ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

パーフェクト・センス -2- PERFECT SENSE

         パーフェクト・センス -2-
                      PERFECT SENSE

f0165567_6485938.jpg

      ©Sigma Films Limited/Zentropa Entertainments5 ApS/Subotica Ltd/BBC 2010

          ユアン・マクレガーファンの皆さま、本作でも、存分に彼をお楽しみください。
              今や、まさに旬の俳優という感があるユアン・マクレガー。

    彼のほんわかとした暖かさは終末映画すら、愛と感動のwarm@heart系の映画に変えてしまいます。

                     さあ、どんなお話かというと・・・・・

ストーリー
f0165567_6553731.jpg
スコットランド・グラスゴーの研究施設に勤める科学者スーザン。
彼女はある日、同僚に病院へ同行するよう求められた。
そこで、彼女が見たのはひとりの急患。
妻と会話中いきなり泣き崩れたその中年男性はなぜか臭覚を失ってしまっていた。
同僚によれば、昨日から同様の症例の患者が英国内だけではなく
ヨーロッパ各国に見られるという。患者たちには接点も共通点もなく、
新種のウィルスのせいなのか、バイオ・テロによるものか、原因不明だ。
爆発的な勢いで世界中に広まったこの病気は重症臭覚障害症候群の頭文字をとって
”SOS”と名づけられる。

f0165567_6571569.jpg
そんな大混乱の中、スーザンは自宅アパートの向かいにあるレストランのシェフ・マイケルと出会う。
”SOS”の影響で客足が途絶えた店の厨房に彼女を招き入れ、マイケルは料理をふるまう。
過去の経験から異性との交際に二の足を踏むスーザンだったが、マイケルの気さくな人柄にはなぜか親しみを感じる。

ところが、その瞬間、スーザンは突然悲しみに襲われ、号泣する。
驚いて彼女を家まで送り届けたマイケルも深い悲しみに落ちていった。
泣きながらベッドで抱き合い、眠りに落ちる2人。
そして、朝が訪れた時、2人とも臭覚を失っていた。

f0165567_6593344.jpgそれから、しばらくして、”SOS”の患者たちにまたもや変化が。
患者たちは恐怖を感じた後、極度の飢えを覚え、手当たり次第にあらゆるものを貪るように食べ始めた。あるものはオリーブオイルをがぶ飲みし、魚市場の売り子は生魚に頭からかぶりつく。
スーザンもマイケルも食欲を抑えることはできなかった。
その後、彼らは味覚をなくしていた。

マイケルが働くレストランのオーナーは廃業を決意。
ところが臭覚や味覚をなくした人々は別の感覚をとぎすましていく。
料理の温度や触感を楽しもうとする客が訪れ、レストランは大繁盛。
スーザンとマイケルも互いの過去や秘密を打ち明け合い、ますます愛を深めていくのだった。

平穏な日々を取り戻したかのように見えた人々だが、それは更なる危機への第一歩に過ぎなかった。

制御不能な憎悪の感情に襲われた人々は他人の心を手当たり次第に傷つけ、
その後、聴覚を失ってしまった。
各国の政府は暴徒化した市民を鎮静化させることができず、
グラスゴーの街も荒廃の極みにあった。レストランも閉鎖された。
マイケルもこの憎しみの感情を抑えることはできず、スーザンに残酷な罵声を浴びせ、
傷つけてしまう。匂いも味も音も失われた文明社会は確実に終末へと向かって突き進むしかないのか。

f0165567_74524.jpg

収束を知らないこの病が世界中を覆いつくそうとする時、
離れ離れになっていたマイケルとスーザンが互いを求めて走り出す。そして……

         人は自らに課せられた苦しみに順応しつつ、楽しみすら見出そうとするものなのか、
            ということに、感動すると同時に安心を覚えてしまったとのです。

        最初の災難に順応するとすぐさま次の災禍に襲われ、安らぐときを知らないというのに、
                        安心するなんておかしいですよね。
                    でも、災いに襲われて深い悲しみを抱く人々を見て、
                 ああ、自分もこうやって泣きながら災禍を受け入れていくのか、
                        と妙な共感を覚えてしまいました。

              どんなに抗っても、身にふりかかってくるのが災いなら、まずは受け入れ、
                    人の温かみを求め、自分の温かみも感じてもらう。

                 それって、東北で示してもらったものと同じような気がします。
         「パーフェクト・センス」は終末映画というジャンルに新しい方向性を付け加えてくれました。

           

                                  

今日もポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2012年1月7日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

パーフェクト・センス
監督/デヴィッド・マッケンジー、脚本/キム・フォッブス・オーカソン、製作/ジリアン・ベリー、マルト・グルナート、撮影/ジャイルズ・ナットジェンズ、編集/ジェイク・ロバーツ、美術/トム・セイヤー、衣装デザイン/トリシャ・ビガー、音楽/マックス・リヒター
出演
ユアン・マクレガー/マイケル、エヴァ・グリーン/スーザン、ユエン・ブレムナー/ジェームス、コニー・ニールセン/ジェニー、スティーヴン・ディレイン/スティーヴン、デニス・ローソン/ボス(レストラン・オーナー)
2012年1月7日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
2011年、イギリス、92分、日本語字幕/鈴木恵美、提供・配給/プレシディオ、協力/ハピネット、http://gacchi.jp/movies/perfectsense/

by mtonosama | 2012-01-07 07:23 | 映画 | Comments(14)
Commented by ライスケーキ at 2012-01-07 20:21 x
ひゃあ、面白そうなストーリーですね。
それにしても「そして・・・」の後が気になる。
映画館に行くしかないか。

「五感を失う」とは どういう事なのか。
でも人間には それ以上の「感覚」が あるのかも知れませんね。
Commented by mtonosama at 2012-01-08 06:45
♪ライスケーキさん

そうです、そうです♪
映画館に行くしかないです。ユアンのためにも、ね(^_-)-☆

五感以上の感覚が第六感?
そういえば「シックス・センス」という映画がありましたね。

Commented by Tsugumi at 2012-01-08 07:44 x
とのさまの
レビューみてみたい気まんまんになりました。

ありがとう。
Commented by mtonosama at 2012-01-08 08:29
♪Tsugumiさん

英国から戻っていらしたばかりですものね。
きっと新鮮な印象だと思います。

こちらこそありがとうございます<(_ _)>
現在公開中ですので、ぜひ、お時間作ってご覧になってくださいませ。
Commented by すっとこ at 2012-01-08 10:56 x
グッ・グッ・グラスゴぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

アール・デコのマッキントッシュの街ですね、カフェもあって・・・・おっと、いけない。
また横道に逸れそうに。

5つのセンスのひとつひとつ、消え去る前には
まるで暗闇の中で最後のろうそくの炎が燃え上がるごとく
爆発的な最後の饗宴が繰り広げられるのですか。
次にくる暗黒の闇にまっしぐらに向かうために。

グラスゴー・スカイというと
大地に蓋をしたような鉛色の空をいうようです。

ユアン・マクレガーの瞳が
鉛色の空の下で鈍く光るのを
映画館で観たいものです。

次号も楽しみにしています!
Commented by mtonosama at 2012-01-08 11:10
♪すっとこさん

いいなあ。もちろんグラスゴーはいらしたことがおありなんですね。
ロンドン、エディンバラに次いで3番目に観光客が
訪れる街なんですって?

そうなんです。
ひとつの感覚を失う前には感情が熱く燃えたぎるのであります。
何かを失う代償みたいにして。

良い映画でした。

Commented by Tsugumi at 2012-01-09 06:45 x
「グラスゴー・スカイというと
大地に蓋をしたような鉛色の空をいうようです。」
に反応。。冬のイギリスは日が短くていつも鉛色の空です。。
雨は降るし風は強いし。
イギリスは夏がいいです。。

Commented by mtonosama at 2012-01-09 09:43
♪Tsugumiさん

冬のイギリス・・・・・
私は未経験なんですが、冬の英国ツアーが格安なのは
うなずけますね。

10月のドイツは経験があるのですが、木々の葉っぱはみるみる落葉し、
空は暗く、したがって地も暗く、
帰国した時は「ああ、なんて明るい日本の秋よ!」と感動しました。

でも、まずは明るく暖かい春が被災地に訪れますように。
Commented by 薄荷グリーン at 2012-01-09 23:30 x
こんばんは!

色々な災難に世界は満ちていて、でも不幸にしてそういう災難に遭遇しても、意外とそれなりに受け止めてしまえるだけのタフなところってみんな持ってるような気がしますよね。受け入れる他ないものは受け入れて、それを自分のものとしてさらに先へ進もうとする人がまわりにいれば、だれもがきっと心強くなるんだと思うし、そうやって生きていくことを受け入れることで自分の周りの人にも力を与えていくんじゃないかと思います。

聴覚を失うのはなんだか嫌だけど、わたしにとっては味覚はそれほどでもないかもしれないです。ダイエットにいいかもしれないし。人によって生きていくことの意味を託してる感覚というのは違ってるでしょうね。
Commented by mtonosama at 2012-01-10 06:26
♪薄荷グリーンさん

おはようございます。

そうですよね。怖い怖いと思ってる内は、身のすくむような
恐怖ですけど、いざ、その中に入ってしまったら、自分なり
に闘っていくしかないですもんね。
その力が本当に自分にはあるのか、という不安はつきまといますが。

そ、まずは生きていかねば・・・・・

薄荷グリーンさんは聴覚ですか?私は視覚を失うのが嫌です。
やはり感覚はみんな持っていたいです。
どれかひとつっていわれたら選べない。

う~ん、それ思うと潔い映画です。


Commented by poirier_AAA at 2012-01-10 17:52
>ひとつの感覚を失う前には感情が熱く燃えたぎる

この言葉を読んで、すごく観たくなりました。ひょっとしたらフランスでもまだ公開されていないかもしれません。楽しみです〜。

感覚を失っても、人間はどうにか生きていかれるのですよね。でも、喪失を嘆きながらしか生きられないとしたら辛い人生です。この映画の登場人物はどうやって生きていくんだろう?それを観てみたいです。
Commented by 薄荷グリーン at 2012-01-10 19:13 x
こんばんは!

わたしも一番恐れるのは視覚です、映画といい絵画といい写真といい、わたしが生きることに見出してる意味の大半を担ってる感覚だから。
言葉だけのことであっても、それを失うというようなことを書くのはちょっと抵抗があって、それでこの映画で扱われてる感覚のなかではというような限定条件で聴覚を挙げてみました。

だからとのさんも視覚が特別な感覚だと云われてるのは凄くよく分かります。世界を認識するための最重要な感覚であって、もちろんそれなくしては映画も観られなくなるから。音楽は頭の中で再構成できるかもしれないけど、映画の体験は視覚無しでは絶対に不可能だから怖いですよね。
Commented by mtonosama at 2012-01-10 19:24
♪poirier AAAさん

できれば何も失いたくはないですけどね。
でも、失うときって突然訪れるんですよね。

やはり、今を大事に生きていかねば・・・・・です。
Commented by mtonosama at 2012-01-10 19:32
♪薄荷グリーンさん

この映画でも一番最後に失われるのは視覚でした。

あまり良い眼ではないけれど、ま、メガネをかければ見えるし、
メガネをかけてなくても輪郭である程度は判断できる視力はあります。

それがまったく見えなくなったら。
う~、考えただけでも怖いです。

友人の母上は満州からひきあげるときの無理がたたって、
40歳を過ぎて中途失明なさったそうです。
どんなにつらく大変だったろうと思うのですが、
明るく暮らしていらっしゃいます。

起きてしまったら受け入れるしかないのでしょうね。
でも、私は人間できてないから、難しいかも・・・・・