ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ニーチェの馬 -2- The Turin Horse

ニーチェの馬 -2-
The Turin Horse


f0165567_622046.jpg


画面はモノクロ、登場人物は2人。これといったせりふもなく、延々と繰り返す日常・・・・・

あ、皆さま、ここでひかないでください。

なんたって、ジム・ジャームッシュ、ガス・ヴァン・サント、ブラッド・ピット、ティルダ・スウィントンといった
そうそうたる映画人が敬愛するタル・ベーラ監督。
ハンガリーが生んだ鬼才ですし、自ら最後の作品と公言した作品です。これを見逃すわけにはいきません。

さ、どんなストーリーかというと・・・・・


ストーリー
吹きすさぶ風の中、農夫は馬車馬に鞭をいれながら町からの長い道のりを走り続けてきました。
そして、一本の裸木の生えた荒野の一軒家にたどり着きます。
迎えに出た娘と共に風に吹きまくられながら、厩の扉を開け、馬を休ませます。
その間に娘は馬のくびきを外し、荷車を納屋に。
日々やり慣れた動作。
父も娘も一連の動作を無駄なくこなしていきます。
翌朝。まだ風は吹き続けています。神経を逆なでするような風の音。
粗末なベッドで目覚めた娘は服を着ます。厚ぼったい靴下。重そうなスカート。上着。
それらを身につけると、風の中を井戸まで水を汲みに行きます。
お湯を沸かし、じゃがいもを茹で、父を起こし、片手の不自由な父の着替えを手伝う。
一杯の蒸留酒と茹でたじゃがいも1個の朝食を済ませ、父は町へ行くために厩へ向かいます。
しかし、疲れ果てた馬は動こうとしません。
それでも、娘はいつものように厩を掃除し、馬に飼葉を与えます。
次の朝が来ました。馬は相変わらず動こうとはしません。餌も食べません…

ストーリーというほどのストーリーではありません。
農夫とその娘の6日間を描き、朝起きてから寝るまでを撮っているだけ。
食べるものにも、生活のリズムにも変化はありません。
そう、日常そのものなのです。日常以上に日常です。

f0165567_6295040.jpg


2人は農場で暮らし、井戸から水を汲み、食事はジャガイモ1個。
唯一の収入源は馬と荷馬車。父は荷馬車仕事をし、娘は家事をします。
貧しく単調な生活です。
彼らの動きは所作もリズムも判で押したように変わらず、
このまま死ぬまで日常と言う牢獄の中で暮らしていくだけのようにみえます。
その中で、まず馬が走ることを拒絶し、毎朝水を汲む井戸の水が涸れます。
つまり、父娘の間で細々と回っていた小宇宙が少しずつ狂い始めたのです。

さすがに、ここで父娘は行動を起こしました。
所帯道具を荷馬車に積み込み、父が馬のひもを引き、娘が馬車をひきます。
2人と1頭は裸木の生える丘を登り、新しい土地をめざします。
が、狂ったように吹きすさぶ風の中、一行は再び元の家に戻ってきてしまいました。
次の日、娘はテーブルに突っ伏したまま働くことをやめてしまうのでした。

これを警告と見るか、寓話と見るか、それは私たちの自由です。

父と娘の6日間。
その昔、神は6日間で世界を創造し、7日目を安息日としました。
娘も6日目に働くことを止めます。そして、翌日は安息日。
きっとリセットされるに違いない、と思いたいのですが、どうもそんな様子もなさそう。

2人の日常の中に、祈るという行為は皆無でしたから、
祈りは2人の日常から排除されているのでしょう。神もいないのでしょう。

極限まで切り詰められたせりふ。
映画を通して聞こえてくるのは気が狂ったような旋律で終始うなり続ける風の音。
父と娘の6日間をここまで暗く絶望的に描いた映画がこれまであったでしょうか。

多分、私たちが既に頭の片隅で描いている人生を思いっきり暗い絵の具で描きだしたのが
「ニーチェの馬」なのかもしれません。
この映画を監督として最後の置き土産にしていくタル・ベーラさん、
ちょっと酷ですわ。
とのはいまだに朝起きてストーブの前でフリースやら厚いタイツを着こむとき、
この娘になりきってしまっています。
考えてみれば、誰の日常もこの娘たちと似たりよったりかもしれませんものね。

「倫敦から来た男」以上にワンシーン、ワンシーンが記憶にからみつき離れていきそうにはありません。

タル・ベーラ監督、お願いです。
最後の作品なんて言わないでほしいんですけど。






今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2012年1月31日に更新しました。いつも応援ありがとうございます。

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

ニーチェの馬
監督/タル・ベーラ、脚本/タル・ベーラ、クラスナホルカイ・ラースロー、撮影/フレッド・ケルメン、音楽/ヴィーグ・ミハイ
出演
ボーク・エリカ、デルジ・ヤーノシュ
2012年2月11日(土)シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー
ハンガリー=フランス=スイス=ドイツ、2011年、154分、モノクロ、配給/ビターズ・エンド
http://bitters.co.jp/uma/

by mtonosama | 2012-01-31 06:40 | 映画 | Comments(10)
Commented by すっとこ at 2012-01-31 07:01 x
な・な・なーーーーーーーーーーーーーんという映画なんだ!!!!!!!!!

予告編で
「観た後に心の中で成長する映画」とありました。
スクリーンの外にまで物語の伸長してゆく映画、
毛細血管がどこまでも伸びて やがて新しい生命体を
作りだすようなそんな映画、

困ったことに ・・・・好き・・・・ かも。

ニーチェのオマージュならば
「神は死んだ」のだから
どこにも神のおわさない世界、
働き詰めの6日間の後に、安息日など永遠に
やってこない日常、なのかも知れませんね。

ううむ、いつか観て見たい!
観てとことん落ち込みたい。

殿様の名調子にすっかり乗せられてしまいました!
次号UPも楽しみにしています。

Commented by mtonosama at 2012-01-31 16:04
♪すっとこさん

そうなんです。
「観た後に心の中で成長する映画」
うまいこといいますよねぇ。本当にそうなんですよ。

「倫敦から来た男」の時も、ずっと心の中に居残り、
めりめりと成長してるんです。ええ、いまだに。

「ニーチェの馬」もそう。
毎朝、ストーブの前で娘のことを思い出しては
〈今日も朝が迎えられて良かった〉って胸をなでおろしています。
Commented by ライスケーキ at 2012-01-31 21:15 x
スゴイ映画ですね。
この作品を紹介してくれた殿様もスゴイ。
紹介してくれなかったら この作品を知る機会もなかったかも。

これこそ 「観なくては語れない映画」かもしれませんね。
Commented by poirier_AAA at 2012-01-31 23:53
映画を観る時は無意識に幸せな(あるいは不幸な)結末とか、ある程度の話のまとまりとか、そういう起承転結を期待してしまうような気がします。

でも、映像の力って、そんなふうな話のまとまりじゃないところにあるのかもしれないと思った予告編でした。何かを切り取って見せるという、それだけでもう作り手の意図が入っているわけで、そんな本質的なところで勝負を挑んでくる監督だからこそ、彼を敬愛する人達がたくさんいるのかもしれないと思いました。

見逃したことが悔やまれます。ほんとうに、こういう作品こそ映画館のスクリーンで観なくちゃつまらないですよね。
Commented by mtonosama at 2012-02-01 05:50
♪ライスケーキさん

凄いんです。モノクロの映像の凄さ、美しさ。
風の凄さ、変わらない日常の凄さ、父娘の存在感の凄さ。
神の不在をとことん感じさせる凄さ。

この154分を映画館で満喫していただきたいです。
Commented by mtonosama at 2012-02-01 05:56
♪poirier AAAさん

「話のまとまりを期待してしまう」
本当にそうですね。
予定調和というか、こうなってほしいとか、あるいは、「おや、そう来たか」とか。

でも、そういう予想や期待を良い意味で裏切る映画でした。
映像の訴求力には他を圧するものがあります。

タル・ベーラ監督、この映画を最後に監督をやめてしまうって、本当に残念でなりません。
Commented by Tsugumi at 2012-02-02 04:11 x
同じ日常の繰り返し・・・
このまま死ぬまで日常と言う牢獄の中で暮らしていく。

この娘さん
まるで私の生活そのものではないですか(苦笑)

私の場合はお客さまという外の風を運んでくださる方たちとの触れ合いがあり、PCというお友達がおりますが・・・

この映画見たらなんか本当に落ち込みそう。

見るのが恐くなりました。
Commented by mtonosama at 2012-02-02 06:35
♪Tsugumiさん

みんな日常を繰り返しながら生きているんですよね。
あるいは、かつての日常を取り戻したいと思いながら、
また新たな場所で日常ができてきたりもするんですよね。
日常から飛び出したいと思いながら、日常に留まり続けたり…

日常って牢獄でもあるけど、救いかもしれません。

確かに、この映画は落ち込みます。
私もふーっと大きなため息をつきながら、試写室をあとにしました。

でも、おりにふれ、蘇ってくるんです。
だから、観終わってからも味わえるなんともお得な映画です(笑)
Commented by kemukemu at 2012-03-17 19:49 x
なかなかの傑作でしたね。
モノクロの質感がすごいです。
Commented by Mtonosama at 2012-03-17 20:36
♪kemukemuさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
この映画を観たのは随分以前のことになるのですが、
未だに冒頭の馬が走るシーンや風の音、あの一本の木を巡って
また帰ってくるシーンなど、濃密に、ねっとりと、印象に残っています。
タル・ベーラ監督、これが最後の作品というのは残念でなりません。