ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ラスト・ターゲット -2- The American

           ラスト・ターゲット -2-
                          The American

f0165567_15131274.jpg


           (C) 2010 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

                     ジョージ・クルーニー。良いですよねぇ。
             先日ご紹介したハビエル・バルデムといい、ジョージ・クルーニーといい、
         濃い顔の俳優が好きなとのです。やはり自分にないものを求めるからなのでしょうか。
              そういえば、少し前までルパート・フレンドにものぼせていました。
              彼はそんなに濃い顔ではないけれど、でも、かなりお美しいです。

        あ、自分の好みの俳優に鼻の下伸ばしてる時間などなかった。いけない、いけない。

                       さて、どんなお話かというと―――

f0165567_15202249.jpg

ストーリー
スウェーデン、ダラルナ
雪に覆われた針葉樹林の中の一軒家。男が静かに燃える暖炉の炎を見つめている。
男の名はジャック。かたわらのベッドに横たわる裸の女がそっと彼の髪に指をからめる。
翌朝、一面の銀世界を歩く2人。その時、響き渡る銃声が静寂を破った。
危ういところで難をかわしたジャックはスナイパーと敵をしとめ、それを目撃した女も射殺。
血にまみれた雪原を後にするジャック―――

イタリア、ローマ
ジャックは「組織」の連絡員パヴェルと接触。
彼はジャックが襲われた理由は現在調査中だと告げ、携帯電話と地図、車のキーを手渡す。
そして、ローマから遠く離れたカステルヴェッキオの街に身を隠し、連絡を待つようにとの指示を与えた。

しかし、ジャックは携帯電話を車から投げ捨て、カステルヴェッキオも通り抜け、
その先のカステル・デル・モンテまで来てしまう。
中世の名残を残すその町に、彼はアメリカ人のカメラマンだと称して、逗留を始めた。
その日から室内トレーニングと双眼鏡での屋外を監視することが彼の日課となる。

トレーニング中のジャックの逞しい背筋の上に舞う1匹の蝶のタトゥ。

その街ではベネディット神父という知人もできた。
そんなある日、パヴェルに連絡をとったジャックは、狙撃用ライフルの製作を依頼される。

スルモナ
ジャックはマチルダという女とスルモナの街のオープン・カフェで会う。
彼女からサイレンサー付き狙撃ライフルの仕様説明を受けたジャックは製作にとりかかった。

作業も終わりに近づいたある晩、ふと立ち寄ったカフェの主人から1通の封筒を受け取るジャック。
中には、スウェーデンでの殺しの記事が。はたして、これはジャックへの報復の予告なのか。

ある日、ジャックはなじみの娼婦クララにカフェでばったり出会った。
夜の顔とは違ったクララの明るい表情に魅かれ、思わずデートの約束をしてしまう。
彼女と何度も逢瀬を重ねる内に、これまでの人生では感じたことのなかった生きる喜びを
知ってしまうジャック。
クララと共に生きることを決断した彼は、ライフルの製作を最後に、
殺しの世界からは足を洗うとパヴェルに告げた。

特別仕様のライフルと銃弾をマチルダに引き渡し、報酬を受けとったジャックは
クララが待つ聖体行列の祭礼に向かう。
だが、そこへ予想もしていなかった出来事がふりかかってきた……


f0165567_15243946.jpg

                        う~ん、興奮。もうドキドキしちゃいます。
                          そう、言ってみれば、ゴルゴ13?
                          ニヒルで、女にもてて、腕も立つ。
                 そして、自分の身は自分で守ることをちゃんと知っている男。
         でも、ゴルゴ13と違う最大の点は、殺し屋を辞め、愛する女のところへ走っていくところか。
                      女性なら涙せずにはいられないラストシーン―――

                 この映画のキャッチフレーズ。「人生は、最期がもっとも美しい」
                  言ってくれちゃうじゃないですか!それも一番良いところを。
  イタリアの小さな田舎町の美しい景色と、中世のままの迷路のような市街地で繰り広げられるカーチェイス。
                      それだけだって、満足できちゃうっていうのに、
            今までとはガラリと違った顔を見せてくれるジョージ・クルーニーですし。
                          たまにはこんな映画も良いですねぇ。

f0165567_15272017.jpg

   それに「ラスト・ターゲット」を観ることは、2009年のイタリア中部地震で被害を大きな被害を受けた
            この映画の舞台でもあるアブルッツォの町への復興支援にもなるんです。
                    コービン監督の言葉を引用しますね。
       「撮影期間中に使う経費や、完成作品が、将来この地域への観光を促すことを考え、
       本作の撮影でこの地域の経済復興を助けたいという意見でこの製作が決まったんだ」
      
   
      確かに、本作を観て、このイタリアの美しい中世の街に行きたくなってしまいましたもん。
                            でも、その前に、
                          そうだ。東北へ行こう!

                                

今日もポチッとしていただけたら嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月11日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ラスト・ターゲット
監督/アントン・コービン、脚本/ローワン・ジョフィ、原作/マーティン・ブース「暗闇の蝶」(新潮文庫刊)、製作/アン・ケリー、ジル・グリーン、アン・ウィンゲート、グラント・ヘスロブ、ジョージ・クルーニー、製作総指揮/エンツォ・システィ、撮影/マルティン・ルーエ
出演
ジョージ・クルーニー/ジャック、ヴィオランテ・プラシド/クララ、テクラ・ルーテン/マチルデ、パオロ・ボナチェッリ/ベネデット神父、ヨハン・レイセン/パヴェル
7月2日(土)全国ロードショー
105分、2010年、アメリカ、配給/角川映画
http://last-target.info/

by mtonosama | 2011-06-11 15:51 | 映画 | Comments(8)
Commented by すっとこ at 2011-06-12 03:30 x
なぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああるほどぉおおおおおお!

ストーリー読んでて
なぜ舞台が終始イタリー?

と思ってましたが
なぁぁぁあああるほどぉぉぉぉおおおおお。

被災地への復興支援、があったのですね!!

日本でも松山ケンイチが全編東北が舞台の映画に
出てくれたらいいですね。
あ、問題は監督の意志、か。主演俳優ではなく。

ジョージ・クルーニーが迎える
美しい最期とは・・・。
あんまり悲しいのじゃないといいんですが。

年いって良くなる俳優、いいなぁ。
ショーン・コネリーも好物ざます。ゴクリ。
Commented by mtonosama at 2011-06-12 05:15
♪すっとこさん

そぉおおおおおおおおおおおおなんです。
松ケンや妻夫木くんが東北を舞台の映画出演いいですよね。
寅さんが神戸に行ったみたいに……

そういえば、ショーン・コネリーの目も大きくて、まつ毛が濃いなぁ。同じくゴクリ。
Commented by Tsugumi at 2011-06-12 06:48 x
こう言う映画好き!
とのさまの名レビュー読んでますます見に行きたいです。
この映画見たらイタリアの被災地への復興支援になるんですか。。。

ちなみに日本だったらNHKの朝の連ドラの舞台を三陸とかにして頑張る女の子とかもいいですね。

最近は言われなくなりましたがうちのだんな様、昔はよくションコネリーに似てるって言われてたの。
夫婦してショーンコネリーのファンなのでうれしかった。今は昔の物語です(爆)
Commented by summersail at 2011-06-12 11:10
ジョージ・クルーニー,私も好きです.
ERのころからずーっと活躍していますね.
ストーリーも面白そうです.
将来は東北で映画撮ってほしいですね.
Commented by mtonosama at 2011-06-12 13:19
♪Tsugumiさん

この映画の撮影クルーがきっとたっくさんイタリアにお金を
落としていったんだと思います。
でも、絶対、観光誘致になりますよ。
こn映画の舞台、ホントに中世都市そのままですもん。

ところで、Tsugumiさんのだんな様、今もショーン・コネリーに似てると思います♪
Commented by mtonosama at 2011-06-12 13:26
♪summersailさん

ERを観て、ジョージ・クルーニーを好きになったって方は多いですね♪

わたしは「オー、ブラザー」以来のファンです。
極端な早寝人間で、ERを観られなかったものですから^_^;
Commented by ライスケーキ at 2011-06-12 22:38 x
ジョージ・クルーニーやってくれますね。 最近この手の映画見てないんです。 昔は007とか けっこう見たけど。 やっぱり映画館行くしかないですね。
Commented by mtonosama at 2011-06-13 05:32
♪ライスケーキさん

そうそう、私もこういう映画をあまり観ていなかったように思います。

観たとしても「ちょっとなぁ…」って感じが多かったし(-_-;)
大きな映画館でポップコーン食べながら鑑賞すると、ハレな感じに浸れる映画だと思います♪