ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

プンサンケ -2-

プンサンケ -2-
豊山犬
Poongsan

f0165567_615173.jpg

©2011 Kim Ki-duk Film.All Rights Reserved.

鬼才キム・ギドクが3年の沈黙を破り、ついに映画の世界に戻ってきました。
今回は脚本・製作総指揮を担当、監督は期待の若手チョン・ジェホンです。
拳を握りしめ、息を呑む121分でした。
こういう映画があるから、韓国映画はたまりません。

一言もせりふのない主演俳優ユン・ゲサン、
さらにオダギリジョーが北朝鮮軍兵士としてカメオ出演していることにも注目です。
わずか10秒ほどの出演ですけど。(とのはわかりませんでした)

北と南を描いた作品はこれまでにも多くありましたが、
どちらか一方が悪いという描き方はされていません。
皆いつの日かの南北統一を願っているからなのでしょう。

さて、いったいどんなお話なのでしょうか。


ストーリー
38度線を軽々と飛び越えてソウルとピョンヤンを往復し、3時間以内になんでも届ける男がいる。
名前も携帯電話も持たないこの男と連絡する唯一の方法は、
北に臨む国境の地「帰らざる橋」にメッセージを残すこと。

帰らざる橋は、朝鮮半島中部・板門店の共同警備区域西端に位置する橋。軍事境界線となっている沙川江に架かっている。本来の名は沙川橋(サチョンギョ、사천교)。1953年の朝鮮戦争停戦後の捕虜交換がこの橋で行われた。捕虜たちがこの橋の上で南北いずれかの方向を選択すると二度と帰って来ることができないことから「帰らざる橋」と呼ばれるようになった。以来、南北分断の象徴となっている。北朝鮮側に村があり、国連側の警備所の近くにはポプラ事件の現場がある。また、2000年に公開された韓国映画『JSA』の舞台となった。
(Wikipediaより)


f0165567_6171310.jpg彼が運ぶものは、故郷に帰ることが許されない離散家族の手紙やビデオメッセージ。
時には幼い子どももいる。

プンサンケ――北朝鮮製のタバコ・豊山犬(プンサンケ)を吸う男は、そう呼ばれている。

その日、プンサンケはある依頼を受けた。
それは韓国に亡命した北朝鮮の機密を握る元高官の恋人イノクをソウルに連れてきてほしい、
というもの。いつものように軽々と北朝鮮へ潜入した彼はイノクを連れ出し38度線へ戻る。
真冬の寒気に耐え、プンサンケとイノクは裸で川を渡り、体に泥を塗りつけ、闇の中に身を隠す。
韓国へ戻る前に何度も命の危険にさらされながら、
2人はいつしかかすかな想いを互いに抱くようになっていた。

イノクを無事引き渡したプンサンケだったが、依頼者であり実は韓国情報員であった人物たちによって拘束されてしまう。
隙をついて逃亡するプンサンケ。
彼はイノクと元高官を連れ出し、彼らと引き換えに約束の報酬を受け取ろうとする。
だが、元高官はプンサンケとイノクの間に流れるただならぬ雰囲気を察知し、嫉妬をむきだしに。
そんな元高官の手によって再び韓国情報員に拘束されたプンサンケは残酷な拷問にかけられる。

いかなる拷問を受けながらも一言も言葉を発しないプンサンケに韓国情報員はある提案をする。
それは北朝鮮に捕えられた情報員を救い出すことだった。
プンサンケはその提案を吞み、情報員の救出に成功。
しかし、またもや卑劣な韓国情報員の手によって拘束されるところを、
救出した情報員の機転と手助けによって脱出する。

イノクの様子を遠くから見守るプンサンケ。
そこへ介入してきたのが、亡命した元高官を暗殺するためソウルに潜入していた北朝鮮の工作員。
彼らはプンサンケを捕え、さらにはイノクを人質にして、元高官の暗殺をプンサンケに要求……

f0165567_6273627.jpg

プンサンケによって密室に閉じ込められた南北の工作員たち。
1人、1人、密室に閉じ込められる韓国と北朝鮮のスパイの比率が1:1から1:2となる。
次には均衡が崩れ、更に再び同数になる―― 
その度に繰り返される両者の愛国主義や国家への忠誠。
息詰まるシーンでありながら、知らない内に鼻で笑っている自分がいます。
南北のスパイたちが大仰に繰り返す国家への忠誠心。それが妙に笑いを誘うものになっています。
こんなもののために家族が分断され、引き裂かれたまま、何十年と会うこともなく死んでいくのか、
というかなりブラックで皮肉な笑いですけど。

そんな密室劇の後、訪れる思いもよらないラスト。
一言も話さないプンサンケが声を発するとき、何かが起こります。
最初から最後まで気をそらさない本作。
キム・ギドクの復帰と若手監督の誕生に心からの拍手を送りたいと思います。





今日もポチッとお願いできたら嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月17日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

プンサンケ
製作総指揮/キム・ギドク、豊山犬スタッフ、製作/チョン・ユンチャン、脚本/キム・ギドク、監督/チョン・ジェホン、撮影/イ・ジョンイン、美術/イ・ジョンゴン
出演
ユン・ゲサン、キム・ギュリ、キム・ジョンス
8月18日(土)渋谷ユーロスペースにてロードショー、銀座シネパトス他全国順次公開
2011年、韓国、121分、カラー、提供/マグザム、パルコ、太秦、アジア映画社、配給/太秦
http://www.u-picc.com/poongsan/

by Mtonosama | 2012-08-17 06:45 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2012-08-17 21:23 x
うぅぅぅぅぅぅぅううううううううううううううううううううううううううううううううううーーーーーむ。

映画は映画として
観賞すべきなんでしょうけど

今 韓国との間が微妙ですね、
オリンピックの件とか
「天皇が訪韓したがってるなら
謝罪をきちんとするように」とか。

それで なんだか平常心で韓国映画を
見られないような気のする自分です。

おかしなナショナリズムなのは自分でも
わかってるんだけど。

こういうわけのわからない感情を
もっと強く、もっと殺すか殺されるかくらいのところで
胸に抱いてる人達がいて。

また家族が恋人が来たと南に別れて暮らさなくては
ないない人たちもいて・・・・。

うぅぅぅぅぅぅぅーーーーーーむ。
やっぱり唸ってしまうすっとこです。

今日もポチッと押して帰りますね。
次号はどんな映画でしょう?
Commented by Mtonosama at 2012-08-18 06:44
♪すっとこさん

妙にタイムリーな試写室上映となってしまいました・・・・・

本作では南も北もちょっと変だよって扱いなんですけどね。

韓国大統領の天皇謝罪発言にしても、竹島問題にしても、
オリンピックの後はこれだ!とばかりに、
日本人がかちんっとくる部分だけを編集して何度も何度も
放映する手法はいかがなものでありましょうか。

集団ヒステリーをあおるばかりの編集方針にはちょっとウンザリです。

ポチっをありがとうございます。
当地は暑いです。そちらの旱魃問題はどうなっていますか?
Commented by アイスケーキ at 2012-08-18 21:14 x
また「思いもよらないラスト」ですか。
気になります~。

オダギリジョーが「カメオ出演」とありますが、
「カメオ出演」って何ですか。
「オカメ」じゃないし、「カメレオン」じゃないし、
「カメオのブローチ」ですよね。
どんな意味か教えてください。
Commented by との at 2012-08-19 06:18 x
カメオ出演:映画にクレジット無しで特別に出演すること。大半がワンシーンのみの顔見せ程度。
由来は、メノウや大理石などに浮き彫りを施した装飾品の「カメオ」から。

と説明がありましたよ。

さて、このラストに関してだけは、明かすことができません。
是非是非ご自分の目でお確かめくださいませ。
すごいから・・・・・
Commented by アイスケーキ at 2012-08-19 14:50 x
「カメオ出演」。  勉強になりました。
ありがとう。


Commented by Mtonosama at 2012-08-19 17:09
♪アイスケーキさん

こちらこそ、ありがとうございました。

しかし、オダギリジョーわからなかったです。
もう一回観なくては^_^;