ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

わが母の記 -2-

わが母の記 -2-

f0165567_528485.jpg

(C)2012「わが母の記」製作委員会

自分の来し方をつらつら眺めてみますれば、案外読まず嫌い、食わず嫌いというか、
読んでない作家が多いのでした。
例えば、司馬遼太郎などは、おじさんが読む本と決めつけ、長い間読まずに来ましたが、
読んでみると、これが非常に面白く、今や幕末史の師になっていただいております。

その司馬遼太郎が、井上靖が亡くなったときに葬儀委員長を務めたというのですから、
井上靖という作家の作品もぜひ読んでみなくては、と思いました。
はい。恥ずかしながら、今までに一冊も読んだことがございません・・・・・

井上靖といえば「敦煌」を思い浮かべますが、なんか長尺物というイメージが強いですものね。
しかし、本作の原作となった「わが母の記~花の下・月の光・夏の面」は自伝小説。
あまり構えることなく読めそうな気がします。

本作は、井上靖が家族と過ごした世田谷区の自宅が撮影に使われたということで、
大作家の書斎も実物が映されています。
作家がどんなところで作品を書いたのかって、映画を離れても興味がありますよね。

さあ、どんなお話かといいますと、

f0165567_535572.jpg


ストーリー
1959年、小説家の伊上洪作は病気の父を見舞うため、湯ヶ島の実家にいました。
その時、ふと記憶のかなたから浮かび上がってきたのは雨の中、
幼い妹の手をひいて立っているまだ若い母の姿。
幼少期、伊上は両親や妹たちと離れて1人だけ曾祖父の妾おぬいと暮らしていたことがあるのです。
東京に戻ったその晩、持ち直したかに見えた父が亡くなりました。

1960年、父亡き後の母の処遇が問題になり、身軽な妹・桑子が面倒を見ることに。
ある日、桑子に伴われて伊上家にやってきた母は物忘れがひどくなったようでした。
その様子に苛立ちを隠せない伊上に向って、
「お前をあの女に預けたのは一生の不覚だった」などと言い出す母。
あの女というのは8年間伊上を育ててくれた曾祖父の妾おぬいのことです。

1963年、伊上の家族は母・八重の誕生日を伊豆のホテルで祝います。
姉・志賀子の夫や、運転手や秘書も参加して盛大に祝いました。
上機嫌の母でしたが、その記憶は以前よりも更に薄れています。ショックを隠しきれない伊上と姉妹。

1966年、認知症の進んだ母をしばらく伊上がひきとることに。
母は伊上の三女・琴子の提案で軽井沢の別荘で、生活。
琴子と運転手の瀬川、お手伝いの貞代の3人が母・八重に振り回されながらも楽しく過ごしていました。

1969年、おぬいの50回忌の法要に一族が集まります。
母は徘徊するようになり、息子も娘も分からなくなっていました。
ある朝、「息子はおぬいに奪われた」と言う母の言葉に感情を抑えきれなくなった伊上は…

家族想いであった作家、母とおぬいの間で揺れ動いた幼い日の想いをひきずり続けた作家。
井上靖の思いがけない素顔を知ることができました。
そして、作家の本物の住居や書斎を見るにつけても、文豪とはリッチなのだなぁ、と
映画の本筋から離れたところでも驚くことしきりでありました。

それにつけても緑濃い伊豆・湯ヶ島の山々やわさび田。
しっとりとした水分を感じられる優しい日本映画でした。

どうでもいいことではありますが、とのも幼少時母方の祖母に溺愛され、
また、とのもこの祖母が大好きでしょっちゅう祖母の家に泊まっておりました。
にもかかわらず、祖母の家にいると母に会いたくて、会いたくて、どうしようもなくなってしまうのです。
「ああ、わたしはこんなに2人が大好きなのにどうして3人一緒にいることができないのだろう」
と幼い胸をいためていたものでした。
ことほど左様に、愛とはおとなのみならず子どもの心をも引き裂くもの。
愛が強すぎるとき、気持の折り合いをつけるというのはまことに大変なことです。
こんなところでも井上靖に親近感を抱き、彼の本を読んでみようという想いがますます強くなりました。





今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆4月24日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

わが母の記
脚本・監督/原田眞人、原作/井上靖「わが母の記~花の下・月の光・夏の面」、撮影/芦澤明子、美術/山崎秀満
出演
役所広司/伊上洪作、樹木希林/母・八重、宮崎あおい/三女・琴子、南果歩/妹・桑子、キムラ緑子/妹志賀子、ミムラ/長女・郁子、菊池亜希子/次女・紀子、三浦貴大/瀬川、真野恵里菜/お手伝い・貞代、赤間麻里子/妻・美津、三國連太郎/父
4月28日(土)全国ロードショー
2011年、カラー、118分、配給/松竹、http://www.wagahaha.jp/

by Mtonosama | 2012-04-24 05:48 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2012-04-24 11:30 x
うううううううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!

樹木奇林、凄いっ。
紹介フィルムで 徘徊の始まったころなのか
家を飛び出してずんずん歩くその顔付き、
口をへの字に曲げて 普段とまるで違う形相になって・・・

ああ
これ。 これが認知症始まった顔つきですね。
これは”わが母”の顔だわ。
すっとこ実母も認知症です。

それにしても
作家が文士とか文豪とか呼ばれた時代、
出版物が今より遥かに人々の大きな娯楽だった時代、
その印税収入も莫大であったのでしょうね。

   現代でも村上春樹氏などは世界中を
   住み歩いてお好きにお暮らしのような気が
   しますけど。


殿様の名調子とあいまって
観たい・・・ く・う・う 

まだ自分の中の”わが母”と対峙する決心つかず

観たい気持ちが揺れ続ける映画でございます。



作家が
Commented by Mtonosama at 2012-04-24 15:19
♪すっとこさん

内なる”わが母”と対峙できないすっとこさん。
そういうものかもしれませんね・・・・・

私の方は、父方の祖父と母方の祖母が認知症になりました。
祖父は病んでも怖い人で、祖母は病んでも優しい人でした。
とのは認知症は老い方の個性かもしれないと思います。
でも、そんなふうに余裕を持って考えられるのは
祖父母だったからかもしれませんね。
両親となるときっともっと切実だったと思います。
両親とも認知症にはならずに亡くなりましたから。

ところで、村上氏にとっては余計なお世話でしょうが、
あんなにいっぱい印税が入って、その上、お子さんも
いらっしゃらないし、ジョギングウェアとポール・スミス
かなんかのスーツ位あればいい、という生活なら、
お金は余って余って仕方ないですね。
ああ、羨ましい。
Commented by Tsugumi at 2012-04-24 15:56 x
最近樹木奇林さんの痴ほう症のCM見て凄いなぁ。。と。
この映画も痴ほう症の役をするのですね。

うちの母も80過ぎていますがまだ認知症にはなっていないようです。
元気の秘訣は野球やスポーツ番組を見ることみたいです。

井上靖さんの作品は私も敷居が高く一度も手に取ったことがありません。でもこの映画は見てみたいです。

余談ですが私も村上春樹さん羨ましい~~(苦笑)
Commented by Mtonosama at 2012-04-24 16:12
♪Tsugumiさん

そうそう、樹木さん、CMにも出てますよね。
寺内貫太郎のおばあさん以来、すっかりおばあさんづいてしまいました(笑)
その上、最近では認知症づいてしまって・・・・・

Tsugumiさんも井上靖作品はお読みではなかったですか?
ああ、よかった。仲間がいた^_^;

村上氏、良いですよね。
そりゃ、もちろんハタからはわからないご苦労もおありでしょうが。
Commented by ライスケーキ at 2012-04-24 20:46 x
お母様 お誕生日ホテルでお祝いですか。
認知症になっても軽井沢の別荘で生活ですか。
孫と運転手とお手伝いさんに囲まれて。 
しあわせですね。                             息子がリッチな文豪だから出来ることですね。 

私も仕事柄 認知症の方と接する機会が沢山ありますが、
家族の方達は大変ですね。

認知症は風邪のように 誰がなってもおかしくない病気。
今は治療法も沢山あるから正しい知識を身につけましょう。
何か、認知症の話になってしまった。
Commented by Mtonosama at 2012-04-24 21:28
♪ライスケーキさん

家族が十分なお金を持っていないと、認知症のお年寄りへの
対応に差が出てくるなんてことになったら困りますよね。

可愛がってくれた祖母が認知症になって、
私の名前も思い出せなくなってしまいましたし、
話す言葉もおかしくなってしまいました。
それでも生きていてくれることが嬉しかったのは、自分が孫だったからでしょうか。

例え、昔とは変わってしまっても生きていてくれるだけで
良かったんですけどね。

祖母のことを思い出してしまいました。