ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

北のカナリアたち -1-

北のカナリアたち -1-

f0165567_751189.jpg

(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

これは泣けました。

あ、唐突ですみません。
東映創立60周年記念作品として製作された「北のカナリアたち」のことです。

一昨年、松たか子の主演で話題を読んだ「告白」(東宝)。
本作はその著者・湊かなえの著「往復書簡」中の「二十年後の宿題」が原案となった作品です。

湊かなえさん、デビュー作「告白」(‘08)が大ヒット作となり、
そして、今回、「往復書簡」(‘10)が、東映の還暦を記念する本作の原案となりました。
まだ40歳にもならない作家としては、これをどう受け止めているのでしょう。

「作家であり続けたい。そして『告白』が代表作でないようにしたい」
と取材で語っていた湊さんですが、きっとそうなると思います。
湊さんのことをウィキってみたのですが、とてもユニークな経歴をお持ちでした。

f0165567_7282924.jpg

広島県出身。1973年生まれ。大学卒業後アパレルメーカーに就職し、
青年海外協力隊隊員としてトンガに2年間赴いた後、淡路島の高校で家庭科の非常勤講師となる。
結婚後「形に残せるものに挑戦したい」と創作を始めた。
昼は主婦業をこなし、朝晩は執筆に励む。
緻密な構成の支えとして、徹底した登場人物の性格付けを心がけており、
「履歴が決まれば人物が動いてくれる」として執筆前にはどんな脇役でも履歴書を作っている。
2005年、第2回BS-i新人脚本賞で佳作入選。
2007年、第35回創作ラジオドラマ大賞受賞、
「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。
「聖職者」から続く連作集『告白』は、2008年、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、
「このミステリーがすごい!」では第4位に選ばれ、2009年、第6回本屋大賞を受賞。
デビュー作でのノミネート・受賞は、共に史上初。
(Wikipediaより)

f0165567_71429100.jpg

さて、映画の方ですが、監督は「闇の子供たち」(‘08)、「大鹿村騒動記」(‘11)の阪口順次。
余談ですが、「大鹿村騒動記」は昨年亡くなった原田芳雄自身が企画し、遺作にもなった話題作です。
そして撮影は名カメラマン木村大作。
初めて監督を務めた「劍岳 点の記」(‘09)でも日本アカデミー賞最優秀監督賞、
最優秀撮影賞など数々の賞を受賞しています。
吉永小百合を筆頭にした俳優陣もすごいですし、さすが邦画界の大御所・東映の還暦記念映画。
力が入っています。
毎週末には親に連れられ、近所の東映の劇場へチャンバラを観に行ったとのとしては
この東映の大作に感無量であります。ヨヨヨ・・・

と、泣き崩れていては話が進みません。
一体、どんなお話なのでしょう。続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もワンクリックをお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月31日に更新しました。明日からは11月ですね。いつも応援ありがとうございます☆

北のカナリアたち
監督/阪本順治、撮影/木村大作、原案/湊かなえ(「往復書簡」幻冬舎文庫)、脚本/那須真知子、音楽/川井郁子
出演
吉永小百合/川島はる、柴田恭平/川島行夫、仲村トオル/阿部英輔、里見浩太郎/堀田久、森山未来/鈴木信人、小笠原弘晃/20年前の信人、満島ひかり/戸田真奈美、渡辺真帆/20年前の真奈美、勝地涼/生島直樹、相良飛鷹/20年前の直樹、宮崎あおい/安藤結花、飯田汐音/20年前の結花、小池栄子/藤本七重、佐藤純美音/20年前の七重、松田龍平/松田勇、菊池銀河/20年前の勇
11月3日(土・祝)全国ロードショー
配給/東映
http://www.kitanocanaria.jp/

by Mtonosama | 2012-10-31 07:20 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2012-10-31 23:51 x
うっわぁぁぁあああーーーーーーーーーーーーー!
豪華な出演陣ですね!
さすが東映60周年記念映画。

湊かなえさんの履歴、ありがとうございました。
こういう経歴の方だったのですね。
しかし「何か形になるものを残したい」ときっと
多数の人が思いながら、ほとんどの人が思うだけなのを
彼女、素晴らしい才能ですね。
努力も才能のうち、と言いますから努力家なのも才能がさせた
ことでしょう。

原作が”二十年後”というのを 映画では”北のカナリヤたち”って。
いや、いいんですよ、いいんですけど
どうしてもホレ、アノ”北の零年”っていう駄作・・・あわわ失礼、
なんかあまり感心も感動もしなかったアレを思い出しちゃって。

”北の”シリーズが好きなのでしょうか?

でも殿さまが泣くほど感動なさったとのことで
次のストーリーを楽しみに、今日もポチッと押して帰ります。
(今日もまた書いてる途中で強制終了の憂き目にあって
これはワードにいったん書いてからの貼りつけ投稿です。)
    
Commented by Mtonosama at 2012-11-01 11:09
♪すっとこさん

またまた大変なお手間をおかけして申し訳ございません。

タイトルね。「北のカナリアたち」がお気に召しませんでしたか。
お気持ちはわかりますが、この「カナリア」というのは結構重要な
ポイントなのでございます。
でも、ま、吉永小百合には「北の」をつければいいってものじゃあり
ませんけどね。

あのー・・・・・
私、かなり涙脆くって、っていうか、泣かなきゃ損だと思い込んでる
部分があって、よく泣くんでございますの。

子どもと動物にはどんな名優も勝てないとはよく申しますが、
今回は子供たちがカナリアもこれほどまで上手に歌わないぞ、と
ばかりに歌うし、森山未来くんは熱演するしで、もう恥ずかしげも
なく嗚咽してしまいました。ああ、恥ずかしい。

今日もポチッと押してくださり、ありがとうございました。
Commented by ライスケーキ at 2012-11-01 21:17 x
この作品TVで宣伝してますね。
「泣ける映画」ですか。
最近「泣ける映画」観てないので
是非観たいです。

この作品は近所の映画館で上映するので
気楽に行けそうです。
Commented by Tsugumi at 2012-11-01 22:35 x
最近毎日この映画の予告見ているのでどんな映画かなと気になっていました。
原作は湊かなえさんでしたか。原作読みました。映画も見ました。
期待大です。
しかし吉永小百合さん67才とは思えない鍛えられた体型美しさ
本当にうらやましい限りです。
私太りすぎでうちの体重計に乗ったら体内年齢70歳と出ました。
体内年齢って・・・それかなり実年齢と違ってますから(涙)
Commented by Mtonosama at 2012-11-02 07:40
♪ライスケーキさん

TVでずいぶん観ますよね。
あの森山未来くんが叫んでいるTV予告編の場面で毎回泣いてます^_^;

是非、ご覧になってください。
Commented by Mtonosama at 2012-11-02 07:46
♪Tsugumiさん

吉永小百合さんは1年に365km泳ぐと言うスウィマーですも
のね。毎日1km泳ぐと言うことです!

吉永さん、ホントにお若いです。
今回里見浩太郎さんと父子役を演じられましたが、
そんなに年齢違わない筈です。

体内年齢70歳ですか・・・・・
わたしは150歳です^_^;