ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

歴史は女で作られる -1- Lola Montes

       歴史は女で作られる -1-
                         Lola Montes

f0165567_553626.jpg

       呪われた映画、とまで言われた1955年製作のフランス映画「歴史は女で作られる」。
    昨年2月にはファム@トウキョウで上映されましたが、http://mtonosama.exblog.jp/12875369/
               今回、デジタル・リマスター版で初めて日本公開されます。
       12月23日より1月13日までの3週間限定公開ですので、なにとぞお見逃しなきよう。

監督は「女性映画」の巨匠、マックス・オフュルス。
彼はドイツに生まれ、フランスに帰化した人物。
1902年、もともとはフランス領であるザールブリュッケンに生まれる。本名はマックス・オッペンハイマー。
舞台俳優であったが映画とかかわりを持つようになり、1931年に映画監督としてデビューした。
第二次世界大戦中にフランスへ亡命(フランス国籍を得る)、1941年に渡米。ハリウッドで『風雲児』、『忘れじの面影』などを撮る。
1950年にヨーロッパに戻り、1957年、心臓病のためハンブルクにて死去した。息子マルセル・オフュルスは映画監督、ドキュメンタリー作家としても活躍している。 (Wikipediaより)

              しかし、この映画、なにゆえ呪われた映画といわれるのでしょうか。

f0165567_664814.jpg

  8億フランの莫大な費用を投じ、総天然色シネマスコープ作品としてつくりあげられた「歴史は女で作られる」。
      監督が巨匠マックス・オフュルス、主演は当代きっての人気女優マルティーヌ・キャロルとあって、
               超大作映画として、企画の段階から大いに期待されていました。
                       ところが、パリの初公開で大コケ。
            焦った製作者たちが、オフュルス監督が休暇で留守にしているのをいいことに、
                    作品をズタズタにカットしてしまったのでした。

                             えーーーっ!

              この事件を知ったジャック・リヴェットとフランソワ・トリュフォーは
 憤るオフュルス監督にインタビューして映画評論誌“カイエ・デュ・シネマ”(‘57 72号)に真相を公開しました。

        そして、この仕打ちで怒り心頭に発していた監督は同年54歳で亡くなってしまったのです。

                      あんまりです!ひどいじゃないですか!
                      これがいわゆる憤死ってやつですよね。
                         憤りながら死ぬなんて・・・・・
                       どれほど無念だったことでしょう。

                  以上、呪われた映画といわれる所以でありますが、
            呪っていいのは、そんなひどい仕打ちを受けたオフュルス監督であり、
                   呪われるべきなのは製作者サイドであります。

f0165567_6121223.jpg

   とはいえ、“呪われた映画”という惹句にそそられて、ほいほい観に出かけたのでありますが-----

                   いったい、なんで、これが大コケしたので?
                  なんですと!?日本でも当たらなかったですと?
                       当時の観客の目は節穴ですかっ。

               と、そこまでえらそーに言える筋合いのものではありませんが、
                   いや、ホント、ファーストシーンの意外性に始まり、
           ラストでは、グーッと襟首つかんで、つかんで、ポイッと突き放す気の持たせ方、
              まさに、年増女の手練手管そのもの。さすが、女性映画の巨匠です。
             最初から最後まで、華麗な色彩と構成に釘付けになってしまいました。

             草葉の陰のオフュルス監督も「おお、おれが撮ったとおりじゃないか!」と
             喜ばれるのは間違いなしでございます。どうぞ無念をお晴らしくださいませ。

         ローラ・モンテスの恋の遍歴を完全復元したデジタル・リマスター版「歴史は女で作られる」。
                          さてさて、どんなお話でしょうか?

                                  

ブログランキングに参加しています。ポチッしていただければうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月8日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

歴史は女で作られる
監督・脚本/マックス・オフュルス
出演
マルティーヌ・キャロル、ピーター・ユスチノフ、アントン・ウォルブルック
映画「歴史は女で作られる」デジタル・リマスター完全復元版
12月23日(金・祝)-1月13日(金)まで3週間限定!
渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開!
1956年-2009年、フランス、110分、配給/紀伊國屋書店、マーメイドフィルム、配給協力/(社)コミュニティシネマセンター、後援/東京日仏学院、uniFlance Films、協力/アニエス・ベー、ロレアル、http://www.eiganokuni.com/meisaku4-rekishi/

by mtonosama | 2011-12-08 06:41 | 映画 | Comments(8)
Commented by ライスケーキ at 2011-12-08 21:42 x
「ローラ・モンテス」ってルードヴィッヒ一世の愛人だった人でしょ。
ミュンヘンのニンフェンブルグ城で彼女の肖像画見ました。
「美人画ギャラリー」にあったけど 彼女歴史も動かした訳ね。

ずいぶん波瀾万丈の人生だったらしいけど「美人故」だわね。
彼女の映画。    是非見たいです。
Commented by mtonosama at 2011-12-08 22:04
♪ライスケーキさん

美人のことを傾城といいますが、
文字通りローラ・モンテスは城を傾けちゃったわけですから、
ほんまもんの美人ですよね。

これは是非ごらんくださいませね。
Commented by すっとこ at 2011-12-09 08:26 x
きゃぁぁぁぁああああああああああああああああああああああああああああああ!

やっぱり口紅は 真っ赤ですわね!
美女はこうこなくっちゃ!

色ごとのお国フランスで作られた
色ごとの映画・・・・

お題もずばり
「歴史は女で作られる」って
身もふたもありゃあしません。

Hi(s)tsory ではなく
Herstoryでしょうか。

なぜに公開時不評だったのか
その謎解きもあって
是非見て見たい映画ですわん!

次回のUPがまちどうしぃぃぃぃぃぃぃ!!
Commented by すっとこ at 2011-12-09 08:29 x
訂正!!
Hi(s)tsory → Hi(s)story です。
Commented by mtonosama at 2011-12-09 08:51
♪すっとこさん

なぜに不評だったんでしょう。
全然その理由がわからないのであります。

ローラさんの波瀾万丈な人生のすごさと、男を手玉にとる手腕。
のしあがるしたたかさ、滑り落ちても誇りを失わない高潔さ。
良いわぁ♪
Commented by Tsugumi at 2011-12-10 09:32 x
不評だったのは
きっと時代を先取りしてしまったからでしょうか。。。。

ローラさんの波瀾万丈な人生のすごさと、男を手玉にとる手腕。
のしあがるしたたかさ、滑り落ちても誇りを失わない高潔さ。

見てみたいです。
Commented by mtonosama at 2011-12-10 11:47
♪Tsugumiさん

そっか、そうなんですね。
半世紀経ってようやく時代が映画に追いついたということなんですね。

時代は変わり続けているということですか。

半世紀というのは、大変な年月ですね。
いや、あらためてそう思います。

Commented by NickName at 2011-12-22 20:45 x
最近ピンスパイヤーというサイトで気に入ったサイトの画像をアップしてマス(n´v`n)<a href="http://www.pinspire.jp/board/show/29343">殿様の試写室 : 歴史は女で作られる -1- Lola Montes</a> このページもピンさせてもらいましたぁ(o'∀'人)<a href="http://www.pinspire.jp/pin/show/180225">http://www.pinspire.jp/pin/show/180225</a> コメントのやり取りなど面白いので一度来てみてください☆コメントとか新しいピンを貰えると嬉しいで~す☆―(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエ―イ