ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ミッドナイト・イン・パリ -2- Midnight in Paris

ミッドナイト・イン・パリ -2-
Midnight in Paris

f0165567_64910100.jpg

PhotobyRogerArpajou(C)2011Mediaproduccion,S.L.U.,VersatilCinema,S.L.andGravierProductions,Inc.

1920年代のパリ。
主人公ギルが憧れるこの時代はエコール・ド・パリの多くの画家たちが日々酒を飲み、
アーネスト・ヘミングウェイやF・スコット・フィッツジェラルドらがパーティに明け暮れていた時代。
この頃、ガートルード・スタインがヘミングウェイのことをロストジェネレーションの作家と呼びました。
映画ではキャシー・ベイツが演じたこのガートルードいう女性。
アメリカの著述家、美術収集家で、パリに芸術家たちが集うサロンを開いていた人です。
華やかで、自堕落で、芸術的で、いかにも売れっ子脚本家が憧れそうな時代ではあります。
さあ、どんなお話かというと


f0165567_722974.jpg

ストーリー
花の都パリ。
ハリウッドの売れっ子脚本家のギルはビバリーヒルズに豪邸を購入できるほどの高額所得者ですが、
実のところ、娯楽映画のシナリオ書きにはもうウンザリ。
本格的な作家になるため、パリに移住することを夢みています。
ところが、現実主義者の婚約者イネズが望むのは安定したリッチな生活。
意見の合わない2人の前に、イネズのボーイフレンド・ポールが現れました。
芸術や歴史について博識ぶりをひけらかすいけすかないヤツです。

第1夜
ポールと踊りにいったイネズと別れ、夜のパリを散策するギル。
ホテルへの帰り道がわからなくなり、座り込んでいると時計台が12時の鐘を打ちました。
そこへ現れた1台のクラシックカー。おしゃれで気のいい酔っ払いたちがギルを車へ誘います。
車が向かった先はとあるパーティ会場。
そこで出会ったアメリカ人カップルはスコット&ゼルダ・フィッツジェラルドと名乗ります。
あれ?あの偉大な作家夫婦と同姓同名ではありませんか!
おや、ピアノを弾いている男はコール・ポーター?
え!パーティの主催者はジャン・コクトーだって!?
なんと、ここはギルがさっきまでいた2010年のパリではなく、1920年のパリのパーティ会場でした。
さらにパーティの後、流れて行ったバーではギルが敬愛してやまないアーネスト・へミングウェイに
紹介されたのです。

第2夜
興奮さめぬまま、再び昨夜の場所に向い、あの車に乗り込むギル。
車にはへミングウェイが乗っています。
そして、彼に連れられていったのはガートルード・スタイン女史が主宰するサロン。
そこで女史と絵画論を闘わせていたのはなんとパブロ・ピカソでした。
ギルはピカソの愛人アドリアーナに心を奪われ、彼女もまたギルに興味津津。

第3夜
今宵のパーティ会場は華やかな遊園地。再び出会ったアドリアーナの美しさは輝くばかり。
誰もいない静まり返った真夜中のパリをそぞろ歩くふたり。
そこで出会ったのはスコット・フィッツジェラルドと夫婦喧嘩してセーヌの流れに
身を投げようとしているゼルダでした。
彼女を鎮める際、思わず婚約者イネズのことを口にし、アドリアーナと気まずく別れたギル。
ひとり取り残され、サルバドール・ダリ、ルイス・ブニュエル、マン・レイと共にシュールレアリスティックな夜を過ごすことに。

第4夜
T・S・エリオットと乗り合わせ、ガートルード女史のサロンを訪れたギル。
アドリアーナはヘミングウェイと連れだってキリマンジャロへ出かけ不在でしたが、
ギルの小説を読んだ女史は「あなたの小説は異色でSFのようだわ」と褒めてくれるのでした。

第5夜
夜は1920年のパリ、昼は小説の手直しに没頭するギル。
その間に、イネズといけすかないポールとの仲は深まっていくばかり。
でも、今晩もまたタイムトリップ。
そこで出会ったのはキリマンジャロから帰ってきていたアドリアーナでした。
ギルは今こそチャンスとばかりにアドリアーナと激しくも甘い口づけを交わします。
恋に酔いしれるふたりの前に現れたのは時代がかった1台の馬車。
ふたりが着いたのは伝説のレストラン、マキシム。なんと、そこは1890年のパリ!
マキシムに居並ぶロートレック、ドガ、ゴーギャン、まさにベル・エポックの画家たち。
彼らは口々にルネッサンス期の素晴らしさを語り、
アドリアーナはこのまま華やかなベル・エポックのパリに留まりたいと言い出します。
1920年こそ理想の黄金期だと信じてきたギルの頭は大混乱。
どうなる?ギル、どうする?ギル……

f0165567_733772.jpg

素敵な設定だと思いません?
ギルならずともこんな状況に陥ってみたいものです。
大混乱中のギルには気の毒だけれど、ま、良い結末をみつけてくれるとは思いますよ。

ギルもアドリアーナもロートレックも、過ぎてしまった時代を恋い慕うんですね。
昔は良かったなぁ、という思いは誰しも抱くものですが、
懐古趣味は夜の魔法の中だけにしておきましょう。
お昼の世界のギルも気にはなりますし。

しかし、ウディ・アレンの職人気質なこの展開。
そして、映画の素直な流れ、と同時に、レトロな中にもきらびやかなパリの夜。
1950年代のハリウッドの良い部分をすべて落とし込んだ映画じゃないでしょうかね。
良かったですよね。1950年代って・・・・・

あれ?





今日もまたポチッとお願いできれば嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月19日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

ミッドナイト・イン・パリ
監督・脚本/ウディ・アレン、製作/レッティ・アロンソン、スティーヴン・テネンバウム、ハウメ・ロウレス、製作総指揮/ハビエル・メンデス、撮影監督/ダリウス・コンジ
出演
キャシー・ベイツ/ガートルード・スタイン、エイドリアン・ブロディ/サルバドール・ダリ、カーラ・ブルーニ/美術館ガイド、マリオン・コティヤール/アドリアナ、レイチェル・マクアダムス/イネズ、マイケル・シーン/ポール、オーウェン・ウィルソン/ギル、ニーナ・アリアンダ/キャロル、カート・フラー/ジョン、トム・ヒドルストン/F・スコット・フィッツジェラルド、ミミ・ケネディ/ヘレン、アリソン・ビル/ゼルダ・フィッツジェラルド、レア・セドゥ/ガブリエル、コリー・ストール/アーネスト・ヘミングウェイ
5月26日(土)東京ピカデリー、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー
2011年、スペイン=アメリカ合作、カラー、1時間34分、英語、フランス語、日本語字幕/石田泰子、提供/角川書店、ロングライド、東宝、配給/ロングライド
http://www.midnightinparis.jp/

by Mtonosama | 2012-05-19 07:14 | 映画 | Comments(13)
Commented by ライスケーキ   at 2012-05-19 22:57 x
「おとぎの国」パリへ行きたくなりました。

キャシー・ベイツがガートルード・スタインですか。
ピカソの「ガートルード・スタインの肖像画」があるけど
ちょっとイメージ違うかな。
こういう実在の人物を登場させるのは難しいですね。
ダリはそれらしいけど。
他の登場人物はどうかな。
そんな事にも興味をそそられる作品ですね。
Commented by Mtonosama at 2012-05-20 05:49
♪ライスケーキさん

キャシー・ベイツ、ド迫力でしたよ。
ヘミングウェイは2番目の写真の真ん中がそうですが、
どうですか?

みんなそれぞれのイメージを持っているから、近過去の人物
を演じるのは大変ですよね。でも、知ってる人(?)が出る
映画って楽しいです♪
Commented by Mtonosama at 2012-05-20 06:16
♪ライスケーキさんへ再び

見ました!「ガートルード・スタインの肖像」。
ふーむ、肖像画はなかなかな面構えですね。
でも、ピカソは「やがてモデルが肖像画の方に似てくる」
って言ったんですって?

サロンの主宰者って憧れちゃいます。
Commented by Tsugumi at 2012-05-21 08:13 x
予告編見ました。
これは絶対見なくては。。
懐かしのパリ。
また行きたくなりました。
Commented by Mtonosama at 2012-05-21 09:53
♪Tsugumiさん

ね、楽しい映画ですよね。
いつものウディ・アレンとはちょっと違います。
これは、もう、絶対だんな様とご一緒に、ですよね。
英語だし(^◇^)
Commented by すっとこ at 2012-05-21 11:00 x
ひゃぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!

キャシー・ベイツはなんだか好きなんです。
彼女がサロンの女あるじ、ガートルードだなんて
きっとぴったりでしょう!
(風貌が似てるかはさておき)

1950年代が素敵だった、と
つい呟いてしまった150歳の殿様。
うふふ。お・と・な・ですわねっ。

次号紹介UP楽しみに待っております。
Commented by Mtonosama at 2012-05-21 11:44
♪すっとこさん

ガートルードは、ライスケーキさんが書いていらしたピカソの「ガートルード・スタインの肖像画」で見た限りでは、
キャシー・ベイツとは似てませんでした^_^;

でも、このド迫力を出せる女優さんは
やっぱキャシー・ベイツしかいないのかもしれませんね。

えっと、えっと、ド忘れしちゃったけど、
スティーブン・キングの怖いヤツ・・・・・
あ、思い出した!
「ミザリー」だ。
あの映画も、キャシー・ベイツでしたね。
でも、彼女、どこか優しい部分が出ちゃうんですよね。
映画「ミザリー」はあまり怖くなかったです。

こういうコワモテ女性の役もいいけど
「フライド・グリーン・トマト」のキャシーが好きなとのです。

Commented by 薄荷グリーン at 2012-05-21 23:24 x
こんばんは!

タイムトラベルものは大好きです。
パラドックスを扱うようなのが好きなんですけど、単純に過去の世界を体験するというのも面白いですね。
これはバリの良かった時代だけを選んでてんこ盛りにしてる感じのお話なのかなぁ。古い伝説的なパリにあこがれる人には主人公がとてつもなく羨ましくなるかも。
ダリとブニュエルとマン・レイと共に過ごすシュールレアリスティックな夜。これは絶対にわたしも体験してみたいです。
Commented by poirier_AAA at 2012-05-22 02:33
やっぱり日本でも公開されるんですね。これは間違いなく人気がでるでしょう。豪華キャストだし、古きよきパリが出てくるし、全編これパリのプロモーションみたいな作品ですものね。

正直言うと、わたしはあんまり期待しないで観に行きました。でも映画館を出るときには爽やかないい気持ちになっていました。大人のおとぎ話というジャンルがあるとしたら、これがそうだなぁと思いましたよ。
Commented by Mtonosama at 2012-05-22 06:53
♪薄荷グリーンさん

お早うございます!

クラシックなプジョーに乗って20年代へタイムトリップ。
馬車に乗って1890年代へ。
ルネッサンス期に移動するときには何に乗るのでしょう?
そう、ロートレックは「一番良い時代はルネッサンスだ」と
言うんです。

ないものねだりをしながらも、
主人公は今、生きているこの現代に幸せをみつけるという
現代版「青い鳥」のような映画かもしれません。

ひねくれもののニューヨーカー、ウディ・アレンにしては
素直な映画でしたよ♪

ところで、私はマン・レイとお話してみたいです。

Commented by Mtonosama at 2012-05-22 06:59
♪poirier AAAさん

そうですよね。パリではもう公開されたんでしょうね。
いつ頃上映されたんですか?

ギルを演じたオーウェン・ウィルソンって、
あまりタイプじゃないし、婚約者イネズのファッションも
いまいち気にいらないんだけど、
ウディ・アレン監督としては久々の快挙って感じです。
楽しく爽やかな映画でしたね。
Commented by poirier_AAA at 2012-05-22 16:37
フランスでの公開は去年の今頃でしたよ。

わたしもオーウェン・ウィルソンはちょっと苦手です。あの年齢でこの無邪気さは止めて欲しいと勝手に思っています。
マリオン・コティヤールは20年代の髪型や衣装が似合っていましたよね。
Commented by Mtonosama at 2012-05-22 19:35
♪poirier AAAさん

公開時を教えていただき、ありがとうございます。
やはりご当地ものということもあるし、随分早い上映なんですね。

アドリアーナは素敵でした♪