ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

フィフティ・フィフティ  -2- 50/50

        フィフティ・フィフティ  -2-
                           50/50

f0165567_618331.jpg

                      ©2011 IWC Productions,LLC

                      転んでもただでは起きない脚本家。
                    病気を映画のネタにしようとする友人たち。

                    さすが生き馬の目を抜くアメリカの映画界。

        とはいえ、その位、病気を客観視できれば、病気の方から逃げていってくれるかもしれませんね。

                      さて、そのストーリーは、というと・・・

f0165567_6252614.jpg

ストーリー
シアトルのラジオ局で番組制作をしているアダムは27歳。
まじめで律義で整理整頓も上手で運転免許も持っていない彼なのに、
なぜかその周囲に集まるのは正反対の人間ばかり。

恋人のレイチェルは画家。
マイペースな彼女はいつも泊まりにきては、アダムの家を散らかしっ放しにしていきます。
ラジオ局の同僚で、親友のカイルも女好きでお気楽で、アダムとは真逆の性格。

今日もカイルの車に乗せてもらって出勤するアダム。
このところ、なかなか腰の痛みが治まらないのが気になっています。
「レイチェルとエッチのし過ぎだよ」などとカイルにおちょくられながらも、
思い切って病院で検査を受けることにしたアダムでしたが―――

その結果は、悪性神経鞘腫 神経線維肉腫!
5年後の生存率50%、転移後の生存率は10%という大変シビアなガンでした。

落ち込んでいても仕方がないと、アダムは抗ガン剤治療を受けることに。
レイチェルはアダムの闘病生活を支えると言ってくれるし、
アルツハイマーの父の世話で大変な母親もアダムと同居すると提案してくれます。
会社の同僚たちも心配してパーティを開いてくれました。

さすがに、次第に落ち込んできたアダムは担当医が紹介してくれたセラピストのキャサリンに
診てもらうことにしましたが、このセラピスト、24歳でセラピーの経験もまだまだ未熟です。
若干の不安も抱えつつ、病気に向き合うアダムでした。

思った以上に過酷な抗ガン剤治療。
アダムは患者仲間のアランやミッチに励まされながら、通院を続けます。
しかし、レイチェルは病院への送迎も遅れがち。
いきおいアダムは女好きの悪友カイルに頼むことが多くなるのですが、
カイルときたら、本屋の店員に声をかけデートの約束をとりつける始末。
渋々カイルのデートについていったアダムが目にしたものは、なんとレイチェルの濃厚なキスシーン。

レイチェルは看病に疲れたと告白。アダムも彼女と別れることを決意しました。

シングルになったアダムを連れ出したカイルはなんとガンをネタにナンパを始め、
あろうことか、ナンパは大成功。
でも、治療で体力が落ちているアダムはことに及ぶのは無理でした。

ある日、バスで通院するアダムを見かけたセラピストのキャサリンが車に乗せてくれました。
ところが、その車ときたら、ゴミで足の置場もないほど。
うんざりしつつも、なぜかキャサリンと一緒だと心が落ち着くアダム。

そんなとき、患者仲間のティムが亡くなります。
さらに、抗ガン剤の効果がなく、摘出手術をしないと転移の危険があると
アダムは医師から告げられるのでした……


f0165567_626101.jpg

               えーっ!重い病気なのに通院で治療できるのですね。
              身体のケアだけでなく、心のケアも同時進行されるんだ!
               そして、治療の合間にナンパまでできちゃうんだ!!
          重病であっても、普通の生活が営めるなら、その方が良いですものね。

  さらにさらに、単に女好きなだけだと思っていた悪友カイルが、実は、意外な心遣いをしていたり、
    アルツハイマーのおとうさんが息子の手術の前にかつての頼りになる親父の姿に戻ったり。
      笑ったり、しようがない人たちだねぇ、と思って観ていた人たちが見せてくれる
            想定外の素晴らしさに、ちょっとほろりと来てしまいました。

         明日は何が起きるかわからない、フィフティ・フィフティの人生だったら、
   今日という日をなによりも大切な日として過ごしたい、と今さらながら思ったとのであります。

   

                              

今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月17日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

フィフティ・フィフティ
監督/ジョナサン・レヴィン、脚本/ウィル・レイサー、製作/エヴァン・ゴールドバーグ、セス・ローゲン、ベン・カーリン、音楽/マイケル・ジアッキノ、撮影/テリー・ステイシー
出演
ジョセフ・ゴードン=レヴィット/アダム、セス・ローゲン/カイル、アナ・ケンドリック、ブライス・ダラス・ハワード/レイチェル、アンジェリカ・ヒューストン/ダイアン、マット・フルーワー/ミッチ、フィリップ・ベイカー・ホール/アラン
12月1日(木)TOHOシネマズ渋谷、TOHOシネマズシャンテ他全国ロードショー
2011年、アメリカ、100分、配給/アスミック・エース、http://5050.asmik-ace.co.jp/

by mtonosama | 2011-11-17 06:39 | 映画 | Comments(10)
Commented by poirier_AAA at 2011-11-17 18:50
人間はおそかれはやかれ死ぬものだから、いつ死を真剣に意識するか、というだけの違いなのかもしれないなぁと思ったりもします。

でも、27歳はキツいですよね。自分の27歳なんて、ほんと〜うに子どもで、まだ人生を見渡せなかったですもん。

とりあえず今は平々凡々で生きているけれど、明日という日が確かでない以上、やっぱり今日を大切に一所懸命生きないとね、と思いました。
Commented by mtonosama at 2011-11-17 19:42
♪poirier AAAさん

若い頃って、結構死ぬことを美化してて、こうやって死のう、
ああやって死のうなんて考えてましたが、この歳になってしまうと、
そんなことも言っていられない訳でして…

でも、明日はどうなるかわからないということを、
この3月に知ってしまいましたから、やっぱり今日という日を
大切に生きないといけませんよね。

その割には家族に憎々しい口をきいてますけど^_^;
Commented by ライスケーキ at 2011-11-17 21:10 x
「死」を意識すると「如何に生きるか」考えますね。

私子供の頃病弱だったので 自分で何となく「20歳くらいまで生きられれば良いなぁ」と思っていた。
それが何と21世紀になるまで生き、孫守りまでしている自分が信じられない。
これからは おまけの人生 良くも悪くも「フィフティ・フィフティ」 断捨離しながら 質素に 楽しく 生きていきます。
Commented by 薄荷グリーン at 2011-11-18 01:52 x
こんばんは!

本当に明日どうなるかなんて誰も分からないんですよね。勝手に今日と同じ日が続くと思ってるだけで。
何かの事故の報道とかあるたびに、事故にあった人も家をでる時にそんなことは思いもつかないで出て行ったんだろうなぁって思ったりします。
病気は過酷だけど、こんな風にいやおうなしに限定された未来を突きつけられたら、むしろ生きることはある意味進むべき方向が定まって生きやすい所もあるのかもしれないと思ったりしないことも無いですけど、実際に不治の病になんかなったりしたらそんな余裕のあることはなかなか考えてられないと思います。
周りの人はあまり特別に扱わないで普通に接して一緒に生きていくほうがいいですよね。ただ別れるとかは病人を前にして本当だったら云いにくいだろうなぁ。ちょっと極悪人になろうと思わないと出来なさそう。

病気ものの映画は悲劇に終わるよりも同じ病気を持った人に希望が芽生えるようなもののほうが好きです。永遠に生きるなんて誰にも出来ないんだからみんなある種の不治の病にかかってるのと同じと考えると、限定されてることがはっきりした人の生き方は誰にとっても何かの指標になると思います。
Commented by すっとこ at 2011-11-18 03:51 x
我々はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああ

皆がぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああ

例外なくぅぅぅぅぅぅううううううううううううううう

死んでいくぅぅぅぅぅううううううううううううううう

けれども
「きのう今日とは思わざりしを」
と誰もが感じるのもまた真実でありましょう。


親友に
「生存率はフィフティ・フィフティだって」
と告げて
「悪くないじゃん!カジノなら馬鹿ツキだぜい!」
明るく茶化した答えが返ってきたら

ふふっと 笑える・・・・・でしょうか。


なんだか色々考えちゃうなぁ。

次回の作品も楽しみにしています!!
Commented by mtonosama at 2011-11-18 06:48
♪ライスケーキさん

おはようございます。

今日も朝を迎えられました!な~んてね。
朝になると蘇生している自分がいます。
私はゾンビかっ^_^;

Commented by mtonosama at 2011-11-18 07:01
♪薄荷グリーンさん

あるお医者さんが書いていましたが、ガンは生き方の計画を
立てやすい病気なんだそうです。

それを読んだときはそんなものだろうか、と思ったけれど、
歳をとってきて、なんとなくわかるような気もしてきました。

若い時は「生きることは死への過渡期さ。フッ」なんて
粋がってまして、死への過渡期という考え方は基本的に
今も変わっていません。
でも、薄荷グリーンさんのおっしゃる「みんなある種の不治
の病にかかっている」という言葉も沁みます。本当にそう。

ありがとうございました。
Commented by mtonosama at 2011-11-18 07:13
♪すっとこさん

我々は闘うぞぉぉぉぉぉおおおおお!

今日一日を生きることに精一杯なとのです。

私の抱える不治の病は静かなもので、
昨日今日にご無体な振る舞いはなさらないとは思いますが、
まずは今日という日を無事生き抜ければいいかと…
そんな謙虚な私です。

50/50。みんなが抱えていることなのに
たしかに「昨日今日とは思わざりしを」なんですよね。

Commented by Tsugumi at 2011-11-18 08:38 x
フィフティ・フィフティという言葉好きです。
まぁ日本語に直せば2つに1つ。
100%完璧なんて無理なんだし。。。
フィフティ・フィフティならなんとか出来そうな予感。
ポジティブシンキングな私はいい方が50%あるんだったら幸せだなぁ。。
との不治の病を抱えているのですね。。。今日を大事に生きてください。ってたまにはめ外してください。
Commented by mtonosama at 2011-11-18 08:49
♪Tsugumiさん

お帰りなさ~い!
お疲れさまでした。

とのの不治の病は、ただずぅ~と薬を飲み続けなくてはいけない、
という程度の病です(笑)。

薄荷グリーンさんが「永遠に生きるなんて誰にも出来ないんだからみんなある種の不治の病にかかってるのと同じ」と
コメントしてくださったことに、なるほど、と思って^_^;

はめは年がら年中外してるとのです。

またギネスパイをいただきにあがりたいので、よろしくお願いします。