ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

僕達急行 A列車で行こう-2-

僕達急行 A列車で行こう -2-

f0165567_628330.jpg

© 2012『僕達急行』製作委員会

「A列車で行こう」というタイトルを見て、とのが連想したのはデューク・エリントン楽団のこれ。


Take the ’A’ Train

あ、通称「A列車シリーズ」というシミュレーションゲームがあるんだそうです。
ふ~ん、全然知りませんでした。世の中には知らないことが多いです。

しかし、本作はジャズやシミュレーションゲームを知らなくても楽しめるコメディ。
ゆったりとご満喫ください。


ストーリー
f0165567_6364199.jpg大手不動産会社・のぞみ地所の社員小町圭(松山ケンイチ)と町工場・コダマ鉄工所の二代目小玉健太(瑛太)は、ともに鉄道をこよなく愛する似たもの同士。ふとしたきっかけで知り合った2人は、すぐに気が合って仲良くなりました。
小玉は鉄道の「鉄」好き。
車両音が好きで、住居にも鉄道や電車が見える景色を求める小町。

彼は立派な高層マンションを販売する不動産会社社員でありながら、
町工場が建ち並ぶコダマ鉄工所の寮に入居します。
電車の音と共に眠りにつき、電車の音と共に目覚める理想的な住まいです。

ところが、転勤で九州支社に行くことに。
しかし、小町はめげません。なんといっても九州まで列車で行けるんですから。
九州支社開設以来、初めて飛行機ではなく、新幹線で着任した小町。
気のいい社員たちに気持ち良く迎え入れられます。

九州には、のぞみ地所がなんとしても口説けない大手企業がありました。
ここの社長・筑後雅也(ピエール瀧)は門司から先には断固出ないという九州大好き人間。
彼を口説き落とすため、本社から社長北斗めぐみ(松坂慶子)も乗り込んできました。
北斗社長の腰ぎんちゃく・天城勇智(西岡徳馬)も同行して夜の博多へ繰り出します。
小町も出かけましたが、この筑後社長、あまり酒席はお好きではない様子。

ある日、小町は東京からやってきた小玉と鉄道博物館へ。
なんと、そこでばったり顔を合わせたのが筑後社長でした。
なんとこの社長も大の鉄道好きだったのです。
これまたすっかり意気投合してしまった3人。
筑後社長との仕事はコダマ鉄工所も巻き込んで順風満帆。

f0165567_6385578.jpg

しかし、なにかがうまくいけば、なにかはうまくいかない、
というのがこの世の習い。小町も小玉も恋の方は仕事や趣味のようにはうまくいきません……

松山ケンイチも瑛太も、一生懸命だけど、ちょっと不器用で茫洋とした男の子をほのぼのと演じていましたよ。
松ケン演じる小町はブルー、瑛太演じる小玉はピンク。
このカーディガンの色分けにどんな意味があるのか、
今はもう森田監督に確かめる術はないけれど、なんかおかしかったです。

かたや小松帯刀、かたや平清盛と、NHK大河ドラマで重要な役を演じる2人ですが、
おとなしくてお行儀の良いいまどきの男の子を演じてもよく似合っていました。

あ~あ、旅に行きたいです。
ピンクのレンゲソウが咲き乱れ、青紫の花ダイコンが土手を彩る春満開の景色を
車窓から眺めつつ、駅弁を食べるっていいですよね。

鉄子ならずとも列車に乗って春の旅に出かけたいとのです。





今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月19日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

僕達急行 A列車で行こう
脚本・監督/森田芳光、撮影/沖村志宏、美術/和田洋、音楽/大島みちる
出演
松山ケンイチ/小町圭、瑛太/児玉健太、松坂慶子/北斗めぐみ、貫地谷しほり/相馬あずさ、村上絵梨/日向みどり、星野知子/日向いなほ、笹野高史/児玉哲夫、伊武雅刀/早登野庄一、ピエール瀧/筑後雅也
3月24日(土)より全国ロードショー、2011年、日本、1時間57分、配給/東映
http://boku9.jp/index.html

by Mtonosama | 2012-03-19 06:47 | 映画 | Comments(8)
Commented by すっとこ at 2012-03-19 08:02 x
あっりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああああああああああああ!

ほんとだ!
瑛太がピンク系で(シャツ姿もピンクのチェック)
松ケンがブルー系なのですね。
このパステル・カラーがふたりのほのぼのキャラに
ぴったりなのでしょう。

趣味を通じて普段は頑固な社長さんと仲良くなる・・・
ちょっと”釣り馬鹿日誌”を思い出しました。

後味のよさそうな楽しい映画みたいです。
こういう映画もいいですよね。

さて、次はどんな映画でしょうか?ワクワク。
Commented by Mtonosama at 2012-03-19 08:53
♪すっとこさん

そうなの、そうなの♪
ピンクとブルーなの。
ディズニーの「眠れる森の美女」だったかな。
ラストシーンで魔女たちが
「ピンク、ブルー、ピンク、ブルー」って
杖を振りながら魔法をかけるものだから、
王子様とダンスするオーロラ姫のドレスがくるくる色を変えて楽しかったわぁ。

ピンクとブルーは幸せだった子ども時代を思い出させてくれる色です♡
Commented by Tsugumi at 2012-03-19 09:01 x
これ絶対見ます。

でも劇場は難しいからDVDで。。。

瑛太がピンク系で松山ケンイチがブルー。

映画全然見てないのにこの二人カップル?と思っちゃいました(爆)

だっていろんな記事の写真の瑛太なよッちいんだもの。。

実際に見て確かめてみます。
Commented by Mtonosama at 2012-03-19 20:18
♪Tsugumiさん

たしかに、瑛太はなよっちいかも^_^;
松ケンが体格良いからかもしれないけど。

ピンクとブルーってカップルのペアルックですよね。
うん、監督の狙いはそこかも(笑)
Commented by poirier_AAA at 2012-03-19 20:43
憎めないですねぇ、こういう人達。実際に近くにいたら困っちゃうかもしれませんけれど。

息子たちが軽い鉄ちゃんです。そういう話を日本に帰ったときに飲み会でしたら、まわりの男の人達が鉄道話で盛り上がってしまいました。○○系とか車両番号(記号?)みたいなのに詳しいんです。この車両は○○だから乗っていると音が違う、隣じゃなくてこっちの車両に乗ろうとか言うんですよ。目が点になりました。

この2人みたいに素直に育った感じの青年って結構好きです。でも、息子にはマニア寸前で止めておいて欲しいかも。
Commented by ライスケーキ at 2012-03-19 20:49 x
電車の映像観ているだけで 電車で旅がしたくなりました。

感動作品、シリアス作品、大恋愛作品、大泣けてくる作品
いろいろあるけれど こんなに喜楽に楽しめる作品も良いですね。
Commented by Mtonosama at 2012-03-20 07:08
♪poirier AAAさん

そうなんですよ。とっても楽しそうなんですよね。
時々、電車の中で指差し確認しながら「出発進行」なんて
やってるお兄さんがいますよね。
幸せそうで見ているこちらもニコニコしちゃいます。

poirierAAAさんの目撃した音鉄(?)もすごいですね。
車両で音が違うんですか!
今度、電車に乗ったらじっくり聴いてみます(笑)

Commented by Mtonosama at 2012-03-20 07:10
♪ライスケーキさん

ね、春の田園風景の中を一両編成の小さな電車で
ゴトンゴトンと揺られていきたいですよね。

なんか、暖かくなってきたからやたら外へ出たい気分です。
やはり私はクマなのか?あるいはヘビか、カエルか^_^;
春ですねぇ。