ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

核の傷  肥田舜太郎医師と内部被曝 -2- Blessures Atomiques

核の傷  肥田舜太郎医師と内部被曝 -2-
Blessures Atomiques

映画『核の傷』

本作はフランス人マーク・プティジャン監督が2006年に制作したもの。
ナレーションは日本語ですし、肥田舜太郎氏も日本語で語るし、
一瞬日本の作品かと勘違いしてしまいます。


f0165567_6381127.jpg
しかし、フランス人の作品でした。
とはいえ、原爆、放射線を扱ったテーマゆえフランスのテレビ局からは製作費を得られず、
自費で制作したとのことですが。

まず、広島市内を肥田氏が歩くファーストシーンを観て、
その矍鑠(かくしゃく)とした姿に驚きました。
映画製作時は6年前なので、氏もまだ89歳ですが、
それにしてもお若い。
声も張りがあって、戦後67年、被爆治療にかけてきた強さを感じます。



    ナレーションを担当した染谷将太さん

映画は肥田舜太郎氏の言葉と活動、原爆投下後の広島の映像やABCC(原爆傷害調査委員会)資料写真、
そして、アーネスト・スターングラスというピッツバーグ医科大学放射線科放射線物理学名誉教授への
取材から構成されています。


アーネスト・スターングラス
1923年ドイツ生まれ。14歳のとき、ナチスの迫害からアメリカへ移住。1952年からウェスティングハウス社の原子力開発研究所に勤務。1967年よりピッツバーグ大学の放射線物理・工学研究所を指揮し、放射線画像診断における線量を低減させる新しい投影技術の開発。また核実験による放射性降下物と原子炉からの放射性廃棄物による人体の健康、特に発達中の胎児や幼児への影響について広範な調査を行った。

肥田氏、スターングラス氏の発言は驚くべき内容でした。
知りたくない人、知るのが怖い人もいらっしゃるでしょう。とのもそうです。
でも、過去にこういうことがあったし、現在も解決はされていないし、
今、なんとかしないと未来もこのままだと考えたら、
どんなに怖くても知らなくてはいけないのだなと思いました。

肥田氏が広島の原爆についてこんなことを語っています。
「(原爆を投下した理由の)ひとつはソビエトに対する威嚇ですね。
原爆という爆弾を人間に使ったテストなんですよね」

ショックを受けたのは次の言葉でした。

「人体実験だったという証拠のひとつは落とした時間なんです。
8時15分という時間に爆発させるということ。
広島市にいる人間がおおぜい屋外、遮蔽物の無い場所に出ている時間が何時なのかを
毎日偵察して時間を決めた」

その残酷さに耳を疑いました。

内部被曝についても氏は
「たくさんの人を診て回っている中で、(次はこの人が死ぬな)と思っている人が私を引っ張った。
その人、火傷はしていないんです。そして『軍医殿、わしゃピカにあっとらんけんね!』と言った。
直接原爆を浴びた人と、浴びない人が同じような病気で死んでいく」

と映画の中で言っていますが、終戦直後のこのときはその理由がわかりませんでした。

f0165567_636393.jpg

戦後、広島にやってきたABCC。
彼らは被爆者たちの火傷や怪我などを調べ、入院させていろいろ検査をするのですが、
その結果はすべて本国へ送り、日本に対して結果が知らされることはありませんでした。

映画の中でABCCの施設を慰問に訪れたアメリカのお金持ちの女性が
「なぜ彼らを治療しないの?」と口走った程です。
広島の被爆者たちはABCCの実験台にされていました。

肥田医師が内部被曝や低線量被曝の実態を知るのも、原爆投下後30年近く経過してからのことです。

ABCCにもアメリカ政府にも、そして、なんの対応もとらなかった日本政府にも、腹が立ちます。
映画を観ていると、特にABCCに対して「このヤロー!」と思います。
ありとあらゆる罵詈雑言を浴びせたいです。殴りかかりたくなります。

f0165567_6475221.jpg

きっと肥田医師も悔しかったことでしょう。
でも、彼は「このヤロー!」と殴りかかることなく、国連に訴え、政府に働きかけ、
着実に運動を続けてきました。

そして、こんなことも言っていました。
「核兵器反対を言っていても時代遅れになるよ。
核はもう先の方へ行っちゃってて、我々はそれに苦しめられる世の中になる。
だから、なんと言われようと今までやってきたこのタイプの運動を
地道に長く工夫をしながら続けて死んでいけばいいと思う」

福島原発事故の後、幼い子どもを抱えた若い母親の求めに応じて、
95歳と言う高齢でありながら講演に出向く肥田医師の姿には神々しささえ覚えます。
あ、この部分は本作と同時上映される「311以降を生きる:肥田舜太郎医師講演より」
で観ることができます。

まずは知ること。怖れるだけでなく知ることから始めていかないといけないですね。
95歳まで活躍し続ける肥田医師の存在自体が希望なのだと思いますから。

4月7日(土)の公開初日には肥田舜太郎氏がアップリンクに来場。
講演付き上映会が開催されます。http://www.uplink.co.jp/kakunokizu/news.php






今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月31日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

映画『核の傷』

核の傷 肥田舜太郎と内部被曝
監督・脚本・撮影・録音/マーク・プティジャン、助監督・編集/瀬戸桃子、製作/オンライン・プロダクションズ、日本版ナレーション
4月7日(土)より渋谷アップリンク他、全国順次公開
フランス、2006年、日本語・英語、53分、http://www.uplink.co.jp/kakunokizu/

同時上映:311以降を生きる:肥田舜太郎医師講演より
日本、2012年、約20分、アップリンク製作

by Mtonosama | 2012-03-31 07:05 | 映画 | Comments(10)
Commented by 薄荷グリーン at 2012-03-31 17:43 x
こんにちは!

核兵器に関しては、それはもうなくしていくのが一番良いんですけど、実際に日本を照準にして中国だとか北朝鮮が核ミサイルを配置してるとなると、止めろ止めろというだけでは何の解決にも繋がらないように思え、厄介な問題ではあると思います。
とにかく残酷であるがゆえに効果があるんですよね。だから所持した国は手放そうとしない。原爆の効果といった冷徹な方程式で政治は支配されるから当然なんですね。
それと日本は今や被爆で犠牲になった国というより、放射能物質を大量にばら撒いてる汚染国になってしまって、これが非常に心苦しいです。太平洋に流れ出してる汚染物質の範囲を図にしたものを見たら、血の気が引く思いをするんですけど、こういうのも本当に早急に解決して欲しいです。とても困難な課題だと思いますけど。
Commented by よっしー at 2012-03-31 18:29 x
とのさま〜!こないだね、アップリンクで予告編みてきましたよ。恥ずかしながら、私は殿様の試写室ではじめて肥田先生の活動を知りましたが、これはそう、フランス人の監督さんなんですよねえ。ぜひ見に行こうと思います!!
Commented by Mtonosama at 2012-03-31 19:17
♪薄荷グリーンさん

もうホントに悩ましい問題ですよね。
北朝鮮、もうちょっと冷静に周囲を見回してくれって言いたいです。

今回福島原発から漏れ出した放射性物質の総排出量は約770,000テラベクレルなんだそうです。
と言われてもピンときませんけど、チェルノブイリ事故に次ぐ量なんですよね。

政治的にとらえたり、核保有の方程式で問題を解決しようとすると、
事態は非常に絶望的なんですけど、やはり愚直であっても、
イヤなものはイヤ、怖いものは怖いと言い続けていくしかないのかもしれません…
Commented by Mtonosama at 2012-03-31 19:20
♪よっしーさん

あ、予告編ご覧になったんですね。
4月7日にアップリンクへ行くと肥田医師が講演なさいます。
是非、是非いらしてください!

Commented by ライスケーキ at 2012-04-01 20:52 x
監督がフランス人 なんてビックリです。

こういう作品TVでやって皆に観て欲しい。
絶対ムリだろうけど。

肥田医師の存在を知って、話を聞いて
私たちが少しでも考えて                         世の中を変えていかなくちゃあね。
Commented by Mtonosama at 2012-04-02 05:37
♪ライスケーキさん

ABCCのひどい話を妹にしたら「知ってる」って言ってました。「テレビで観た」って。
BSで紹介されたのかもしれませんね。

肥田医師のことは夕方のニュースで何度か観ましたよ。

原発一色のフランスにもこういう監督がいるというのは
救いですね。
でも、フランスのテレビでは放映されなかったそうですが。
Commented by poirier_AAA at 2012-04-02 22:46
さきほどネットで探したらフランス語版が見つかったので、全編観て来ました。

原発や核の問題は、それが猛毒で自然や人の健康を損なうというだけでなく、国家機密に属すために正確な情報が決して一般に開示されないこと、肝心な部分は必ず隠されるという面を持っていることだと思います。

100年にも満たない昔に、日本で実際に起きたことです。日本人は観て知っておかなければいけないことだと思いました。フランスは地震も津波もないから原発を使っても大丈夫と無邪気に信じているフランスの人達にも観せて、原発の根本的問題を知ってもらいたいものです。
Commented by Mtonosama at 2012-04-03 06:33
♪poirier AAAさん

さっそくご覧になっていただき、ありがとうございます。
冷静な分析もありがとうございます。

私はABCCの横暴さに熱くなってしまったので、
poirier AAAさんに補足説明していただき、感謝です。

「人間ってなんでこんなことをするの?」といっても
何も変わらないし、何も始まらない。

肥田医師のようにひとつひとつの出来事に対応し、
ずっと「いやなんだ。こういうことは」と声を発していく、
という素朴な対応が必要なんだろうと思います。
Commented by Tsugumi at 2012-04-04 07:39 x
そう言えば昭和天皇の映画(太陽)を制作したのもフランス人監督でした。あの映画を見て初めて昭和天皇が身近に感じられました。

昨日TVのニュース番組で元東電の社員の人のインタビューで災害の多い日本には原発を作ってはいけなかった。を見ました。
作ってしまった物をとやかく言っても始まりませんがもう原発は再開しないで言うくらいの強い意志を示さなければと思います。
Commented by Mtonosama at 2012-04-04 09:28
♪Tsugumiさん

あ、そのニュース観ませんでした。

でも、汚染冷却水は満杯だっていうし、
テレビでは震度7の地震のことをいってるし、
東京湾を34メートルの津波が襲うと言ってるのに、
なんでこの期に及んで原発再稼働なのか、信じられません。
ホントに強い意志を示さねば。

「太陽」観ました。監督はソクーロフ。ロシア人でしたね。
おがたいっせいも桃井かおりも不思議に天皇皇后に似合っていました。