんが
暗殺者、殺し屋?
英語ペラペラで?

と思ってしまうすっとこです。

もちろん「浜のおいちゃん」好感度大!です。
Commented by mtonosama at 2011-06-08 16:50
♪ライスケーキさん

え~っ!ジョージ・クルーニーがスマスマに出てたんですか?

こういうとき、早寝過ぎると困るんですよね^_^;
Commented by mtonosama at 2011-06-08 16:55
♪すっとこさん

男でも女でも、ホントにきれいな人って、自分の美しさに気付いてないんですって。
ほら、すっとこさんもそうじゃないですか♪

すっとこさんのおいちゃ~~~~んって、潮干狩りのできる浜に住んでた方ですか?

150歳になるのに一度も潮干狩りをしたことのないとの

Commented by leoleo at 2011-06-08 20:50 x
え~っ!?との様は、150歳になるのに、潮干狩り未経験?
自慢ではありませんが、毎年のように、行きますよ~
小粒のアサリしかいない近くの浜ですが・・

ジョージ・クルーニーというと、最近はコーヒーのCMしか
思いつかない。さて、どんなお話でしょう?
Commented by mtonosama at 2011-06-09 06:33
♪leoleoさん

はい。潮干狩り未体験のとのです。
イチゴ狩りとサクランボ狩りはあります。
その場ですぐ食べられる狩りがいいのかなぁ(笑)
Commented by Tsugumi at 2011-06-10 06:54 x
ジョージクルーニーの映画は結構見てますね。
最後に見たマイレージマイライフもよかったです。
なのでこの映画も見てみたいです。
しかしなんでいい男なのに独身なんですかね。
Commented by mtonosama at 2011-06-10 20:45
♪Tsugumiさん

こんばんは!
今、外泊中でして、ジョージ・クルーニーの話で盛り上がってます。
ジョージ・クルーニーって、女とつきあってる間は一生懸命でも、
彼女が結婚って言いだすと、急遽、逃げの姿勢に入るそうですね。

ある意味、いい男なので、独身なんじゃないでしょうかねぇ。