ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

2011 BEST 10 OF 殿様の試写室 -3-

            2011 BEST 10 OF
              殿様の試写室 -3-

f0165567_6343442.jpg


                 2011年度殿様の試写室ベスト10の6位と5位の発表です。
               いろいろつらいことが起きたときは、「あきらめなくてよかった!」
                 と思うことのできる映画を観ると幸せになりますよね。
                     嗚呼、映画ってほんっとに素晴らしい。
               映画評論家・水野晴生さんの言葉が今さらながら胸にしみます。

                           いきます。第6位は

                             第6位
                      人生、ここにあり!
                          Si Puo Fare

f0165567_6382734.jpg

                    http://mtonosama.exblog.jp/16327490/
                    http://mtonosama.exblog.jp/16340981/

           イタリアが行なった画期的な試み、社会的な実験といってもいいでしょうか。
             1978年に制定されたバザーリア法(精神病院廃絶法)に基づいて、
           1999年には犯罪者の病院を除いた国立の精神病院は全て廃止になりました。
         精神病院を生活の場にしていた患者たちが法律の施行後は病院付属の協同組合で
            暮らすことになるのですが、そこへ配属されてきた熱血職員と患者たち、
             もとい、協同組合員たちとの奮闘記。実話だけに大笑いしながらも
                     納得させられ、感心させられた映画でした。
                  原題の“Si Puo Fare”は「やればできる」という意味。
                       当試写室では7月に上映しました。


                             第5位
                            127時間
                           127 Hours

f0165567_6395965.jpg

                    http://mtonosama.exblog.jp/15998518/
                    http://mtonosama.exblog.jp/16013752/

                      「スラムドッグ&ミリオネア」以来、
            ダニー・ボイル監督のテンポの速さのとりこになってしまったとのです。
              主人公ア―ロンが危機的な状況から脱出するためにとった選択に
                失神者続出だの、残酷だの、という声も聞かれましたが、
             こういう声は「エクソシスト」(‘73)映画宣伝の常套手段ですからね。
                なにがあっても生き抜くアーロンの精神力の強さに感銘。
                  この映画以後、自転車に乗るようになりました。
                         当試写室では5月に上映。
                          明日もお会いしましょう。

                               

お忙しい年末のひととき、お掃除の手を休めてポチッとひと押しお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月28日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
by mtonosama | 2011-12-28 06:57 | 映画 | Comments(4)
Commented by ライスケーキ at 2011-12-28 22:52 x
「失神者続出だの、残酷だの」と言ったって彼が選んだ手段は生きるための決断でしょ。  
彼 生きるために あんな事をしたのよね。
映画見た訳じゃないけど 彼があんな事をしたのは 生きるためのすばらしい決断だっうたと思う。
映画見てなくても いろいろ想像するのも面白いですね。
Commented by すっとこ at 2011-12-28 23:11 x
あっらぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああ!

”127時間”といえば
NYで知り合ったオバサマAさんの
さらに知り合いBさんの
   だから私は全然知らない方ですが(笑
のお孫さんらしいです、ジェームス・フランコ。

映画にはあまり興味のないAさんはBさんから
「ねぇねぇ孫が主演したのよ」とか
「ねぇねぇ孫がアカデミー賞司会なのよ」とか
電話来ても「ふぅ~~~~ん」な反応だったのが

ある日Aさん孫のひとりがアクターになりたいと言うのを聞いて
「そういえばBさんの孫がジェームスなんとかよ」と答えた途端
孫は飛び上がって「なんとしてもBさんと仲良くしててね!
いつかジェームスに紹介してね!」と懇願するので
最近は自分からBさんへ電話している、とおっしゃってたなぁ。笑。

だから何?って話ですが。

殿さま試写室いよいよ2011年大詰めに近付いてきましたね!
それにしても何という数の映画!!尊敬です。
次号アップ楽しみです。
Commented by mtonosama at 2011-12-29 06:21
♪ライスケーキさん

その後も山登りを続ける彼はすごいですよね。
何があっても好きなことは続ける。
見習いたいです。
彼の場合、あの後、確実に深化し、進化し、成長した人になってますもんね。

映画観なくても、想像できちゃうライスケーキさん、すごいです♡
Commented by mtonosama at 2011-12-29 06:26
♪すっとこさん

えっ~~~~~~ぇぇぇえ~~~~!!

すっとこさん、Bおばさまと是非仲良くなって<(_ _)>
あ、それより孫本人とお知り合いになってください。
そして、いつかNYに行ったら、彼を紹介してくださいませ。