ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

星の旅人たち -1- The Way

星の旅人たち -1-
The Way

f0165567_6162319.jpg

© The Way Productions LLC 2010

なぜか切なくなるほどに好きなんです。
いえ、恋人ではありません。犬でも猫でもありません。

ロードムービーが好きなんです。
A地点からB地点へ移動するというだけのことなのに、なぜこんなに好きなのか、
自分でもわかりません。

例えば、「ローマの休日」(‘53 ウィリアム・ワイラー監督)も、
とのの基準ではロードムービーなので、
「ローマの休日」は物心がついて一番最初に観たロードムービーかもしれません。

「ローマの休日」をロードムービーのジャンルに入れる理由ですか?
それはもちろんオードリーがヴェスパに乗ってローマ市内を移動するからです。
あのシーンがなければ、ただの恋愛映画です。
ま、ただの、っていうのはちょっと言い過ぎですが。

「バニシング・ポイント」(‘71 リチャード・C・サラフィアン監督)などという映画も
破滅へと向かうロードムービーでした。
「イージーライダー」(‘70 デニス・ホッパー監督)も忘れてはいけません。
破滅志向が満ち溢れていたあの時代はタイトルにもひかれて観にいったものです。
ああ、そうそう。
とのの大好きな「サウンド・オブ・ミュージック」(‘65 ロバート・ワイズ監督)だって
ものすごいロードムービーだと思います。

f0165567_6221857.jpg

A地点からB地点への移動。
ロードムービーには地理的な旅もありますし、心の旅もありますし、人生の旅もあります。
でも、比喩や隠喩ではなく、徒歩にせよ、自転車にせよ、スクーターにせよ、バイクにせよ、車にせよ、
列車にせよ、飛行機にせよ、必ず、なんらかの移動を伴うことが必須条件。

と、やかましくわめいているのはなぜか。
はい、今回、上映する「星の旅人たち」というのがロードムービーなんですね。
移動手段は徒歩。目的地はサンティアゴ・デ・コンポステーラ。

サンティアゴは、フランス語でサン・ジャック、英語ではセント・ジェイムス、日本語では聖ヤコブ。
つまり、キリストの12使徒の1人ヤコブを意味するスペイン語です。

コンポステーラとは、ラテン語のCampus stellae<星の野>、
あるいはCompositum<墓場>を由来として名づけられたと、いろいろな説があります。
本作邦題は響きのきれいな<星の野>を採用して「星の旅人」としたのでしょうね。

そう、目的地はキリストの12使徒の1人、聖ヤコブの遺骸が祀られているスペイン北部
ガリシア地方のサンティアゴ大聖堂です。

f0165567_6283993.jpg

巡礼ロードムービーである本作。
このサンティアゴ巡礼を描いた映画としてはルイス・ブニュエル監督「銀河」(‘68)や、
コリーヌ・セロー監督の「サン・ジャックへの道」(‘05)が既にあります。
おばかなとのは本作パンフレットの写真が「サン・ジャックへの道」に似ているし、
監督がエミリオ・エステベスなので、「こりゃ、パクリに違いない」などと失礼なことを思ってしまいました。
エミリオ・エステベスさん、ごめんなさい。
知らない間に監督としても大成していらしたんですね。
「サン・ジャックへの道」にも劣らない素晴らしい映画でした。

巡礼と一言で言いますが、800キロにも及ぶ長い旅を続けるためには、
単に物好きというだけではつとまりません。何か理由が必要な筈です。
重たい理由や、エヘへと笑ってしまうような理由。
さまざまな理由を抱えた巡礼者が理由の軽重にかかわらず、歩き続ける姿。
それには無条件でカタルシスを感じてしまいます。

なぜ人は聖地をめざすのでしょうか?
巡礼こそ究極の心の旅、人生の旅だからでしょうか?

さあ、どんなお話なのでしょうね
乞うご期待でございますよ。

f0165567_6243389.jpg



今日もポチッとお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月22日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

星の旅人たち
監督・脚本・製作/エミリオ・エステヴェス、製作/フリオ・フェルナンデス、デヴィッド・アレクザニアン、撮影/ラウル・ダバロス、A.C.E.、音楽/タイラー・ベイツ
出演
マーティン・シーン/トム、エミリオ・エステヴェス/ダニエル、デボラ・カーラ・アンガー/サラ、ヨリック・ヴァン・ヴァーへニンゲン/ヨスト、ジェームス・ネスピット
6月2日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
2010年、アメリカ・スペイン合作、英語、128分、後援/スペイン政府観光局、NPO法人日本カミーノ・デ・サンチアゴ友の会、提供/ニューセレクト、配給/アルバトロス・フィルム、字幕翻訳/寺尾次郎、http://www.hoshino-tabibito.com/

by Mtonosama | 2012-05-22 06:37 | 映画 | Comments(8)
Commented by すっとこ at 2012-05-23 01:05 x
ぇぇぇぇええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!

エミリオ・エステベスが脚本・製作・監督ですとーーーーーー!
うっうっ エミちゃん大きくなって・・・。

”ブレックファスト・クラブ”であなたをお見かけしたのは
30年前だったでしょうか。
落ちこぼれ高校生役のあなたでした。

お父ちゃんのマーチン・シーンの七光りを嫌い
わざとエステベスなんちゅう芸名にしてサ。

弟はちゃっかりチャーリー・シーンっちゅう本名か
芸名か知らんけどもが。

オバちゃん、密かにぶきっちょ兄さんのあんたさんを
応援しとったのよ。
それがそれが・・・監督・脚本・製作って!!
しかも良さそうな映画だわん。

ああ、次号ストーリーUPが楽しみ!!
オバちゃん、帆立貝の殻がじがじ齧って
応援しとるわっよ~~~、
Commented by Mtonosama at 2012-05-23 06:20
♪すっとこさん

銀幕一家のマーティン・シーンさん

チャーリー・シーンはその後あまり見かけないけれど、
エミちゃんはしっかり監督してはったんです。

マーティン・シーンの出自がスペインということもあって、
おとうさんのためにもこの映画をつくったらしいよ。
エミちゃんの息子もスペインにいるんだって。

すっとこさん、帆立貝の殻より貝柱の方を食べてね。
まだまだ若いとはいえ、歯は大事だからサ(^^)/
Commented by Tsugumi at 2012-05-24 17:46 x
昔チャーリー・シーン結構好きだったような気がしますが・・・最近は何処へ行っちゃたんでしょうね。。。

ロードムービー私も好きですよ。
たとえば3人のエンジェル・リトルミスシャンシャイ・リトルダンサー・キンキブーツなどなど。なんか私のあげた映画はかなりコア入っていあるかも。。。
Commented by Mtonosama at 2012-05-24 22:29
♪Tsugumiさん

ですよねぇ。
チャーリー・シーンどこへ行っちゃったんでしょうかね。
彼がマーティン・シーンの名前引き継いだのにネ。

Tsugumiさんも、ロード・ムービーお好きなんですね。

私も旅行に行けなくなってしまった今、
ロードムービーで欲求不満を解消してます。
Commented by ライスケーキ at 2012-05-24 23:05 x
以前TVでやっていたけれど スペインでは「巡礼」が盛んだそうですね。 

日本では やはり「四国八十八カ所巡礼」でしょうか。       あの白装束の巡礼スタイルが有名です。

スペインの方達は ただのウォーキングというかクライミングというか そんなスタイルですね。
彼らと一緒に ちょっぴりスペインの巡礼旅を味わってみたいです。
Commented by Mtonosama at 2012-05-25 06:27
♪ライスケーキさん

あの管さんも四国巡礼の時には白装束をつけるんでしょうかね。

星の旅人たちは800キロも歩くのだから、
足元しっかりかためて行かないと大変です。

「サンジャックへの道」のときには歩けなくなった女の子が
道のかたわらに化粧品やらシャンプーやらを捨てていましたっけ。

800キロ歩き通すのは大変。
だけど達成感はすごいものがあるでしょうね。

Commented by すっとこ at 2012-05-25 09:01 x
あっらぁぁぁあああああああああああああああああああああああああああああああああ!

エミ君ってばちゃんとお父さんマーティン・シーンと
親子役をやったのですね。

チャーリー・シーンとマーチンとの親子役は
えっと”ウォール・ストリート”みたいな題の映画で
親父さんの工場をM&Aだかで買い叩く息子役
でした。

しかしマーチン・シーン、親父冥利に尽きますね。
息子2人と共演できるなんて。

チャーリー・シーンは当地では下着の宣伝に
出てました。あちゃー。

次号の映画は何でしょう?
UP楽しみに待ってまーーーーす。
Commented by Mtonosama at 2012-05-25 09:38
♪すっとこさん

そうなの。偉いわね。エミリオくん。
もうすっかり大貫禄で、ご本人にもスペインに暮らす息子さんがいらっしゃるの。

今回はマーティンの故郷で映画を撮るという、
親孝行の鑑みたいなことしてるのよね。
マーティンも本当に嬉しかったと思うわよ。

なんて、なーに、この話し方。
完全におばさま化してるわね。

それにしてもチャーリー・シーンが下着の宣伝ですか・・・
でも、お仕事があってよかったじゃない。
いつかまた陽のあたる日もくるよ。
がんばれ!チャーリー。