ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

Pina  ピナ・バウシュ踊り続けるいのち -2-

Pina
ピナ・バウシュ踊り続けるいのち -2-
Pina

f0165567_711320.jpg

©2010 NEUE ROAD MOVIES GMBH,EUROWIDE FILM PRODUKTION

先日ローザンヌ国際バレエ2012で高校2年生の菅井円加さんが優勝しました。
クラシック部門でも、コンテンポラリー部門でも圧倒的な1位だったといいますから、
なんとも誇らしいことです。

ピナ・バウシュのダンス、そして、その振付はローザンヌ国際バレエ風に言えばコンテンポラリーなものです。
すいません。ザツで。

次の動きが予測できないダンス、
あ、危ない!と息を呑むダンス、
泥にまみれ、
水を浴び、
一列縦隊になって、鉱山の廃墟を歩く。

肉体が躍動し、感情が動きになり、心が踊りになる。
身体と頭と心がひとつになって表現されるダンス。なんとも圧倒されます。

でも、ダンスとの一体感を味わうためには
やっぱりダンサーの呼吸や汗や筋肉の動きが間近に見られることが必須だと思うんです。

実は、「リトルダンサー」(‘01日本公開)に刺激されて、
アダム・クーパーが出演する「白鳥の湖」をオーチャード・ホールへ観にいったとの。
もちろん舞い上がる気分でしたが、やはり座席からステージまでって遠いんですね。

ああ、近くで観たい!

そんな欲張りでわがままな気分を満たしてくれたのが、本作。
おお、筋肉が見える!うわ、挑発するようなダンサーの表情が迫ってくる。
ステージ前列から後までの奥行感がスゴ過ぎる。
これぞ3Dの威力であります。

f0165567_7171083.jpg

舞台よりも激しい臨場感。まるで私たちがステージに立っているようです。
それを可能にしたのが3Dクレーンカメラ。
伸縮自在のクレーンの上に大型スタジオカメラを装着し、
そのクレーンを客席に設置するという手法です。

ヴィム・ヴェンダース監督は何度もテスト撮影を重ね、
さらには「アバター」(‘09 ジェームズ・キャメロン監督)を観て研究。

2009年10月に撮影を開始し、ピナ自身が映画化のために選んでいた作品
「カフェ・ミュラー」「春の祭典」「フルムーン」の3作が
ヴッパタールのオペラハウスに観客を入れたライブとして、ノーカットで収録されました。

f0165567_7193647.jpg

3Dの進化は日進月歩です。
翌年4月に撮影された「コンタクトホーフ」の時には
小型軽量カメラを取り付けたステディカムを使用することが可能になっており、
ダンサーは空間全てを使って踊ることができ、3D効果で観客が知覚的に感じられる空間もさらに広くなりました。

ステージ上でのライブはもちろん、
森の中で、海辺で、モノレールや車が行き交うヴッパタールの市街地で繰り広げられるダンス。
なかでも、圧倒されたのは鉱山の跡地にできた山の稜線を盛装したダンサーたちが
Fruehling,Sommer,Herbst,Winter(春、夏、秋、冬)と口ずさみながら歩いていくシーンです。

映像としての美しさと
ヴッパタールが位置するルール工業地帯の廃墟とダンサー集団が
なんともいえない不思議な感覚をよびさましてくれます。
まさにピナとヴェンダースのコラボレーション、ここに極まれりというところです。

もう、こればっかりは観ていただかないと始まりません。
ダンスばかりはステージ直近でないと満喫できないとお考えの皆さま、
是非3Dの真価を実感なさってください。





今日もポチッとしていただければうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月18日に更新しました。いつも応援してくださり、ありがとうございます☆

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

Pina  ピナ・バウシュ踊り続けるいのち
監督・脚本・製作/ヴィム・ヴェンダース、振付/ピナ・バウシュ、プロデューサー/ジャン=ピエロ・リンゲル、アート・ディレクター/ペーター・パブスト、芸術コンサルタント/ドミニク・メルシー、ロベルト・シュトルム、衣装/マリオン・スィトー、舞台・衣裳デザイナー/ロルフ・ボルツィク、撮影/エレーヌ・ルヴァール、編集/トニ・フロッシュハマー、音楽/トム・ハンレイシュ
出演
ピナ・バウシュ、ヴッパタール舞踊団のダンサーたち
2月25日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿バルト9、横浜ブルク13など全国順次3D公開
2010年、104分、ドイツ・フランス・イギリス映画、字幕翻訳/吉川美奈子、提供・配給/ギャガ、後援/ドイツ連邦共和国大使館
http://pina.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2012-02-18 07:26 | 映画 | Comments(8)
Commented by すっとこ at 2012-02-18 09:02 x
んんんんんんがぁぁぁぁああああああああああああああああああああああああああああ!

殿様の名調子で
これだけ
ぐいぐいぐぐいぐいぐいぐいぐい
3D散文で迫られたら

あぁっ あっ あっ はぁぁああああああ
観ます観ます堪忍してください!
と言ってしまいます。

NYリンカーンセンターの
メトロポリタン・オペラを天井桟敷から
オペラグラスで観ていただけなので
本気でこれ観たいです。

ああJALの機内でやらないかなぁ・・・・
(こればっかり)
次号UP楽しみです!
Commented by Mtonosama at 2012-02-19 06:03
♪ すっとこさん

メトロポリタン・オペラだもんなぁ。すっごいなぁ。

オペラは遠くの席でもいいから、ドレスアップして行ってみたいですわ。
でも、盛装するとなるとやはり良いお席かしら。
オーホホホッホ。

せめて映画館でかぶりつき、ってとこにしておきましょう。
わたしの場合は^_^;

JAL機内でやるといいですね。
Commented by ライスケーキ at 2012-02-19 13:08 x
3Dクレーンカメラですか。実物より迫力あるかも。
文章読んでるだけで 躍動感でクラクラしてきました。 これは 大きなスクリーンで観なきゃね。
Commented by Mtonosama at 2012-02-20 07:15
♪ライスケーキさん

3Dクレーンカメラってすごいですね。
映画撮影か工事現場かって感じでしょうか。

そうそう、こればっかりは映画館の大きなスクリーンで観ないと。
Commented by tsugum at 2012-02-20 16:24 x
予告編見ただけで素晴らしい肉体に感動・・否ダンスにでした(苦笑)

あ~~これ大きなスクリーンで3Dで見てみたいです。。


そういえばとのさま体調はよくなりましたが?
Commented by Mtonosama at 2012-02-20 20:24
♪Tsugumiさん

でしょ、でしょ?
この映画、新宿バルトで試写会があったんですけど、
やはり大きなスクリーンで観て圧倒されました。

ご心配をおかけしました。
おかげさまで随分良くなって、今日は久しぶりにお酒も
呑むことができました(^^)/
Commented by poirier_AAA at 2012-02-20 20:44
ダンサーの体って、何回見てもすごいものだなぁと感心します。人間の体にここまで能力があるんだと目が開く思いです。予告編だけでも圧倒的ですよね。

こちらにも名画座みたいなものは結構ありますよ。家の徒歩圏内にも一つあります。値段は600円くらいでしょうか。いつも格安チケットの使えるロードショー館に行き慣れているので、ついその600円が惜しんでしまうんですけど、これはやっていたら行ってみようと思います。
Commented by Mtonosama at 2012-02-21 06:46
♪poirier AAAさん

予告編の中で椅子を倒しながら進むダンスがありましたが、
あの椅子が倒れるシーンってとっても気持が良くって好きです。
身体だけでなく心も解き放たれるような感じ。

身体能力のもの凄さと共に「コンタクトホーフ」を踊るダンサーたちの鎖骨の美しさといったら♡

あ、余計な言葉は要りませんよね。

お近くの名画座に来たら是非体感なさっていただきたいです。

それにしても名画座が600円くらいとは・・・・・
安くて良いですね。