ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

歴史は女で作られる -2- Lola Montes

       歴史は女で作られる -2-
                         Lola Montes

f0165567_5211941.jpg


                        ローラ・モンテス(1818-79)。
               退廃の19世紀末をタンブリングウィードのごとく漂泊しながら、
              男から男へと渡り歩いたダンサーにしてクルチザンヌ(高級娼婦)。
                  その恋人はアレクサンドル・デュマ、フランツ・リスト、
           そして、なんとバイエルン国王ルードヴィッヒ1世と、綺羅星のごとくであります。

              そんな華やかな恋に彩られた彼女も今ではしがないサーカスの女芸人。
             団長の口上に導かれるまま、その恋の遍歴をショーにしたてて披露します。
             さあ、美しきクルチザンヌの山あり谷ありの人生と恋の物語の始まりです。

f0165567_532134.jpg

ストーリー
19世紀のパリ-----ローラ・モンテスは、美しき少女でありました。
母親の恋人ジェームズはローラへの恋情抑えがたく、彼女を連れ出し駈け落ちするのであります。
しかし、その生活は長く続かず、自由な世界へと飛び出したローラ。
男から男への遍歴が始まったのでありました。

おお、ローラ、ローラ。汝は華麗な紅バラか、それとも男の血を吸うヴァンプなのか。
華やかなスキャンダルをまきちらしながらヨーロッパ中をさまようローラ。
作曲家のリストもそんな彼女を愛した一人でありました。
彼は彼女の為にいくつかの歌を作曲し、やがて去って行くのであります。
その後、ローラはロシアへ。
ロシアで金を使い果たし、ドイツにやってまいりましたローラ。
そこで、なんと彼女はバイエルンの国王ルードヴィッヒ1世に接近、誘惑したのであります。
王はたちまちローラの魅力の虜に。
ローラもまたこの王を心から愛し、貞淑な妻のように仕えたのでございます。

しかし、好事魔多し。
国民は彼女の追放を叫び、革命が勃発。
ローラは彼女に想いを寄せるミュンヘン大学の学生に助けられ、城から脱出しました。
学生は2人で新しい人生を築こうとローラをかき口説くのであります。
数々の浮名を流してきた彼女ではございましたが、まだ若い学生の将来を考え、
彼の申し出を断るのでございます。
「おお、ローラ。そんなこと言わないでおくれ」。
若き学生は涙にくれるのでありました。

やがて、旅のサーカスに身を投じたローラ。
その姿を、ニュー・オーリンズの男たちは好奇の目で見守ります。
立板に水を流すような団長の口上が響く中、ステージに据えられた玉座のような椅子に腰をおろし、
かつての恋の女王は静かに座り続けるのでありました……

             と、まあ活弁士ふうにご紹介するなら、こんなことになるのでしょうか。
       祖父の弁士ぶりを一度でも見ていたら、もっとそれらしくできたのではございましょうが、
         とのの生まれたときには祖父はもうとっくに弁士を廃業しておりましたので、
                      インチキ活弁であいすみません。

f0165567_5335733.jpg

 華やかなサーカスのショーの合間に、幕間のようにリストとのラブアフェアやミュンヘン大学の学生との出会い、
                 ルードヴィッヒ1世を籠絡する経緯を織り交ぜた構成。
            それはもうキッチュでありながら、華やかで一瞬たりとも目を離せません。
            こんなに素晴らしいのに、製作陣は構成にも変更を加えたというのですから、
                   オフュルス監督が怒るのも無理はありません。
 映画がもっとも華やかだった時代、華麗な映像美を創り出してくれた監督に大きな拍手を送りたいと思います。

  

                                

今日もポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月11日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

歴史は女で作られる
監督・脚本/マックス・オフュルス
出演
マルティーヌ・キャロル、ピーター・ユスチノフ、アントン・ウォルブルック
映画「歴史は女で作られる」デジタル・リマスター完全復元版
12月23日(金・祝)-1月13日(金)まで3週間限定
渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開
1956年-2009年、フランス、110分、配給/紀伊國屋書店、マーメイドフィルム、配給居力/(社)コミュニティシネマセンター、後援/東京日仏学院、uniFlance Films、協力/アニエス・ベー、ロレアル、http://www.eiganokuni.com/meisaku4-rekishi/

by mtonosama | 2011-12-11 05:57 | 映画 | Comments(12)
Commented by ライスケーキ at 2011-12-11 20:04 x
えっ、彼女本当に旅芸人になんてなったの?
この部分はフィクションなんでしょうかね。

「古き良き時代の映画」って感じね。
音楽でも何でも「古き良き時代」が懐かしいこのごろです。
Commented by すっとこ at 2011-12-11 23:40 x
うぅぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとり!!

殿様の活弁氏っぷりに うっとーーーーりして
しまいましたわん。
実際におじい様の活弁をお聴きにならなくても
しっかりDNAに組み込まれているのでは
ないでしょうか?

しかしこの美女、サーカス芸人にまで
落ちぶれてしまったのでしょうか。
ライスケーキさんと同じ疑問を持ちます。

確かにこれ以上ない目玉かも、サーカスの人寄せに。
ひと眼見ようと人々はやって来るかも。

今ならテレビやインターネットで
そういう情報はすぐ見られるけど
当時はサーカスというのが一大メディアで
あったのかも知れないものね。

華やかな映画!
是非見てみたいです。
次の殿様試写室も楽しみです!
Commented by mtonosama at 2011-12-12 06:45
♪すっとこさん

サーカスはともかくルードヴィッヒ1世と別れた後は、
ローラさん、流れ流れてアメリカまで行ったらしいです。

サーカスでのシーンと男たちとのエピソードを絡めた構成が
なんともゴージャスで素敵でした。うっとり♡
Commented by mtonosama at 2011-12-12 06:53
♪すっとこさん

サーカスって昔はちょっとおどろおどろしいもので(それが
また良いんだけど)、悪いことをすると
「お酢飲ませてサーカスに売っちゃうぞ~」とか言われましたよね。

え?同意求められても困る?すいません。

今はサーカスというとシルク・ド・ソレイユとか、
なんかとてもおっしゃれ~な雰囲気です。

この映画に出てくるサーカスはおどろおどろしさが目立つ
昔懐かしいサーカス。

そそられましたわよ。
Commented by poirier_AAA at 2011-12-12 23:16
映像も美しいけれど、彼女の肝の座った女っぷりもたまりませんね。

恋人が何人いても、彼らの財力とか庇護を当てにしている限りはこの爽快さは出せないんじゃないかなぁ、と。流れ流れても自力でやっていくところに、彼女の自由な魅力がありそうです。

サーカスって、わたしも小さい頃はコワいところだと言われました。そういえばいつの間にかおしゃれな雰囲気に変わってますね。
Commented by 薄荷グリーン at 2011-12-12 23:57 x
こんばんは!

活弁士の口調、なかなか見事でしたよ。凄い雰囲気があって面白かったです。

ちまちました話よりもこういう常人から見たら振幅が大きすぎる人間の話のほうが面白いですよね。
サーカスの芸人にまで身を落とす主人公の境遇と華やかな頃を織り交ぜながら描くというのもその振幅の大きさをお客さんに伝えるには最適の構成なんだと思います。
それにしても自分のことで革命を起こされるなんて、好かれるにしても嫌われるにしてもスケールの大きいこと。結果はどうであろうとそういうスケールの大きな部分を持った人は結構うらやましいです。
Commented by Tsugumi at 2011-12-13 06:40 x
もし私が絶世の美女だったら・・・
こんな人生もいいかなぁ(爆)

まぁ・・普通の私今のだんな様で超満足しています。
Commented by mtonosama at 2011-12-13 06:53
♪poirier AAAさん

主演のマルティーヌ・キャロルさんは50年代のフランスを
代表する名女優さんだったんですって。
映画ノートをつけて、毎日のように映画を観ていたという
年長の友人が懐かしんでいました。
彼女の娘時代の映画なのだそうです。

ローラ・モンテスさん、タフな女性です。
女はタフじゃなきゃ生きていけない・・・・・ですよね。
Commented by mtonosama at 2011-12-13 07:03
♪薄荷グリーンさん

おほめいただき、うれしいです♪

傾城なんて言葉は中国だけのものかと思っていましたが、
ローラさんは西洋版の傾城でした。

身も心もはって、真っ赤な唇で人生を切り拓いていくローラ・モンテス。かっこいいです。

サーカスのステージとリストやルードヴィッヒ1世との逢瀬。

時計の振子が大きく揺れるように人生が変わっていく様子を
見事に描いた面白い構成でした。

そうですね。ドーンとスケールのでっかい女性が主人公の
映画って良いです♪
Commented by mtonosama at 2011-12-13 07:06
♪Tsugumiさん

朝からごちそうさまです^m^

でも、お気持ちはわかります。だって、ホントに優しいだんな様ですもん♪
Commented by アリアーヌ at 2011-12-13 15:22 x
この映画前から観たいと思ってました。予告編アップしてくれてありがとう。マルティーヌ・キャロルってブリジット・バルドーより1世代前のセックスシンボルらしいんですけど、べべと比べて大人っぽいですね。50年代までの女優は60年代以降の女優よりも成熟してる方が多いなと思いました。
Commented by mtonosama at 2011-12-13 16:57
♪アリアーヌさん

コメントありがとうございます。
そうですね。マルティーヌ・キャロルさんのひとつ後がBB
なんだそうですね。
マルティーヌさんには、うんと昔の女優さんって印象を
持ってしまっていたので、びっくりしました。

おっしゃる通り、昔の女優さんの方がおとなの女という感じがします。

本日はお立ち寄りくださり、ありがとうございました。
また、いらしてくださいませ。