ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

オレンジと太陽 -2- Oranges and Sunshine

オレンジと太陽 -2-
Oranges and Sunshine

f0165567_6241881.jpg

(C)Sixteen Midlands (Oranges) Limited/See-Saw (Oranges) Pty Ltd/Screen Australia/Screen NSW/South Australian Film Corporation 2010

その昔、そう100年以上前から、ごく最近の1970年まで、
イギリスから海外へ送られた施設の子ども達。
渡航の前に、親に会うこともなく、子どもたちだけで海を渡っていきました。
船が着いた先には暖かい太陽とおいしいオレンジが待っているよ、
という言葉を信じて。


ストーリー
1986年、イギリス・ノッティンガム。
社会福祉士のマーガレット・ハンフリーズは、1人の女性から
「自分が誰なのかを知りたい」と訴えられる。
その女性シャーロットはノッティンガムの児童養護施設にいた4歳の時に、
数百人の子どもたちと一緒に船に乗せられ、オーストラリアに送られたという。
マーガレットは最初その話を信じられなかったが、
さらに別の女性ニッキーから聞いた話に心が動いた。
それはニッキーに数年前届いたという
「多分、僕はあなたの弟です」と伝える手紙だった。
彼女の弟ジャックも、シャーロットと同じようにオーストラリアへ連れて行かれ、
ようやく探し出せた姉の居所に宛てて手紙を送ってきたのだ。

f0165567_6274176.jpgそれをきっかけにマーガレットは調査を開始。
すると、死んだと聞かされていたシャーロットの母が
まだ生きているということがわかった。

しかも、シャーロットの母は、娘はイギリスの養父母にもらわれたと信じていて、
オーストラリアに送られていた事実をまったく知らなかった。

ジャックに会いにオーストラリアへ向かったマーガレットは、
そこにジャックやシャーロットと同じ境遇の人たちが大勢いることを知る。
彼らはオーストラリアに到着すると、過酷な環境で働かされたり、虐待されたり、
苦しい人生を歩んでいたあの児童移民たちだったのだ。
彼らは自分が誰なのか、母親がまだ生きているのか、知りたがった。
マーガレットは、イギリスとオーストラリアを往復し、彼らの家族を捜し出す活動を始める。

オーストラリア。
マーガレットのもとには、沢山の人が相談に訪れ、それは長い行列になった。
最初の相談者に付き添って来た男性レンは、
「あんたに何ができる」とマーガレットに突っかかる。
だが、実は彼も児童移民で心の底では母親を見つけたがっていた。
やがて、マーガレットの活動はマスコミの注目を集め、
イギリスが子どもたちを植民地に送ったという『児童移民』は、
政府の政策によって行われていたことも明らかになる。
そして彼女の調査は、次第に政府レベルの大きな組織をも揺らし始めていった……


f0165567_6251762.jpg

http://www.childmigrantstrust.com/

映画は、厳しい口調で英国政府を告発したり、
児童の人権問題を声高に訴える政治的なものではありません。

そうではなく、成長したかつての子どもたちが
「僕は誰なの?」「ママに会いたい」と泣くのです。
良い歳をした大人が小さな男の子や女の子に戻って
心の底から悲しげに泣くんです。
彼らにとって大事なのは
海の上で断ちきられてしまった
イギリスにいた頃の自分を取り戻すことだったんですね。

マーガレットはそんな彼らのために英国に暮らす夫や子どもたちと離れ、
オーストラリアで活動しました。
そして、英豪両政府首相は正式に謝罪をするに至ったのです。
しかし、児童移民を送り出す施設がキリスト教の団体だったりしたため、
その活動は司祭たちに対する背信行為だとして、
彼女を襲撃する狂信者もいました。
どんな活動も障害なく進められるものではありません。
宗教の二面性というか、教会も組織である限り、
人が携わる以上その人々の心性が問われます。
その人々が例え宗教者であろうとも。

いやあ、大変な活動だったと思います。
ふーん、こんなことがあったのか、と
映画は知らなかったことを教えてくれる歴史の教材。
それがおしつけがましいものでなく、時に感動すら与えてくれるのですから。
まさに映画館は学校です。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月6日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

オレンジと太陽
監督/ジム・ローチ、脚本/ロナ・マンロ、原作/「マーガレット・ハンフリーズ著「からのゆりかご---大英帝国の迷い子たち」(日本図書刊行会)、撮影/デンソン・ベイカー
出演
エミリー・ワトソン/マーガレット・ハンフリーズ、デイヴィッド・ウェナム/レン、ヒューゴ・ウィーヴィング/ジャック、リチャード・ディレーン/マーヴ、ロレイン・アッシュボーン/ニッキー
4月14日(土)岩波ホールほか全国順次公開、イギリス・オーストラリア、106分、字幕/斎藤敦子、
配給/ムヴィオラ
http://oranges-movie.com/

by Mtonosama | 2012-04-06 06:51 | 映画 | Comments(6)
Commented by ライスケーキ at 2012-04-06 20:14 x
一人の女性が政府を動かしたんですか、
素晴らしい。

You Tube 観ただけで ウルウルしちゃいました。

皆がいくら「反原発」叫んでも 政府が全然動かないので
最近 元気なかったんです。

明日「反原発」の講演会とミニデモ行進があるので
がんばって 参加してきます。
Commented by Mtonosama at 2012-04-06 20:27
♪ライスケーキさん

マーガレットさんの熱意と情熱はすごいです。

今日、東京新聞を見てたら、原発に反対する首長会議が発足したそうですよ。
とにかく一人一人が声をあげていかないとね。

明日頑張ってきてくださいね。
Commented by すっとこ at 2012-04-07 07:16 x
ああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

エミリー・ワトソンって
どこかで見た記憶があったんだけど
”フィオナの海”とか あと題名忘れたんだけど
天才チェリスト;実在の;途中で病気になってしまう

を演じた女優さんだわ!

どこの国の政府も
都合の悪いことは
それが国民にとって極悪非道なことでも
ほっかむりしちゃうのですね!

ライスケーキさん、
声を挙げてきてくださいね!
背中には私のように参加できないけど
賛同してる大勢の声なき声がありますよ!!

殿様試写室
いつもすばらしいです。
次回UP楽しみにしています。
Commented by Mtonosama at 2012-04-07 09:22
♪すっとこさん

都合の悪い事は絶対おおっぴらにしないってところは国も亭主(^_^;)も同じかも…

エミリー・ワトソン。地味な顔立ちだけど、良い女優さんですね。
Commented by 薄荷グリーン at 2012-04-08 15:56 x
こんにちは!

ちょっとしたきっかけがその背後に起こっていた出来事を次第に明らかにしていくって、ミステリアスでお話として面白そうな印象を受けました。
重いテーマを直接的にそのまま描くのもいいのかもしれないけど、エンタテインメント的な仕掛けを援用しながら作るというほうが興味深い感じがします。
児童だけの移民って始めて知ったんですけど、その意図は映画を観るとわかるようになってるんでしょうけど、どうしてそういうことが行われたのかもちょっと知りたくなりました。
宗教とかイデオロギーだとかすべてとは云わないまでも、自分を絶対的に正しいとして頑なになってしまう面はありますよね。
Commented by Mtonosama at 2012-04-08 21:18
♪薄荷グリーンさん

ジム・ローチ監督はお父さん譲りの真面目な監督さんのようで、
この作品も真面目に重く描かれています。
でも、児童移民という事実を全然知らなかったので、
え、なんで?なんで?ふーん、そうだったのか、
と映画の展開にひきずりこまれてしまいました。

映画に出てくる司祭たちがなにげにワルそうで、憎々しげで、
少し前、ドイツで起こったカトリック系学校で生徒たちに
いたずらしていた司祭たちのことをふと思い出したりもしました。

そのときの経験で未だに傷ついているかつての少年たちの
様子が生々しかったものですから。

ところで、京都の桜は満開でしょうか?
もうお花見にはいらっしゃいましたか?桜の写真が楽しみです。