ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ルルドの泉で -2- LOURDES

               ルルドの泉で -2-
                        LOURDES

f0165567_639156.jpg

2009(C)coop99 filmproduktion, Essential Filmproduktion, Parisienne de Production, Thermidor

            美しい建物と自然。マルタ騎士団のどこか時代がかった制服。
                 心や体の癒しを求めて巡礼地に集まる人々。
               きっと昔も今も大して変わらない光景なのでしょう。

             そうだ、江ノ島へ行こう!とか、お伊勢さんへ行こう!とか、
        庶民の信仰心は観光とは切っても切り離せないのですから、ルルドだって同じこと。
        観光地としてのマニュアルやプログラムが完備し、聖水を受けたり、浸かったりも、
                     流れ作業のように進んでいきます。
        奇跡を売りにしているルルドですから、いろいろ合理的に様式化されているようです。

                       さあ、どうなるのでしょうか。

ストーリー
不治の病により、車いすで生活をするクリスティーヌはルルドへのツアーに参加します。
長い間、不自由で孤独な日々を送るクリスティーヌの楽しみは巡礼の旅。
ルルドには、病人や、家族を亡くして寂しい日々を送る老人、いろいろな人々が、
奇跡を求めて集まっていました。

クリスティーヌの介護係はマルタ騎士団のボランティア、マリアです。
マリアはクリスティーヌの身の回りの世話をしていますが、次第にボランティアの同年輩
の若者たちとの交流を優先するようになっていきます。
リーダーを務めるセシルは、そんな若いボランティアたちを指導したり、
戒めたりしながら、自らも熱心に祈りを捧げていました。

f0165567_6445940.jpg

マリアに代わってクリスティーヌの世話をするようになったのは同室のハートゥル夫人。
夫人は孤独な人生を生きる苦しみを和らげたいと、このツアーに参加しました。
彼女はクリスティーヌの世話をし、祈りを捧げることで孤独な心を癒していきます。

旅も終りに近づいたある朝、クリスティーヌに奇跡が起きます。
人の手を借りなければ、ベッドから起き上がることもできなかった彼女が
一人で床に足を下ろし、立ち上がることができました。
そして、自分の足で歩くことができるようになったのです。

しかし、彼女の身に起こった奇跡は周囲の人々の羨望や嫉妬など様々な感情をひきおこすことに……

     奇跡といえば、処女マリアが神の子を宿したこと、十字架で息絶えたイエスが3日後に蘇ったこと、
         イエスの教えを聴きに集まった大勢の群衆のために十分な食べ物が生じたこと、
       イエスの唾液を混ぜた泥を目の視えない人の目に塗ったら視えるようになったこと等々、
                        いろいろ聞いてはいます。

             処女マリアの懐胎も、イエスの復活も、「ありえない」と思いつつも、
        それを言っちゃあおしまい、どころか、キリスト教がキリスト教でなくなってしまうので、
          牧師さんもミッションスクールの先生も「とにかく信じなさい」と言うばかり。
       今では、信仰とはありえないことをあったことと思いこむことなのかと信じているとのです。

                  そんな不信心な人間を納得させるためなのでしょうか。
  奇跡のメッカ・ルルドでも、そこで起きた奇跡が「奇跡」と認定されるには様々な手続きが必要なようです。

          1.その難病の回復が突発的でリバウンドもなく完全であることを申請。
           医学委員会でそれを審査し、「現代医学では説明が不可能」という結論が出ること。
          2.その後、難病の回復は、神の恩寵という宗教的な意味を付与するに足るかどうかを
           司教(治癒した人の住む地区)が判断。

              そんな訳で奇跡を認定されるのはわずか1%にも満たないとのこと。

f0165567_6475568.jpg

             歩けるようになったクリスティーヌも「うっそー!」という心境でしょうし、
           「なんで私が?」といきなり動くようになった手足にとまどいを感じることでしょう。
     歩くことができる自分に慣れてくると、ほんの少し舞い上がった気分になるのもよくわかります。
                  すると、そんな彼女に向けられる周囲の冷たい視線。
           「なんであの子に奇跡が起きるの?あまり信仰心が強そうには見えないわよ」
            更に気づかされるのは、奇跡は続かないかもしれないということ-------

    あ~あ、幸運が舞い込むことは同時に周囲のやっかみや悪口を呼び込むことでもあるんでしょうね。
                 人の不幸は蜜の味なんて言葉もあるくらいですから、
   地味な普通の女の子に奇跡が起こると、その場にいあわせた人は次第に腹が立ってくるのでしょうか。
                    人間の狭量さを見せつけられる思いです。
       とのも「喜んであげればいいのに」なんて、良い子ぶりっこしてしまいましたが、
                   その場にいたら、そうも言ってられないかも。

               クリスティーヌの奇跡がずっと続くものかどうかはわかりません。
                   でも、彼女たちのルルド・ツアーは終わりました。
                      バスは人々をそれぞれの街へ運びます。

                       幸運とは不運があってこそのもの。
                 幸運と不運って思いのほか、仲が良い存在なのでした。
        不運も続けば、それが日常。奇跡って、その日常がいきなり変わることなんでしょうね。
                奇跡って、起こっても起こらなくても、結構大変なものなのかも。

  

                                

今日もポチッとお願いできたら、うれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡12月17日に更新しました。いつも応援してくださり、ありがとうございます♡

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

ルルドの泉で
監督・脚本/ジェシカ・ハウスナー、撮影監督/マルティン・ゲシュラハト、編集/カリーナ・レスラー、美術/カタリーナ・ヴェッパーマン、衣装/タニヤ・ハウスナー、製作/マルティン・ゲシュラハト、フィリップ・ボベール、スザンヌ・マリアン
出演
シルヴィー・テステュー/クリスティーヌ、レア・セドゥ/マリア、ブリュノ・トデスキー二/クノ、エリナ・レーヴェンソン/セシル
12月23日(金・祝)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
2009年、99分、オーストリア・フランス・ドイツ合作、提供/新日本映画社、配給・宣伝/エスパース・サロウ、後援/オーストリア大使館、http://lourdes-izumi.com/

by mtonosama | 2011-12-17 07:11 | 映画 | Comments(11)
Commented by ライスケーキ   at 2011-12-17 20:46 x
たとえ1パーセントにも満たなくても 「奇跡」はおきるんですね。
医学的に証明出来ない 何かの「力」が働くのでしょうか。 
その「力」が「神」ですか。

「宗教」と言うと「宗教戦争」。
キリスト教、イスラム教の対立。
キリスト教の中でも カソリックとプロテスタントの対立。
「宗教」が人々に幸福をもたらすか疑問ですが
どこかに「神」はいると思います。

「殿様の試写室」に来ると いろいろな事考えさせてくれます。
 
Commented by poirier_AAA at 2011-12-17 21:24
個人的に「奇跡」は苦手です。いや、奇跡はあるのかもしれないと思っているけれど、それが巡礼や信仰のおかげだというのが、どうしても納得がいかないんです。神様がそんなに人間的な価値判断で動いていいのか?と思ってしまうんです。だから、この映画もちょっと微妙だなぁ〜と思いました。


でも、奇跡をめぐる人の世の話、なんですね。
>幸運とは不運があってこそのもの。幸運と不運って思いのほか、仲が良い存在なのでした。
なんだか、この言葉にとても納得してしまいました。
Commented by mtonosama at 2011-12-18 06:44
♪ライスケーキさん

「奇跡」は起きるんでしょうかねぇ。
でも、奇跡を信じたい人はいっぱいいるんでしょうね。

とのももう150歳まで生きたから死んでもいいや、と思っても
いざ、その段になったら、奇跡にすがってしまうかもしれない・・・・・
一概に否定はできないかもなぁ、難しいところです。

ところで、マルタ騎士会のマリアさん(クリスティーヌのお世話係)、
ヨーロッパの健康そうな田舎の女の子って感じで、ちょっと気に入ってます。
Commented by mtonosama at 2011-12-18 06:52
♪poirier AAAさん

神様って、イエス様って、自分の感情で奇跡を起こすんですよね。
昔、聖書で読み、いまだに納得できないのが、
咽喉の乾いたイエスがイチジクを食べようと、イチジクの木に
近づいたら1個も生っておらず、腹を立てたイエスが
「お前は今後実を生らせることはないであろう」と宣告して
しまった、というところです。

自分の渇きを癒すことができなかったからといって、
あとあと利用する人もいるかもしれないイチジクにこんな呪い
のような宣告を与えていいものだろうか、と100年近く経った
今も納得できません。

あ、また今日もこの個所を思い出して悩んでしまいそーです。
Commented by Tsugumi at 2011-12-18 07:44 x
私は以前から行っている様に無宗教です。
神は信じません。
でも窮地に立った時は神様仏様って祈っている自分がいるのも事実です。

ルルド・・数年前友人がどうしても行きたい場所というので誘われていたのだけどパリまでは一緒に行ったけどルルドには行きませんでした。
何故って私無宗教だから(苦笑)
でも行った友人はいろんな不思議な体験をしたと興奮して話してました。
信じる者は救われるなのですね。
と言うことは信じていない私は救われないですかね(苦笑)
Commented by mtonosama at 2011-12-18 08:40
♪Tsugumiさん

ルルドの近くまでいらしたのですか!
すっご~い!
お友達はどんな体験をなさったのでしょう!?

信じる者は救われる・・・・・ですね。

私は震災以後、毎朝、仏様にお線香をお灯明をあげています。
なかなか暗記できませんが、般若心経も唱えています。
歳をとると暗記モノはダメですね^_^;
Commented by 薄荷グリーン at 2011-12-19 17:59 x
こんばんは!

奇跡が起こる起こらないというのがテーマだったら、物語をつくるのは難しそうだなと思ってたんですけど、どうやら奇跡そのものの真偽を問うというよりも、とにかく奇跡らしいものが起こって、それに対して人がどう反応したかというようなお話みたいですね。人の話のほうに軸足を置いてるから、奇跡なんてばかばかしいと思うタイプの人にも興味深く見られると。

理由があるから信じるというのは、わたしは信じてるんじゃなくて認識してるのであって、本当に信じるというのは無条件なんだと思ってます。だから先生がとにかく信じなさいというのも良く分かります。でも無条件で信じるというのもなかなか難しいんだなと、奇跡にも理性を納得させるための基準があるというのは、凄く興味深かったです。

奇跡が起こっても起こらなくても同じように大変ならわたしは奇跡が起こって欲しいです。そのほうが面白そうだもの。
Commented by mtonosama at 2011-12-19 21:34
♪薄荷グリーンさん

こんばんは。

私も今、奇跡が起こってほしい心境なのですが、
奇跡って必ず見返りが要求される気がしてちょっと怖いです。
「猿の手」という怪奇小説をお読みになったでしょうか。
猿の手に願いを唱えると、願いは確かにかなうのですが、
願いが微妙にずれた形でかなうんですよね。
怪奇小説と奇跡をいっしょくたにしてはいけないんでしょうが、
願いがかなうことって、大きな見返りが要求される気がして
かなり怖いです。

あ、これはそういう映画ではないんですけど^_^;

でも、いろんな感じ方をしてしまう映画だと思いました。
面白かったです。

幸運と不運はやはり表裏一体。
3日後に蘇ったイエスも少し腐敗が始まった状態で復活したのだったら、
かなり怖いかなと……

Commented by すっとこ at 2011-12-21 00:48 x
殿様、
3日後に甦ったキリストは
腐敗してなかったんです。
なぜなら
遺骸を包んだ布は「ミルラ:没薬に浸してあったから」

ミルラ:没薬
フランキンセンス:乳香
そしてゴールド金 の3つが
幼子イエスへの当方の3賢人からのプレゼントでした。

アロマオイル・ミルラは抗菌作用にすぐれ
従って防腐作用としての力も強大だったのです。

なんちて。
ついついアロマを熱く語ってしまうすっとこでした。
奇跡?信じてます!

次号の“殿様の試写室”も楽しみに
しています!

Commented by すっとこ at 2011-12-21 00:49 x
↑おっとと。

当方の3賢人・・・・東方の3賢人の間違いです。
Commented by mtonosama at 2011-12-21 06:29
♪すっとこさん

そっか、イエスは腐敗していなかったんだ。
それはよかった!

当方の3賢人、もとい、東方の3賢人。
当方では東宝と出ました^_^;