ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

種まく旅人 ~みのりの茶~ -2-

種まく旅人 ~みのりの茶~ -2-

f0165567_630323.jpg

©「種まく旅人~みのりの茶~」製作委員会


桃栗3年、お茶7年というのだそうです。

桃栗3年柿8年はよく聞きますよね。
時期が来ないことには実もつかない。何事も待たないことには成就しない、という例えだとか。
お茶つくりも大変なのです。

ヤフーの知恵袋にありました。
桃栗3年柿8年、
梅はすいすい13年、
柚子は大ばか18年、
りんごニコニコ25年、
女房の不作は60年、
亭主の不作はこれまた一生、
ああ、こりゃこりゃ♪

そっかぁ、とのは大変な不作を抱え込んでしまったんだなぁ。
って、ここで嘆いてどーする。

亭主の不作はともかくとして、農業は日々努力の積み重ね。
ま、生きていくということはそういうことなのでしょうが。
どんなに大変でも、生きているもの、成長していくもの、
手をかければかけるほど応えてくれるものを相手にする農業というお仕事は
収穫の喜びもひとしおでしょうね。

f0165567_632290.jpg

ヒロインのみのりさんはファッションのお仕事はリストラされてしまったけれど、
どんな新天地を切り拓くことになるのでしょう。


ストーリー
農林水産省官房企画官・大宮金次郎。
本職は明かさず、日本国中の農家を回って畑仕事を手伝っては、美味しい酒と肴を楽しむ男。
役所では変わり者で通っていますが、各地のお百姓さんの間では風来坊の金ちゃんと呼ばれる人気者です。しかし、彼が農家の本音をレポートにまとめ事務次官に提出していることは省の幹部しか知らない事実。
そんなある日、大宮に大分県行きの辞令が。役職は臼杵市役所の農政局長。
個々の農家の声を聞くだけではなく、大局からものを見ること。新しい農薬を普及させること。
それが彼に託された任務でした。

大宮金次郎は大分着任後、すぐさま旧知の製茶農家、森川修造を訪れます。
この年は森川製茶にとって有機栽培に変えて初めての収穫の年。
有機農法は手間はかかるけれど、より安全で自然の恵みに溢れた農法で、
先年亡くなった修造の妻がずっと描き続けた夢でもありました。
東京から来ていた修造の孫娘みのりの接待で、盛り上がる2人。
ところがその翌朝、修造は心臓発作で倒れてしまいました。

東京のアパレルメーカーのデザイナーを辞めたみのり。
農園カフェを営む友人と会うため大分に来ていて、祖父の入院につきそうことになってしまいました。
そんな彼女を市役所農政課の職員・木村が訪問。木村によれば、祖父は有機農法に転向する際、
県の助成事業から多額の融資を受けていました。
みのりは金次郎に相談し、人手がみつかるまで農作業をひきうけることを決意します。

都会育ちのみのりに15反の畑を世話することができるのでしょうか。
無農薬栽培ゆえ虫やら雑草やらとの格闘。みのりは毎朝指示を出してはどこかへ消えていく金次郎や、時々様子を見にくる市役所の木村から、育てることの楽しさや有機農業の厳しさを教わるのでした。

一方、農政課では市の農業政策をめぐって様々な意見が飛び交っていました。
そんな中、金次郎はみのりの茶畑で出会ってしまった農政課の木村と役所内では顔を合わせないようにしながら、大規模茶園や農薬のPRなどを渋々こなしていました。
そして、木村は有機農業に消極的な上司と行政支援を求める有機農業派の生産者の板挟みになって頭を抱える日々。

さあ、そんなこんなでバタバタしながらも時は移り、茶摘みの季節がやってきました。
みのりが育てた茶葉は昔ながらの美味しいお茶になるのでしょうか……

これはまた新しいジャンルの映画です。
若い農業者たちの熱い想いあり、有機農業と大規模農業との対立あり、父と子の相克あり。
そして、「背中のこの刺青に覚えがないとは言わせねえぜっ」という遠山の金さんばりの拍手喝采シーンあり。
人情味にあふれる農業映画です。
パンフレットにはオーガニック・シネマなんていうキャッチフレーズも躍っていますけどね。
シリーズにしても楽しいんじゃないかなって思わせる映画でした。

しかし、それにつけても、
こういう想いで手をかけてきた作物を放棄しなければならなかった福島の農業生産者の
皆さんの無念とご苦労をあらためて認識しました。





今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月13日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

種まく旅人 ~みのりの茶~
監督/塩谷俊、撮影/阪本善尚、原案/青葉薫、脚本/石川勝己、音楽監督・篠笛/狩野泰一、音楽/宮本貴奈、主題歌/中村中
出演
陣内孝則/大宮金次郎、田中麗奈/森川みのり、吉沢悠/木村卓司、柄本明/森川修造、永島敏行/太田忠志、石丸謙二郎/森川修一、寺泉憲/市長、中村ゆり/栗原香苗、林美智子/衛藤フジエ
3月3日(土)大分・福岡先行ロードショーに引き続き、3月17日(土)有楽町スバル座他全国ロードショー、2011年、日本映画、121分、配給/ゴー・シネマ、www.tanemaku-movie.com

by Mtonosama | 2012-03-13 06:55 | 映画 | Comments(12)
Commented by よっしー at 2012-03-13 11:18 x
農業映画おもしろそうですね*あっしもタネをまいてみようかな・・・^^
Commented by Mtonosama at 2012-03-13 14:28
♪よっしーさん

そうそう、あのタネをまいてみてくだされ。
しかし、問題はどこにまくか、ですね……
場所によっては、トメさんの毛皮がシラミ卵状態になるし
(イヤ~~ッ、あの話をまた鮮明に思い出してしまったぁ)
Commented by poirier_AAA at 2012-03-13 18:35
その1の最初の写真と「みのりの茶」というタイトルがCMっぽくて(ほんとに、このままCMに使えそうですよね)、なんだか軽いノリの映画なのかなぁという感じをうけたんですが、その2を読んで印象が変わりました。

有機農業に踏み切るのも続けるのも、きっととても大変なことだと思うんです。それに自分だけのことではなく、まわりの思惑もありますし。こういう農業をめぐる話を聞いてみたいなぁと思いました。陣内さんの役も面白そうですよね。

やっぱり食べ物をおそろかにしちゃいけないと、最近とても思います。この映画、フランスには来ないかなぁ。。。。
Commented by ライスケーキ at 2012-03-13 20:02 x
作物は収穫して はじめて収入になるんですね。

あと1.2週間で収穫 と言うときに台風が来てほとんど全滅。
リンゴ農家の姿をTVで見ると
「傷んだので良いから買いたいなぁ」と思います。

日本の食料自給率ますます下がっているようです。
日本の農家 がんばれ!
Commented by Mtonosama at 2012-03-13 21:04
♪poirier AAAさん

みのりのなんとか、ってなんかCMっぽいですよね。

農業映画って新しいジャンルだと思いました。
フランス映画では農業ドキュメンタリーってかなり一般的ですけどね。
農業国のフランスでも、農業ドキュメンタリーはあっても
農業映画はまだないような気がするんですが、どうでしょう。
Commented by Mtonosama at 2012-03-13 21:08
♪ライスケーキさん

リンゴにこにこ25年。
リンゴって実るまでに25年もかかるんですね。

農業ってお天気次第ですから大変ですよね。
そこに今回はお天気以外の要因が加わったんですもんね。
Commented by 薄荷グリーン at 2012-03-14 01:46 x
こんばんは!

お誕生日おめでとうございます!
これからの一年がとのさんにとって実りの多い一年でありますように。

農業、それもお茶っていう結構特殊といえば特殊な分野で物語が作れるかというのは、脚本家なんかにとっても挑戦し甲斐のあるテーマじゃなかったかなと思ったりしました。わたしはホームドラマとかを書ける脚本家って結構尊敬するんですよね。基本的にモンスターに追いかけられるわけでもないし、単調な日常が続くだけの世界で物語を組み上げていくわけだから。
農業ってこういう風に見てみると物を作るという点では絵を描いたり文章を書いたりするのと変らないところがあるのかなと、努力が作品として上手く実を結ばなかったりする落胆とか、苦労の末に出来上がったものを前にする喜びとか共通してそうな気がします。

陣内孝則はわたしにとっては久しぶりに見る感じかな。柄本明は性格俳優の印象になってるけど、わたしは東京乾電池の柄本明の印象がまだ残ってます。ああいうのをまたやる気はないのかなぁ。
Commented by Tsugumi at 2012-03-14 05:40 x
これから畑始めようとしている私にぴったりの映画ではないですか(爆)

見に行きたいですが・・・うちの近所の映画館で上映されるのかしら・・・

DVDを待ちますか。。そのころにはうちの畑になにがしかの野菜が・・・できてるはず。。
Commented by Mtonosama at 2012-03-14 07:03
♪薄荷グリーンさん

ありがとうございます。
去年の誕生日は地震に埋もれ、津波に流され、
放射性物質にまみれ、なくなってしまったような気がしたので、
今年は恥ずかしげもなく、ブログ上に書いてしまいました。

誕生日ごときがなくなった位で文句を言ってはバチが
あたりますね。
でも、お祝いしてくださって、本当にうれしいです。

柄本明は最近は渋い性格俳優ですよね。豊臣秀吉とか。
そうそう、以前は結構はじけた俳優さんで笑わせてくれました。
Commented by Mtonosama at 2012-03-14 07:05
♪Tsugumiさん

そうでしょ?Tsugumiさんの教科書になるような映画だと思って(^_-)-☆

畑仕事が始まる春の来るのが楽しみですね♪
Commented by すっとこ at 2012-03-15 07:19 x
「誕生日お目でとーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーうございます!」

殿様無事芳紀38歳ますますのおんな盛りで
いらっしゃいますね!

これからも心にしみる殿様の名調子、楽しみに
しております。

NYから横浜へ戻ったら早速地震の歓迎にあいました。
それから花粉症も熱烈歓迎でしょうか、今朝から洟ずるずる
・・・あ、いけない映画内容からはずれてもうた。

みのりの茶、
いったいどのような展開に。
次号を楽しみにしています!
Commented by Mtonosama at 2012-03-15 11:17
♪すっとこさん

お帰りなさいませ。
そして、ありがとうございます。
え?38歳ですの?無事151歳になったとのです。

しかし、またまた、地震のお出迎えですね。
嵐を呼ぶ女、そして、地震を呼ぶ女、さらに、さらに、花粉症を呼ぶ女。すっとこさん。
お大事になさってくださいませ。