ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

阿賀に生きる -2-

阿賀に生きる -2-

f0165567_6231568.jpg

©阿賀に生きる製作委員会

前回、「阿賀に生きる」は20年前の作品だと申し上げました。
20年も経てば、人もフィルムも歳をとるということで、今回はニュープリントでの上映。
20年経っても変わらない永遠のじいちゃんばあちゃんの魅力を存分にお楽しみください。

日本の田舎の老夫婦。
憎まれ口をきいたり、一緒に農作業をしたり、餅をついたり。
仲が良いのか悪いのか、それでも長い間、共に暮らしてきた人たちです。
ちょっと観ただけだったら、田舎の老夫婦の日常生活を描いたよくできた記録映画かな、
とお思いになるでしょう。

酔いつぶれたじいちゃんや、口の達者なばあちゃん。
笑いながら観ていると、この人たちが新潟水俣病の患者であることを忘れてしまいます。

昭和電工の鹿瀬(かのせ)工場が、メチル水銀を含んだ工場廃液を未処理のまま、
阿賀野川に流し続けていたことから起きた新潟水俣病。
長年、阿賀野川流域に住み、この川で捕れる魚を食べてきた人たちですが、
「わしらの身体を元通りにしてくれ」
などと訴えているわけではありません。
住民たちが裁判所に向うシーンはありますが、
映画のほとんどの部分がこの老夫婦たちの日常を描いているだけです。

f0165567_6295229.jpg

撮影クルーを気遣うおばあさんや酔いつぶれて寝てしまうおじいさん。
名人芸ともいえる川舟つくりの技術を持ちながら、それを封印してきた元舟大工が
何かを決意したかのように川舟づくりを伝え始めること。

まったくの自然体で阿賀野流域の村で暮らしている人々。
彼らを観ていると、
日々の生活の中へ音もなく流れ込み、人々の身体の中に蓄積していく毒の怖ろしさ、
そして、それらを流す企業の罪深さを実感します。
それは当然去年の3月以来、今も澱のように積もり続ける放射性物質と
原発政策を推進してきた電力会社、国への怒りにつながります。

とはいえ、映画は抒情的といえるほど優しい日本の原風景を展開します。
いったい、どんな映画なのでしょう。


f0165567_6285499.jpg

新潟県を流れる大河・阿賀野川。
監督を始めとする7人のスタッフがその流域の民家に住みこみ、
そこに暮らす人々を3年間にわたって撮影。
鹿瀬(かのせ)町に住み先祖代々田んぼを守り続ける長谷川芳男・ミヤエさん夫婦。
阿賀野川に浮かぶ川舟を200隻以上作った舟大工・遠藤武さんと妻ミキさん。
餅つき職人・加藤作二・キソさん夫婦。
この3組の夫婦の日々の暮らしをカメラは追う。

元船頭の帆苅周弥さんが阿賀野川に吹く風について話す。
帆苅さんが会長を務める「水俣病患者の会」の活動。
長谷川芳男さんが酔っ払っては話す鮭の鉤釣り漁の自慢話。
囲炉裏を囲んで季節の川魚や山の幸を食べながら、座は湧く。

舟づくりをやめて5年も経った遠藤さんの仕事場。
新潟水俣病の裁判史上初めて、昭和電工に働いていた労働者の立場から
廃液垂れ流しの実態を証言した江川豊栄さんの話。
初めて弟子をとり、川舟づくりの技を教える遠藤さんの姿。
近在の漁師さんたちが長谷川さんの鮭の鉤釣り漁を手伝ってくれる話…

阿賀野川の日常が笑い声をはさみながら淡々と描かれます。
じいちゃんばあちゃんの見せる自然な笑顔が、監督やスタッフの村での暮らしぶりを物語っています。
双方が向け合う優しい視線を感じました。

この3組の夫婦のどこが新潟水俣病なのか――
酔っ払ったじいちゃんや歳にそぐわない色っぽい唄を披露するばあちゃん。
笑いながら映画を観ていました。

f0165567_6315212.jpg

でも、そんな中で寡黙な舟大工・遠藤さんが火傷の跡を見せて、
「感覚がないからな、五右衛門風呂でヤケドしたんだ」
とボソッと話すのを聞き、ああ、この人たちは何も不平はいわないけれど水俣病なのだ、
ということを心底実感しました。

映画は日常の中に入り込み生活を侵していく物質の怖ろしさを静かに伝えてきます。
荒々しい声で弾劾するより、もっと深く強く訴えかけてくるものがありました。

20年という時の経過を感じさせない作品です。





今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月15日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

阿賀に生きる
監督/佐藤真、撮影/小林茂、製作/阿賀に生きる製作委員会
提供/カサマフィルム、協賛/シグロ、配給・宣伝/太秦、配給協力/コミュニティシネマセンター
11月24日よりユーロスペースほか全国順次公開
1992年、日本、115分、カラー、16ミリ、スタンダードサイズ、モノラル
http://kasamafilm.com/aga/

by Mtonosama | 2012-11-15 06:39 | 映画 | Comments(7)
Commented by すっとこ at 2012-11-16 08:36 x
そっかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

「20年前 カメラは未来を写していた」ということは
そこで言われる未来って
つまり
20年後の

現在ってことですよね。

なんと美しく
なんと不気味な
なんと愛すべき人々の
映画なのでしょうか。

うう、自分がじいちゃんばぁちゃんの世代なので
そう言った意味でも
ひとごとではなく予告編に見入ってしまいました。

しかし3年もの長きを一緒に生活しつつフィルム廻し
続けた映画人の骨太な生き方についても
又考えさせられますね。
どうやってその間の生計を立てていたのだろうか。

あれこれ思いつつ今日もポチっと押して帰ります。

Commented by Mtonosama at 2012-11-16 09:38
♪すっとこさん

自分自身150歳のばあさんなんだけど、
この映画に出ているばあちゃんたちが好きさぁ。
じいちゃんも酒ばっかり呑んでるけど、かわいいさぁ。

怒ってばっかりじゃ、何の実りもないけど、
それにしても大企業や国はひどいことするもんさぁ。

生半可なことを言っては罰があたるような気がするので
言葉の少ないとのであります。
Commented at 2012-11-16 14:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by poirier_AAA at 2012-11-16 18:48
汚染があることを知らないわけじゃない、国や企業の悪行を黙認しているわけでもない。それでも、そういう外的な環境がどうであれ、自分の生活の一切を自分で引き受けようとしている人たちだ、という気がしました。頭が下がる思いです。

こういう生き方の出来る人達、それを3年間取材し続ける人達がいる一方で、自分のことしか考えられない政治家と経営者がいるんですよね。あまりの断絶具合にクラクラします。
Commented by Mtonosama at 2012-11-16 19:10
♪poirier AAAさん

そうなんです。企業からなにか恩恵をこうむった訳ではなく
ただ先祖伝来の土地で、
先祖伝来の技法を受け継ぎ田んぼ仕事をし、
川舟をつくって、自然をいかす漁法をし、
静かに生きてきた人たちなんです。
声高に責めることもせず、ただただ生きてきた生活者なんですよね。

無力感でくずおれる前に、何かをしなくては、という思いで
焦りを覚えました。

Commented by ライスケーキ at 2012-11-16 21:43 x
20年前の日本。
長閑ですね。
でも、そんな日常を奪う出来事があったのですね。

20年経ってもこの国、企業の体質は変わらない。
反対に、私達は20年間何をやってきたんだろうと思います。
私達は何も変えようとしてこなかったのではと思うのです。
この国の政治家を選んだのは私達ですから。

私達一人一人が行動を起こさなくては この国は変わりません。
11・11反原発国会包囲に参加しましたが、
人々の あのパワーが少しでも大きくなり 少しでも国を変える
力になればと思います。
Commented by Mtonosama at 2012-11-17 09:09
♪ライスケーキさん

来月は選挙ですね。

11日いらっしゃいましたか。一歩一歩ですね。
まずは歩きださないといけません。
元気をもらいました。ありがとうございます。