ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タンタンと私 -1- Tintin et Moi

                タンタンと私 -1-
                      Tintin et Moi

f0165567_537374.jpg

          (C)HERGE/MOULINSART2011 (c)2011 Angel Production, Moulinsart


                      Tintinと書いて、なぜタンタンなんだ?
                       フランス語ってホントに不思議。
                    Combをコウムと読むがごとし、なんでしょうか。
          中学のとき「なぜそのように読むか?という類の質問はするな」と英語の先生に
                           注意されました。
                      とは言われても気になりますよね。

     でも、この映画で問題になるのはTintinがなぜにタンタンと読むのか、ということではありません。
              え、わかってるから、早く進めって?はいはい、申し訳ありません。

             前髪がアヒルのしっぽみたいにピンとはねあがってて、そう、山田五郎?
               山田氏の場合はボリューム的にちょっと不満がつきまといますが、
                  ま、彼もタンタンが好きなんでしょうね。きっと。

               そんなタンタンの髪型とタンタンのキャラが昔から気になるとの。
       タンタンの漫画は読んだことはないのですが、なぜかあのキャラクターが好きでたまりません。
            スティーブン・スピルバーグ監督の「タンタンの冒険」が公開されましたが、
                    やっぱり実写版より漫画のタンタンが好き。
                      だって、タッチもゆるくて優しいし、
                »SOCK ! », »POW ! », »ZOK ! »みたいな吹き出しもないし、
                  登場人物の60‘Sファッションもかわいいですものね。


f0165567_5413394.jpg唐突ですが、皆さまは上田としこさんの描いた「フイチンさん」という漫画をご存知でしょうか?
150歳のとのも愛読した「少女クラブ」に昭和32年1月号から昭和37年3月号まで連載されたフイチンさんというハルビンに住む門番の娘のお話。
とのはハルビンとか満州とかは、この漫画で覚えました。
1995年に発行された単行本(漫画名作館・特選シリーズ:アース出版局)も持っています。エヘ、自慢か?

あ、突然フイチンさんを登場させてごめんなさい(フイチンさんも大好きだったんです)。このフイチンさんとタンタンって、ペンのタッチも似ているし、読者である子どもたちを見知らぬ外国に連れていってくれたということでも共通点があるんですよね。つい懐かしくて寄り道してしまいました。

                              タンタンに戻ります。
                   このタンタンを創りだしたベルギーのコミック作家、エルジェ。
                   30年以上の年月を経て公開された秘蔵インタビューをもとに、
             エルジェの生涯とタンタン・シリーズを語ったドキュメンタリーが本作「タンタンと私」です。

      世界50ヶ国語以上に翻訳され、2億5千万部以上が販売されている「タンタンの冒険」シリーズ。
             スピルバーグ監督の「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」(‘11)は
         『なぞのユニコーン号』『レッド・ラッカムの宝』『金のはさみのカニ』をもとにしています。
      そもそもスピルバーグ監督は「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(‘81)がタンタンに
           似ていると言われてタンタンを読み、魅了されてしまったのだそうですよ。

f0165567_549293.jpg

                            知恵と勇気で難問を解決し、
          ソ連、中国、チベット、南米、はたまた海底や月にまで飛び出していく少年記者タンタン。
           デスクにかじりつきコミックを描き続ける人気コミック作家エルジェにとっても、
                        タンタンは憧れの存在だったのでしょうね。

       タンタンのことだけでなく、なにやら謎めいたエルジェの人生も明らかになるらしい「タンタンと私」。

               続きは次回までお待ちくださいませ。乞うご期待でございます。

                                 

今日もポチッとお願い申し上げます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2012年1月10日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

タンタンと私
監督・脚本/アンダース・オステルガルド、プロデューサー/ピーター・べック、撮影/サイモン・ブラム、編集/アンダース・ヴィラードセン
出演
エルジェ(ジョルジュ・レミ)、ヌマ・サドゥール、マイケル・ファー、ハリー・トンプソン、アンディ・ウォーホル、ファニー・ロドウェル、他
2012年2月4日(土)渋谷アップリンク、銀座テアトル・シネマ、新宿K’s cinemaほか全国順次公開
2003年、デンマーク・ベルギー・フランス・スイス・スウェーデン、フランス語・英語、カラー、75分、http://www.uplink.co.jp/tintin/

by mtonosama | 2012-01-10 05:50 | Comments(12)
Commented by すっとこ at 2012-01-10 08:05 x
つ・つ・つ・つつつつついにーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

まるで馴染みのないのが
き・き・き・き・きききききたーーーーーーーーーーーーーーー!

恥ずかしながら”タンタンの冒険”絵と名前は
見たことあっても 読んだことございませぬ。

”フイチンさん”に至っては まるきりわかりません!

まだまだ知らないことが多いからこそ
味がありますですよね、人生は。
次のストーリーUP楽しみにしています!
Commented by mtonosama at 2012-01-10 08:41
♪すっとこさん

「タンタンの冒険」は私も読んでないですぅ^_^;

でも、「フイチンさん」知らないですか?

幼かりし頃、漫画雑誌は何をお読みでした?
「りぼん」?「少女」?「少女クラブ」?
それともすっとこさんは字の本ばかりだったのかなぁ。

とのはもう泣く子も黙る漫画少女。
一日中、親に怒られながらも部屋の角にはまりこんで
漫画ばっかし読んでましたから。
Commented by poirier_AAA at 2012-01-10 18:08
去年タンタンの実写映画が公開されたこともあって、今年のガレット・デ・ロア(日本でも最近売られているとか)にはタンタンの登場人物のフェーブ(お菓子の中に入っている)も登場したフランスです。

Tintinと書いてタンタンと読むんですよ〜。フランス語は文字の組みあわせと読み方がしっかり結びついているので英語のような「しらなきゃ読めない」単語が少ないのです。だから学生には優しいかも、です。

タンタン、そのうち息子と一緒に読むかもねと、急がず待っているところです(笑)。
Commented by 薄荷グリーン at 2012-01-10 18:54 x
こんばんは!

なぜタンタンなんだ!というとのさんの憤りには全く同意です。
これはどうみても日本人なら頬を赤らめるような単語だと思うんだけどなぁ。ちなみに今のロックバンドでThe Ting Tingsっていうイギリスのバンドがいるんですけど、こっちの日本語表記はティン・ティンズで、こっちはまた微妙に直接表現は避けてますね。

この髪型は印象に残りますよね。漫画そのものは読んだことがないんですけど、キャラクターのイメージはこの髪型で知ってました。
それに漫画は普通に日常生活を描いたものだとばかり思ってたけど、インディ・ジョーンズのような内容だったんですか。これは始めて知ってちょっと吃驚です。絵柄からはあまり想像できませんでした。

フイチンさんは知らなかったです。貼ってある絵を観た時に第一印象で高野文子?って思ったけど違いました。

両方とも読んだことのない漫画だし、高野文子の絵は好きだったから、そういうタッチが垣間見えるこの二つの漫画は結構読んでみたくなりました。
Commented by mtonosama at 2012-01-10 19:44
♪poirier AAAさん

実写版の方はもうご覧になったのですか?

しかし、iをなぜアと発音するのか。
「なぜって言っても仕方ないの」と先生に怒られたものの
やはり不思議です。
ドイツ語とかイタリア語はローマ字的に読めばいいから、
楽なんですけどね。

高校生の時、エディット・ピアフの歌を歌詞カード見ながら
一緒に歌おうと思ったけれど、フランス語、全然読めず、
歌えませんでした(泣)。

タンタン・シリーズ、早く息子さんたちと一緒に読んでくださいね(^^)/
Commented by mtonosama at 2012-01-10 19:49
♪薄荷グリーンさん

フイチンさん、ご存知ないですか?
私の周囲の同年輩の人も皆知らないというので、
フイチンさんはもしかして幻?と自信をなくしているところです。

でも、うちにフイチンさん全集は確かにあるし…

マタンゴとはまったく違いますが(笑)、フイチンさん、面白いですよ。
Commented by ライスケーキ at 2012-01-10 21:44 x
[タンタン」 絵は知っています。 
「フィンチさん」。  昔読んだことが あるような、ないような。
遠い霧の彼方の記憶がよみがえります。
「フィンチさん」  本棚にあったような、なかったような。

私の好きな漫画は「ユキの太陽」。 復刻版なら持っています。 
読んでた雑誌は「りぼん」「少女」。                   何か歳がバレる会話していますね。
でも、なつかしいです。
映画から たまにはこんな話も良いね。
Commented by mtonosama at 2012-01-11 06:28
♪ライスケーキさん

フイチンさんのこと、かすかにでも覚えていますか?
うれしい!第一村人発見!!(笑)

み~んな知らないっていうんです。
遠い霧のかなたでも、そこにおぼろげにフイチンさんの
細い三つ編が見えたなら、絶対に読んでたはずです。

よかった、よかった。幻じゃなかった♪

「ユキの太陽」・・・・・
ちばてつやでしたっけ?
なつかしいですね。
Commented by Tsugumi at 2012-01-11 16:59 x
この絵見たことあります。
どんな映画なんでしょ。。。

フイチンさん知りませんが田としこさんの名前は聞いたことあります。
Commented by mtonosama at 2012-01-11 20:08
♪Tsugumiさん

タンタンかわいいですよね。

上田としこさん、ご存知ですか?
あら、うれしい♪ 第二村人発見です。
フイチンさんって、もしかしたら中国を好きになるきっかけ
だったかもしれません。

子どもって漫画から世界が拓けていきますよね。
Tsugumiさんはどんな漫画がお好きだったんでしょう?
Commented by Tsugumi at 2012-01-12 07:17 x
私子供のころは漫画少女でした。
マーガレット・別冊マーガレット・少女コミック・少年マガジンやサンデー・チャンピオンに至るまで、とにかく毎日漫画読んでいました。

好きな漫画家はたくさんいてどの人が一番とは言い切れません。
でも最近年とともに漫画読む機会皆無になりました。
あんなに好きだったのにね。
Commented by mtonosama at 2012-01-12 10:39
♪Tsugumiさん

おお、ご同輩♪

亡くなった母は「この子はあまりに漫画を読み過ぎる」
というので、小学校の担任に相談に出かけた程^_^;

おとなになった今もラーメン屋さんに置いてある漫画などを
読み耽ってしまいます。
「フイチンさん」の復刻版なども発見すると嬉しくなって、
つい購入したり・・・・・

元漫画少女として今後ともよろしくお願いします(笑)。