ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

アリラン -2- Arirang

アリラン -2-
Arirang

f0165567_655197.jpg

(c) 2011 KIM Ki-duk Film production.

「アリラン」。わたしたちもよく耳にする朝鮮民謡です。
一説によれば「アリラン」の<ア>は<我>、<リ>は道理の<理>で「自らを悟る」という意味があるのだそうです。

キム・ギドク監督はカンヌ、ベルリン、ヴェネチアの世界三大映画祭を制覇し、
いまや世界中から新作を期待される人物です。
それが、2008年
オダギリジョーを主役に迎えた「悲夢」の撮影中に起きた事故を
きっかけに映画界から姿を消してしまいました。


(C)2008 KIM KI DUK FILM All Rights Reserved
f0165567_675378.jpg 「悲夢」
別れた恋人の夢を見る男と、彼の夢と同じ行動を実際にしてしまう夢遊病の女が出会う。「夢」に翻弄される男女の狂おしい愛を描いたラヴ・ストーリー。
この「悲夢」の撮影中に起きた事故。
それは、女優イ・ナヨンが演じる主人公「ラン」が留置場の窓で首吊り自殺を試みるシーンでの事故でした。

このシーンで、実際に女優の首が絞まってしまったのです。
急いで監督が救出し、ことなきを得ましたが、
ショックを受けた監督はその後、制作活動ができなくなってしまいました。

海外からは高い評価を受けながら、国内ではあまり評価されることがない監督。
そうした毀誉褒貶のギャップや撮影中の事故。
3年間の沈黙の間、ギドク監督は何を考えていたのでしょうか?

f0165567_6132853.jpg

1人で山中の小屋にこもっていた監督。
彼は、その間の想いをカメラに向かって語り始めました。

ボサボサ頭の薄汚いおっさんが小屋のテラスで歯を磨き、
雪の畑へスコップを持って出ていき、穴を掘ってしゃがみこみます。
あるいは鍋から直接ラーメンを食べ、ひとり酔っ払って高歌放吟。
寝るのは小屋の中に張ったテント。

そんな非日常的な日常を自ら撮影し、自ら撮られ、
その内、撮影者キム・ギドクと出演者キム・ギドクが語り始め、問いかけ、答え、
揚句、心理分析まで始めます。
ドキュメンタリーだから、ひび割れたかかと、垢じみた姿、排便シーンも仕方ないか、
と当惑気味にスクリーンと相対していると、
おやおや、今度はピストルを持ちだし、車で街に出ていきました。
あ~、発砲しちゃいましたよ。
ドキュメンタリーと思ってみていた映画がなにやらサスペンスのような展開に。

ひきこもっていたとはいっても監督は根っからの映画人なんですね。

f0165567_6155072.jpg

ギドク監督にとって、「悲夢」撮影中に起きた事件はとてもショッキングだったのでしょう。
女優さんは助かったんだから、なにもそこまで落ち込まなくても、と思うのですが、
これまでの人生ずっと走り続けながら、何かを求めてきた監督。
「悲夢」までの12年間毎年1本映画を撮り続けてきた監督の中で、
彼を張りつめさせていた糸がプツンと切れてしまったのだと思います。
ギドク監督にとって、この事件はそれほど重いものだったんですね。

山にこもり、畑を耕し、自給自足の暮らしを続けるかと思わせた監督が、
結局自分から飛び出してきた映画の世界へ、映画を撮るという形で戻っていきました。
映画を撮影することはギドク監督にとって食べたり、排便したり、酒を呑んだりということと同様、
生きることそのものだったようです。

ギドク監督であれ、誰であれ、人は自分が一番好きなことを守り通すことでしか、
苦境を脱することはできないのかもしれないのだなぁと再認識させられました。

そして、「アリラン」は2011年カンヌ映画祭「ある視点」部門の最優秀作品賞を受賞。
続けて、同年「アーメン」をサン・セバスチャン国際映画祭コンペティション部門に正式出品。

まずは、おかえりなさい。キム・ギドク監督。






今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月7日に更新しました。いつも応援してくださり、ありがとうございます☆

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

アリラン
脚本・監督・製作・撮影・録音・編集・音響・美術/キム・ギドク
出演
キム・ギドク
3月3日(土)シアター・イメージフォーラムにてロードショー
2011年、91分、韓国、配給/クレスト・インターナショナル
http://www.arirang-arirang.jp/

by Mtonosama | 2012-03-07 06:32 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2012-03-08 00:50 x
ぉぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

殿様の名調子ったら!!

  <映画を撮影することはギドク監督にとって
   食べたり、排便したり、酒を呑んだりということと同様、
   生きることそのものだったようです。

ここで ぉぉぉおおおおおおおおおおとなってしまいました。

いったい自分にとっては何が生活そのものだろうか?


殿様は   映画を語る
と 見せかけて

あなたの人生って?

問いかけてはいませんか?


おそるべし殿様の試写室!
次号が楽しみなような、怖いような・・・・・・。

   非夢はじゃあ完成されなかったのでしょうか?
   オダギリジョー 出てたんですね。
Commented by Mtonosama at 2012-03-08 06:18
♪すっとこさん

いつも過分なお言葉をいただき、恐れ入ります<(_ _)>

ところで、オダギリジョー大好きです♡
でも、「悲夢」は観てませぬ。
オダギリージョーさまは日本語のせりふを話し、韓国側の
俳優さんは韓国語を話す、という映画だったらしいです。

ギドク監督、とってもエキセントリックな方のような気がします。
韓国では受け入れられていないということですが・・・・・

でも、私はやっぱり観てしまうんですねぇ。
Commented by Tsugumi at 2012-03-08 07:48 x
うちのだんな様のかかとの心配ありがとうございます。
暖かくなってから大丈夫です。

ギドグ監督は映画の申し子のようなお方(映画は見てませんがとの様の説明でわかります)

しかし本国韓国では受け入れられていない。。日本の芸術家でもそんなお方がいたような。。。

海外で評価がますと逆輸入と言うこともありますから期待大ですね。
Commented by Mtonosama at 2012-03-08 08:56
♪Tsugumiさん

だんな様、ギドク監督みたいなかかとはおさまってきたんですね。
よかったです。

私も最近まで足の裏のかたい所が切れて歩くと傷口が開き、
ギャーッと飛び上がる程痛かったものですから。
それが湯上り直後にクリームを塗ればいいという簡単なことに気付いてからは随分良くなりました。

ギドク監督、本国でも受け入れられるといいんですけど。
Commented by poirier_AAA at 2012-03-08 23:59
う〜ん、ギドク監督、かなりエキセントリックな方とお見受け致しました。

昨夜「ポエトリー」を見ていて思ったんですけれど、韓国も日本と似て「なんとなく皆いっしょ」という雰囲気が強い社会なのでしょうか。とすると、ギドク監督のように個性的な人は生き難いのかもしれないですよね。

そこにいくと、フランスあたりは芸術家の奇人変人ぶりの許容範囲が少しは広いのかもしれないなぁと思ったりします。

すぐお隣の国だし人の顔も似ているのに、似ているかと思うとすごく違っていたりして、韓国ってまだ自分にとっては掴みどころがない感じです。(ちょっと当惑中)
Commented by Mtonosama at 2012-03-09 06:04
♪poirier AAAさん

「ポエトリー」ご覧になったんですね♪
パリの夜に鑑賞する韓国映画「ポエトリー」。
静かな一夜をお過ごしになったことと拝察いたします。

フランスでは芸術家の奇人変人への許容範囲が広い、とのこと。
ギドク監督が海外で評価が高く、本国ではそれほどでも…という
理由なのかもしれませんね。