ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ワンヴォイス -2- ONE VOICE

                ワンヴォイス -2-
                  ハワイの心を歌にのせて
                        ONE VOICE


f0165567_5222093.jpg


                      ©2009 Juniroa Productions Inc.

               ハワイ、オアフ島で創立120年を迎えるカメハメハ・スクール。
         (カメハメハと聞いて“かめはめ波~~~!”を連想した方、それ、違いますから)
        カメハメハ・スクールはハワイ原住民の血をひく子どもたちが通学する名門校です。
  このハイスクールで毎年1回3月に“ハワイアン・スクール・コンテスト”という合唱コンクールが開催されます。
これは9~12年生の2,000人もの生徒たちが学年ごとに、すべてハワイ語によるハーモニーを競うコンテストです。

カメハメハ・スクール
f0165567_540216.jpg
カメハメハ大王直系の子孫プリンセス・バーニス・バウアヒ・ビショップの遺産から寄付を受けて1887年に創立されたハワイ州全体にわたる学校。入学対象は、ネイティヴを祖先に持つネイティヴ・ハワイアンの子どもたちです。
734,000坪の敷地に幼稚園、小学部、中等部、高等部があり、マウイ島(22,000坪)、ハワイ島(367,000坪)にもそれぞれ幼稚園、小学部、中等部、高等部があります。州内5島には32の幼稚園も。生徒数6,500人の同校は全米最大を誇る私立校です。
1888年、同校はハワイ語の使用を禁じられます。
その後1896年にはハワイの公立校でもハワイ語を禁止。
ハワイ語が州の公用語と認められるのは約100年を経た1987年のことでした。

                      “ハワイアン・スクール・コンテスト”は
         いまやハワイ全土でTV、インターネットで生中継されるほどの大イベントになっています。
             ハワイでは今ハワイ語の復活をめざす研究や試みが進められていますが、
            このコンテストもネイティヴ・ハワイアンの文化やアイデンティティを根付かせ、
                 復権するための重要なイベントとして回を重ねているんですねぇ。
 

          このコンテスト、9年生から12年生までの生徒は全員参加が義務付けられています。
             学校や生徒はもちろんのこと、家族もまた準備とリハーサルに追われ、
             指揮者に選ばれたリーダーは苦労してクラスをまとめあげていきます。

f0165567_5374619.jpg


         映画の最初は、いかにもアメリカナイズされたしぐさで自信たっぷりにリーダーたちが
                        コンテストに臨む気概を語ります。
                裕福な子もいるし、不幸な家庭環境を背負った子もいる。
         初めは自信に満ち溢れていたリーダーたちも思い通りにならない練習に悩んだり、
                      愚痴が出てきたり、挙句、先生に怒られたり。
              そうこうしてる内に、歌を通じてハワイ語が上手になっていくんですよね。
          観ている内に、どうしてもひいきしたくなってしまう子やクラスが出てきちゃうんです。
                      ただの映画観客に過ぎないのですけど。

                 もうコンテストの日になると、出場する生徒たちと同様緊張し、
                彼らの家族と同じく両手をしっかり組み合わせて観てしまいます。
        生徒たちが真剣に何かに突き進む様子って、なんでこんなに感動しちゃうんでしょうね。
                  それにハワイ語のコーラスってなんて優しいんでしょう。
     練習を通じて、男子はより男らしく、女子はより女らしく、なっていくし、この変化がまたすばらしい。
             「フェミニズムなんてスットコドッコイだい!」って気分になってしまいます。

                でもね、明るくて、きれいで、癒しのリゾートであるハワイも、
              言葉を禁止され、伝来の文化もつぶされてきた過去があったんですね。
         それをしゃかりきにならず、自然体で復活させていこうとしているハワイアンたちって
                          なんてすばらしいんでしょう。

    あ、大事なこと言い忘れてました。生徒達が選んだ課題曲の中にBEGINの「涙そうそう」をカバーし、
              全米で大ヒットしたケアリイ・レイシェルの「カ・ノホナ・ピリ・カイ」も。
              ラストに流れるこのメロディに、どんどん心がゆるんでいきますよ。

            観光地としてのハワイ以外の一面を知ることができて、ホント良かった! 
                     やっぱりもう一回行きたいです。ハワイ。


  



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月11日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

ワンヴォイス
監督/リゼット・マリー・フラナリー、プロデューサー/ヘザー・ハウナニ・ギウニ&ルース・ボラン、エディター/ゼルダ・グリーンステイン、撮影監督/ブライアン・ウィルコックス
出演
ジョシュア“ババ”タバレス、カハラ・ロウ、トルーマン・レイ・チャン、ブローリン・デューク・カヴェヒ、ナディア・レイ、シェナ・アチョン、ザカリー・ラム、マカフィー・トルコ、マックスウェル・ムカイ、イザヤ・パマティガン
8月6日(土)よりシネクイント他全国ロードショー
2009年、アメリカ、カラー、89分、配給/グラッシー、提供/レイドバックコーポレーション、グラッシー、キングレコード、後援/ハワイ州観光局、協力/フラハワイ
http://www.onevoicemovie.jp/

by mtonosama | 2011-07-11 06:22 | 映画 | Comments(10)
Commented by わんわん at 2011-07-11 14:10 x
こんにちは。ハワイのことってなんだかすっごく知った気になっているのに、何も知らないんだな〜と痛感しました。言葉を失うっていうのは民族にとっての魂みたいなものだから、とても大きな困難だったのだとおもいます。でも現代の子たちがフラを通してハワイ語が上手くなっていくのがとても自然でいいですね。男は男らしく、女は女らしくの変化が見てみたいです☆
Commented by mtonosama at 2011-07-11 14:23
♪わんわんさん

こんにちは!暑いですね。
今、とてもハワイに行きたい気分です。

ハワイでも言葉が奪われたのです・・・
侵入してきた支配者ってどこでも同じことするんだ、とあらためて確認。
ひどいことですよねぇ。
Commented by すっとこ at 2011-07-11 21:26 x
100年間、禁止されていたハワイ語。
でも脈々と伝えられていたのですね。

日本でもアイヌ語(と民族)を迫害した
歴史があります。
アイヌ・スクールはついには現れなかった
けど・・・。

佐藤愛子さんが突然北海道の丘の上に
家を建てたくなって、その頃お金がなくて
天井部分が作れなくて
屋根むきだしでしばらく住んでいたって。
そこはアイヌ女酋長(という呼び方もなんだけど)
が内地人との戦いに倒れた土地で云々・・・。

あれま。
ゴメンなさい、どんどん脱線しちゃって。

殿様の観客の父兄になって手に力込めるところ
ほんとに名調子!です。

自分達の言語と民族の誇りを守り抜く力、
なくしてはいけませんね。
画面から拝見するといろんな血が混じっている
ようですが、だからこそ「ハワイの血も流れている」
ことを意識するのでしょうね!!
    こういうイベント、愛国心があっても
    音痴は肩身が狭いなあ・・・笑。
Commented by ライスケーキ at 2011-07-11 21:40 x
「カ・ナホナ・ピリ・カイ」初めて聞きました。
ビギンの曲も良いけど、彼等の曲も良いね。

「憧れのハワイ航路」、曲は好きですが どうしても明るく歌えないのです。 どうしてって、終戦が昭和20年でしょ。 この歌が出来たのが昭和23年。
3年前まで「鬼畜米英」って叫んでて、原爆まで落とされて・・・。 なのに3年後には「憧れのハワイ航路」
皆で歌っている。 もちろん、いつまでも敵国恨む必要はない。 でもね、「あの、真珠湾攻撃は何だったの?
多くの尊い戦争の犠牲者は何のために死ななくてはならなかったの?」と、思ってしまうのです。
日本人て、熱しやすくって、冷めやすいのかな。
熱くなっても、間違った方向に行っちゃいけないよね。
ハワイつながりで映画と違う話になってしまいました。


Commented by mtonosama at 2011-07-12 05:33
♪すっとこさん

佐藤愛子さんが北海道の丘の上に家を建てたくなった話。
それで、家に帰る時、急な山道を登らなくちゃいけなくて困ったとか、
なんか怖い経験したとかいう話でしたよね?

その辺は覚えてるけど、アイヌ女酋長云々の一番のポイントを覚えてないのです。
おせぇて<(_ _)>

すっとこさん、肩身狭くする必要ないですよ。
だって、口パクだってできるし、フラもあるよ(^_-)
Commented by mtonosama at 2011-07-12 05:53
♪ライスケーキさん

「涙そうそう」ハワイ版、初めてFMで聴いたとき、良いなぁって思いました。
イントロは「涙そうそう」に似ているけど、途中転調する部分で変わるから、
違う曲だと思ってました。
今回、同じ曲だとわかったのは大きな収穫でした。
ポリネシア系の音楽って激しいものもゆったりしたのも、
心の深い部分で共鳴する感じですごい好きです。

♪は~れた空、し~ろい雲、港出船の銅羅の音響く♪
ろ覚えながら「憧れのハワイ航路」が歌えるとのです。

鬼畜米英はともかくとして、
ハワイには日本人がたくさん住んでいたんですよね。
お里帰りの歌か、ハワイの親戚に会いに行く歌かもしれませんよ。

確かに熱くなっても間違った方向に行っちゃいけないです。
暑くなってもだけど(汗)

しかし、今日も朝から暑い・・・
Commented by すっとこ at 2011-07-12 06:45 x
佐藤愛子先生の話は
夜になるとその家の天井をのっしのっし
どんどんどんどん!と歩きまわる力強い音
が聞こえちゃうんだって。
他にも超常現象がいっぱい・・・

美輪明宏さんに他の件で電話したとき
「あら、呼ばれて家を建てたのね!」と
言い当てられ、怪異現象はそれもそのはずで
そのアイヌ女酋長さんは愛子先生
の祖先(だか守護霊だったかな)だったのでした。

勇ましい足音は女酋長さんだったんだって。
だから全然怖くないんだ、と愛子先生。


    ・・・・済みません。
    格調高い試写室なのに
    こんな話になってもうて。
Commented by mtonosama at 2011-07-12 07:09
♪すっとこさん

早速、教えてくださってありがとう!
う~ん、ここにも出てきたか美輪明宏。恐るべし。

「全然怖くなかった」という愛子先生。
しかし、こういう能力を持っている人って、どうして怖くないっていうんだろう?

先日読んだある霊能を持った女性作家の本でもそうでした。

「え?違うでしょ?十分すぎるほど怖い話でしょ。それ!」
って話なのに。

自宅の裏にある坂道を小さな女の子が毬をつきながら登っていくんだって。
最初は昼間に出たので、近所の子だと思ってたら、夜中の2時にもポンポンと何かが弾む音がするので窓から覗いたら、
その女の子だったんだって。

それを見ても、「こんな小さな子を夜中に外で遊ばせるなんて、ひどい親だね、ったく」
としか思わなかって言うんですよ。

怖いよ、怖すぎる話なのに。

いけない、熱くなって、ハワイから離れ過ぎました。
Commented by すっとこ at 2011-07-12 07:28 x
んぎゃ~~~~~~~~~~~~~~~ぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああ!!

    (ここんとこ絶叫するのを忘れておりました)

怖い!!  怖すぎます!!!!!!!
Commented by mtonosama at 2011-07-12 09:32
♪すっとこさん

そ、そういえば…
なんか足りない気がしていました。