ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ポエトリー アグネスの詩 -2- Poetry

ポエトリー アグネスの詩 -2-
Shi(詩)
Poetry

f0165567_5584797.jpg

(C)2010 UniKorea Culture & Art Investment Co. Ltd. and PINEHOUSE FILM. Allrights reserved.

イ・チャンドン監督は本作「ポエトリー アグネスの詩」についてこう語っています。

詩が死に行く時代。
その喪失を嘆く者。死んで当然だというものがいる。
それでも人々は詩を書き、読み続ける。

では、暗澹たる未来が前にあるとき、
詩を書くことにどういう意味があるのか。
私はそれを観客に問いかけたい。


そして、詩についてはこう語っています。

人生の中に潜んでいる美を追求しようとする態度そのものを“詩”と呼んでいいと私は思っています。

さあ、いったいどんなストーリーなのでしょうか。


f0165567_661754.jpg

ストーリー
川遊びをする子どもたち。陽射しに煌めく川面をゆっくりと何かが流れてきます。
中学の制服を身につけた少女の物言わぬ身体でした。

釜山で働く娘の代わりに中学3年のジョンウクを育てている66歳のミジャは、
腕の痛みで受診した病院で、物忘れの方が心配だから精密検査を受けることを勧められます。
ミジャが携帯電話で娘と楽しげに話しながら病院から出た時、
救急車の前で1人の女性が放心したように立っていました。
川を流れてきた女子中学生の母親でした。

   ミジャが詩作教室の広告に目をとめたのはその帰り道のこと。

帰宅後、孫のジョンウクに自殺した少女のことを尋ねますが、「知らない」と素っ気ない返事。

   子どもの頃、「将来は詩人になる」と言われたことを思い出したミジャ。
   彼女は詩作教室を受講しようと決心します。

f0165567_63489.jpg教室で、講師は語ります。
「詩は見て書くものです。人生で一番大事なのは見ること。世界を見ることが大事です」
この言葉に従って、リンゴを眺め、公園の樹木をみつめ、心に浮かぶことを手帳に書き留めるミジャ。

そんなとき、孫の友人の父親がミジャに連絡してきました。
そして、彼女は孫たち仲良し6人グループの保護者の集まりに連れていかれます。
そこで知らされた衝撃の事実。
自殺した少女は数ヶ月前から彼らから性的な暴行を受けていたというのです。
慰謝料を支払い、穏便にことを収めようとする父親たち。
しかし、ミジャにはそんなお金はありません。

自殺した少女はアグネスと言う洗礼名を持つクリスチャンでした。
彼女の慰霊ミサに出席したミジャは教会の入口に置かれていたアグネスの写真を持ち去ります。

f0165567_681835.jpg

孫をしかることも、泣きわめくこともせず、沈黙を保っていたミジャですが、
以前と変わらず自堕落な生活を続ける孫に詰問します。孫は相変わらず無反応なまま。
いつしかアグネスの足跡を辿るようになるミジャは…

娘に代わって中学生の孫息子を育てるミジャ。
最近物忘れが激しく、医者からアルツハイマーの検査を受けるように言われたミジャ。
介護ヘルパーをする老人のたっての願いを聞き入れ、身体を交えるミジャ。
詩の集まりを通じて出会った1人の刑事との友情にも似た心の通い合い。
思いもかけない出会いやできごとを通じて、静かにどこかへ向かうミジャの日常。

66歳の主人公ミジャの人生と詩の創作。
アルツハイマーのためゆっくりと言葉を失いつつあるのに、詩など書けるのか。
詩を描いた映画?いったい何が面白いのか。

と、憎々しくつっこみながら観始めたのですが、なぜかストンと胸におさまっていきました。
そして、ミジャの決断に感動までしていました。

f0165567_616516.jpg

つらい現実に真正面からぶつかっても痛いだけ。
いずれにせよ生きていかねばならないのなら、ことさらに声を荒げず、
現実の人生を静かにみつめ、川が流れるように、木の葉が風に揺らされるように、
するりと穏やかに生きていけばいいのでしょう。

それでも筋を通したミジャにまたまたただならぬものを感じてしまいました。
この映画そのものが新しい文体を獲得した詩なのかもしれません。





今日もポチッとしていただければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月6日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

ポエトリー アグネスの詩
脚本・監督/イ・チャンドン、プロデューサー/イ・ジュンドン、エグゼクティヴ・プロデューサー/ヨム・テスン、チョイ・ソンミン、撮影/キム・ヒョンソク
出演
ユン・ジョンヒ/ミジャ、イ・デビッド/ジョンウク、キム・ヒラ/カン老人、アン・ネサン/ギボムの父、パク・ミョンシン/ヒジンの母、キム・ヨンテク/詩作教室講師キム・ヨンタク
2月11日(土)銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館他全国順次ロードショー
2010年、139分、韓国、韓国語、カラー、日本語版字幕/根本理恵、提供・配給/シグロ、キノアイ・ジャパン、配給協力/クレストインターナショナル、http://poetry-shi.jp/

by Mtonosama | 2012-02-06 06:30 | 映画 | Comments(10)
Commented by すっとこ at 2012-02-06 07:32 x
あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!

殿様の名調子を

   <この映画そのものが
    新しい文体を獲得した 
    詩
    なの  かも

    しれません。

こうやって区切ったら
私などには
もう



散文

映画解説


区別が わかりません。


来月飛行機に乗る:NY⇔成田
なので、光栄が是非上映してて欲しいです!!

殿様の名調子、次号UPを待っています!

Commented by Mtonosama at 2012-02-06 09:01
♪すっとこさん

おお、来月帰国ですね!
ミジャさんの映画、飛行機でやってるかなぁ、やってるといいなぁ。

またまた、い~っぱい飛行機で映画が観られますね。
気をつけて帰ってきてください。
Commented by Tsugumi at 2012-02-06 17:32 x
予告編見ました。
とのさまの
つらい現実に真正面からぶつかっても痛いだけ。
いずれにせよ生きていかねばならないのなら、ことさらに声を荒げず、
現実の人生を静かにみつめ、川が流れるように、木の葉が風に揺らされるように、
するりと穏やかに生きていけばいいのでしょう。
の言葉に感動。。

私は詩には縁なく過ごしてきましたがうちのだんな様ときどき訳のわからない英語口ずさみます。
私、今なんて言ったの?と聞くとイギリスの詩です。
そうですか。。私には理解のできない世界です。
日本語の詩ならば少しは理解できますが・・・

この映画見てみたいです。
Commented by poirier_AAA at 2012-02-06 20:06
↑でTsugumiさんも書いていらっしゃいますが、
>いずれにせよ生きていかねばならないのなら、ことさらに声を荒げず、
現実の人生を静かにみつめ、川が流れるように、木の葉が風に揺らされるように、
するりと穏やかに生きていけばいいのでしょう。>
という言葉に、いろいろなことを考えてしまいました。

でもそこに「決断」「すじを通す」という厳しい言葉も出てくるのですね。ミジャという女性、この穏やかそうな女性がどういうふうに信じたくない現実と向き合ったのか、本当に観てみたいです。

調べてみたら、もうDVDになっていました。ダウンロードでも買えるみたいです。まずは図書館で捜してみます。
Commented by Mtonosama at 2012-02-06 20:09
♪Tsugumiさん

だんな様、さすが英国人です。
ワーズワーズを生んだ国のお方ですね。
やはり小さい時から暗誦していらっしゃるのでしょうか。
素敵です♡

いろんなことが起こる人生。
わたしも詩を口ずさんで通り抜けていきたいです。
Commented by Mtonosama at 2012-02-06 20:14
♪poirier AAAさん

自分で書いておきながら「ああ、穏やかに生きたい」と
思ってしまいました。

フランスもDVDになるのは早いんですね。
そっか、図書館という手もあるのですね。

良い映画でしたよ。
Commented by ライスケーキ at 2012-02-06 21:08 x
「事件」には孫が関わっていたのですか。  辛いなぁ。

アルツハイマーですか。  辛いなぁ。

タイトルは「ミジャの詩」ではなくて「アグネスの詩」なんですよね。
彼女どんな 「詩」を残したのでしょう。

誠実に日々を生きていても 
人生最後まで何が起こるか分からない。
私も「するりと穏やかに生きていきたい」です。


Commented by Mtonosama at 2012-02-07 06:58
♪ライスケーキさん

小さくて可愛い可愛いだけだった孫も成長するとね・・・
これも日常、あれも日常。
人はずっと同じ幸せな状態の中で生きてはいけないんですよね。
当たり前だけど。

邦題は「ポエトリー アグネスの詩」だけど、原題は「詩」。

気になりますよね。
Commented by まやぞー at 2012-02-07 23:00 x
予告編をみて、始めはアルツハイマーと戦いながら、
孫を育て、詩を愛し始めるというほんわかした雰囲気の作品かと思いきや…

驚きました。こんな事件が本当にあったようですね。

性暴力、加害者の家族というのは重いテーマです。

なかなか観る勇気が…
絶対泣いちゃうな…
Commented by Mtonosama at 2012-02-08 06:37
♪まやぞーさん

韓国で大きな問題となった事件だそうです。

被害者の側は母親が、加害者の側は父親が出てくるところが、
こういう問題の根本を描いていると思いました。
男女、貧富、弱い立場、強い立場。

人権、人権と声高に叫ばず、詩作と絡ませて表現するところなどすごい監督です。

今回は泣きませんでしたよ。
感動しましたけど。
まやぞーさん、また泣いちゃったら教えてくださいね(^_-)