ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ワン・デイ 23年目のラブストーリー -2- ONE DAY

ワン・デイ 23年目のラブストーリー -2-
ONE DAY

f0165567_550363.jpg

©2011 Focus Features LLC. All Rights Reserved

7月15日。エマとデクスター2人の愛と人生が語られるこの日は
イギリスでは聖スウィジンの祝日とされています。

この日をうたったこんな詩が。

聖スウィジンの日が雨ならば40日間、雨続き
聖スウィジンの日が晴れならば40日間、雨はなし

さあ、エマとデクスターの23年間の7月15日はいったいどんな空模様なのでしょうね。


ストーリー
1988年7月15日スコットランド。
卒業式の後、エマは同級生のデクスターと
初めて言葉を交わします。真面目で優秀なエマ。遊び人のデクスター。
正反対の2人でしたが、その夜、成り行きでエマの部屋へやってきたデクスター。
しかし、泥酔した彼はベットに入るや爆睡。

1989年7月15日ロンドン。
作家になることを夢見ているエマは1人でこの街のアパートに越してきます。
引越しを手伝い、不安げなエマを元気づけるデクスター。

1990年7月15日ロンドン。
作家とは程遠いメキシコ料理店で働くエマ。
落ち込むエマはデクスターに電話しますが、彼はパリで恋と休暇を楽しんでいました。

1991年7月15日ロンドン。
エマのメキシコ料理店にテレビ局で働くデクスターが、恋人を連れて来店。
作家への夢を諦めかけているエマに彼は言います。
「君は面白いし、頭も良い。魅力的でセクシーだ。君にひとつだけプレゼントするとしたら『自信』かな」。

1992年7月15日。
始めて2人きりのバカンスに訪れたエマとデクスター。
誰もいない夕暮れのプール。「友達の関係」と心に決めてはいたものの
普段とは違うロマンティックな雰囲気が2人の距離を縮めます。
「ずっと前からあなたに夢中だったの」と想いを告げるエマ。
なのに、デクスターときたら「旅先だからいいだろ?」と割り切った関係を迫ってくるだけ。

1993年7月15日。
テレビの音楽バラエティショーでMCを務めるデクスター。
毎晩のパーティの後、泥酔しながらも電話をかける相手はエマでした。

1994年7月15日。
華やかだけれど自堕落な日々を送るデクスター。母は重病、父とは反りが合わず、
落ち込んだ彼が電話をするのはやはりエマ。
その日はかつての同僚イアンとエマとの初デートの日でした。
彼女をいつも好きでいてくれるイアンに安らぎを感じるエマ。

1995年7月15日。
教師になったエマはイアンと暮らしながらもテレビの中のデクスターを見守っていました。
なのに、母を亡くし、マスコミから最低よばわりをされても、低俗番組に出演するきれいなだけのモデルとつきあうデクスター。

1996年7月15日。
エマはドレスアップしてデクスターとの久々のディナーに出かけます。
美しいエマに驚くデクスター。
「本当はイアンのことは愛していないの」と打ち明けるエマでしたが、
酔っ払った彼は真剣にエマの話を聞きません。
「愛しているわ。でも、もう好きじゃない」
そう言い放ち、エマはデクスターの前から立ち去るのでした。
f0165567_5103253.jpg

3年後、1999年7月15日。
デクスターへの想いを綴ったエマの詩を読んでしまうイアン。
一方、デクスターは新しい恋人シルヴィにプロポーズをしようとしています。

2000年7月15日。
大学時代の友人の結婚式で再会するエマとデクスター。
その折、デクスターからシルヴィアとの結婚式の招待状を手渡されるエマ。

2001年7月15日。エマの書いた児童書が出版されます。
シルヴィアと結婚したデクスターは新しい仕事で再出発をはかるのですが、
シルヴィアの心は彼から離れていました。

2年後、2003年7月15日パリ。
作家になる夢を果たしたエマが暮らすパリを訪れるデクスター。
しかし、エマには既にフランス人の新しい恋人がいました。
「一緒にやらないか。君と僕とで」とデクスター。
エマは「そう思ったわ。80年代の終わりに」
すれ違いを重ねる2人の想い……


f0165567_5272621.jpg

晴れの日もあれば、雨の日もある。
人生ってそんなもの。
おっといけない。150年も生きているとついつい達観し過ぎてしまいます。

でも、同時代に青春時代を送った人や、今この時、出会いの時を生きているカップルにとっては
きっととても共感できる映画に違いありません。

ラストシーンに向って扇を少しずつ開閉するようなシーンの積み重ね方。
ある一瞬を印象的に描き出すにはなかなか効果的な手法でした。

だけど、イギリスが舞台で、デクスター役のジム・スタージェスだって英国人、
監督もデンマーク人なのに、アメリカ映画ってどうしてこうアメリカ的なんでしょう。
どこからともなくアメリカの匂いがしちゃうんですよね。
アメリカの匂いがどんな匂いかははっきりとは言えませんが。

それにしても同い年の男女って女子の方が確実に大人です。
「デクスター、エマの気持に早く気付けよな」ってつっこみを入れていた150歳の女子であります。





今日もポチッとしていただければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月18日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ワン・デイ 23年目のラブストーリー
監督/ロネ・シェルフィグ、原作・脚本/デイヴィッド・ニコルス(ハヤカワ文庫)、製作/ニーナ・ジェイコブソン、撮影監督/ブノワ・ドゥローム、音楽/レイチェル・ポートマン、主題歌/エルヴィス・コステロ
出演
アン・ハサウェイ/エマ、ジム・スタージェス/デクスター、パトリシア・クラークソン/アリソン、ケン・ストット/スティーヴン、ロモーラ・ガライ/シルヴィ、レイフ・スポール/イアン
6月23日(土)TOHOシネマズ 有楽座他全国ロードショー
2011年、アメリカ、107分、日本語字幕/古田由紀子
http://oneday.asmik-ace.co.jp/

by Mtonosama | 2012-06-18 05:22 | 映画 | Comments(10)
Commented by Tsugumi at 2012-06-18 07:52 x
23年間のすれ違いのラブストリーですか。。。
イギリスが舞台となると見てみたいです。
でもアメリカの香りがするんですか。。
どんな香りか確かめてみたいです(苦笑)
Commented by Mtonosama at 2012-06-18 09:09
♪Tsugumiさん

どうしてですかねぇ。
アメリカの匂いをかいでしまうのはわたしだけでしょうか。
Tsugumiさんも是非確かめてみてくださいね。

エディンバラは美しかったです。
3年前に訪れたときのことを懐かしく思い出しました。
Commented by ライスケーキ at 2012-06-18 19:55 x
どんな、結末かわかりませんが
23年は長いですね。

普通に妻も子供もいる夫が
毎年 決まった日に昔の恋人に会いに行く
と言う ラブ?ストーリーがありましたが、
一年364日妻を愛していても 
妻にとっては許せませんよね。
夫の死後 彼の手帳を見てその事実を知るのですが
「そう言えば あの人(夫の相手)夫のお葬式に来ていた・・・。」
死んだ夫に恨み言を言えないし、殴りかかる訳にいかないし・・・。

タイトル忘れたけど、 何故かそんな映画を思い出して
しまいました。
Commented by すっとこ at 2012-06-18 20:20 x
うぅぅぅぅううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!

殿様の名調子、
   <ラストシーンに向って扇を少しずつ開閉するような
    シーンの積み重ね方。
に唸ってしまいました!

素晴らしい表現ですねぇ。

イギリス人とアメリカ人・・・・そういえば
”ノッティング・ヒルの恋人”でしたっけ、
これもヒュー・グラント とジュリア・ロバーツも
英国人男性とアメリカ人女性の組み合わせだったけど
   (そういえばホントにジュリア・ロバーツ
    めっきり姿を見かけませんね)

この映画ではアン・ハサウェイは英国人の役
なのでしょうか?
アメリカ人が英国人の役すると たいてい英国紙から
「アクセントが英国的なものとは少し距離がある」みたいな
書かれ方をする、と聞いたことがあります。

結末はいったいどうなるのでしょう?
「愛してるけど好きじゃない!」なんて
おんなと生まれたからにはいっぺんは
言ってみたかったなぁ。笑。

次号UP楽しみにしています。
「新作映画」をポチッとしてから帰ります。

Commented by Mtonosama at 2012-06-19 06:25
♪ライスケーキさん

5月に当試写室で上映した「ファミリーツリー」も妻の浮気を
寛容に受け入れていました。

でも、これ実際問題として起こったら結構腹立つ問題だと思います。

映画だからロマンチックだし、
意外なラストだから「素敵~♡」と目がハートになってしまうんだろうなぁ。
だから、映画って良いのですよね。きっと。
Commented by Mtonosama at 2012-06-19 06:42
♪すっとこさん

いつもながら過分なおほめのお言葉をありがとうございます<(_ _)>

なんとも励みになりますです。

そうそうジュリア・ロバーツ見ませんよね。
女優の旬は短いということですね。なんか寂しいです。
アン・ハサウェイも花の色が褪せない内に頑張らないと。

アン・ハサウェイってシェークスピアの奥さんと同名という
せいなのか、イギリス人女性の役が意外と目につきますね。
ジェーン・オースティンも彼女が演じたと記憶していますが、
そのときもアクセントのこと言われたんでしょうか。

「愛してるけど好きじゃない!」
すっとこさんなら、これからだってまだまだ発することのできる台詞ですよ。
わたしも言いたいな。
Commented by ライスケーキ at 2012-06-19 10:53 x
ジュリア・ロバーツ。
「しあわせの教室」・Larry Crowne で トム・ハンクスと
共演してますよ。
アメリカ公開 2011年。 日本では今年5月です。
私は観てませんけど、けっこう活躍してるみたいです。
Commented by Mtonosama at 2012-06-19 18:15
♪ライスケーキさん

ありがとうございます。ノーチェックでありました。
勝手に旬を終わらせてしまって、
ジュリア・ロバーツさん、ごめんなさい。
Commented by poirier_AAA at 2012-06-19 19:19
本当だ、アメリカ映画の匂いがしますね。というか、書いてなかったら英国が舞台だと気がつかなかったかもしれません。どうしてでしょうね。

本作の終わり方はわかりませんが、学生時代(10代終わりから20代前半にかけて)に出会った2人が23年目にゴールインなら、まだ全然大丈夫じゃない?と思ってしまったわたしです。でも、こんな子どもっぽい男性はちょっとごめんかなぁ。アメリカ風ラブ・ストーリーに水をさしまくってますね。あぁ、もう若くないからでしょうか。いかんいかん。
Commented by Mtonosama at 2012-06-19 20:34
♪poirier AAAさん

エディンバラとロンドンとパリが舞台です。

この映画、ちょっと悲しい(あ、言っちゃいけなかった)終わり方なんですよね。

デクスターもさすがに大人になっていくようですよ(^_-)